公方

 室町幕府は坂東(箱根以東)支配のために鎌倉府を設置した。府の長官は「鎌倉公方」と呼ばれ、その下に関東管領という補佐役が置かれた。この関係は室町幕府における将軍と管領と同じである。

 関東には鎌倉公方や関東管領がいたが、後に古河公方、稲村公方、篠川公方、堀越公方、小弓公方、鎌倉殿などがいて非常に分かりにくい。今回はこれらをわかりやすく説明しよう。

 鎌倉公方とは「室町幕府の征夷大将軍が、室町幕府の関東に於ける出先機関」として設置した「鎌倉府の長官」のことである。関東8か国に伊豆・甲斐両国を加えた計10か国の統治を幕府から委託され、関東に於ける地方機関である。

 つまり鎌倉府は奥州探題や九州探題などと同様に、あくまでも幕府が設置した地方機関に過ぎなかったが、しかし実際には、鎌倉公方は単なる地方機関の長とは言えないほどの強大な権限を持ち、守護と関東管領の任免権以外は、京都の将軍に匹敵する力を持っていた。そのため鎌倉府は、関東に於ける「幕府」のような、室町幕府とは別の「独立政府」的な様相があった。

 鎌倉公方は幕府の忠実な手足となって働くどころか、時には京都の幕府と露骨に対立する事にもなった。つまり室町時代や、その後に続く戦国時代を正確に理解するためには、まず関東の公方と関東管領を理解しなければならない。

 

公方の意味

 公方とは「室町幕府を開いた足利尊氏が朝廷より授かった号」で、つまり本来ならば将軍の敬称だった。公的権力の所有者をさす「おおやけかた」であり、もともとは公の方、天皇、朝廷を意味したが、鎌倉時代末期には幕府の家人が将軍を公方と敬称し、室町時代には将軍以外にも鎌倉御所や九州探題も公方とよび、幕府そのものを公方とよぶことがあった。江戸幕府でも将軍を公方といい、5代将軍徳川綱吉が「犬公方」とよばれたことはよく知られている。また荘園制のもとで、荘官や農民らは荘園領主を公方と尊称するここともあった。


鎌倉公方

 足利基氏が鎌倉公方と称したのが始まりであるが、足利義満の時代から足利将軍家の出身者が「公方」と正式に呼ばれるようになった。その鎌倉公方は古河公方と堀越公方の両家に分裂し、古河公方はさらに小弓公方に分裂した。関東管領職は鎌倉公方の補佐役で、それまで執事だった上杉氏や畠山氏が関東管領と称するようになった。

 足利義満が京都の室町に館を構えると、室町幕府将軍は「室町殿」と呼ばれるように、鎌倉公方は足利家の分家で、鎌倉に住んでいたため「鎌倉殿」と呼ばれるようになった。鎌倉時代には鎌倉幕府の将軍を「鎌倉殿」と呼んいたので混乱しやすいのである。


鎌倉公方と関東管領
  室町幕府の初代将軍・足利尊氏の4男である足利基氏(もとうじ)が、1349年に鎌倉に入って東国の管理を担当した。室町幕府が諸国の政務・治安維持と基盤安定の為に一族を鎌倉に派遣し足利基氏が「鎌倉公方」と呼ばれ始まることになった。

 ただこの時、足利基氏はまだ10歳であり、補佐役(関東管領)が事実上の政務を執っていた。最初に補佐した初代の関東管領はひとりの武将ではなく畠山国清、宇都宮氏綱など複数いたが、やがて関東での政務を上杉憲顕が独占して世襲することになる。

 京都でも将軍を補佐する執事がおり「管領」と称されていたが、それと同様に関東の政務を補佐する上杉憲顕も「関東管領」と呼ばれるようになった。

 初代鎌倉公方は足利尊氏の二男の足利基氏であったが、その後も足利家から送り込まれ、第四代公方の足利持氏のときに永享の乱に発展した。

 

永享の乱

 足利持氏の独裁政治に関東管領を初め関東の諸豪が対立した。初めは幕府の力により鎮圧されたが、足利持氏の専制は収まらず、室町幕府に従順な佐竹氏を圧し始めたことから、足利持氏は室町幕府や関東管領と対立した。

 室町幕府4代将軍・足利義持が関東を直接支配しようと大軍を派遣し、足利持氏は自害に追いこまれ。その後も足利持氏方についていた諸豪が持氏の遺子・春王丸と安王丸を担いで下総国結城城を拠点に活動を始めるたが、1440年、これを関東管領代行の上杉清方が鎮圧した。(結城合戦)この永享の乱で鎌倉府(鎌倉公方)がなくなった。

 

享徳の乱
 1447年、鎌倉府が復活することになり、第五代鎌倉公方には足利持氏の子・足利成氏が就いた。関東管領である上杉憲忠は、不満を持つ小山氏、結城氏、宇都宮氏などの諸豪との関係改善の仲介役として、この新しい鎌倉公方に期待したが、父の持氏を殺された成氏の激しい恨みにより、1454年に暗殺されてしまう。これにより享徳の乱が始まる。すなわち幕府は足利成氏の討伐と上杉氏への支援のため、駿河国の今川範忠を関東に派遣し鎌倉を制圧することに成功した。

古河

 鎌倉を失った足利成氏は、その後下総国の古河御所を本拠に幕府や関東管領と対立したことから古河公方と呼ばれる。古河公方は、その後、足利政氏、足利高基、足利晴氏、足利義氏と五代続く。1458年、幕府は正式な鎌倉公方として、足利政知を関東に派遣するが、鎌倉公方に味方する勢力は強く、足利政知は箱根の坂を超えられず伊豆国堀越(堀越御所)にとどまった。ことから堀越公方と呼ばれた。

 これより後、関東は関東の有力豪族が担ぐ古河公方方と、幕府、堀越公方、関東管領の両上杉家(山内・扇谷)とそれに従う豪族が対立するようになる。

 

 しかし次第に鎌倉公方は幕府と対立し、関東管領とも対立した(上杉禅秀の乱など)。1352年に足利尊氏の怒りをかい上杉憲顕は信濃に追放されてしまう。しかし足利尊氏の死後の1364年に、足利基氏は上杉憲顕を越後守護に任じて復帰させた。上杉憲顕は上条城を築城し、これが越後上杉家の発祥となった。また畠山国清など他の関東管領は罷免され、以後、関東管領は上杉家が世襲した。


古河公方と堀越公方
  その後、鎌倉府の再興が許可されると、鎌倉公方には足利持氏の遺児・足利成氏が着任し、補佐役の関東管領には山内上杉家の上杉憲忠(上杉憲実の嫡男)が就任した。しかし鎌倉府再興後も足利家側と上杉家側の対立は解消されず、上杉憲忠が七沢城に蟄居させられたあと足利成氏に暗殺され30年にも及ぶ享徳の乱となる。
  1455年、足利持氏は武蔵の分倍河原の戦いにて、上杉憲秋と扇谷・上杉顕房を討ち破るが、上杉家の親戚であった駿河の今川範忠によって鎌倉が占拠され、下総の古河御所(古河城)を本拠地とする。そのため足利持氏は「古河公方」と呼ばれるようになった。
  なお足利成氏の代わりに鎌倉公方として、室町幕府から足利政知が鎌倉に送られたが、室町幕府の権力は低下しており、上杉家の内紛などもあって、足利政知は鎌倉に入れず、伊豆の堀越に御所を定めた為「堀越公方」と呼ばれるようになった。これにより鎌倉公方という肩書きは無くなってしまう。関東公方の中では、やはり鎌倉公方の存在が最もよく知られおり、そのため「関東公方=鎌倉公方」と認識している人が多いと思われるが、間違いである。
  なお関東では古河公方が頂点となって関東諸豪族の勢力を抑え、幕府方の堀越公方・関東管領山内上杉家・扇谷上杉家と関東を東西に二分して戦い続けた。しかし堀越公方は僅か2代で弱体化し、そこを今川範忠を討ち取り、今川氏親を盛り立てていた興国寺城主・伊勢宗瑞(北条早雲)が、1493年頃に伊豆侵入し戦国時代へと入った。
篠川公方と稲村公方

 時代が戻るが篠川公方と稲村公方もいた。稲村公方は1399年に3代目鎌倉公方・足利満兼の弟・足利満直(みつなお)が、奥州統治のため伊達家や斯波家の抑えとして、陸奥の安積郡篠川(福島県郡山市)に派遣されたため「篠川公方」と呼ばれた。

 稲村公方も同様で、足利満兼の弟・足利満貞(みつさだ)が同じく陸奥の岩瀬郡稲村(福島県須賀川市)に派遣されので「稲村公方」と呼ばれている。
小弓公方
  小弓公方は古河公方の傍流であるが、古河公方・足利高基と対立していた。1518年に真里谷城主・真里谷信清が足利義明を下総小弓城へ迎え入れてとして擁立した。古河公方に対抗したことが始まりであるが、1538年に北条氏綱・足利晴氏連合軍と、第1次国府台の戦いにて敗れて安房へと逃れ小弓公方は消滅した。

その後の関東管領
 やがて小田原城主・北条氏康が、古河公方・関東管領山内上杉家・扇谷上杉家を駆逐して関東を制覇する。この時、北条氏康に敗れた関東管領・上杉憲政は、越後に逃れると長尾景虎(上杉謙信)に関東管領職と山内上杉家の家督を譲った。
 1862年に武田勝頼が自害して武田家が滅亡すると、前橋城に入った織田信長の家臣・滝川一益が「関東管領」を名乗ったとされている。

 

考察

 武家にとっての権威である幕府や鎌倉府が分裂すれば、それに従う諸豪の家中においても、どちらに従うべきかの意見が分裂するのは自然の流れで、それが家督相続にも影響を及ぼすことも多かった。
 応仁の乱は幕府が武力を待たない名ばかりの権威があったために泥沼化したが、関東においても同様の大乱が巻き起こっていた。これは室町幕府の抱える矛盾が二進も三進もいかなくなっていたことを裏付けるものである。