宮本武蔵

 数多い剣術家の中でも宮本武蔵 ほど強い者はいないであろう。生涯で60数回の決闘にすべて勝ち、佐々木小次郎との巌流島での決闘は伝説化されている。二刀流の使い手といえば宮本武蔵をおいて他になく、二刀流といえば宮本武蔵である。

 ただ宮本武蔵の伝記には不明な点が多い。宮本武蔵は「五輪書」を残し、五輪書は外国語にも翻訳され出版されている。宮本武蔵は文武両道において天才肌だったのだろうか。そもそも宮本武蔵という人物は作家・吉川英治が書いた不朽の名作「宮本武蔵」の影響が大きい。後世の江戸時代から演劇、小説の題材になっているので本当の姿が見えないのである。

 吉川英治氏の小説「宮本武蔵」は関ケ原の合戦後から始まり、巌流島の決闘を頂点として終わっている。だが吉川氏本人が語っているように、小説は史実を明らかにするのが目的ではなく、剣の道に己を求めていく一人の男をテーマにした歴史小説であってフィクションだったのである。では本当の宮本武蔵はどのような人物だったのか。

 

宮本武蔵の生涯

 宮本武蔵は1584年頃に名家赤松氏の支流・新免無二の子として生まれたとされているが異説もある。母は不詳で、名字は「宮本」または「新免」で武蔵は通称である。幼名は辨助(弁助)で、宮本武蔵の著書「五輪書」では自らを新免武蔵守、または藤原玄信と名乗っている。

 出身地は播磨とされているが、美作国宮本村で生まれたため「宮本」と称したとする説もある。
「宮本武蔵が13歳の時に、初めて新当流の有馬喜兵衛と決闘して勝利したとあり、16歳の時には但馬の秋山と言う兵法者に勝利するなど、29歳までに60数回の勝負にすべて勝ったと五輪書に記載されている。
 なお宮本武蔵は1600年の関ヶ原の戦いに参加したとされている。当時はまだ無名であり武将としてではない。黒田家の家臣に加わっていたとする黒田家の文書が残されているが、雑兵として参加したのであろう。その後、21歳の頃に京に赴くと、吉岡一門の吉岡清十郎など京で名の知れた剣豪らにすべて勝利した。

巌流島の決闘

 武蔵が行った勝負の中で最も知られているのは、俗に「巌流島の決闘」といわれる佐々木小次郎との決闘である。しかし決闘の時期は諸説あり定かではない。武蔵が決闘にわざと遅れたのは作家・吉川英治の創作で、小倉にある顕彰碑「小倉碑文」では宮本武蔵は遅刻しておらず「木刀の一撃」で佐々木小次郎)を倒したとある。一部の史料では佐々木小次郎は気絶したが息を吹き返したともあり、その他にも決闘時に宮本武蔵は最低でも50歳以上だったとあるなど、巌流島の戦いに関して不明な点は多い。
 1614年、大阪冬の陣の際に宮本武蔵は水野勝成の客将となり、水野勝成の嫡子・水野勝重の側にて宮本武蔵が活躍したことが、複数の資料に見られます。その後・姫路城主となった本多忠刻に仕え剣術などの流儀を披露している。また、水野家臣・中川志摩助の3男・三木之助と、その弟・九郎太郎の2人を養子として迎え。宮本三木之助は、1618年頃、宮本武蔵の推挙もあり本多忠刻の小姓となった。

 1626年には、播磨の地侍・田原久光の次男・伊織を新たに養子にしている。この宮本伊織は、5歳のときに明石城主・小笠原忠真に出仕しましたが、のち弱冠20歳で執政職(家老)となっている。
 1638年の島原の乱の際にも宮本武蔵は出陣したとされ中津城主・小笠原長次を後見したとあるが、天草四郎の一揆軍の投石により負傷している。小倉城主・小笠原忠真のもと侍大将と惣軍奉行となっていた宮本伊織も出陣し、戦功により4000石となって筆頭家老に躍り出ている。
 その後、宮本武蔵は松井興長を介して、1640年に熊本城主・細川忠利に軍事顧問として招かれた。この時、細川家からは7人扶持18石に合力米300石が支給され、熊本城の東にある千葉城跡に屋敷が与えられた。限られた史料に基づいて終盤の武蔵の人生をたどってみよう。

 

宮本武蔵の屋敷跡
 武蔵が藩主・細川忠利の客分として熊本にきたのは1640年、57歳のときである。剣を通して人生を探求し続けた武蔵は、晩年までの5年を熊本で過ごしている。熊本で宮本武蔵は鷹狩りも許されるなどかなりの待遇で迎えられている。この頃、熊本藩に足利義輝の遺児・足利道鑑も客分となっていたが、共に細川忠利と山鹿温泉に招かれている。なお細川忠利の命で武道の奥義に関する「兵法三十五箇篠」を上書した。1641年、細川忠利が急死するが、2代藩主・細川光尚からも引き続き300石が与えられ、この頃より余暇を使って水墨画や工芸品など制作している。

 現在残る宮本武蔵の作品の多くは、細川家の家老で八代城主であった松井寄之や、武蔵の晩年に世話をした家臣・寺尾求馬助信行の手元にあったもので、太平洋戦争で八代が戦火を免れたために現在に伝わったと言う事になり一部は重要文化財となっている。細川忠利の三回忌にあたる1643年からは金峰山にある岩戸に赴いています。肥後の千葉城跡には、現在、NHK熊本があるが、その入口付近に57歳頃と推定される宮本武蔵が使用した井戸跡などが残されている。

 

金峰山の岩戸
 そして岩戸の霊巌洞(れいがんどう)に籠って、兵法の極意となる「五輪書」の執筆を始めた。霊巌洞は熊本市内から約14kmの山の中にある。現在、霊巌禅寺がある場所でその境内奥に霊巌洞がある。霊巌禅寺の入口からすぐのころで五百羅漢像が出迎えてくれます。この五百羅漢は、熊本の商人・渕田屋儀平(ふちだや-ぎへい)が、安政8年(1779年)24年掛けて奉納したものとで、宮本武蔵の頃にはまだ無かった。
 霊巌洞は洞窟になっており、急な階段をのぼり堂内に入れる。
この霊巌堂は昔から知られており、平安時代中期の女流歌人・檜垣は、何度も訪れたとあります。桧垣は京都で歌舞の名手として有名でしたが、博多を経て熊本に住み着いていたようである。のち世阿弥は檜垣(桧垣)をモデルにして、能・夢幻能(むげんのう)を作りました。霊巌洞の内部には岩戸観音の名で知られる石体四面の観音像がある。宮本武蔵は、臨終の7日前にしたためた「独行道」もここ霊巌洞にて書いたとされている。亡くなる数日前に「独行道」「五輪書」などの兵法書の弟子・寺尾孫之允に渡し、1645年5月19日、千葉城跡の屋敷にて宮本武蔵は亡くなった。墓所は熊本にも数箇所ありますが、一番有名なのは下記の武蔵塚公園内にある通称「武蔵塚」である。死後も藩主を見守りたいという遺言から、参勤交代の行列が通る大津街道沿いとなっており、鎧・甲冑に身に着けて立ったままの姿で葬られたとされている。墓石には「新免武蔵居士石塔」と刻んである。

 ちなみに宮本武蔵が亡くなる3ヶ月前に細川光尚は総勢2720人の大行列で江戸へ参勤に出発していました。その翌年6月、細川光尚が帰国した際には、ここに宮本武蔵が葬られていたと言う事になる。参勤交代が廃止となるので100回を超す参勤交代の行列を武蔵は見守ったと言う事になる。武蔵塚公園には二本の剣を持った宮本武蔵の像がある。


五輪書
 これまで多くの歴史家が重視してきたのは武蔵自身が著した兵法書「五輪書」である。しかし現存する「五輪書」は武蔵が晩年を頼った細川家の家臣が書いた写しで直筆のものではない。

 さらに「五輪書」の書き出し部分に、本当に武蔵自身が書いたのか信じ難い部分がある。「自分は13歳の時から29歳までの間に60数回の決闘をしたが一度も負けたことがない。これは自分が兵法を究めたのではなく天才だったからだ」とある。果たして自分で自分のことを天才と表現するだろうか。剣術指南として大名に仕官するチャンスを意識して、自分の腕を誇張しての表現したと取れなくもない。
 さらに古文書をもとに武蔵の人物像に迫ろうとすると、いくつも違う名前の武蔵が出てくるのだ。「新免武蔵」というのが本名だが、彼をよく知る旗本の渡辺幸庵は、彼のことを「竹村武蔵」と書き残している。
 また武蔵の墓が熊本に5つもある。熊本は彼が最後の人生を過ごした細川家のあるところで、現存している「五輪書」もここで書き写されていることを考えれば、武蔵が相当手厚いもてなしを受けていた場所と見て間違いはないはずである。そうであれば死後に供養される墓もきちんと作られているに違いない。

 しかし滝田町弓削には「新免武蔵居士」の名前が刻まれた石塔があり、島崎町には武蔵のことを指す「貞岳玄信居士」の名前の入った墓が、また細川家歴代の墓のある場所にも「武蔵の供養塔」が建っているのである。このほか小倉手向山、宮本村の平田家の墓地にも武蔵が眠っているとされている。こうなると複数の武蔵がいたのではないかと考えざるを得ない。
 武蔵複数説は武蔵が自らの刀さばきを二天一流と呼び、二刀流という言葉も含めて自らが考案したものとしているが、歴史家によると二天一流の呼び方は晩年になってからで、それ以前に円明流という二刀流で技があった。それなら円明流をたどれば武蔵に行き着くはずであだが、この流派の創始者をたどってみると2人の武蔵が登場する。1人は宮本武蔵守吉元で、もう1人は宮本武蔵守義貞である。どちらも実在の人物なら武蔵という名の2人の二刀流の達人がいたことになる。
「五輪書」は1643年、武蔵60歳のとき熊本市西方の金峰山麓「霊巖洞」に籠って書き綴ったもので、完成は1645年春である。武蔵の死は同年5月なので「五輪書」は死の間際まで筆を執り続けた武蔵執念の書となる。「五輪書」は地・水・火・風・空の5巻から成り、「地之巻」は兵法の全体像を、「水之巻」は剣法の技術を、「火之巻」は駆け引きや戦局の読み方を、「風之巻」では他流派の兵法を評論、「空之巻」では武蔵の考える兵法の意義・哲学を書いている。「空」は武蔵晩年の心境を書いたもので、「兵法を究めることが善の道」と説いている。
 武蔵は「兵法の道」の極意を究めたほか、「詩歌」「茶道」「彫刻」「文章」「碁」「将棋」などにも秀でた才能を発揮している。