戦国時代の女性

ねね 

 士民出の戦国女性代表で、識見高い、太閤秀吉の正室
 ねね(のちの高台院)は応仁の乱を機に、それまでの階級制が崩れ、台頭してきた才覚、実力のある士民階級出の代表的な戦国女性の一人で、識見豊かな太閤秀吉の正室=北政所だった。幼名には諸説あるが、一般的には「ねね」、あるいは「おね」。秀吉の養子となり、後に小早川家を継いだ小早川秀秋は甥。
 豊臣秀吉の死後、天下が東軍・西軍に二分して対立した際、京都・高台寺に隠居したねねの“関ケ原工作”が奏功していれば、豊臣家は小大名として名を残し、今日でも「豊臣さん」という人がいたはずだ。
ねね=高台院は、豊臣秀頼を総大将とする西軍ではなく、時流は東軍=徳川にあると苦渋の判断を下した。そして秀吉子飼いの家来で、かつては彼女が母のように面倒をみた加藤清正、福島正則らとともに徳川方についた。それもこれも小大名となっても、豊臣の名を残すことが、亡き秀吉への最良のプレゼントになると考えたからに他ならない。しかし、故太閤の遺児と側室という、誇りや意地にこだわった、秀頼と淀君の愚かな対応が、ねねのその思いを無にしたのだ。
 大坂の陣が始まったとき、ねねは秀頼・淀君を説得するため大坂城に行こうとした。しかし、政治的に混乱すると困ると考えた徳川家康は人を使ってこれを止めている。また、家康は関ケ原以後、豊臣家攻略には随分、時間をかけている。これは天下の人心を考えたからだが、このねねの存在に十分配慮したためで、一気に決着をつける、むごい仕儀を差し控えたのだ。
 ねねの官位は従一位。生没年は推定1542~1624。杉原、木下、浅野の三姓があって、父親は不明。出生地もよく分からない。叔母の嫁ぎ先、尾張国海東郡津島(現在の津島市)の、織田信長のお弓頭・浅野長勝の養女だったが、14歳のとき木下藤吉郎(秀吉)に請われて結婚。当時は政略結婚が普通だったが、この結婚は珍しく恋愛結婚の部類に入るだろう。
 ねねの性格はおおらかで、識見高く、秀吉が関白になってから、大名の処分や国、郡統廃令などについて意見を求められた。秀吉には多くの愛妾がいたが、妾たちには公正な態度で臨み、嫉妬や自分の好悪の感情で傷つけることはなかった。
 1585年(天正13年)、秀吉が関白に任官したことに伴い。従三位に叙せられ北政所と称した。1588年、後陽成天皇が聚楽第に行幸、その還御の際に従一位に叙せられた。1598年(慶長3年)、秀吉が没すると落飾し、高台院湖月尼と称した。1599年、大坂城西の丸を退去し、京都三本木の屋敷に隠棲。1605年(慶長10年)、秀吉の冥福を祈るために家康に諮り、京都東山に高台寺を建立、ここを終焉の地と定めた。1615年(慶長20年)、大坂夏の陣で豊臣氏が滅亡した後も、江戸幕府の保護を受けていた。

五郎八姫(いろはひめ)

 五郎八姫(いろはひめ)は、京都の聚楽第屋敷にて、1594年に伊達政宗と正室・愛姫とのあいだに生まれた。非常に美しく聡明な姫であった。結婚十五年目にしてやっと授かった子だったので、伊達政宗は五郎八姫が男子として生まれなかったことを惜しんだそうである。五郎八(いろは)という姫の名前は、政宗は男子が生まれた場合のことのみを考えていたため、五郎八という名前になった。
または、姫に男子の名前をつけると次に生れてくる子が男子になるという説を信じたため、つけた名だといわれています。五郎八姫は十二歳のときに、伊達家が、徳川家との結びつきを強くするためと、諸大名との結びつきを強くしたいとの徳川家康の思惑による政略結婚で徳川家康の6男の松平忠輝に嫁いだ。堺の豪商である今井宗薫が結婚の仲介役を務めています。
政略結婚でしたが忠輝と五郎八姫の夫婦仲は良かったが。子供は生まれなかった。
忠輝は越後国高田を加増され越後福島城主七十五万石の太守になるまでは、順調に出世していました。
 大久保長安事件で、家老の大久保長安が忠輝の舅である政宗をそそのかし、将軍・徳川秀忠を失脚させて忠輝を将軍職につけようと画策したことが判明し、長安の遺族は処刑された。政宗の関与が噂され、徳川家に対する謀反の噂まで流れたが政宗は無罪になった。
 大坂の陣から、忠輝の人生が狂いはじめる。大阪夏の陣での出陣途中で秀忠の家臣に追い越されたとして家臣二人を無礼討ちにした。さらに、大和から大坂を攻める総大将に任ぜられたが遅刻して武功を挙げることができず、家康の怒りをかった。この失態から家康より改易を命じられ、五郎八姫は忠輝と強制的に離縁させられた。
 五郎八姫は二十三歳という若さで伊達家へ戻され、政宗は五郎八姫に再婚の話を持ちかけたが、五郎八姫は再婚をしないキリスト教の信者であり、離婚を是としない教義に忠実に従った。
 五郎八姫は仙台に移り住みましたが、京都で生まれ育だったため言葉や風習も京風だった。そのため東北弁にも東北の暮らしにもなじめず苦労した。
 実弟である二代目藩主の伊達忠宗とは非常に仲が良く、お互いを頼りにしていました。かくして、五郎八姫は再婚することもなく仏門へ入りました。政宗は娘の信仰生活を全面的に支援した。1661年に六十八歳で死去しました。松島町富山の大仰寺には、出家時の五郎八姫の遺髪、仏舎利があり門外不出の寺宝となっている。

寿桂尼(じゅけいに)

 今川寿桂尼 今川義元を育てた女戦国大名
  寿桂尼(じゅけいに)
 公家の中御門宣胤の娘で、今川氏親の正室である。晩年の今川氏親は病気で動けず、分国法「今川仮名目録」は寿桂尼の補佐によって作成された。夫の死後は、まだ幼い嫡男・今川氏輝に代わって政治的手腕を発揮し、氏輝の急死にともなって起きた家督争い「花倉の乱」では、自身の子である今川義元を勝利に導きました。義元が桶狭間の戦いで敗死すると、家督を継いだ氏真を補佐しますが、臣下の相次ぐ離反によって家勢は衰退します。寿桂尼がこの世を去った翌年に今川氏が滅んだことからも、その影響力の大きさがわかります。 今川寿桂尼は今川氏の七代目、今川氏親の妻だった。これはもちろん、夫氏親が大永6年(1526)に病没してしまった後、髪をおろし出家してからの名前だ。残念ながら、それ以前の彼女の名前は分からない。
 今川氏は足利氏からの分かれだ。足利氏から吉良氏が出、吉良氏から今川氏が出ている。初代今川範国が南北朝内乱の時代、足利尊氏にしたがって各地で戦功を上げ、しかもその過程で兄弟5人中、出家していた1人を除き、範国以外全員討ち死にしてしまったため、兄たちの恩賞も全部含まれて、駿河・遠江二カ国の守護に任命され、引付頭人といった幕府の要職にも就いた。その後、遠江の方は三管領の一家の斯波氏にとって代わられたが、以来十代目の今川氏真が武田信玄、徳川家康に攻められて滅びるまで、およそ230年余にわたって東海地域に覇を唱えた名門中の名門だ。
 寿桂尼は、京都の公家中御門宣胤の娘だった。中御門氏は甘露寺氏や万里小路氏などと同様、藤原北家勧修寺派の一つで、鎌倉時代の後期に坊城家より分かれたもの。寿桂尼の父中御門宣胤は権大納言になっており、権大納言のお姫様が地方の戦国大名に嫁いだというわけだ。
  とはいえ、京都の公家が応仁の乱後、生活が困窮して経済援助が期待できるなら、どんな家にでも嫁がせるというわけではなかった。落ちぶれたとはいえ、京都の公家もそれなりの家格はみていたのだ。その点、今川氏は代々、京都志向が強く、今川了俊・今川範政など文化面で業績を残した人物も輩出した、教養の高い文化人大名として知られていた。中御門宣胤が娘を氏親に嫁がせたのはこうした点を踏まえたうえでのことだったのだろう。
彼女が氏親といつ結婚したのか分からない。永正10年(1513)に長男氏輝を産み、同16年(1519)には五男の義元を産んでいる。氏親には、はっきりしているだけで6人の男子、4人の女子がいたが、そのうち何人が寿桂尼の子で、何人が側室の子かは分からない。五男義元が生まれて少しして、一つのアクシデントに見舞われる。氏親が中風になってしまったのだ。大永元年(1521)頃のことだ。氏親51歳、寿桂尼の30代前半のこと。これは、結果的に彼女にプラスになることだった。病床に就いた夫を手助けしながら、実地に「政治見習」をすることができたからだ。

 戦国大名今川氏といえば分国法、すなわち戦国家法の「今川仮名目録」が有名だ。これについても重要な役割を果たしたようだ。夫氏親の死が近いことを悟った寿桂尼が中心になってこの策定作業をしたのではないかとみられる。この「今川仮名目録」が制定された大永6年(1526)4月14日から、わずか2カ月後の6月23日、氏親は死んでいるのだ。そして、氏親の死後、形の上では後を子の氏輝が継いだことになっているが、それから2年間、実質的に今川家の当主は寿桂尼だったという。
氏輝にやっと政治を任せられるようになったと思った矢先、その氏輝が24歳の若さで死んでしまったのだ。氏輝は結婚していなかったらしく、子供もいなかった。そこで、夫と一所懸命築き上げた今川家を、寿桂尼は自分の産んだ子に後を継がせるべく差配する。義元より年上の玄広恵探を推すグループとの家督争いでこれを退け、義元を第九代当主の座に就けるのだ。京都の公家のお姫様だった彼女が、さながら“女戦国大名”として見事に力を発揮したわけだ。

 

 まつ 加賀百万石を築く礎として力のあった藩祖・前田利家の妻
 まつ(のちの芳春院)は加賀百万石の祖・前田利家の妻。「ねね」と同様、士民階級出の女性で、現実にねねとまつは幼い頃、隣同士だったようだ。そして、それぞれやはり士民階級出の秀吉、利家に嫁ぎ、亭主たちの死後起こった天下分け目の関ヶ原で、秀頼を捨てて家康側についた。歴史を変えた関ケ原で、どちらにつくかという大事なことを、味噌や醤油を貸し借りあった無二の親友は、相談して決めた気配がある。

 まつの生没年1547~1617。尾張(愛知県)に生まれ、父親は不明。幼い頃、親類の荒子城主・前田利昌の養女となり、数え12歳で兄妹のように育った利家(城主の4男)と結婚、前田家の繁栄を支えた。利家との間に二男九女をもうけた。戦国時代の女性は比較的、多産だが、それでも11人の実子がいる女性は稀有だ。1599年、利家の没後、芳春院と号した。


まつ=芳春院は腹の座った女性で、秀吉、そして夫・利家の死後、1600年(慶長5年)家康が前田家を滅ぼして天下制覇の足がかりにしようとしているのを知り、自ら人質となって江戸へ行き、14年間江戸城で過ごし、前田家の危機を救った。

このとき前田家を継いでいた長子、利長に、家康から挑発的な難題がふりかかっても「何事もお家第一。そのためには迷わず母を捨てなさい!」と言い置いて江戸へ向かったという。これにはまだ後日譚がある。まつの見返りに徳川方は二代将軍秀忠の次女おたまを前田家に出し、これで徳川家と前田家はがっちりと握手を交わすことになるのだ。

 まつは加賀百万石を築く礎として力を発揮した。彼女が結婚したときの利家はせいぜい二千石。利家自身そんな大きな身代になる能力があったとは思えない。運のよさと、秀吉から頼まれたことをきっちりやる律儀さ、実直さで身代を大きくしたと思われる。

 それだけに、人間的なスケールは利家よりまつの方が大きい。秀吉に加賀をもらって城主になったとき、隣の富山の佐々成政と戦いになる。大名に成りたての利家は、秀吉が長浜で募集したように人を集めようとするが、利家がケチでカネを出し惜しむから、なかなか人が集まらない。見かねたまつが蔵から金銀の袋を持ち出して、利家の前に袋を投げ出したという。これに奮起した利家が佐々成政を破って凱旋する。

 まつが賢夫人と評されるのが賤ヶ嶽の合戦の柴田勝家と羽柴秀吉への対応だ。秀吉が勝家を破ったこの合戦は夫・利家にとってはつらい闘いだった。秀吉は刎頚(ふんけい)の友。勝家は「おやじどの」と敬愛する先輩で、戦国の常として双方に娘を人質として(秀吉へは養女として)差し出してあった。利家は勝家に加担すべく近江まで出兵して布陣するが、戦意なく潮時をみて軍を引き揚げる。昇竜の勢いの秀吉に全面敵対する決断がつかなかったのだ。

資料によると、越前府中の城に入った利家のもとに立ち寄った勝家は、利家の心中を察し、湯漬けをふるまわれ、進呈された替え馬で北の庄(福井)へ落ちていく。その後へ秀吉軍が現われる。秀吉は城門を開けさせると、ずかずか入ってきて、まず台所のまつを訪ねる。聡明な彼女は、すかさず長子、利長に「筑前殿(秀吉)の先手を受け持たせていただくように」という。すると、秀吉は「亭主殿(利家)はあとからゆるゆると来られよ。とりあえずせがれどのを借りる」と応じ、まつ手作りの湯漬けをサラサラかき込むと、慌しく北の庄へ向かって進撃していく-という具合だ。まつは刎頚の友でありながら、一時的とはいえ敵対した夫(利家)と秀吉のきまずさを、さりげなく救ったのだ。

義姫(よしひめ)

 伊達政宗の母で号は保春院である。最上義光の妹であり、激しい気性と恵まれた体格から2度も戦場へ参じ、鬼姫として知られている。夫・伊達輝宗が非業の死を遂げると、伊達政宗が家督を継ぐが、義姫は政宗の母として伊達氏の家中で影響力を強めた。伊達氏と最上氏が争った大崎合戦では、兄・最上義光と子・伊達政宗の陣のあいだに輿で乗りつけて合戦を止めさせた。小田原征伐で豊臣秀吉のもとへ参陣する伊達政宗を毒殺しようとしたため、溺愛する次男の小次郎を伊達政宗に殺害され、山形の兄のもとへ出奔したといわれている。

 

妙印尼(みょういんに) [1514~1594]

 金山城(群馬県太田市)の城主・由良国繁の母で俗名は輝子である。北条氏の侵攻を受けた際、茶会を口実に由良国繁たちを小田原城に捕らえられた71歳の妙印尼は、当主不在とのなか城主として籠城戦を指揮し、北条軍を撃破して和睦にまでこぎつけた。77歳のときの小田原征伐では、由良国繁が北条方の小田原城に籠城する一方で、妙印尼は息子を敵に回す決断をして豊臣方に参陣した。前田利家の軍に加勢した妙印尼の軍功のおかげで、戦後に由良国繁は牛久(茨城県牛久市)への国替えだけで罪を許された。