山内一豊

 山内一豊は織田信長の家臣で、豊臣秀吉、徳川家康とその時々の勝者に仕えることで戦乱の時代を生き延びた武将である。それほどの大きな武功を立てたわけではないが、妻の千代の助けを得て着実に出世を遂げ、山内一豊というより「山内一豊の妻」の方が有名である。また周囲の人々の助けを得て勢力を築き、最後は土佐一国の主にまでなっている。

 

山内一豊の生い立ち
 1545年、山内一豊は山内盛豊の二男として尾張羽栗郡黒田郷(愛知県一宮市)に誕生している。母は尾張春日井郡羽黒城主(犬山市)・梶原源左衛門の娘・松千代である。

 織田信長による尾張統一前、父・山内盛豊は尾張(愛知県)の岩倉城主・織田信賢の家老として仕え、織田信賢は尾張の北半分を支配しており、尾張の南半分を制した新興勢力の織田信長と争っていた。

 1557年7月、尾張黒田城が夜討ちに遇い、父盛豊が手傷を負い長兄・十郎は討死している。当時13歳であった山内一豊は、母や弟妹達とともに幸いにも家臣に救われ難を逃れた。

 1559年、織田信長の岩倉城攻めにより落城し父・盛豊は主家滅亡から家老としての責任を取って自害した。信長は尾張をほぼ統一したが、当主・織田信賢を失ったことから山内一族は離散して諸国を流浪することになる。

 山内一豊は母や幼い弟妹を連れ、まずは追手を逃れるため近江や美濃の領主たちの元を転々として主を何度も変え、美濃の松倉城主・前野長康や近江の勢多城主・山岡景隆ら少なくとも4人の武将に仕えていた。

 最後に使えた山岡景隆はやがて美濃を制した織田信長の配下になるが信長に逆らって出奔してしまう。取り残された山内一豊は、桶狭間の戦い以後頭角を現してきた織田信長に仕えるようになった。

 織田信長はかつて父と敵対したが、この頃には問題にならなかった。山内一豊は信長から木下秀吉の与力に命じられた。与力とは信長の直臣でありながら、秀吉の配下となって指揮を受ける者をいう。こうして山内一豊は秀吉の指揮下に入るが、この縁が後に幸運をもたらすことになる。


秀吉の家臣として転戦する
  山内一豊は秀吉の兵士として、1570年の「姉川の戦い」で初陣を飾った。この時25才だったので遅めの初陣だった。1573年、越前・刀根山の朝倉追撃戦で、朝倉家でも剛勇の誉れ高かった三段崎勘右衛門を組討の末に倒し首級を挙げた。勘右衛門は強弓の名手で、一豊は左目尻から右奥歯にかけて矢が貫通する傷を負いながらも勘右衛門を討ち取り劇的な殊勲を挙げたのである。この時、敵将を討ち取った山内一豊の頬には矢が突き刺さったままで家臣の五藤為浄(ためきよ)が一豊の顔を踏みつけつつ、これを引き抜いた。為浄の子孫がこの時の矢じりを家宝として引き継いで、現代でも歴史史料として保管されている。

 この功績により信長から秀吉の領国である近江唐国(滋賀県虎姫町)に400石を与えられた。これで10人程度を指揮する武士の立場になった。


千代と結婚する
  ひとかどの武将として身を立てつつあった頃、山内一豊は千代を娶った。千代は美濃の豪族の出身で、知識や教養を備えた聡明な女性であった。この当時の武将の妻は、夫を助け家を栄えさせる役割を担っており、言わば共同経営者のような立場であった。このため頭脳に優れた千代の存在に、山内一豊は出世の上でおおいに助けられる。いわゆる内助の功によって一豊は出世できたと言われている。

 秀吉の直臣となり加増を受け、新たに秀吉が獲得した播磨(兵庫県南部)で2000石の領地を与えられている。これによって50人程度を指揮する武将に出世した。一豊は目立つことは少なかったが、戦いでは常にそれなりの戦功を立てていた。強くもなく弱くもないといった程度で穏当に出世を積み重ねていった。


馬揃えで名馬を得る
 1581年、信長は京都で「馬揃え」を開催した。馬揃えとは戦の前に、馬を一堂に集めてその検分をするものである。この時に山内一豊も参加することになったが、よい馬を持っていなかったため悩まされることになる。この当時の武将たちにとって良い馬を持つかどうかは、その名声に関わる重要なことであった。

 山内一豊は安土城下で馬売りが連れてきた鏡栗毛という駿馬を見つけ、これを欲しがるが金がなかった。それをみかねた妻・千代が自らの化粧料(女性の個人資産)として保有していた黄金を一豊に渡した。この金は夫に何かあったらと父から嫁入りの時に渡された10両であった。千代はその10両を一豊に渡し、一豊はその馬を買い名馬に乗って馬揃えに参加した。

 このことが信長の目にとまり賞賛され加増を受けることになった。この話は「内助の功」として広く知られており、かつての教科書にも採用された。この他にも一豊が築城の経費に困っていた時に、千代は髪を売ってこれをまかなったという話もある。千代には夫を助けるよき妻としての逸話が豊富に存在している。このように何かと千代に助けられ、山内一豊は名声を得て無事に仕事を行った。


秀吉の元で転戦する
  1582年、織田信長が家臣の明智光秀に討たれる「本能寺の変」がおき、秀吉が謀反人の明智光秀の討伐したことで、一躍天下人を狙う立場となった。山内一豊はその統一戦に参加している。
  秀吉の運が大きく開けたが、その家臣である山内一豊の運もまた秀吉に引っ張られる形で開いてゆく。秀吉が伊勢で信長の重臣だった滝川一益と戦っていた際に、山内一豊は亀山城の攻城戦で一番乗りを果たすという軍功を立て、その代償として長く仕えていた五藤為浄が戦死したが、後にその一族を家老として遇しこれに報いている。

 また秀吉と徳川家康が対戦した「小牧・長久手の戦い」では、小牧山にこもった家康を包囲するための付城の築城を担当し、単なる戦場での武働き以外の仕事を任されるようになった。こうした戦いの結果、秀吉は天下人としての立場を確立し、秀吉の元で働いていた一豊にも大きな出世の機会が訪れることになる。
  羽柴秀次の家老となり、1585年、小さいながらも大名となるになると秀吉は養子の羽柴秀次を後継者に定め、大幅にその領地を加増してゆく。山内一豊はこの秀次付きの家老になり、その政務を補佐することになる。この人事はこれまでの一豊の地味ながらも積み重ねてきた功績が認められてのことだった。同僚には中村一氏や田中吉政など、低い身分から身を起こし諸事に熟達した武将たちが選ばれた。秀吉は経験豊富な武将たちに補佐させることで、秀次に自分の後継者にふさわしい見識と実力を身につけさせようとした。
  秀次は近江八幡を統治するが、山内一豊らのおかげで統治をうまくやりこなし善政をしいていると評判になった。一豊は秀次の家老となったことで大幅な加増を受け、近江長浜に2万石の領地を与えられた。こうして40才にして小さいながらも大名と呼ばれる身分になるが、その喜びもつかの間、山内一豊と千代は大きな災害に見舞われた。


天正大地震で娘を失う
  1586年の11月29日に、日本中部を「天正大地震」という巨大地震が襲った。これは日本海沿岸の若狭(福井県)から太平洋沿岸の三河(愛知県)にわたって甚大な被害を出し、日本史上でも最大規模の地震で、一豊の居城・長浜城も全壊してしまいう。この時に山内一豊と千代のひとり娘である与祢(よね)を亡くなくし、さらに与祢を救助しようとした家老の乾和信(いぬいかずのぶ)夫婦が死去するなど山内氏には大きな災害であった。一豊と千代には他に子はなく、この時に受けた衝撃は相当に大きなものであった。以後、この夫婦の間に子が生まれず、側室を迎えることもなかった。これは当時としては非常に珍しいことで、それだけ夫婦の絆は強かった。しかしそのために山内一豊と千代の血統が後世に受け継がれることはなかった。


掛川5万石の領主
  1590年から関東の北条氏征伐が行われ、山内一豊も秀次に従ってこれに参加する。山内一豊は北条氏の重要拠点である山中城の攻略戦に参加し、火矢の名手である家臣の市川信定が活躍するなどして山内氏は軍功を立てる。この頃には山内一豊も500人程度の兵を率いるようになっていて、家臣の中には名の知れた武勇の士も加わっていた。この戦いの後、秀次が尾張や伊勢を加増され、これにともなって一豊は遠江(静岡県西部)の掛川に新たに領地を与えられた。この時の石高は5万1千石で、中級の大名の地位にまで出世したことになる。

 山内一豊が掛川に着任すると、城下町の整備や治水工事などを行い、領主としての治世を行なっている。このようにして大名としての経験を積み、城郭、城下町づくりや治水などに取り組み掛川を発展させた。

 主君の秀次は秀吉の後継者であり、将来は多くの領地を担うことになるはずであった。そうなれば家老である一豊の将来もまた、さらに開けていくはずであった。しかし秀吉に実子が生まれたことにより状況は大きく変化していくことになる。


秀次が処刑される
  秀吉は側室の淀殿が実子の秀頼を生んだことで、それまで後継者とされていた養子の秀次を急に疎んじ、秀吉は秀次が謀反を企んでいると糾弾し、ついに継承させていた関白の地位を剥奪してしまった。この時に秀次の側近であった前野長康は責任を追求され自害している。
  山内一豊、田中吉政、中村一氏らの秀次傘下の大名たちは、秀次を取り調べる立場に立たされ、山内一豊これを務めることで難を逃れた。とは言え先ほどまで主君・秀次に「謀反の企みがあったのか」と問するのは心苦しいことだった。秀次は謀反の嫌疑を否定し、高野山に上って出家するが、秀吉の命を受けた福島正則によって切腹させられている。

 こうして山内一豊は危機を生き延び、秀次の遺領から8000石を加増された。しかしこの加増はとても喜べるものではなかった。補佐役の山内一豊にも火の粉が飛んだが、朝鮮行きを命じられなんとか難を逃れた。

 秀吉は秀次を処刑したことで、豊臣家には成人して地位をもった男子がいなくなってしまい、政権の基盤はひどく不安定なものとなった。


秀吉の死と上杉景勝の討伐
  1599年、天下人であった秀吉が死去すると、権力争いの動きが始まり、再び戦乱の世へと傾いていった。徳川家康が台頭し他の大名の追い落としを狙って活動を始めた。5大老で会津に大きな領地を持つ上杉景勝に、徳川家康は豊臣家への謀反の疑いがあるとして討伐を決意する。各地の大名たちにも動員され山内一豊もまた家康に従って上杉景勝の討伐に赴くことになった。家康が大坂から離れると、その隙をついて石田三成が家康打倒のために挙兵した。

 家康が自身の権力の増大と天下の簒奪を狙っていることは明らかで、これを防ぐのが石田三成の意図であった。三成は毛利輝元や宇喜多秀家といった大名たちと協力して家康討伐軍を編成した。こうして家康派と三成派に別れて大規模な戦いが起きることになる。


千代の手紙
 この時、家康側の大名の妻子たちは、人質として大坂の屋敷に集められていた。大坂は石田三成らの手に落ちたため、山内一豊が家康に味方をすると千代が危険に晒される可能性があった。このため一豊は家臣の市川信定を千代の元に送り護衛させている。市川信定は北条征伐で活躍した火矢の名手で、戦場で活躍が期待できる人材であった。この信定をこれから大規模な合戦が起きる状況下で、あえて妻の元に送ったのである。それだけ山内一豊は千代の身を案じていた。

 一方で千代は家臣に自分の書いた手紙と、三成からの勧誘の書簡を文箱に入れ、関東に遠征している山内一豊の元に送った。一豊はこれを受け取ると、千代の手紙に書いてあった通りに行動する。

 その助言とは、三成からの勧誘の手紙を文箱の封印を開けずに家康に献上し、自分からの手紙を読み上げて家康に聞かせてほしいというものだった。一豊は家康の元におもむくと、三成からの書簡を渡して三成が挙兵したことを知らせた。

 この書簡の封を開かなかったことは、山内一豊は妻を見限る覚悟で家康側として戦うこと表明したことになる。さらに千代からの手紙には「かねてから話し合っていたとおり、自分はどうなってもいいから家康様に味方して力を尽くして欲しい」と書かれており、開封せずに家康に手渡すという行為は家康を大いに喜ばせた。各武将たちの去就が不明な中で、山内一豊は自分に二心が無いことをいち早く家康に宣言したのである。これが味方を増やせるかどうか、内心不安を抱えていた家康の心情を良くした。


小山評定
 家康は三成の挙兵を知ると、上杉景勝の討伐に従軍している武将たちに、小山に集合するようにと伝えた。山内一豊も小山に向かうが、道中で同じく東海道に領地を持つ大名の堀尾忠氏と出会う。この時、堀尾忠氏は評定の際にある提案をするつもりであると、自分の策を山内一豊に披露した。山内一豊はそれを聞いて感心しつつ共に評定の席へと向かう。

 やがて小山に徳川家の重臣や、豊臣政権下の大名たちが集まると評定が始まった。ここで家康は「三成に味方したいと思うのであれば、妻子のことも心配だろうし、遠慮なく大坂に戻っても構わない」と諸大名たちに告げた。

 これを受けて福島正則が立ち上がり「自分は家康に味方して、憎き三成を討つ」と宣言した。福島正則は秀吉子飼いの大名で、正則が家康につくと宣言したことは、他の大名たちに大きな影響があった。正則が味方するのだから、家康についても豊臣家に逆らうことにはならないと諸大名たちは安心することができた。

 これに続き山内一豊が「進軍路にある掛川城を家康に差し出すので、これを徳川家で自由に使って欲しい」と発言した。山内一豊は単に家康に味方するだけでなく、城と領地まで家康に差し出し、家康の勝利にすべてを賭けると宣言したのである。この山内一豊の大胆な申し出に家康は驚き、やがて喜びを表して感謝した。これを見て他の東海道に領地を持つ大名たちが次々に同じ申し出て、家康は味方を得ることになった。

 こうした山内一豊の存在は、家康に強い印象を与えた。さらに山内一豊は豊臣家と縁の深い東海道の大名たちの取りまとめに尽力し、家康の勝利に大いに貢献することになる。

関ヶ原の戦い
 山内一豊は美濃の関ヶ原で行われた決戦にも、2500の兵を率いて参戦している。南宮山に陣を構える毛利氏の大軍と対峙したが、吉川広家は既に家康と内通しており終始軍を動かさなかった。このため山内一豊は関ヶ原では直接敵と戦うことはなく、家康の勝利を見守ることになる。前線は福島正則や黒田長政らの猛将たちが務めており、家康は山内一豊の武威にそれほど期待していなかった。


土佐一国の領主
  山内一豊には目立った武功はなかったが、小山評定での発言によって諸侯に家康の味方をするように促したことが評価され、土佐一国を与えられる。これによって一豊は10万石の国持ち大名に出世した、後に統治が安定して石高は最終的に24万石にまで増大した。
  この時、山内一豊は55才で、土佐大名が一豊の出世の最終到達点となった。後に家康と会った時に、家康は山内一豊に土佐の石高を尋ねると、一豊は「10万石です」と答えた。「そんなに少なかったのか、20万石はあると思って土佐の城主にしたのに、すまないことをした」と言って山内一豊を喜ばせた。もちろん家康は土佐の石高を把握していたが、それほどに山内一豊の働きを評価していたのである。みなが他者の動向をうかがう中、迷う様子を見せずにいち早く立場を鮮明にしたことには、それほどの大きな功績にもなった。千代はそういった道理を理解した上で、一豊に手紙で助言したのである。


土佐の統治を行う
 山内一豊は一国一城の主となったが、土佐入国はうまくはいかなかった。土佐はそれまで長宗我部氏が治めていたが、長宗我部氏が石田三成に味方して敗北し、家康から領土を取り上げられていた。しかし土佐は山内一豊が入府しても、それまで長宗我部氏が支配していたのでその統治を受け入れなかった。
  土佐には「一領具足」という制度があり、それは農民が軍役を果たすかわりに農地から税を取らないという独自の仕組みがあった。 この権益を守るために一領具足たちが山内一豊に反抗したのである。有力農民の下級武士「一領具足」たちが浦戸城明け渡しを拒み立てこもって抵抗した(浦戸一揆)。山内一豊は弟の康豊を向かわせ一領具足達273名を斬首した。

 土佐に入国した山内一豊は馬の駆初めや相撲大会を催し、民衆の不満をやわらげ、相撲見物に来ていた一揆の残党を捕らえて処刑するなど国の統治を心がけた。それでも再び一揆は起きている。浦戸一揆より3年後、滝山一揆が起き鎮圧に苦慮することになる。

 山内一豊はこれまで長年仕えてきた武将たちに大きな領地を与えてその功労に報い、長宗我部氏の旧臣の中から有能な者たちを見出し家臣として登用していった。しかし領内の不安要素となる一領具足の制度を残すつもりはなく、これに対して反抗する者を厳しく処断した。一領具足を温存すれば税収が少なくなる上に、武装した民が土佐に多数存在することになり、大規模な反乱が起きる火種になってしまうからであった。このような状況だったため、山内一豊は影武者を6人も用意し、土佐の各地の視察に赴く際には暗殺されないようにと警戒していた。1603年頃までには一領具足たちの反抗を鎮圧し、武器を取り上げてただの農民に戻している。これはかつて秀吉が行った刀狩りの政策を土佐でも実行したことになる。


家臣を上士と郷士に分ける
 またかつての長宗我部氏の旧臣の下級の武士たちを「郷士」として低い身分に縛り付け、決して藩政には参加させなかった。長宗我部氏の一部の旧臣と、掛川から連れてきた家臣たちは「上士」と呼ばれ、こちらだけを藩政に参加させた。

 当時の土佐はかなり特異な土地で、よそからきた山内一豊とその家臣たちを容易に受け入れなかった。そのため身分を明確に分けることになった。こうして土佐の武士の身分は二段階の階級制となり、これが幕末の動乱期に坂本龍馬らのように脱藩して活動する志士たちが多数輩出される要因になった。土佐の下級武士は土佐藩の政務に参政して倒幕に向かわせることができないため、藩を出て広く天下で活動する志士が多くなったのである。
 山内一豊は築城の名人として名高い百々綱家(どどつないえ)を家臣に迎え、土佐の統治の拠点として高知城を築城する。高知城の周辺は低湿地であったため難工事であったが、百々綱家は石垣作りに長けた石工の技術者集団とつながりがあり、その力を借りて城下を整備した。こうして土佐の統治も軌道に乗り始め、1603年には朝廷から土佐守に叙任され公的な地位も得た。

 このようにして統治の基礎を築くと、山内一豊は1605年に60才で病没した。山内氏の家督は一豊の弟・康豊の子の忠義が一豊の養子となって継承し、明治維新を迎えるまで山内氏は土佐の大名家として存続した。


千代のその後
  土佐に入国してから5年目に山内一豊が死去すると、千代は京都の妙心寺の近くに移り住み出家して見性院(けんしょういん)となった。移り住んだ妙心寺は臨済宗の大本山で、山内一豊と千代が拾い育てた湘南宗化(しょうなんそうけ)という僧侶が在住していた。湘南宗化は利発な子で山内一豊と千代は一時、この子を後継者にすることを考えたが、元は捨て子であったことが広く知られていたため家臣に諌められて断念したのである。千代はこの宗化と関わって暮らし1000石の隠居料を得ている。
  千代は隠居後も山内氏の創始者として忠義への働きかけを続け、徳川幕府への忠誠に励んで家を保つようにと促し、また秀吉の未亡人である高台院に贈り物をするようにと手紙を書いている。またこの頃には「徒然草」や「古今和歌集」などの古典に親しみ、穏やかな日々を過ごした後、1617年に60才で亡くなった。偶然にも山内一豊と同じ年齢で世を去った。宗化は千代の最期を看取り、その17回忌には大規模な法要を営み、妙心寺に見性閣という供養のための施設が建てた。山内一豊と千代の廟所はこの妙心寺にある。


山内一豊の能力
 山内一豊は軍事においても内政においてもなかなかの手腕の持ち主であった。他の群雄たちと比べると、飛び抜けて優れた能力はないものの、無難に諸事をこなし、家臣に有能な人材を迎えることに努め、運にも恵まれたが大名になれる資質の持ち主であった。関ヶ原での動きを見るに、機略においては千代に劣っていたが、妻の助言や力をうまく活用し山内家の発展につなげていった。
 山内一豊は自分が平凡な人間であることを自覚しており、人の助けを借りたほうがよいと割り切れる性格だった。また人の策を奪うこともあった。妻の千代は世の情勢が正確に読めるほどに聡明な人物であり、これが篤実な一豊に不足していた点を補い、山内家を発展させることに貢献した。戦国時代において、武将とその妻は共に家を守って発展させるための協力者の関係にあったが、山内一豊と千代はその大きな成功例のひとつである。