日野富子

 室町幕府八代将軍、足利義政は無責任と優柔不断さで「応仁の乱」を引き起こしたことは衆知の通りである。飢饉のために都に餓死者があふれる中、為政者の責任は放棄して、あちこち物見遊山にでかけ連夜の酒宴を催すなど数々の失政にまみれた人物である。この将軍義政の失政に拍車をかけたのが、義政の正夫人(御台所)日野富子とされている。日本史上稀にみる「悪妻」と呼ばれ最もカネに汚い女性とされた。
 冨子は足利将軍家の夫人を代々送り出している日野家の出身である。したがって血筋からすれば後世の彼女に対する悪評は決してふさわしいものではない。日野富子の人生を大きく狂ったのは夫・義政にその大半の責任がある。
  足利義政は内大臣・日野政光の娘で16歳の冨子を妻に迎えた。結婚後、冨子がしばらく男の子を産まなかった。まだ後継者の男子が生まれる可能性があったが、早々と弟の義視を口説き還俗させて後継者とし。さらに「万一、これから冨子との間に男子が生まれても、絶対に後継者にはしない。出家させる」という確約をした。そのために幕閣第一の有力者で宿老の細川勝元を後見人に立てた。これほど用意周到に準備をしたのは、義政自身が早く政界から引退したくて仕方がなかったからである。為政者の責任を放棄し、気楽な立場で遊んで暮らしたかったからである。決して年を取ったからでも体を悪くしたからでもなかった。
 ところがこの決断はあまりにも性急過ぎた。皮肉なことに弟が後継者に決まって1年も経たないうちに、冨子は懐妊し翌年男子を産む。これが義尚である。当然、冨子はわが子・義尚を跡継ぎにと夫・義政に迫ることになる。

 そこで義政はどう動いたか。現代流に表現すれば「問題先送り」で、どちらにも決めず将軍の座にとどまり続けた。優柔不断そのものであるが、その結果、細川勝元が後見する義視派と、冨子が山名宗全を味方に引き入れた義尚派との間で争いとなり、これが応仁の乱の導火線となった。
 都を荒廃させたこの大乱の前後を通じて、義政は全く政治を省みず、冨子はこれ以後、異常なほど「カネ」に執着するようになる。兄・勝光とともに政治に口を出すばかりでなく、内裏の修理だとか、関所の通行税だと称してはカネを集め、そのカネを諸大名に貸して利殖を図った。
 特に信じられないのは、東軍側の冨子が敵方、西軍の武将、畠山義就に戦費を融通していることである。息子義尚を将軍にしたいために、戦争まで引き起こしてしまったのに、敵方の武将にカネを貸して戦乱を助長したのだった。諸大名が戦費に困っているなら融資しなければ、それで戦争は終結に向かうはずなのにである。
 日野冨子は1474年に義政と別居して、その後義尚を指揮下に政治を行う。1489年、さらに25歳の若さで義尚が死去すると、翌年義政を失った冨子は慣例的に念仏三昧の静かな尼になるはずだが、そうではなかった。世の無常を感じるどころか、次の将軍義稙(よしたね)にまで口出しをした。義稙は義視の子であった。権勢に対する執念の深さはこれまでの女性にはみられないものであった。応仁の乱を機に幕府の実際の生命は絶えたような状況だったが、それでもなおその座を捨てきれない。エネルギッシュな行動力を持った女性だった。