一休宗純

 室町時代の禅僧(臨済宗)・一休宗純の父は南朝方から神器を受け取り南北朝統一の象徴となった北朝の後小松天皇で、母は藤原一族の日野中納言の娘・伊予の局(つぼね)ある。このように由緒のある家系の子だった。

 母が一休を身篭ると皇位の継承権を妬んだ人たちの謀略で、母が南朝と通じていると誹謗され宮廷を追われた。そのため南北統一から2年目の元旦に、嵯峨の民家でひっそり一休を産んだ。母は子が政争に巻き込まれないため、その身を保護する為にも5歳の一休を臨済宗安国寺に入れ出家させた。
  幼名は千菊丸で、出家して「周建」となるが通称は「一休さん」である。一休はやがて禅の坊さんになるが、幼少時より頭の回転が速く成長と共に才気を育み「とんち」で大人を負かした。その伝説が今も語り継がれている。


一休の「とんち」
 一休(周建)の「とんち」の中でも「このはし(橋)渡るべからず」は有名である。一休は「世間の束縛やくだらない慣習は無視して堂々と橋の真ん中を渡れ」との応援の意味を込めたのである。このとんちが生まれたのは8歳の時だった。現代でなら小2でこの頭の回転ですから生意気と言える。

 また将軍・足利義満は一休を邸に招き、困らせてやろうと食事に魚を出した。一休が美味しそうに食べるので「僧が魚を食べていいのか」と義満が問いただすと「喉はただの道で、八百屋でも魚屋でも何でも通します」と返事をした。義満は刀を突き出し「ならば、この刀も通して見よ」と命じた。一休は「道には関所がございます。この口がそうです。この怪しい奴め。通ることまかりならぬ」そう言って平然としていた。義満に屏風の虎の捕縛を命じられると「では屏風から追い出して下さい」と告げた。

 小さい頃からとんちに長けていた小僧時代の一休は、あるとき高いところにあるろうそくを息で吹き消した。師匠のお坊さんから「どうやって消したか」をきかれ「吹き消した」と答えると「ろうそくの向こうの仏さまに息をかけるとは何事か」と叱られてしまった。しばらくして一休が仏さまに背をむけてお経を読んでいるので、師匠が何ごとか尋ねると「息がかかっては申し訳ない」と答えた。このようにまさに反逆のカリスマだった。


 自殺未遂
 11年間の修行をすると安国寺を出て、学問・徳に優れた西金寺の謙翁(けんおう)和尚の弟子となる。謙翁は自身の名前・宗為から一字を譲り一休に「宗純」の法名を与えた。一休はこの謙翁和尚を心底から慕っていた。20歳の時に和尚が他界すると、師匠の死に心を痛め、悲嘆のあまり来世で会うとして瀬田川で入水自殺を図っている。

 運良く助けられた一休は、翌年から滋賀堅田(かただ)祥瑞庵の華叟(かそう)禅師に師事した。華叟は俗化した都の宗教界に閉口し、大津に庵を結んでいた。志は高かったが餓死しかねないほどに貧しく、一休は内職をして家計を支えた。

 24歳時、盲目の歌方の平家物語を聞いて無常観を感じ「有漏路(うろじ)より無漏路(むろじ)に帰る一休み 雨ふらば降れ 風ふかば吹け」と詠んだ。漏とは煩悩の意味で「人生は煩悩溢れるこの世から、来世までのほんの一休みの出来事である。雨が降ろうが、風が吹こうが大したことない」という意味である。これを聞いた華叟は歌の中から「一休」の号を授けた。さらに後に一休は「禅僧は悟りへの欲求さえも捨てるべき、悟る必要はないと悟った」。

 華叟は一休を後継者と認め、印可(悟りの証明書)を授けようとしたが、権威を否定する一休はこれを頑として受け取らなかった。28歳時、大徳寺7世の追悼法要にボロ布をまとって参列し、この頃から奇人和尚と噂された。一休が辿り着いた境地が「ありのままに生きる」というものだったのである。 これで一休さんの破天荒が始まった。

 大切な印が押された重要な文書を焼いたり、僧侶には禁じられていた肉や酒を摂取し、さらに女ったらしでもあった。それでも人々には親しまれ「老若男女はもちろん、雀までなついた」と語りつがれるほどであった。

 34歳、師の華叟が没し、これをきっかけに一休は庵から出て庶民の間に飛び込んで行く。1人でも多くあらゆる階層の人々に仏教の教理を易しく説くためであった。そのため一休は一ヶ所の寺に留まらず、一蓑一笠の姿で近畿一円を転々と説法行脚して回った。 

 38歳時、崩御する直前の実父・後小松天皇と初めて対面した。

 

一休宗純
 晩年には一休宗純が尊敬していた僧侶が建てた妙勝寺が荒れ果てていたため、20数年をかけてお寺を再建した。その後、新しくお寺に「酬恩庵」という名をつけてここで教えを広めるようになった。宗純の活動を知って、様々な文化人が訪れ、その偉業を称えた。酬恩庵は別名・一休寺と呼ばれ現在でも親しまれている。

 43歳時、17年前の印可状がまだ保管されていたことを知り、一休は印可状を火中に焼き捨てた。

 53歳時二度目の自殺未遂を起こしている。大徳寺内の派閥争いから僧侶数人が投獄され、自殺者まで出たことに胸を痛め堕落した僧界に失望し山へ入って断食死を試みた。この時は天皇自らの説得を受けて思い留まった。

 

奇行伝説
 一休は町に出る時、美しい朱塗りの鞘に入った刀を持っていた。ある時不思議に思った人が「なぜ刀を持っているか」尋ねると、一休は刀を見せるが、一休が抜いた刀は偽物の木刀だった。そこで一休は「近頃の偉い坊さんどもはこれと同じ。派手な袈裟を着て外見は立派だが、中身はこの通り何の役にもたたぬ。飾っておくしか使い道はござらん」と言い放った。またある年のお正月には、一休は杖の頭にドクロを載せて汚い法衣で「門松は冥土の旅の一里塚 めでたくもあり めでたくもなし」(元旦が来る度にあの世が近づいているのをお忘れなく)と歌いながら歩いた。
  このように一休宗純には面白いエピソードがたくさんある。その破天荒っぷりは「大うつけ」といわれた織田信長以上である。一休は破天荒で自由奔放だった。仏教の戒律で禁止とされていたことはほとんどやったのである。

 

一休の歌
 一休の書自戒集・狂雲集・仏鬼軍は戒律を守る真面目な僧侶にとっては、読めば読むほど恐ろしいものが書かれている。続狂雲集には「淫」「美人」といった言葉が30回以上も登場する。このような禅僧はいないが、美しい歌も多い。
「白露の おのが姿は 其のままに もみじにおける くれないの露」(白露はありのままの自分でいながら紅葉の上では紅の露になる)
「持戒は驢(ろば)となり 破戒は人となる」(頑固に戒律を守るのは何も考えず使役されるロバと同じ。戒律を破って初めて人間になる)
「生まれては死ぬるなりけり おしなべて 釈迦も達磨も猫も杓子も」(世の中のものは全て生まれて死んでゆく、釈迦も達磨も何もかも)
「釈迦といふ いたづらものが世にいでて おほくの人をまよはすかな」(釈迦という悪戯者が世に生まれて皆を迷わしたよ、爆)
「花を見よ 色香も共に 散り果てて 心無くても 春は来にけり」(花から色も香りも消えてもちゃんと春は来るんだよ)
「秋風一夜百千年」(こうして秋風の中で貴女と過ごす一夜は、私にとって百年にも千年の歳月にも値するものです)
一休は弟子・新右衛門に「仏法とは何ですか」と訊かれると、「仏法は 鍋の月代(さかやき) 石の髭 絵にかく竹のともずれの声」(石のヒゲや絵の中の竹の葉ずれの音と同じで、そんなの見たことも聞いたこともないわい)と答えた。

 

妙勝寺再興

 62歳時、200年前に尊敬する大応国師(臨済宗の高僧)が創建し、その後兵火に焼かれ荒廃していた妙勝寺を、一休は恩返しの為にと約20年以上かけて修復。新たに酬恩庵として再興した。以後、この庵が一休の活動の中心地となり、これを知った多くの文化人が一休を慕って訪れた。67歳時、浄土真宗の中興の祖・蓮如が営む親鸞200回忌に参列。一休は19歳年下の蓮如と、宗派の違いや年の差を超えて深く親交を結んでいた。互いの思想に敬意を払い、教えを学び合っており、一休は次の歌を残している。

 「分け登るふもとの道は多けれど同じ高嶺の月をこそ見れ」(真理の山に向かう道は違うけれど、同じ月を我らは見ているのう)。他宗と見れば排斥しあう風潮の中で、一休の器の大きさが感じられる歌である。

 73歳時、京都で応仁の乱が勃発した。一休は戦火を避けて奈良、大阪へと逃れ、翌年、住吉薬師堂で鼓を打つ盲目の美人旅芸人・森侍者(しんじしゃ)に出会う。彼女は20代後半で2人は50歳の年齢差があったが、一休は詩集『狂雲集』に「その美しいエクボの寝顔を見ると、腸(はらわた)もはちぎれんばかり…楊貴妃かくあらん」と刻むほどベタ惚れし、彼女もまた彼の気持を受け入れ、翌年から一休が他界するまで10年間、2人は酬恩庵に戻って同棲生活を送る。
 長年にわたって権力と距離を置き、野僧として清貧生活を送っていた一休だが、80歳、戦乱で炎上した大徳寺復興の為に天皇の勅命で第47代住職(住持)にされてしまう。「さて再建費用をどうしたものか」。一休が向かったのは豪商が集まる堺であった。貿易が盛んで自由な空気の堺では、破戒僧一休の人気は絶大だったからだ。「一休和尚に頼まれて、どうして断わることが出来ようか」。商人だけでなく、武士、茶人、庶民までが我れ先にと寄進してくれ、莫大な資金が集まった。5年後、大徳寺法堂が落成。一休は見事に周囲の期待に応えた。

 

侘び茶

 侘び茶を創始し茶室を考案した茶道の祖、堺の豪商・村田珠光(じゅこう)は一休の禅弟子である。座禅の時の眠気防止に一休から茶を薦められたのが、そもそもの茶との出合いだった。座禅を繰り返すうちに茶も禅も同じ「茶禅一味」の悟りに達した。村田珠光が始めた「侘び茶」は、従来の派手で形式中心の「大名茶」とは異なるもので、小さな四帖半の茶室の中では人に身分に関係なく、そこにあるのは亭主のもてなしの心だけ。この心が仏だとした。まさに一休から学んだ「仏は心の中にある」であり、村田珠光は仏の教えをお経を通してではなく、茶の湯という日常生活を通して具体化する。この考えは武野紹鴎(じょうおう)を経て千利休へと受け継がれてゆく。
   
仏さまにも背を向けた
  一休は死の前年に等身大の坐像を弟子に彫らせて、そこへ髪や髭を植え付けた。これは髪や髭のある像を残すことで「禅僧は髪を剃るもの」などといったつまらない形式に捉われず精神を大切にしろという意味である。

 一休は「戒律なんて守らないほうが人間らしくて良い」と言って奇行という手段で世間に真実を訴え続けていたのである。

 辞世の句は「淡々として60年、末期の糞をさらして梵天(仏法の守護神)に捧ぐ」である。この破天荒な一休さんの臨終の言葉は「死にとうない」だった。悟りを得た高僧とは到底思えないが、一休らしい言葉で87歳の人生を締めくくった。

 一休は他界する直前「この先、どうしても手に負えぬ深刻な事態が起きたら、この手紙を開けなさい」と弟子たちに1通の手紙を残した。数年後、弟子たちに今こそ師の知恵が必要という重大な局面が訪れた。固唾を呑んで開封した弟子たちの目に映ったのは「大丈夫。心配するな、何とかなる」であった。

 現在、酬恩庵は一休寺の名で親しまれ、一休が死の前年に建てた墓(慈揚塔)が境内にある。しかし一休が天皇の息子であったことから、その敷地だけが宮内庁の管轄にあり内部の墓は見ることができない。菊の紋章の門から先は立入禁止である。常に庶民と共に生き抜いた一休としては庶民から隔離されているのは不本意であろう。
 境内には小僧の一休像もある。こちらは参拝者が自由に触れ、誰でも頭を撫でられる、目を細めないと直視できないほど頭部が光り輝いている。手にホウキを持っているのは、世の中の汚れを一掃して明るい世界にしたいとの願いが込められている。