武田信玄

武田信玄と周辺地域のかかわり
 信濃の隣国甲斐(山梨県)の武田氏は、平安末期から甲斐源氏として根を下ろしている一族である。室町時代から戦国時代にかけて甲斐国の守護を独占していたが、一族間の争いや有力な国人たちの反抗もあって、なかなか国内を統一する事ができなかった。
 武田信玄の父信虎の代になると、館を石和から躑躅ヶ崎(甲府市)に移すとともに、反抗する一族や国人たちを従わせ、1532年頃までには甲斐の統一した。
甲斐は武蔵(埼玉県、東京都、神奈川県の一部)・相模(神奈川県)・駿河(静岡県)・信濃の国々に囲まれ、これらの国々には力を蓄えた戦国大名が隣国と争っていた。特に鎌倉公方を補佐する関東管領の山内上杉氏、相模の北条氏、駿河の今川氏などは強大な軍事力を持っていた。信虎はこれらの敵と時に戦い、時に和睦を結ぶという戦術を持って対してきた。駿河国と和睦するために、今川義元に娘を嫁がせるという手段も使った。
信虎は、今川氏との同盟が成立すると、今度は別の地へ領地の拡大をめざし、その現われともいえるのが、信濃国佐久郡への侵攻である。
その後、信虎は小県の名族・海野氏を破ったが、海野平の戦いの後、信玄は父・信虎を駿河の今川氏の元へ追放し、信濃国への侵攻を本格的に始めました。諏訪頼継を攻めて追放し、さらに佐久地方に続いて、上伊那地方に兵を進め、再び佐久地方を攻めました。続いて現在の上田地域を支配していた村上氏との上田原の合戦、砥石城の戦いで負け戦さとなったものの最終的には村上氏をも越後へ敗走させ、川中島の戦いを経て北信濃までその支配下に治めた。
 度重なる信濃への侵攻のあと、西上野をほぼ手中にした信玄は、さらに甲斐国の南へ進出を図った。この頃、今川義元の娘を娶っていた信玄の嫡男・義信は、父信玄との仲が険悪となり、自害させられた。これにより今川氏との断交と同時に、今川氏真が北条氏康の娘を娶っていたという縁戚関係から、北条氏とも断交になった。その結果、今川・北条・上杉という同盟が結ばれて武田家は孤立する形になりました。
 しかしながら上杉謙信は北条の出兵の要請にも動かずにいた。この間に、今川領である駿河と遠江の分割を徳川家康ととりかわして同盟を結びました。その後、武田信玄と徳川家康の間には亀裂が生まれ、反目しあうことになり、家康は上杉と同盟し、先の三者に徳川が加わってさらに情況は悪くなる。
翌年、北条家は当主氏康の死去を契機として、効果の上がらない上杉との同盟関係を解消し、武田と再び同盟関係を結ぶ事になった。生き延びるために互いの利によって同盟関係の離合集散が繰り返された。

関東を巡る上杉・武田・北条の対立
上野では1551年、関東管領上杉憲政が北条氏康の攻撃を受けて本拠地の平井城(藤岡市西平井)を攻め破られて以来、衰退の一途をたどり、厩橋(前橋市)まで退き、天文21年には越後に入って上杉謙信の庇護下にありました。その前後から上杉と北条の対立は激しくなってきました。
これに目を付けた信玄はいちはやく北条氏に手を差し伸べ、天文23年(1554)12月に、娘を北条氏康の嫡子氏政に嫁がせ姻戚・同盟関係を結んでいます。したがって武田氏の上州侵攻は、「北条支援」の名目で始められました。一方の謙信は永禄2年(1559)二月京都へのぼり、半年以上滞在して将軍足利義輝から関東管領職になることを許されて、10月に帰国しています。永禄3年(1560)関東の前の管領上杉憲政は、北条氏康に攻められたため、謙信に助けを求めてきました。謙信はそれに応じ翌4年(1561)、北条氏康・氏政親子を小田原城に包囲しましたが、結局攻略できないまま謙信は鎌倉に入り、鎌倉鶴岡八幡宮の神前で、憲政から上杉姓を譲り受け、上杉輝虎と改名して正式に関東管領に就任した。

上杉謙信と武田信玄の5回に渡る川中島の戦い
信玄と謙信の一騎打ち像
武田氏の村上氏攻略と北信濃侵攻は、越後の上杉謙信との有名な川中島の戦いに発展した。12年の間に5回も行われました。合戦の直接の原因は、村上義清が、信玄に追われて、本領を失い謙信に救いを求めたこと。また、奥信濃の高梨・井上氏らが不安を感じ、上杉謙信に助けを求めたことによる。信玄は川中島地方の豊かな穀倉地帯を押さえることが目的であった。

第一回の戦い
天文21年9月1日、越後勢は八幡(千曲市)にいた武田軍を追い、さらに武田配下にあった荒砥城(千曲市 旧上山田町)、青柳城(筑北村 東筑摩軍旧坂北村)を破り、麻績(東筑摩郡麻績村)、会田(松本市 東筑摩軍旧四賀村)虚空蔵城まで取り返しました。塩田城にいた武田軍もただちに兵をくりだし、13日の夜、麻績、荒砥城に放火させ、反撃を示しました。この時、室賀山城守信俊の手勢が敵の首七つを取ったと『高白斎記』は書き留めています。17日、越後勢が坂城南条付近まで進出、武田軍もこれを迎え撃ちましたが、20日謙信は急に兵を引き上げました。これは、謙信が弾正少弼に任ぜられ、従五位に序せられたので朝廷や将軍にその答礼のため、京都へ上る期日が迫っていたからです。
前のページへもどるページの上へ次のページへすすむ

第二回の戦い
天文24年7月(1555)(この年10月23日に弘治と改元)、信玄は総力をあげて川中島に乗り出しました。4月、犀川南岸の大塚(更級郡)に本陣をすえ、さらに武田方の善光寺堂主の栗田寛明が拠る朝日山城に、兵三千、弓八百張、鉄炮三百挺を送り、上杉軍をけん制しました。7月、謙信は善光寺脇の横山城(長野市城山公園)に陣を取り、旭山城をはげしくせめましたが、落とすことはできませんでした。長期間の滞在で両軍は疲れ、今川義元が中に入り講和が成立します。武田がたが旭山城を破壊してもとの状態に戻し、犀川から北は謙信、南は信玄という条件で合意したものと推定されます。しかし、これで村上氏が故郷へ帰ることは絶望となりました。
この戦いで、信玄は戦功のあった浦野新右衛門貞次に、「いよいよ忠信を抽んずるように」と感状を与えています。
弘治2年(1556)信玄は前年の謙信との講和を破って、犀川を渡って北への進出をはかり、更級郡の香坂筑前守、高井郡の井上左衛門尉、市川信房を味方に引き入れ、着々と北信侵攻の準備をすすめました。

第三回の戦い
弘治3年(1557)二月、雪の降る時期で身動きのできない越後軍の不利をついて、武田軍は善光寺の西北にある葛山城を攻め、城将小田切駿河守以下を討ち取り落城させたので信玄は、室賀兵部大輔に感状を与えています。小田切駿河守を討ち取ったのは室賀兵部大輔の配下の清兵衛でした。
続いて、信玄は北に進み、長沼城(長野市)・大倉城(長野市)を攻め、さらに戦線を伸ばして飯山城に迫りました。謙信は葛山城落城の知らせを聞き、家臣にあてた手紙に「信州の味方が滅びればこの国も危なくなる」(『信濃史料』十二-一三六)と書いています。越後勢は雪の消えるのを待って、善光寺平に入り4月25日に旭山城を再建し、信玄の来襲に備えました。
謙信の今度の戦いにかける決意は固いものがありました。謙信は同年5月10日、小菅神社(飯山市瑞穂)に戦勝のため願文をささげ、12日には当時、武田軍が建築を始めていた埴科郡香坂城(後の海津城)を攻め、坂城の岩鼻(南条)まで迫りますが、信玄が兵を引き上げたため戦うことはできませんでした。この年の7月、北安曇郡の小谷で甲越両軍が激しく戦い、さらに8月に入って上野原(長野市若槻)で激しい合戦をしました。
永禄元年(1558)将軍足利義輝は、甲越の戦いに和談を勧め、信玄と謙信に内書を送りました。二人もこれを承諾し兵を引き上げました。
この間、信玄は将軍義輝から信濃国守護に任ぜられ、永禄2年(1559)二月、出家して信玄(出家する前は晴信)と改めました。一方謙信は、永禄2年(1559)2月京都へ上り、約半年間滞在して、将軍足利義輝から関東管領職に任じられ、同年10月に帰国しました。
謙信の上洛中、信玄は、9月1日には、生島足島神社に越後勢と戦い、勝利するよう神の加護を賜りたいと、願文を奉納しています。

第四回の戦い
永禄4年(1561)4月、信玄の兵が碓氷峠から国境を越えて上野の松井田や長野原に侵入してきたため、8月末、その裏をねらって謙信は春日山城を出て北信濃に入り、村上・井上・高梨・須田・島津などの信濃衆を先陣とし川中島に出陣しました。
謙信出陣の報に接した信玄も、多くの将士を従えて川中島に向かいました。謙信は、千曲川を越えて海津城を眼下に見下ろす妻女山に本陣をすえました。信玄はこの報を聞き、一手を妻女山の攻撃に向かわせ、信玄と他の一手は謙信とは逆に千曲川を渡り、篠ノ井の会に陣を取りました。このとき、川中島の戦いで最も烈しい戦闘が行われました。

一般に川中島の戦いというとこの戦いをさし、頼山陽の「鞭聲粛々」の詩を生み出した戦国時代の代表的な合戦として有名です。
この戦いで、謙信とその旗本が信玄の本陣に襲いかかり、謙信が信玄に太刀をあびせ、信玄も太刀を抜いて防いだと伝えられていますが、真偽の程はわかりません。
この戦いには、真田幸隆、信綱親子も加わっています。この方面の地理に明るい真田氏を始め、小県の海野・祢津・室賀・浦野・小泉の諸士は、武田軍の最前線で命がけの働きをしていたことは確かです。

第五回の戦い
永禄7年(1564)3月18日、信玄は信越国境に兵を出して、野尻城(信濃町)を落としました。しかし、謙信も5月には取り返し善光寺に陣を進め信玄を牽制し、さらに8月1日更科八幡宮に願文を捧げ勝利を祈りました。
謙信が上州(群馬県)東南端の小泉城主富岡重朝に送った手紙(『信濃史料』十二-五三〇)に、「七月二十九日、川中島に兵を進めた。近日中には佐久郡へ押し通るつもりでいる。その後ただちに碓氷峠口に向かう」とあるように、この際一挙に勝負をつけようと、盛んに信玄に挑戦しますが、信玄は塩崎まで出陣したものの、ついに合戦は行われなかったため、60日に近いにらみ合いの末、謙信は10月1日越後春日山に帰らざるを得ませんでした。
後世、5回にわたる川中島の戦いの結果は、甲州の勝ちか、越後の勝ちか、あるいは互角かと、話題になりますが、川中島で食い止めることができず、信玄に北上を許したということは謙信の劣勢を認めざるを得ません。謙信は、飯山城を核に高井郡、水内郡の一部を確保したにとどまり、信玄は北信濃のほぼ全域を手中に納めました。

家臣団の団結強化のために起請文の提出へ
信玄は、先に親の信虎を駿河に追放し、さらに、飯富虎昌ら重臣に詰め腹を切らせた上に子の義信を幽閉、自害させたことで他の家臣の心が離れていくことにつながるのを恐れました。
そうした情勢の中で駿河・遠江方面へ進出して、もし留守中に信濃、西上野在陣の武士たちが反旗をひるがえすようなことでもあれば、取り返しがききません。この動きを警戒し、封じようとしたのが、永禄9年・10年(特に10)神前で起請させるという措置でした。
これが下之郷の生島足島神社に現在残っている83通(今は残されていないが他にも8通あったといわれる)、237人にも及ぶ、甲斐・信濃・西上野の将士から署名・血判」の上、起請文を書かせて誓約させるという事態になったのです。
83通の起請文は、永禄9年(1566)8月23日と翌10年8月7日・8日に納められていますがその内のほとんどが永禄10年に納められたものです。

武田信玄の天下人への戦略とその後
永禄11年(1568)年2月、武田氏は徳川氏と同盟を結び、駿河・遠江を東と西から攻め取る約束を交わしました。
永禄12年(1569)から天正元年(1573)年にかけての丸4年間、信玄の精力的な駿河・遠江・三河方面への侵攻が続けられました。執拗ともいえる攻勢に音を上げた今川・北条氏は、越後の上杉謙信に信濃に兵を出し、信玄の動きを牽制するようという要請を何回もしました。特に北条氏は武田氏の駿河侵攻を鈍らせるため何度も何度も要請の手をつくしました。中には岩櫃城の真田幸隆を討ち取ってくれと書いた書状(『信濃史料』一三-二七六)もあります。しかし、謙信にしてもその度ごと頼みに応じられるような情勢ではありませんでした。
元亀元年(1570)10月、徳川家康は信玄との同盟関係を破り、謙信と同盟関係を結ぶようになります。信玄にしてみればこれによって遠江も公然と攻撃できる名分ができました。
元亀3年(1572)10月、信玄は四男勝頼とともに甲府を立ち、甲州・信州の大軍を率いて伊那谷を一気に下り遠江に侵入しました。

12月22日、遠江三方ヶ原で徳川・織田両軍と戦い大勝します。
この戦いは圧倒的な数を誇る武田軍が優勢で、家康は命からがら浜松城に逃げ帰る、という大敗を喫しています。その後、武田軍は浜松まで追撃しましたが、深追いすることなく三方ヶ原に近い刑部で越年しています。
翌天正元年(1573)2月、信玄は刑部の北西にある野田城を攻略しましたが、このころから病状が悪化、長篠を経て鳳来寺に移り、しばらく療養に専念しています。しかし、一向に回復に向かわなかったのでしょう。3月9日、鳳来寺を出立、帰国の途につきましたが、4月12日信州駒場(下伊那郡阿智村・こまんばともいう)で死去しました。
馬にも乗れない状態で輿に乗せられての帰郷だったようです。
前年10月に甲府を出立する時点から病状はかなり進行しており、この出陣は覚悟のものだったに違いありません。戦国大名の典型ともいわれている希代の英傑もその夢半ばで先陣の露と消えたわけです。くしくもこれより三ヶ月前の1月、かつての宿敵村上義清も、越後の根知城で寂しく死去しています。