北条氏康

 戦国時代の先駆者とされる北条早雲から北条家が始まるが、まず北条早雲は駿河の今川家の家臣として地位を高め、伊豆半島に進攻して支配下に収め、さらに小田原(神奈川県)城を攻め落として拠点とした。
 北条早雲の死後、その後を継いだ北条氏綱が関東に進出し、その子・北条氏康(うじやす)が後を継いで関東一帯を支配した。北条氏康は武田信玄や上杉謙信に比べると武闘派としての印象は少いが、実際には生涯36度の合戦で戦い、1度も敵に背を見せたことがなく、受けた傷は全て向こう傷だったとされている。

 北条氏康が武闘派武将というより政治家とされるのは、他の大名に先駆けて検地(土地を調べて税金などを決める事)を実施し、通貨を統一して経済改革に努めるなど、内政に優れていたからである。北条家には 「家臣や民を慈しみ、人心を掌握し、戦いに勝っても思慮深くあるように」 という家訓が代々伝わっており、北条氏康の統治はまさにそれを表していた。 北条家の行政機構(政治システム)は非常に近代的で、他の大名家よりも進んでいた。北条氏康は文武を兼ね備えた名将で、さらに仁徳があって家中や庶民を大切にした戦国大名である。

 

北条氏康の生まれ

 1515年に生まれた北条氏康は、小田原北条氏の第2代当主・北条氏綱の嫡男で、母は養珠院(ようじゅいん)である。母の出自はわかっていないが、北条氏康の幼名は伊勢伊豆千代丸で、祖父・北條早雲は氏康4歳の頃に死去している。

 この頃の北条家は「伊勢氏」を名乗っており、北条氏康が7歳になった頃に北条氏を名乗るようになった。もちろん北条氏を名乗ったのは鎌倉時代の北条氏にあやかったからである。北条氏康12歳の頃、兵士の訓練を見て気を失った。気を取り戻すと「家臣の前で恥を曝した」として自害しようとしたが、家老が「初めて見るものに驚かれるのは当然で、恥ではございません。むしろ、あらかじめの心構えが大切」と忠言した。以後、氏康は常に心構えをわきまえるようになった。北条氏康が元服したのは15歳頃で、小沢城から討って出ると上杉朝興の大軍を相手に勝利している。
 1535年頃に正室となる今川氏親の娘・瑞渓院(ずいけいいん)を小田原城に迎え、後に北条家と今川義元は対立するが、瑞渓院は駿河に戻ることなく北条家を支えることになる。1536年頃に長男・北条新九郎(天用院殿)が誕生し、この新九郎が16歳で夭折したため、次男の北条氏政がのちの第4代当主となった。

 なお瑞渓院は子宝に恵まれ3男・北条氏照、4男・北条氏邦、5男・北条氏規、女子では今川氏真の正室・早川殿を産み、足利義氏の正室・浄光院殿と共に北条家を発展へと導びいている。

 1538年に父・北條氏綱が隠居したため、北条氏康が第3代当主となった。北条氏綱は1541年8月10日に死去するが、その直前に「5か条の訓戒状」を遺言として残している。

 

5か条の訓戒状

 北條氏綱は死に臨み「五箇条から成る訓戒状」を氏康に遺した。
    1、大将から侍にいたるまで義を大事にすること。
    たとえ義に違い、国を切り取ることができても、後世の恥辱を受けるであろう。
    1、必要のない民などいない。武士から農民にいたるまで、全ての民を慈しむこと。
    1、決して驕らず、またへつらわず、己の分限を守ること。

    1、倹約に重んずべし。
    1、勝利はほどほどにせよ。勝利し続けると敵を侮ることがあるからである。
  父・北条氏綱も北條早雲から遺訓を受けており、「五か条の訓戒状」は領国統治を行なうための「義を専ら守るべし」との家訓である。


河越城の戦い

 北条家が台頭する前、関東地方では関東管領(かんれい)・山内上杉家、扇谷上杉家、古河公方の三者による争いが数十年続いていた。

 管領・山内上杉家は室町幕府の地方自治・鎌倉公方を補佐するための役割で、上杉氏が世襲で管領を務めた。関東地方の上杉家は越後の上杉謙信とは無関係で、管領・山内上杉家は鎌倉公方をしのぎ公方を滅亡にまで追いやったが、鎌倉公方は後に下総国古河を本拠として「古河公方」となった。また管領・山内上杉家の傍流にあたる扇谷上杉家も勢力を強め、関東における三大勢力となっていた。

 そこで扇谷上杉家は膠着した戦況を打破するため北条家を呼び込もうとするが、二代目・北条氏綱が扇谷上杉家を滅亡寸前にまで追い込んでしまう。しかし北条氏綱が死ぬと跡を継いだ北条氏康に対し三家(管領上杉家、扇谷上杉家、古河公方)は、1545年、武田信玄と同盟していた駿河の今川義元と連携して小田原包囲網をつくり、北条氏康に対して大攻勢に出た。つまり関東における三大勢力が連合を組んで、新興勢力の北条氏が力を持ってきたので巻き返しを図ったのである。

 今川義元は北条方の長久保の城を包囲したため、北条氏は当然そこに兵を割かねばならなかった。北條氏康はまず駿河の今川義元を攻めるが、そのころ義弟・北条綱成が守る河越城は山内・扇谷の両上杉家の大軍が押し寄せて包囲した。河越城はもともと扇ヶ谷上杉氏の居城であったが、北条氏綱に攻め落とされて以来、北条氏の持ち城となっていた。城将は「地黄八幡」の旗指物で知られた北条綱成であった。河越城には3千の将兵がいたが、31歳の北条氏康とって最大の危機であった。

 この絶体絶命の危機に北条氏康は武田晴信に仲介を頼み、今川義元に東駿河の河東地域を割譲することで今川家と和睦した。

 その後、軍勢を駿河から河越城へ向けると、1546年4月20日、北条氏康は日本三大奇襲(日本三大夜戦)となる「河越夜戦」へ臨んだ。この戦いは織田信長が今川義元の大軍を破った「桶狭間の戦い」、毛利元就が陶晴賢の大軍を破った「厳島の戦い」と並んで、戦国時代の三代奇襲戦と称されている合戦である。いずれの合戦もそれをきっかけに自らの勢力を飛躍させ、まさに転機とも言うべき戦いであった。
 3000の兵とともに北条綱成が守っていた河越城に8万もの上杉勢の大軍が攻め込んだのである。戦力比80:3であったが、河越城は太田道灌が全精力を込めて造り上げた三堅城の一つであった。しかも守るは猛将・北条綱成である。攻城戦は長引き、上杉勢の大軍は途中から兵糧攻めすることにした。

 北条氏康は今川義元と和睦をしたが、兵は僅かに8千人であった。この兵力差で三家連合は戦勝気分であった。北条氏康は敵の軍勢に近づくとわざと兵を引き上げさせた。これをみた上杉軍は「氏康はこちらの軍勢があまりにも多いので臆病にも戦わずに逃げ出した」と噂し合った。その後、氏康はまた敵に接近を試みたが、やはり敵の目前で引き上げるという行為をくり返した。それをみた上杉軍はいよいよ油断して「氏康に戦意はない。われわれの勝利は近い」との確信を持つに至った。包囲から半年以上も過ぎた1546年5月19日夜、三家連合の油断を突く形で北条氏康が夜襲をかけたのである。

 北条氏康は鎧兜を脱いで身軽になり、敵味方識別のため腕に白い布を巻きつけた自兵たちとともに上杉連合軍本陣に突撃すると、侮っていた連合軍は大混乱に陥り、混乱の中で扇谷上杉家当主・上杉朝定が戦死した。

 この大混乱を見て城内から打って出た北条綱成が古河公方・足利晴氏の陣に突撃し敗走させると、寄せ集めの軍勢だった連合軍は一気に瓦解し、関東管領上杉憲政も3千あまりの兵を失い平井城に敗走した。北条家の兵は城兵3千と救援8千の計1万1千である。連合軍の死傷者は1万3千とされている。北条氏康は見事に三家連合を蹴散らしたのである。

 この戦いにより関東の諸将は北条家に從うようになり、北条氏康は関東での主導権を握った。当主を失った扇谷上杉家は程なく滅亡。古河公方晴氏は北条軍に包囲されて降伏し、北条家から養子を迎え公方職を譲ることになった。北条家はこの一戦で関東での確固たる地位を築き上げ、豊臣秀吉の小田原攻めに至るまでの繁栄の礎を造った。



優れた民政
 1561年、越後の「上杉謙信」が関東管領職を譲られ関東を支配するため北条家に毎年の様に進攻してきた。また長年敵対していた房総半島の「里見家」との戦いも続き、今川義元の死後に三国同盟が解消されると武田家も進攻してくるようになり、山内上杉家 などは小勢力ながら北条家への敵対行為を続けており、まさに四方から外敵の進攻を受けるようになった。
 そのような中で北条氏康は小田原の城の改築を繰り返し、小田原を難攻不落の巨城へと変えていった。領国経営においては、大地震で疲弊した際に全領土規模の徳政令を行い、臨時に追加で税を取っていた評判が悪かった課税を「四公六民」として統一して軽減した。

 四公六民と言うのは、税金が40%で民の取り分は60%と言う意味である。諸国での通例は税は50%であったが、四公六民はのちの徳川幕府も直轄領にて採用した。これはのちに関東に入った徳川家康も、北条家が善政を敷いていたため、民を統治するのに苦慮した結果と言える。

 また農民も含めた領民の誰もが直訴ができる「目安箱」を設置した。この目安箱は江戸時代の8代将軍・徳川吉宗も採用したことで知られている。
 さらに通貨に関しては戦国時代初となる永楽銭で統一し、検地して税を平等にし、枡を遠江の榛原枡に決めて領国内の度量衡を均等した。このように豊臣秀吉の先駆けて検地を行い、家臣、領民の税負担を明確にして軽減した。

 凶作や飢饉の年には減税したり、年貢を免除したため民からは非常に喜ばれた。そのため小田原の北条家100年間において、領民の一揆や、一族の裏切りと言った内紛が発生していない。さらに使者や物資を馬で運ぶ交通制度「伝馬制」も設け、民が暮らしやすい国へと改革をした。

 北條氏康は次のように語り「主将が官吏を選ぶのは当たり前のこと。官吏も主将を選ぶものだ。隣国と戦い、日頃、官吏を大事にせず、庶民に慈悲を掛けなければ、人は他国に去って、明主・良将を求めて仕えてしまう。官吏を愛し庶民を慈しむは主将の当然の務めである」支配を強めていった。

関東の覇者への道

 平井城に逃れていた上杉憲政を攻めると、求心力を失っていた上杉憲政は越後の長尾景虎(上杉謙信)の元へ逃亡した。古河城を攻撃して足利晴氏を捕えて幽閉し、関東の覇者となるべく順調に領土拡大を図った。宇都宮城も支配下におさめた。滝山城の大石定久には北條氏照、鉢形城の藤田氏には北條氏邦といった養子を送り込み、実質的な乗っ取りに成功している。

 1554年7月には、今川義元の重臣・太原雪斎の仲介により、北条氏康の娘・早川殿が今川義元の嫡男・今川氏真に嫁つぎ、12月には婚約が成立していた武田信玄の娘・黄梅院を嫡男・北條氏政の正室に迎えることで、武田家・今川家と同盟関係となり「甲相駿三国同盟」が成立した。

 また北條氏規を人質として今川家の寿桂尼に預けるなどしたことにより関東での戦いに専念することができた。関東の反北条勢力は越後の長尾景虎(上杉謙信)に対して度々出陣を要請し、1560年には小田原城は10万とも言われる大軍に包囲したが、しかし10日間ほどの籠城を乗り切ると、上杉勢は撤退した。

小田原城総構え

 小田原城での籠城に自信を持った北条氏康は、小田原城の改築を繰り返し、小田原城を難攻不落の巨城へと変えていった。東の小田原・西の山口と称される広大な城下町には、全国から職人や文化人が集ま理、また大規模な都市開発を行うだけでなく、市街地の清掃にも気を配り、小田原に来訪した京都・南禅寺の東嶺智旺はゴミひとつ落ちていないと述べている。

 上杉謙信は冬季になると度々関東へ侵攻しては引き上げ、その度に、関東の諸将は上杉に寝返ったり北條氏に帰参したりと従属関係を変えている。その一方で里見義堯・里見義弘に何とか勝利すると安房へと追いやり、関東の諸将を攻略・降伏させるなど着実に成果を挙げた。

 1559年には大田豊後守・関兵部丞・松田筑前守の3人に命じて、家臣らの一覧リストとなる「小田原衆所領役帳」を作成した。これにより出陣する際に動員する兵数から旗指物までを指定した。

 北条氏康は馬廻衆を中心に独自の官僚機構を構築しており、月に1回程度の「評定」を開いて家臣らの意見を聞き、民主主義的に政策を行い近代的な政治体制も敷いた。

 当時は「手書き」の花押をサインするのが主流だったが、北条氏康は文書の証しとして「虎の朱印(ハンコ)」を用いた。印鑑を用いて事務の効率化を図ったが、印鑑を使う事は家臣や領民から北条家が信頼されていないとできないことであった。

 なお1566年上野・厩橋城の上杉家の直臣が北条に寝返り、上杉謙信は関東への足掛かりを失い関東での支配力を落とした。この頃には北条氏康(52歳)は隠居し、嫡男・北条氏政に家督を譲っており、今川義元の没後、同盟を破棄して駿河に侵攻した武田信玄と争い上杉謙信と同盟を結んでいる。1569年には小田原城まで侵攻した武田信玄を、三増峠の戦いにてなんとか追いやっている。

三増峠の戦い

 しかし北條氏康は体調が悪化していたようで、1570年8月頃から中風のような症状があり、興国寺城はかろうじて守ったが、駿河での戦いは武田信玄に押されている。1571年10月3日、北条氏康は死去した。享年56。「上杉謙信との同盟を破棄して武田信玄と同盟を結ぶように」と遺言を残した。

 北条氏康は父・北条氏綱の時代よりも領土を広げ、上杉家や武田家といった強豪を相手に何度も進攻されながらも追い返して北条家を繁栄させた。紛れもなく有能な戦国大名であった。

 生涯で36度の合戦に出陣し、諸国からは「相模の獅子」「相模の虎」と恐れられた。北条氏康が受けた傷は全て「向こう傷」だったとされ、一度も背を向けたことがない勇敢な武将であった。北条氏康が自ら指揮した戦いは「不敗」と言う成績を誇っている。

 さらに北條氏康は次のような言葉を残している。
    1、酒のふるまいは朝食に定めるべきで、それも大酒はよくない。三杯ときめよ。
    1、下知を仰がず勝手に城の出入口である虎口を出るものは、即刻に家禄を没収せよ。もしまた、北条家としての公のはからいを必要とするものについてはさっそくに申し越せ。
    1、家中のものが他の陣所へ出向いて大酒を呑んだり、まして喧嘩口論におよぶことのないように堅く申しつけよ。酒は夜ではなく朝に飲んでしかも3杯までとした。

 実際には福島正則、後藤又兵衛、上杉謙信など大酒飲で数々の伝説を残しているが、酒で失敗する一族や家臣が出ないようにしたのである。

 このように時には悪の原因にもなる「酒」も適切に対処すれば自分のためになる。また余計な仲たがいをせずに済むという心がけを持っていた。

 北条氏康の死後、「北条氏政」さらに「北条氏直」と5代続くが、北条氏康の正室・瑞渓院はその後の北条家を見定めながら、1590年6月12日に死去した。この日は豊臣秀吉の軍勢に小田原城が包囲されている最中で、韮山城では激戦となっており鉢形城・忍城も包囲され始めたころである。北条氏政・継室の鳳翔院殿も同日に死去しているため、2人は自害した可能性が高い。
  北条氏直(北條氏直)が小田原城を開城したのは7月5日であるが、北条氏康が死去してから僅か19年後のことであった。

 

小田原城

 北条氏康の死後、北条家はその子北条氏政、さらに北条氏直が後を継いだ。氏康の死後も北条家は上杉家などから度重なる進攻を受けたが、巨城小田原城での篭城戦で進攻を防いだ。

 以後も20 年も北条家は外敵からの侵入を阻み、関東を支配し続けるが、その間に天下は動き続け、日本はほぼ「豊臣秀吉」に支配された。
    豊臣秀吉は北条家を攻め支配しようとした。北条家では北条一族や家臣達の会議で物事を決めていたが、秀吉が侵攻してくる動きに対し、和平派と 主戦派で意見が真っ二つに分かれた。秀吉と講和をする意見が一時優勢だったが、 結局、秀吉の要請を拒み北条家は秀吉の侵攻を受けることになる。
    北条家は小田原城に篭って戦おうとするが、秀吉は難攻不落の小田原城をまともに攻めるつもりはなかった。秀吉は大軍で小田原城を完全に包囲すると、兵糧攻めを行った。もちろん小田原城には大量の物資が保管されていたが、秀吉軍は部隊を入れ替えながらひたすら包囲を続け、これ見よがしに城の周囲で宴会などを開いたりした。
    もはや日本をほぼ支配している豊臣秀吉と北条家では力の差は歴然であり、例え小田原城があっても北条家に勝ち目はなかった。この時、小田原城の中では「降伏するか、打って出るか、このまま守り続けるか」で日々議論が行われたが、いつまでたっても結論は出なかった。時間ばかりかかって何の結論も出ない会議を「小田原評定」と言うのはこの故事から来ている。
    さらに家臣の裏切りなどもあり、北条家は秀吉に降伏した。北条氏政は切腹、北条氏直は流刑となったが、和平派であった北条氏政の弟が豊臣秀吉に取り立てられたため、北条家はその後も江戸時代の藩主として存続する。しかし戦国大名としての北条家はここに滅亡することになる。