細川幽斎

 細川幽斎(藤孝)は戦国時代から江戸時代初期にかけての武将で、大名でありながら古今集秘事の伝統を受け継ぐ唯一の歌人としての文化人有名であった。初め細川幽斎は室町幕府13代将軍・足利義輝に仕え、義輝の死後15代将軍・足利義昭の擁立に尽力するが、後に織田信長に従い一時期長岡藤孝と名乗って丹後宮津11万石の大名となった。

 本能寺の変の後、信長の死に殉じて剃髪して家督を忠興に譲るが、その後も豊臣秀吉、徳川家康に仕えて重用され肥後(熊本)・細川家の礎となった。
 また二条流の歌道を三条西実枝から伝授され、近世の歌学を大成した当代一の文化人でもあり、そのため細川藤孝よりも雅号の表記・細川幽斎のほうが有名である。


幕臣時代
 
1534年4月22日、細川幽斎は和泉上守護家・三淵晴員の次男として京都東山で生まれ幼名を萬吉(まんきち)といった。5歳で将軍に謁見し、7歳で伯父の和泉半国守護・細川元常の養子となり13歳で元服した。細川家は室町幕府で三管領(細川・斯波・畠山)のひとつであり、管領とは将軍を補佐して政治全般をとりしまる役職である。

 母親は12代将軍の足利義晴の側室で懐妊したまま下され、細川幽斎は足利義晴の子である可能性が高い。1546年には将軍・足利義藤(足利義輝)の名を受け藤孝と名乗った。
 藤孝32歳のとき、剣豪将軍として名高かった十三代将軍・義輝に幕臣として仕えたが、1565年の永禄の変で義輝が三好三人衆に討たれ、義輝の弟・足利義昭も興福寺に幽閉されたが、兄・三淵藤英と一色藤長、和田惟政、仁木義政、米田求政らと協力して足利義昭を救出して幕府再興を狙って近江国の六角義賢、若狭国の武田義統、越前国の朝倉義景らを頼って足利義昭の将軍任官に奔走した。

 当時は貧窮していて、あまりにお金がなく照明用の油すら買えず、仕方なく社殿から油を頂戴(盗む)するほどだった。神社から油を盗んだという話は「名家の生まれにしては現実主義者だった」ことを物語っている。

 その後、明智光秀を通じて尾張国の織田信長に助力を求めた。1567年7月27日、立政寺にて信長は初めて足利義昭と会見したが
この仲介をしたのが明智光秀と細川藤孝である。

 さらに明智光秀と共謀して義昭の上洛を計画し、織田信長の援助を得て上洛に成功した。1568年9月に信長が足利義昭を奉じて入京すると細川幽斎(藤孝)もこれに従った。細川幽斎は山城勝竜寺城(青竜寺城)を三好三人衆の岩成友通から奪還して大和国や摂津国を転戦した。


信長家臣時代

 足利義昭と信長が対立すると、細川幽斎は信長側につき、軍勢を率いて上洛した信長を出迎えて恭順を示した。細川幽斎は義昭が信長に逆心を抱いていることを信長に伝えている。

 義昭が追放された後に桂川の西にある山城国長岡一帯の知行を許され、細川幽斎は名字を改めて一時長岡藤孝と名乗っていた。余談になるが藤孝と信長は同じ年に生まれたので親近感があったのかもしれない。 

 池田勝正、三淵藤英と共に岩成友通を山城淀城の戦い(第二次淀古城の戦い)で滅ぼし、以後は信長の武将として畿内各地を転戦した。高屋城の戦い、越前一向一揆征伐、石山合戦、紀州征伐のほか、山陰方面軍総大将の明智光秀の与力として活躍した(黒井城の戦い)。さらに信長に反旗を翻した松永久秀の籠る大和信貴山城を明智光秀と共に落とした(信貴山城の戦い)。

 1578年、信長の薦めによって嫡男・忠興と明智光秀の娘・玉(ガラシャ)と婚儀され、前後して明智光秀と行動を共にすることが多くなった。

 1580年には明智光秀の与力とし単独で丹後国に進攻するが、同国守護一色氏に反撃され失敗した。後に明智光秀の加勢によって丹後南部を平定すると、信長から丹後南半国の領有を認められて宮津城を居城とした。北半国は旧丹後守護家である一色満信の領地として信長から認められていた。また甲州征伐には一色満信とともに出陣している。

 信長は正月12日付の細川幽斎(藤孝)宛ての黒印状で、知多半島で取れた鯨肉を朝廷に献上し、家臣である藤孝に裾分けをしたと述べている。当時は鯨を多くの人に分ける習慣があった。


本能寺の変以後
 1582年に本能寺の変に際し、細川幽斎(藤孝)は上役であり親戚でもあった明智光秀の再三の要請を断り「私は信長様の死に哀悼を示し出家する。後のことは息子に任せてある」という返事をして、剃髪して雅号を幽斎とし、田辺城に隠居し忠興に家督を譲った。

 家督を譲られた細川忠興は父親と同じ行動を取り、細川親子は光秀への与力を拒否した。

 明智光秀と関係の深い筒井順慶も参戦を断り、窮地に陥った明智光秀は山崎の戦いで敗死している。幽斎は明智光秀の支配下に入ることを潔しとしなかったのである。

 このよう本来協力して然るべき姻戚関係の家や、旧知の仲である大名への根回しができていなかったことが明智光秀が天下を取れなかった理由の一つと言われている。

 その後も明智光秀を討った羽柴秀吉に重用され、山城西ヶ岡に3,000石を与えられた。また紀州征伐、九州平定にも武将として参加し、梅北一揆の際には上使として薩摩国に赴き島津家蔵入地の改革を行っている(薩摩御仕置)。この功により大隅国に3,000石を加増された。

 足利義昭が死去した際、葬儀を執り行う者もいなかったため幽斎が葬儀を主催した。

 

朝鮮侵攻

 豊臣秀吉は日本を統一すると明国制圧のため朝鮮に侵攻を目論んだ。幽斎は前野長康との会話で「今度の争場はそもそも大義もなく、仁愛もない。国を離れること数千里、たとえ勝利を得ても延々と見渡す限り皆敵である」と反対の立場にいた。幽斎は「関東、北越の三百有余万石を在国せしめ、九州、四国、中国の諸将を始め、御一門衆、譜代衆の無駄遣いは豊家凋落の禍(わざわい)となりかねる難しい合戦になる」と言っていた。
 つまり「朝鮮侵攻は負担が重く消耗するのは西国大名、豊臣家譜代の諸将で、一兵も兵を出さない徳川家康や前田利家は損害をこうむる心配がない。後日その勢いが強大になるだろう」幽斎にはこの戦争の結果と日本国内に及ぼす影響がほぼ見えていた。
 このように幽斎は先を見ていたが、大勢は秀吉の望む征服戦争へと流れていった。幽斎自身も名護屋に在陣し、子の細川忠興は渡海して第一次晋州城の戦いで苦しい戦いを強いられている。

 

田辺城の戦い

 1598年に秀吉が死去し文禄・慶長の役が幕を閉じると、細川幽斎(藤孝)は徳川家康と親交があり家康に接近した。

 1600年6月、嫡男・忠興が家康の会津征伐に丹後から細川家の軍勢を引きつれて参加し、7月には石田三成が家康討伐の兵を挙げた。大坂にいた忠興の妻・ガラシャ夫人は包囲された屋敷に火を放って自害した。

 細川幽斎の歴史的な見せ場は、関が原のときであった。藤孝は既に豊臣一門を見限っており、家康に接近していたので当然東軍側についた。そこで丹後・田辺城(京都府舞鶴市)の守将になっていたが、田辺城を1500もの西軍に取り囲まれ、細川幽斎は田辺城に籠城した。田辺城は大軍に包囲されたが、幽斎が指揮する籠城勢の抵抗は激しく、また攻囲軍の中には幽斎の歌道の弟子が多く戦闘意欲に乏しかった。(田辺城の戦い)。この田辺城の戦いは関が原本戦の前に行われ、15,00の西軍を三男の細川幸隆と共に500に満たない手勢で60日に渡り丹後田辺城を守ったのであった。

 当時藤孝は「古今伝授」という秘伝を受け継いだ唯一の人物として知られており、西軍に包囲された幽斎の討死を心配した八条宮智仁親王は7月と8月の2度にわたって講和を働きかけたが、幽斎はこれを謝絶して籠城戦を継続した。さらに使者を通じて「古今集証明状」を八条宮に贈り「源氏抄」と「二十一代和歌集」を朝廷に献上している。

 細川藤孝(幽斎)は、戦国きっての文化人で若くして歌道を志し、三条西実枝より古今和歌集の秘伝を受け、九条稙通より源氏物語の奥義を授けられていた。勅撰和歌集・古今和歌集の解釈については代々語り伝えられてきた秘伝で、この時代藤孝以外にそれを知る人物はいなかった。

 後陽成天皇はもし細川藤孝が死ねば古今集秘事の伝統が絶えることを惜しみ、勅命をもって開城するよう伝えた。天皇による開城命令である。勅命による開城は関ヶ原の戦いの2日前の9月13日である。幽斎は2ヶ月に及ぶ籠城戦を終えて城を明け渡すと、敵将である前田茂勝の丹波亀山城に入った。

 細川藤孝(幽斎)が東軍として西軍の大軍を引き寄せていたので「関ヶ原の戦い」で東軍が勝利したとされている。そのため徳川家康は細川幽玄を高待遇している。
 また嫡男の細川忠興は関ヶ原の戦いにおいて石田三成と戦い、戦後に豊前小倉藩39万9,000石の大封を得ている。

 細川幽斎はその後、京都吉田で悠々自適な晩年を送り、1610年8月20日、京都三条車屋町の自邸で死去した。享年77。 

 幽斎の所領6,000石やそのほかの資産は死後に整理され、次男の興元の下野茂木藩1万石立藩の足しとして、さらに幽斎の孫の長岡休無(細川忠隆)は京都隠居料(3,000石)として受け継いだ。

 
文化人としての幽斎
    細川幽斎の父は足利将軍家の幕臣である三淵晴員で、母は学者の清原宣賢の娘であるため文化人として遺伝的・環境的側面が大きいかった。60過ぎでも和歌集や風土記を書き写す勉強家であり、武将としての職分もこなした。

  剣術の他に武芸百般、また和歌・茶道・連歌・蹴鞠等の文芸を修め、さらには囲碁・料理・猿楽などにも造詣が深く、当代随一の教養人であった。剣術は塚原卜伝に学び、波々伯部貞弘・吉田雪荷から弓術の印可を、弓馬故実(武田流)を武田信豊から相伝され武芸にも高い素質を持った。膂力も強く、京都の路上で突進してきた牛の角をつかみ投げ倒したという逸話もある。また息子・忠興と共に遊泳術にも優れていた。
    細川幽斎は三条西実枝に古今伝授を受け、その子・三条西公国、さらにその子・三条西実条に伝授するまでの間、二条派正統を継承した。幽斎は当時唯一の古今伝授の伝承者であり、関ヶ原の戦いの際、後陽成天皇が勅命により幽斎を助命したのも古今伝授が途絶える事を恐れたためだった。
    門人には後陽成天皇の弟宮・八条宮智仁親王、公家の中院通勝、烏丸光広がおり、また松永貞徳、木下長嘯子らも幽斎の指導を受けた。島津義久は幽斎が足利義昭に仕えていた頃から交流があり、直接古今伝授を受けた。


墓所

 幽斎の墓は京都・南禅寺の塔頭寺院にある。その他に孫で忠興の子・忠利以降、その子孫が肥後熊本藩54万石の藩主となったことより、熊本の立田山の麓に細川家菩提寺の泰勝寺(立田自然公園)にも廟所が造営されている。また幽斎の菩提所として忠興により大徳寺山内に建立された塔頭が高桐院である。

 八条宮が幽斎から古今伝授を受けた「古今伝授の間」は、幽斎の孫で熊本藩主となった細川忠利が造営した水前寺成趣園(熊本市)に大正時代に移築され、平成22年には熊本で幽斎没後四百年祭が開催され、また翌年には水前寺成趣園内に銅像が建てられている。