前田慶次郎

 前田慶次郎は文武両道に秀でた戦国を代表する「傾奇(かぶき)者」で、前田慶次郎の人生ほど面白いものはない。
 前田慶次郎は前田利家の義理の甥で、武勇だけでなく古今の典籍にも通じているが謎の多い人物である。慶次郎には面白い逸話が多いがそれを裏付ける史料は少ない。しかしその少ない史料をつなぎ合わせるとまさに怪人である。

 

前田慶次の生まれ
 前田慶次は尾張国旧海東郡荒子(名古屋市中川区荒子)で生まれ、幼名は宗兵衛で通称は慶次郎、慶二郎、啓次郎などである。前田慶次を題材としたの小説の影響で、前田慶次という名前で呼ばれることが多い。創作作品ではどんな人物も魅力的に見せるため大げさに描かれることは仕方がないことである。しかし慶次は、創作に負けず劣らずの傾奇者だった。さまざまな逸話を残していることを考えると、実際の慶次も十分魅力的な人物だった。

 もともと慶次は滝川一族の出身である。当時の前田家当主・前田利久に子供がなく病弱だったため織田信長の命令で前田利家が前田家の当主となった。

 前田慶次は前田利久の妻の実家の滝川家から養子として送り出された。この縁組で前田利家と義理の叔父と甥の関係になる。これにより慶次は前田利家に仕えるようになった。養父の前田利久が死去すると、前田家と縁がなくなったとして出奔することになる。

 慶次は利家やその子・利長と仲が良くなく、それが出奔の主な理由だった。
 養父は前田利家の兄・前田利久で母は前田安勝の娘で一男三女をもうけた。嫡男の前田正虎は従兄弟の前田利常に仕えていたが、慶次郎は早くから奇矯の士として知られ、文武両道に秀でた人物というよりも変わり者として知られていた。

 

傾奇者
 傾奇者とは反体制的な行動をする武士や奉公人らを指す言葉で、かぶきといえば歌舞伎を思い出すが、そもそも歌舞伎の源流「かぶき踊」は、1603年、出雲阿国が偏った異様な行動・風俗をかぶき(傾き)と呼び取り入れたものだった。当時はどちらも異端なものという意味だった。
 傾奇者の多くは没落した小領主や武家奉公人であったが、町人や旗本・御家人らが傾奇者になることもあった。彼らは狼藉を働いたため嫌われていたが、その一方で生き様に共感や賞賛が集まることもあった。

 

傾奇者としての慶次

 慶次は「傾奇者」として、とくに養父の前田利久が病没するとしがらみがなくなり、後を継いだ利家と決別した。

 慶次は世を軽んじる癖があり、叔父・前田利家からよく注意されていた。慶次はこれを良く思っておらず、ある時「これまで心配をかけてしまい申し訳ない。これからは心を入れ替えて真面目に生きるつもりです」といって、茶を一服もてなしたいと自宅に利家を招いた。慶次が改心したと大喜びして、さっそく慶次の家を訪ねると、慶次は「今日は寒かったので茶の前に風呂はどうでしょう」と勧めた。利家はこれを快諾すると、二人で風呂場へ向かった。その後、慶次は丁度良い湯加減だと言ってその場を去るが、利家が入ってみると湯船は氷のような冷水であった。温厚な利家もこれには怒って慶次を連れてくるよう家来に怒鳴るが、すでに慶次はいなくなっていた。

 前田利家が自慢にしていた名馬「谷風」に乗って金沢を後にしたのである。愛馬・松風に乗って国を去ったので利家は怒り心頭だった。

 その後、上洛した慶次郎は浪人生活を始める。浪人とはいっても連歌会に参加しているので、慶次にとっては風流で快適な暮らしだった。公家たちと和漢古今や源氏物語などの書を楽しむだけでなく、連歌は当時の第一人者である里村紹巴(さとむらじょうは)に学び、茶道は千利休七哲の一人・古田織部に皆伝を受け、弓馬など武芸にも秀でていたので、当時の武士としてはかなり高い教養があったといえる。多数の文人と交流して慶次は洛中の有名人となった。

 慶次が京都にいたころ、豊臣秀吉が諸国の大名を招いて盛大な宴を開いた。その席に紛れ込んだ慶次は、宴もたけなわとなった頃、末座から猿面をつけて手拭いで頬被りをして扇を振って面白おかしく踊り出した。さらに大名たちの膝の上に次々と腰掛けた。普通なら無礼者と怒られるところであるが、もともと猿舞の座興だったため、その場にいる誰一人としてこの振る舞いをとがめる者はいなかった。目上の人間を前にしても、物怖じするどころか翻弄するその強気な性格はすごいとしか言いようがない。ただし慶次は上杉景勝の膝にだけは乗らなかった。後に慶次が語ったことによれば、景勝は威風凛然としていて侵してはならない雰囲気があったため、どうしても膝に乗ることができなかったと語っている。後に豊臣秀吉から「心のままにかぶいてよろしい」との「傾奇免許」を得ている。
 慶次は傾奇者の言葉に相応しい行動をとっていたが、高い教養を身に付けていた。浪人時代は「穀蔵院○戸斎(こくぞういん・ひょっとさい)」「龍砕軒不便斎(りゅうさいけん・ふべんさい)」を名乗り、「似生」と号し多くの連歌会に参加した。
 

武将としての慶次郎

 秀吉が亡くなると、天下は再び動き始め、徳川家康による上杉家討伐の話を聞くと、慶次郎は朱塗りの槍を抱えて上杉家に馳せ参じた。上杉景勝は慶次郎が見込んだ唯一の戦国大名であり、その重臣・直江兼続は慶次郎の文武の友であった。慶次は兼続を尊敬し意気投合していた。そもそも上杉家に仕官したのも兼続の紹介があったからだが、二人とも妙心寺の南化和尚の弟子で、連歌会に参加しており、学問を通じて友人になったと考えられる。

 徳川家康による上杉家討伐に慶次は傾奇者として冥利を感じつつ、武者ぶるをして戦いに挑もうとしたが、家康が上杉家を討伐する軍勢を進めていたときに、西で石田三成が挙兵したため家康は反転して西に向かった。

 「関ケ原の戦い」に臨むためだが、上杉軍としては兵法の常識として家康を追撃し、石田三成率いる西軍と呼応して挟撃すべきだった。しかしなぜか挟撃はしなかった。当面の相手を失った上杉家は隣の最上家の攻略に矛先を向けた。
 上杉家に仕官した慶次は浪人集団「組外衆」のリーダーとして1000石を与えられ、優れた戦績を残した。ここで最上領を攻めていた上杉軍に想定外のことが起こる。関ケ原の戦いが思いのほか、1日で東軍が勝利したのである。家康がとって返してくるのは目に見えており、最上領を早急に撤退して守りを固めるほかなかった。味方を無事に退却させるために、上杉家の名軍師といわれ、世に知られた直江兼続が3000騎を率いて殿軍(しんがり)を務め退却することになった。

 最上軍は2万騎と圧倒的な兵力差であった。瞬時に壊滅させられるところだったが、この殿軍は類をみないほどの頑強な抵抗を示した。この戦いは10時間の間に、わずか6キロの間で28回の戦闘が行われた激烈なものだった。
 しかし3000対20000の兵力の差は歴然としており、闘うたびに兵が減ってどうにもならなくなり、江兼続は自分が相手に討ち取られることを恐れ切腹しようとしたが、それを止めたのが前田慶次郎だった。前田慶次が駆けつけ兼続の馬前に立ちはだかり「ここは我らに任せて下され」。慶次は兼続と代わって殿軍を引き受け、鉄砲隊を率いて最上勢をくい止めていた陣へ駆けつけた。すぐ前は敵陣で、まさに「にらみ合い」という緊張した空気が張りつめていた。
 慶次はさっと馬から飛び降り、大身の槍を手に「朱槍の勇士」として知られる水野藤兵衛・韮塚理右衛門・宇佐美弥五右衛門・藤田森右衛門の四人を率いて駈けだした。
 慶次は大音に名乗りを上げると、槍を振りかざし敵陣へ突っ込んでいった。四人も喚き叫びながらこれに続き敵をなぎ倒していった。慶次郎はわずか4人ばかりを引き連れて最上軍に突進したのである。そこへ富上山中腹に配置された味方の鉄砲隊200が一斉に火を噴いた。
 慶次らは縦横無尽に働き、鉄砲隊の援護射撃も敵に打撃を与えた。この激戦では敵大将・最上義光も兜に銃弾を受け篠垂(兜の一部)が吹き飛ばされるほどであった。慶次は自ら下知して残兵を撤収させた。慶次郎の猛烈な攻撃に最上軍はまくりたてられ、遂に逃げ出した。その間に兼続は堅固な陣を張ることができ、虎口を脱することができた。捨て身の策とはいえわずか5人で戦局をこれほど劇的に変えたことは信じ難いことである。さらにこの時の慶次郎の年齢は67歳だった。平均寿命が40歳で、それ以上は老兵といわれ、滅多に戦場に赴くことなどなかった時代である。とても常人とは思えない。
 こうして慶次らの活躍で、兼続はなんとか十月四日に米沢へ帰り着くことに成功した。しかし上泉泰綱を戦死させるなど、その損害は大きかった。

 関ヶ原の戦いで上杉家が米沢30万石に減封になった際は、慶次も米沢近郊に移住して米沢藩に仕えました。兼続との関係はその後も続いており、隠棲後は一緒に和歌や連歌を楽しんだり「史記」に注釈を入れたりして過ごしていた

 

創作作品の慶次
 慶次は漫画・花の慶次や小説・一夢庵風流記などの創作作品により、後世になって人気を博した。これらの作品で描かれた慶次は身長197cmもある大柄な武士で、体格の良い大男というイメージがつきいたが、実際は身長に関する記述は存在していない。残されている甲冑も他の戦国武将のものと変わらない普通のサイズのものである。創作では格好良く見せるために大男にしたのかもしれない。大柄という外見は後世に作られたが、性格については実在の慶次を踏襲している。