板額御前

板額御前(生没年不詳)
 板額御前(はんがくごぜん)は城資国(越後)の娘で、日本における数少ない「女武将」として知られている。板額御前が活躍したのは平安時代の末期から鎌倉時代の初め頃である。
 いつの世も「男勝り」は存在するが、板額御前は古くから木曽義仲の巴御前とともに女傑の代名詞として知られてきた。

 城氏は越後国の有力な平家方の豪族で、板額御前の長兄・城資永(じょうすけなが)は、平清盛のもと検非違使などを務め北国では有力豪族の筆頭であった。平清盛が死去したあと、1181年に平宗盛から信濃で挙兵した木曾義仲を追討するよう命じられるほどである。

 兄・城資永は平家の期待通り越後・会津四郡・出羽南部などから約1万の軍勢を集めたが、出陣直前に卒中をで翌日急死した。そのため弟の城長茂(じょうながもち)が家督を継いで同年6月に信濃を出陣して横田城に入っり、長野の横田河原の戦いとなった。
 しかし城長茂は軍略に欠けており、1万の大軍でありながら、千曲川にて3000の木曾義仲に大敗を喫してしまう。城では9000騎余が討死・逃亡し、城長茂も負傷したため僅か300騎で越後に敗走している。それ以降も離反者が相次ぎ、そのまま会津へと逃れ城氏は衰退して没落した。
 一方、木曽義仲は越後を抑えたことで北国を制覇し、1188年頃に城長茂は源頼朝に降伏して梶原景時が身柄を預けた。しかし、1189年の奥州合戦では梶原景時の仲介で鎌倉幕府軍に加わることが許され、吾妻鏡によると、1201年に城資永の子・城資盛(じょうすけもり)が越後にて挙兵した。この時の反乱軍に加わっていたのが、叔母の坂額御前である。
 この挙兵は建仁の乱、または城長茂の乱とも呼ばれ、城氏を理解していた梶原景時が、1200年1月に鎌倉幕府から追放されて滅ぼされたのがキッカケと言える。梶原景時追放の首謀者のひとりである小山朝政が大番役で京都守護のため在京していたが、1201年1月23日の夜に、城長茂がその小山朝政の邸宅を襲撃する。しかし小山朝政は不在で難を逃れてしまう。失敗した城長茂は関東討伐の勅命を受けようと、土御門天皇がいる仙洞御所の二条東洞院殿に向かった。そして鎌倉幕府追討の宣旨が拒否されると、吉野山に潜伏する。しかし、1201年2月22日、小山朝政ら鎌倉幕府軍の追討を受け城長茂は討たれてしまう(享年50)。

 しかし越後においてこれに呼応するように、城資盛と坂額御前ら城一族約1000にて越後・鳥坂城で挙兵した。雪解けを待って、4月2日に近隣の鎌倉幕府・御家人が鳥坂城を襲うが敗北してしまう。これを受けて北条時政、大江広元、三善康信入道と言った有力御家人と、越後国守護・佐々木盛綱が阿賀野川を渡りる。
 佐々木盛綱が鳥坂城に軍使を出すと、城資盛は鳥坂城の付近で戦闘を行うと返答してきた。5月上旬から戦闘が始まり、籠城した城勢は少数ながらも善戦し、佐々木盛季と海野幸氏は負傷した。

 この時、坂額御前は髪を結い上げ、腹巻きを身につけ、少年の姿になって櫓にあがり矢倉の上から弓で応戦した。その命中率は百発百中で、次々に敵を倒した。吾妻鏡では「女性の身たりと雖も、百発百中の芸殆ど父兄に越ゆるなり」と明記されている。

 攻撃側は一計を案じ、坂額御前の後方の高みにまわって、鎧からはずれたももを狙いうち、さすがの勇女もたまらず倒れ、ついに生け捕られてしまいました。

 これにより鳥坂城の城勢は総崩れとなり、城資盛は脱出して行方不明となった。出羽に潜伏したと伝わるが、その後の動向は不明である。本城の白鳥城は5月8日~9日に陥落している。
  顔立ちが良い板額御前は鎌倉に護送されて、6月28日、2代将軍・源頼家の目の前に差し出されたが、傷が癒えいないながらも全く臆した様子がなく周囲の御家人を感心させた。
 その態度に深く感銘した甲斐源氏の一族・浅利義遠(浅利義成)が、将軍・源頼家の許可を得て、板額御前を妻として貰い受け、その後、一男一女をもうけた。板額御前は浅利義遠の妻として甲斐に移り住み、同地において生涯を過ごし死去したとされている。浅利から近い笛吹市境川町小黒坂には板額御前の墓所と伝わる板額塚があり、生誕地とされる熊野若宮神社(新潟県胎内市飯角)には、鳥坂城奮戦800年を記念した石碑が建てられてる。吾妻鏡では美人の範疇に入ると表現されているが、大日本史など後世に描かれた書物では不美人扱いしているものもある。これは美貌と武勇豪腕(弓)とのアンバランスを表現したものが誤解されたためと解釈される。

 板額についての伝説は他にもいくつかあり、城が水攻めにあい水不足に悩んだ時、その苦しみを敵にさとられぬため、白米を使って馬を洗い水に見せた話。鳥坂山の裾野の巨岩の多くは板額が足袋で蹴落したものであるとか、さらに領主が入浴中、夕立が降ってきたので領主ともども風呂桶を持って屋内に入れたなどの話が伝わっている。