加藤清正

 加藤清正といえば豊臣秀吉の武道派・武将として有名である。賤ヶ岳の闘いでは「賤ヶ岳の七本槍」の1人として、また朝鮮出兵時には「虎退治」の逸話を持ち、さらには肥後熊本藩・初代藩主でもある。豊臣秀吉の子飼いの家臣として、秀吉の出世とともに各地を転戦して武功を挙げたが、秀吉没後は徳川氏の家臣となり、関ケ原の戦いの後には肥後・熊本藩の初代藩主となった。

 加藤清正は石田三成と不仲で武断派だったことから猪突猛進型の猛勇と思われがちだが、意外に知的な武将であった。陰謀が渦巻く戦国の世において望まぬ骨肉の闘争に流血した時もあったが、その息苦しく緊張した時代に「人の価値は知恵や才覚ではなく、天地に恥じぬ生き方をしてこそ人の一生は意味あるもの」と堂々としていた。

 加藤清正は、終生、豊臣家への報恩(ほうおん)と忠誠を貫いたが、意外に内政が得意で、地元民からは今でも絶大な人気を得ている。情義の武将・加藤清正であったが、最期はナゾの死を遂げている。

 

加藤清正の生まれ

 加藤清正は現在の名古屋市中村区で生まれている。誕生の地は「秀吉清正記念館」がある場所で、秀吉の出生地に極めて近い所にあたる。それは秀吉の母(大政所)と加藤清正の母(伊都)は25ほど歳は離れていたが姉妹同士だったからである。つまり秀吉にとって加藤清正は甥っ子の関係になった。

 1562年6月24日に生まれ、珍しいことに1611年6月24日の誕生日に死去している。父は鍛冶屋の加藤清忠で、清正が幼いときに死去している。幼名は夜叉若で元服後に虎之助清正と名乗っている。

 秀吉が出世し身辺に人手が必要になった時、加藤清正は12才で召し出されている。清正は秀吉の遠戚として可愛がられ、将来を期待され、その期待に清正は応じて秀吉に忠義を尽くした。

 秀吉の小姓となり170石を与えられ、中国攻めにも参加している。秀吉の主な戦いには必ず従軍していることから、心から秀吉に従っていたことが分かる。

 1582年に本能寺の変が起きると、秀吉に従って山崎の合戦に参加し、翌年の賤ヶ岳の戦いでは敵将・山路正国を討ち取る武功を挙げ、秀吉から「賤ヶ岳の七本槍」の一人として3000石の所領を与えられている。

 近江の守護大名・佐々木氏一族の名門・山崎片家の娘を娶り正室とした。1585年に秀吉が関白になると同時に、加藤清正は肥後国領主となった。肥後は佐々成政が九州征伐の功績で与えられていたが、肥後統治に失敗し切腹を命じられ、佐々成政に代わって肥後北半国19万5000石が与えられたのである。

 

加藤清正の容貌
 清正は身長六尺三寸(約190cm)の大男で、また清正の乗る馬・帝釈栗毛は普通の馬の丈が五尺であるのに対し六尺三寸もあった。帝釈栗毛の帝釈とは仏教の守護神帝釈天のことで、清正は常に帝釈栗毛に乗って江戸市中を往来していた。清正は長いあごひげを伸ばしていたので、いやがうえにも目立っていた。

 さらに清正の長烏帽子(ながえぼし)の冑は六尺四寸もあり堂々とした容貌であった。甲冑は敵の攻撃から自分の身を守るだけでなく、敵を威嚇する目的があったため、長烏帽子形兜を被ることで背がさらに高く見えた。清正はこの威嚇効果を十分に生かしたのである。浮世絵の武者絵ではこの兜と蛇の目紋が清正を表している。

 

熊本城と朝鮮出兵
 加藤清正といえば熊本城で有名である。熊本城は日本三名城といわれ、現代人も驚くほどの石垣を誇っている。この熊本城の築城は加藤清正の優れた土木治水技術で7年をかけてつくりあげたが、その動機は「秀吉様はいずれ唐を攻めるから、先鋒でお役に立つために大陸に近いところに城を造る」というものであった。

 加藤清正は築城を得意としていたが、それは先々のことを予測する考えを持っていたからである。清正の予想通り唐入り(朝鮮の役)となり出兵を命じられたが、戦いでも築城でも加藤清正は大活躍して「鬼士官」と怖れられた。終盤にはかなり苦しい戦いをしたが、餓死者や病死者が頻発していた中で無事帰ってきた。その際には、よほどの気に入ったのかセロリを持って帰ってきている。清正が朝鮮出兵の際、もち米や水あめ・砂糖などを原料とした長生飴を非常食として常備したが、それが所以で長生飴は朝鮮飴と名を変え、今では熊本の銘菓となっている。

 これだけの功績があり、地元から慕われている人物であるが、加藤清正を主人公とする大河ドラマは未だに実現していない。これは多分に隣の国を攻めたせいで、清正は朝鮮半島を縦断して現在のロシア領まで攻めており、朝鮮での逸話が多すぎるからである。

 熊本城の築城や土木工事をする際には農閑期を選び、賃金きちんと払うなど常に民衆に気を遣っていた。清正は農民の出ではないが、身分的には農民に近かったので「農民を一年中こちらの都合でつきあわせてはいけない」ことを知っていたのである。

 秀吉の死後、関ヶ原の戦の後に加藤清正は肥後において領国経営に専念する。土木・治水工事、干拓・開墾事業、街道と城下町の整備、南蛮貿易などにより、肥後の風景はまたたく間に変貌し、農作物の増産や町村の活況を目の当たりにした領民は清正に傾倒して慕うようになる。清正は田麦を特産品化して南蛮貿易の決済に充てるなど商業政策でも優れた手腕を発揮している。肥後の人たちは徴税や労役を課すだけの戦国領主とは別の姿を清正に実感したのである。

 1589年、小西行長領の天草で一揆が起こると、小西行長の説得を無視して出兵し瞬く間に鎮圧している。この時、清正はその風貌にふさわしい武闘派の片鱗をみせている。

 清正が熊本にいたのは15年ほどであるが、仕事ができて思いやりもあることから、現在でも熊本では毎年7月第4日曜日「清正公」(せいしょこ)まつりが行われ、善政の跡が伝承されている。

 

関ヶ原の戦い

 清正は秀吉死去後、秀吉子飼いという立場で苦しむことになる。清正の骨頂は戦場の凄気(せいき)ではなかった。五常(仁、義、礼、智、信)に潔癖な「天地に恥じぬ生き方」であった。1600年の天下分け目の関ヶ原の戦いでみせた行動と情義こそが人間・加藤清正の本性である。

 清正は豊臣家の恩顧に報いるはずの西軍に参陣しなかったが、それは石田三成が信用できなかったからである。石田三成は朝鮮の役では極寒と飢えに耐えながら戦う将兵たちの苦難を知らず、ただ後方で指揮を執るだけの文治派官僚であった。さらに秀吉への讒訴(ざんそ)によって謹慎させられ、清正は関が原の戦いでは石田三成憎さで徳川方についたのである。

 しかし豊臣家との間で板ばさみで、東軍へも積極的に参戦せずに九州にとどまった。天下は将たる器を持つ家康との戦いを避け、関ヶ原の戦いは無意味と悟っていた。「人は一代、名は末代」と清正は自覚していたのである。関ケ原の戦いの後、西軍に味方した小西行長が没落し、徳川家の家臣となった加藤清正が肥後一国52万石の熊本城主となった。

 加藤清正は関ヶ原で敗れた筑後・柳川の立花宗茂には玉砕を思いとどまらせ、禄を失った家臣を召し抱えた。宗茂は朝鮮で苦楽をともにした戦友であり、朝鮮で窮地を救ってくれた恩人でもあった。また肥前の鍋島勝茂、薩摩の島津義弘にも家康に恭順するよう説得している。

 家康の天下となり、家康の命で徳川義直が入る尾張名古屋城の普請を命じられたとき、福島正則は「なんでタヌキジジイの息子(尾張藩初代・徳川義直)の城を建てるのだ」と愚痴をこぼしたのに対し「嫌なら国元に帰って戦の準備をしろ」と告げている。豊臣家を大切に思っていたが、世の実権は家康が握っており豊臣家の時代は終わったことを分かっていた。しかしそれでも豊臣家の家格を残すため、家康と秀頼の間に立って会見を促している。

 

加藤清正の死

 加藤清正は家康を信用していなかったが、豊臣家への恩義と徳川政権との板挟みに心を悩ましていた。清正は1611年家康と秀頼の会見を実現させ、両者の融和をはかったが、その時も秀頼の側を離れず家康に不穏の動きがあれば懐中にしのばせた短刀で刺し違える覚悟だった。

 秀頼と家康の会見に立ち合い熊本へ帰る船中で、清正は突如発病し口もきけなくなり、6月24日、熊本城で帰らぬ人となった。あまりにも突然だったため遺言や辞世の句はない。死因については脳溢血とされているが全く不明で、家康の毒殺説が根強く残されている。家康の毒殺説は、家康と秀頼の会見に立ち合ったからであるが、そもそも家康と秀頼の会見は京都・二条城で行われたのである。

 清正は赤尾口で荼毘に付され、そこには後に庵が建てられ静慶庵と名付けられた。現在、そこは九州森林管理局内にある。本葬は10月13日、嫡子虎藤(忠広公)の帰国後に日蓮宗京都本山本圀寺貫主によって行われた。清正公の遺骸は甲冑の武装のまま石棺に朱詰めにされ、現在の廟所内の清正公像の真下に埋葬されている。

 

加藤家の没落

 加藤清正には嫡男・虎熊、次男。熊之助(忠正)がいたが早世したため、11歳の三男の加藤虎藤が後を継ぐことになる。加藤家は廃絶か小大名への転落かと藩内は激しく動揺したが、重臣たちが必死に奔走した結果、幕府は虎藤が若年であったが跡目を継ぐ前提として、五人の家老による合議制を条件に領地を引き継ぐことを許した。

 幕府は藩政にも介入し、加藤正方が筆頭家老兼八代城代と昇格し、筆頭であった加藤美作が三千石に格下げとなった。このことがお家騒動のきっかけとなった。
 加藤虎藤は将軍・徳川秀忠から一字をもらい忠広と名乗り、翌年には秀忠の養女を忠広に嫁がせるなど、忠広の前途は順調であった。しかし1618年、加藤正方(馬方)の下津棒庵が「加藤美作派(牛方)が忠広の舅の玉目丹波守や正次らが大坂の陣で豊臣氏へ兵糧の扶助を行い謀反を起こした」と申し立てた。

 ほどなく牛方も馬方を訴えたことから、事態は両派による訴訟合戦を呈し、加藤家の内紛が幕府に露見した。両派は一歩も譲らず幕閣は関係者と藩主の忠広を江戸で吟味したが決着はつかず、将軍・徳川秀忠みずからの裁決によって藩主忠広の責任は不問とし正方らに勝訴を申し渡している。

 牛方は全員流罪、断罪となった。忠広が責めを免れたのは将軍の養女・琴姫との婚姻が幸いしたのである。

 

修羅の道をたどった忠広
 加藤忠広の藩の収入は、全領地方73万石中、地方知行(家臣に土地で受給)を除けば、わずか20万石で、年貢として納入されるのは8万石程度だった。加えて大地震による麦島城の倒壊や松江築城と出費はかさんだ。年貢を徹底して取り立てるより他、忠広にはなす術がなかった。鉄砲衆を村々に派遣して未納年貢を脅し、さらに農民から山野、藪、沢まで奪った。堪えかねた農民たちは人身売買や他領への逃散などでしのぐほどで、農地はたちまち荒廃した。


大局がみえなかった忠広
 2代将軍・徳川秀忠と妻のお江は、二男・竹千代(家光)より才能も容貌も勝れた三男・国松(忠長)を溺愛し、第2代将軍・徳川秀忠の後を国松(忠長)が継ぐものと誰もが思っていた。

 しかし竹千代(家光)の乳母・福(春日局)が駿府城へ駆け込み大御所・家康に竹千代(家光)が後を継ぐように直訴したのである。福は美濃国稲葉城主・稲葉正成の妻で、夫の愛妾を手に掛け、 夫と四人の子どもを捨て家出したほど気性の激しい女性があった。
 加藤忠広は3歳年下の家光より5歳下の国松(忠長)とウマが合い、忠長へのご機嫌伺いを楽しみにしていた。福の弟・斉藤俊光は五千石を拝領して清正、忠広に仕えていたが、忠広と国松(忠長)の親交が深まると暇を願い出て熊本から退去すると、幕府に召し抱えられた。

 1623年、秀忠が引退して三代将軍は家光となった。忠長(国松)は55万石駿府藩主となったが、忠長(国松)の目にあまる振る舞いはやまず、加藤忠広の駿府詣でも続いた。

 しかし大御所・秀忠が死去すると、加藤忠広に「21ヶ条の不審の条々を申し渡す。至急出府せよ」との幕令が届いた。忠広が品川に着くと池上の本門寺で待機するように命じられ、「平素の行跡正しからず」と54万石没収の幕命が下った。
 忠広は出羽庄内藩に一万石(山形県)でお預けとなり直ちに配所へ出発した。従ったのは母の他、家臣など70余名で、忠広は53歳で没している。幕命により福の子・稲葉正勝が熊本城受取りに来て、細川忠利が豊前小倉39万9000石から加増され入封し、以後、熊本藩は細川家によって治世されることになった。