北条早雲

 小田原・北条氏の祖として名をはせた伊勢新九郎長氏(北条早雲は一介の伊勢の浪人から戦国大名にのし上がった下剋上の典型例として、かつての教科書に描かれていた

 北条早雲は下剋上の典型例だけでなく遅咲きの戦国武将で、歴史に残るのは50歳過ぎからである。北条早雲の下剋上から「我も続け」とばかりに戦国が激化したが、では下剋上の見本のような北条早雲とは何者だったのだろう。

伊勢新九郎長氏

 伊勢新九郎長氏と名乗っていたことから伊勢出身とされてきたが、しかしここで「一介の素浪人の妹がなぜ駿河守護・今川義忠の正室になれたのか」という疑問が浮かび上がってくる。この疑問に答えるように、現在では、北条早雲一介の浪人ではなく、室町幕府の政所執事を務めた伊勢氏を出自とする説が主流になっている。

 近年の研究では、北条早雲は備中の荏原荘(井原市)で父・伊勢盛定の次男として生まれ若い頃はここに居住したとされれる。父・伊勢盛定は幕府政所執事で8代将軍・足利義政の申次衆をつとめていた。母は室町幕府の高級官史の娘で北条早雲は幼少時から厳しい教育を受け、京都に出て母の人脈をたよって幕府の役人として登用され、将軍の側近となっていた。このことは最近の古文書解読検証によって確実とされている。

応仁の乱

 23歳の早雲は、足利義視の近侍(きんじ)となっている。当時としては遅いスタートで、しかも仕えたのが将軍の義政ではなく、その弟の義視だったことが早雲のその後に大きな影響を与えることになった。
 義政がすんなり将軍職を義視に譲っていれば、早雲はそのまま出世して、幕府の中枢で活躍しただろうが、義政と日野富子夫妻の間に義尚(よしひさ)が生まれ、義視と義尚との後継者争いが始まり、この争いが応仁の乱の引き金になったのである。つまり早雲は応仁の乱が始まる直前からそのまっただ中にいたわけである。

 1467年に応仁の乱が起こった。義視は東軍・細川勝元に擁立されたが、一時期、身の置き所がなく伊勢(三重県)に落ち行くということがあった。近侍である早雲も伊勢に下っている。ところが、翌年、義視が京に迎えられたとき早雲は京には戻らず、そのまま伊勢に留まり、浪人の身になった。ここで早雲素浪人説との接点がみられる。その後、早雲は駿河(静岡県)ヘ下ったのである。

 応仁の乱が始まったとき、駿河守護今川義忠が兵を率いて上洛(じょうらく)し、東軍に加わり、滞陣中、早雲の妹北川殿を見初めて結婚していた。北川殿が兄早雲の浪人を知って駿河に呼んだのか、あるいは「駿河での夫・義忠の補佐を要請があったので、義視について京にもどらなず早雲が駿河に下ったのはそのいずれかであろう。

 駿河守護・今川義忠が上洛して東軍に加わり、今川義忠はしばしば幕府を訪れ、その申次を早雲の父・盛定が務めていた。その縁で早雲の妹の北川殿が義忠の正室になった。備中伊勢氏は今川氏と家格的に遜色なく、これで今川義忠に北条早雲の妹が嫁いだ理由がわかる。駿河に下った早雲は、しばらくの間、目立った活躍をしていない。皮肉なことに、妹の夫である今川義忠の戦死によって、にわかに早雲の出番がまわってきたのである。

 また「北条早雲」という名は存命中には使われていなかった。そもそも北条を名乗るようになったのは2代目の氏綱の時代からで、鎌倉時代の北条氏とは何の関係もない。本文において本来「伊勢宗瑞」と書くべきであるが、通りのよい北条早雲を使うことにする。

今川の家督争い

 1476年に今川義忠が遠江の塩買坂の戦いで死去すると、早雲の妹の北川殿との間に生まれた嫡男・龍王丸(今川氏親)がいた。しかし残された嫡男の龍王丸が六歳と幼少だったため、今川氏の家臣・三浦氏、朝比奈氏が一族の小鹿範満(義忠の弟)を擁立しようとして、今川家が二分して家督争いとなった。今川義忠の妻(竜王丸の母親)は早雲の実妹・北川殿で、竜王丸は早雲の甥にあたる。

 こ家督争いに堀越公方・足利政知と扇谷上杉家が介入し小鹿範満側についた。小鹿範満と上杉政憲は血縁があり、扇谷上杉家の家宰・太田道灌が兵を率いて圧力をかけ小鹿範満が今川家の家督を相続しようとした。
 龍王丸派にとって不利な情勢であったが、この家督争いの内紛に対し、北條早雲は京の室町幕府から駿河今川館の小鹿新五郎範満を急襲し「和睦に反対するなら攻撃する」と騙して「龍王丸が成人するまで小鹿範満が家督を代行する」ことで決着した。この調停成功は20歳の早雲の抜群の知略による立身出世の第一歩となる。当時、家督継承を決めるのは将軍であった。早雲は龍王丸が家督を継げるように将軍を説得したのである。

 龍王丸は母・北川殿と龍王丸は小川の法永長者(長谷川政宣)の小川城(焼津市)に身を寄せ、家督を代行する範満が駿河館に入った。今川氏の家督争いが収まると早雲は京都へ戻り、9代将軍義尚に仕えて奉公衆になっている。

 1479年、将軍・足利義政は龍王丸(氏親)の今川家継承を認めて本領を安堵する内書を発給するが、龍王丸が15歳を過ぎても小鹿範満は家督を譲ろうとしなかった。その時、早雲は将軍の親衛隊になっていた。室町幕府は各国の支配を守護に任せていたが、守護が武士を家臣に加え勢力を拡大することを防止するために幕府は親衛隊を作っていた。

 親衛隊の早雲らは守護と同じく将軍の家臣であると言う誇りと独立心を持っていた。衛隊が戦に出陣するときは、将軍から命令を受けたうえで、守護の指揮下に入って先頭に加わっていた。1487年、北川殿に助けを求められていた早雲はは再び駿河へ下り龍王丸を補佐すると共に石脇城(焼津市)に入って同志を集め、同年11月、早雲は兵を起こし、駿河館を襲撃して範満とその弟小鹿孫五郎を殺した。龍王丸は駿河館に入り2年後に元服して竜王丸は今川氏親を名乗り、正式に今川家当主となった。

 北條早雲は龍王丸(氏親)を跡継ぎに成功し、戦功の第一の功労者である早雲は恩賞として伊豆との国境に近い興国寺城(現沼津市)に所領を与えられた。北條早雲は甥の龍王丸(氏親)の後見役として駿河東部に領地を貰い乗り込んだ。

 興国寺城を得て一城の主となったが、この時早雲は56歳だった。早雲は今川氏の家臣となり、今川領国の東の守りを任されたのである。また 今川氏親の外叔父の立場として、今川氏家中の中心的存在にまでのぼりつめた。この頃に早雲は曽祖父にあたる細川氏家臣・小笠原秀清の娘(南陽院殿)と結婚し、1487年に嫡男の氏綱が生まれている。

 

伊豆乱入

 鎌倉公方・足利成氏が幕府に叛き、将軍の命を受けた今川氏が鎌倉を攻めて占領し、足利成氏は古河城に逃れて古河公方と呼ばれるようになる。幕府方の関東管領上杉氏と激しく戦い(享徳の乱)、室町幕府8代将・将軍義政は足利成氏に代る正式な鎌倉公方として異母兄の足利政知を送るが、成氏方の力が強く鎌倉に入ることができず堀越(静岡県伊豆の国市)に本拠を構え堀越公方と呼ばれるようになった。

 北條早雲が50代半ばの頃である。1483年に足利成氏と上杉氏との和睦が成立すると、幕府の権力は衰退し、足利政知の存在は宙に浮いてしまい堀越公方は伊豆の単なる領主と化していた。

 北條早雲が興国寺城主となったあと、1489年には次男・北条氏時が誕生した。しかし堀越公方・足利政知(義政の弟)が亡くなると、政知には長男に茶々丸がいたが、正室の円満院との間に清晃(義澄)と潤童子をもうけていた。ここで堀越公方の家督争いが起こった。

 当時の伊豆は堀越公方・足利政知が治めていた。政知の長男・茶々丸は素行不良だったことから廃嫡されて土牢に軟禁されていた。しかし1491年に政知が没すると、茶々丸は牢番を殺して脱獄し、後継者として堀越公方に決まっていた異母弟の潤童子と継母・円満院を殺害して強引に跡目を継いだ。

 この堀越公方の混乱を隣国の駿河で見ていた早雲は好機到来として、手勢500を率いて伊豆に侵入して、足利茶々丸を急襲して討伐すると一夜にて堀越公方を滅ぼし伊豆国を乗っ取った。鮮やかな「国盗り物語」であった。扇谷上杉家・上杉定正が手引したとの見方も強くある。いずれにせよこの伊豆討入りが戦国時代の幕開けとされている。
 茶々丸と潤童子の間にはもうひとり兄弟がいて三男の清晃(せいこう)は出家して京にいたが、管領・細川政元によるクーデター(明応の政変)で還俗して足利義遐(お。義高、義澄に改名)として将軍に擁立された。
 早雲による伊豆乱入と足利茶々丸の追放は、この義遐に母と弟の敵討ちを命じられてのことだった。
 早雲は韮山城に本拠を移し狩野城や深根城などを攻略して、6年がかりで伊豆を平定した。なおこの伊豆乱入を契機に出家して「早雲庵宗瑞」と名乗るようになった。

 伊豆一国の大名となった早雲は、韮山城に居城を移したが、この時すでに60歳になっていた。早雲は伊豆国韮山城(伊豆の国市)を新たな居城として伊豆国の統治を始めた。

 高札を立てて味方に参じれば本領を安堵すると約束し、一方で参じなければ作物を荒らして住居を破壊すると布告した。このように従う者の身の安全は保障するが、背く者の屋敷は焼き払うしている。また兵の乱暴狼藉を厳重に禁止し、病人を看護するなど善政を施した。茶々丸の悪政に苦しんでいた伊豆の小領主や領民はたちまち早雲に従い、それまで重い税制を廃して四公六民の租税を定め領民は歓喜した。飴と鞭の使い分けが伊豆一国は30日で平定された。他にも領地を検地したり家法を制定したりと、領民が暮らしやすい国づくりも行った。

 早雲は伊豆の平定をする一方で今川氏の武将としての活動も行っており、1494年頃から今川氏の兵を指揮して遠江へ侵攻して、中遠まで制圧している。早雲と氏親は連携して領国を拡大していく。しかし伊豆国の東方に広がる関東の政情は不安定で、関東公方や関東管領にとってかわれていた。

 

小田原城奪取

 まず関東制覇の足がかりとして隣国相模に目をつけた。早雲は小田原城主である大森藤頼に贈り物や書状を出し親交を深め藤頼に信頼させた。ころあいよしとみた早雲は、あるとき一通の手紙をしたため、藤頼に届けさせた。その文面は「伊豆で鹿狩りをやっていたら、鹿がみな小田原城の裏山に逃げてしまった。伊豆に追い返すため、勢子(せこ)を入れさせてほしい」というものであった。早雲は鹿狩りと偽って猟師に扮した屈強の兵を相模に入れ、その夜、千頭の牛の角に松明を灯し、勢子に扮して背後の箱根山に伏せていた兵たちが鬨の声を上げて火を放った。早雲の兵が小田原城へ迫り、数万の兵が攻め寄せてきたと、おびえた小田原城は大混乱になり、藤頼は命からがら逃げ出して、早雲は易々と小田原城を手に入れた。謀略と奇襲攻撃によって小田原城を落とし、扇谷上杉家の家臣・大森藤頼を追い出すと、小田原城を占領して関東進出の拠点を築いた。

 この小田原城占領しは典型的な城盗りの物語であるが、どこまでが史実なのかは分かっていない。そもそも早雲が何年に小田原城を奪取したのかも明確にはなっていない。いずれにせよ小田原城は後に北条氏の本城となるが、早雲は終生、伊豆韮山城を居城としている。

 小田原城に入ったが、そこから東にはなかなか進めず、1516年に平安時代以来の相模(神奈川県)の守護であった三浦義同(よしあつ)を攻め滅ぼし相模国を平定した。これを機に早雲は家督を今川氏綱に譲り、1519年に韮山城内で没した。早雲は遅咲きの武将で、人生50年の時代にもかかわらず,その歴史的な活躍は50代以降という桁外れな大器晩成の人物である。享年88であった。早雲の後を継いだ氏綱は北条氏(後北条氏)を称して武蔵国へ領国を拡大。以後、氏康、氏政、氏直と勢力を伸ばし、北条氏(後北条氏)は5代に渡って関東を征した。

 

北條早雲の評価

 早雲は謀略を好む梟雄のイメージが強いが、裏切り、裏切られが堂々と行われていたのが戦国時代だといえる。当時の武将で早雲ほど民政を重視した人物はいない。足利茶々丸を急襲して伊豆国に乗り込んだとき、早雲がまず手がけたのは「風病」に苦しむ人々の救援だった。さらに年貢を五公五民から四公六民に軽減して荒廃から農民を救った。早雲は検地を実施し貫高制を採用して、それまで土豪や国人が支配してきた村落を直接把握した。守護領・荘園・国衙領などさまざまな支配体系が複雑に絡み合っていた村落を早雲の権力によって再編させた。この治世の巧みさは戦国大名の先駆けとしての早雲の真価を語るものと評価できる。

 壬申の乱により室町幕府と将軍の権威はなくなり、 守護大名や武士が命令に従わなくなり、守護大名がその領地を取り合う戦国時代に移っていった。