足利義満

 足利義満の祖父は室町幕府を創始した足利尊氏である。きしくも足利尊氏が亡くなった年に足利義満は誕生している。父である2代目将軍・足利義詮(よしあきら)は38歳の若さで亡くなったため、わずか11歳で家督を継ぎ室町幕府の3代将軍になった。

 足利義満は室町時代の最盛期をつくり、その功績としては南北朝合一を実現して58年間続いた朝廷との争いを終結に導き、守護大名を抑えて幕府の権力を世に示したことが挙げられる。また金閣寺を建立したことでも知られている。

幼年時代

 1358年8月22日、足利義満は京都春日東洞院にある幕府政所執事の伊勢貞継入道照禅の屋敷で生まれている。祖父である尊氏の死からちょうど100日目のことであった。幼少時代の義満は南朝との争いで京を離れていたが、幕府・北朝側が京都を奪還したため帰京しるが、帰途で摂津(明石)に泊まった際に、「ここの景色は美しいから、京都に持って帰ろう」と言い、家臣たちに「お前たちが担いで帰れ」と話している。 義満少年の大胆発言であるが、子供らしい発想なのかこの大物の発言で周りのものを驚かせた。

 京都に帰還した義満は斯波義将に養育され7歳で初めて乗馬した。しかし貞治の変で斯波高経・義将父子が失脚すると、細川頼之(よりゆき)が後任の管領に任命された。この頃の義満は祖母の赤橋登子の旧屋敷に移ったり、赤松則祐の山荘に立ち寄ったりしている。

 1367年11月になると父・義詮が重病となる。第2代将軍・足利義詮は死期を悟り、11月25日に義満に政務を委譲し、細川頼之を管領として義満の後見・教導を託した。12月7日に義詮は死去し、義満が第3代将軍として足利将軍家を継いだ

 まだ幼い義満は幕政は管領細川頼之をはじめ、足利一門の守護大名が主導することにより帝王学を学ぶ。室町幕府の将軍の多くが10代で位についており、義満も取り合えず3代将軍となった。この頃はまだ室町幕府自体ができたばかりだったため、将軍が幼くても幕府の中では穏便に済んでいる。しかし国の中枢たるべき皇室は真っ二つに割れていて、もしここで外国から攻め込まれていたら、日本という国そのものの存続が危うかった。
 ちなみにその頃、中国では元王朝(モンゴル民族)を追っ払おうと、内乱が始まり「日本侵略」する余裕はなかった。 

 義満は京都の北小路室町に大きな屋敷を作ると、幕府の役所をここに移した。庭には四季折々に花が咲き誇り「花の御所」と呼ばれ、今日ではその所在地により室町幕府と呼ばれている。

足利義満の政策
 義満の功績は大きく、主な功績として南北朝を統一し、58年間続いた朝廷との争いを終結に導いたこと。守護大名を抑えて幕府の権力を世に示したことである。

 1358年、足利義満が3代将軍となると、その政治力をいかんなく発揮してゆく。義満がまず取り掛かったのは、まだ室町幕府は名ばかりで中身が伴っていない状態であったので幕府と将軍の権力を確立することであった。というのは後醍醐天皇が150年ぶりに天皇による親政にしようとしたせいで、鎌倉幕府を倒した本当の立役者である武士達は褒美をもらえず、公家から見下されていた。そのため武士の頂点である幕府にも従わない武士が多かった。
 足利尊氏も義詮もこの状態に苦労したが、この混乱は義満の代まで引き継がれていた。しかしかつて「この景色が気に入ったから持ってこい」と言い放ったほどの義満なので、その発想力で危機を乗り切ることになる。

 武士政権を固めるためにはまず各地の武士達を臣従させることが最優先事項であった。義満は幕府の体制を固めるため、将軍直属の常備軍を設け、奉行衆と呼ばれる実務官僚の整備をはかり守護大名の力を抑えようとした。まず中国地方を中心に勢力を伸ばしていた山名氏清(やまなうじきよ)の内紛に介入して討つと、11か国の守護を兼ねて「六分一殿」と称されいた有力守護大名・山名氏清を挑発して挙兵させ討伐した(明徳の乱)。
 さらに朝廷から京都市街の警察権をもらい、将軍直下の軍や官僚機構を設けて幕府のを整えた。これで周辺の武士が攻めてきても、自力で撃退できるようになった。

 また義満は日本で初めて酒税を課した。ツボひとつで200文の税金が掛けられ、今のお金で2万円くらいですので相当な額になる。幕府設立から30年が経っていて、反乱の鎮圧などに軍事費が掛かり過ぎたので、義満は酒に目をつけて税金をかけたのである。


仏教、金閣寺
 義満は実権を持ったまま僧になり、権威を高めるため仏閣の建立に力を注いだ。後々彼自身が葬られ、戒名の「鹿苑院(ろくおんいん)」をつけたる臨済宗の大本山・相国寺はこの頃作っている。なお相国寺は応仁の乱以降の戦乱や、明治政府の廃仏毀釈で壊されてしまい、今では跡形もなくなっている。
 僧になった義満は北山の別荘で政治を始めた。金箔で覆われた金閣寺をはじめ多くの建物をつくり、ここで茶の湯や能などの文化を楽んだ。(北山文化)

 金閣寺自体は、今はお寺「鹿苑寺」の一部であるが、当時は北山台という「別荘」であった。さらに戦乱で長らく中断されていた朝廷での歌会始などの行事を復活させるなど将軍と自らの立場を大々的に喧伝する。

 

金閣寺の金箔の秘密
 金閣寺の金箔は約20kgと言われ、昭和の大修復の時には金箔だけで約2000万円の費用が掛かったされている。義満が金閣寺を金箔で飾ったのは権力の象徴といわれ、織田信長が討ち取った浅井長政の頭蓋骨を金色に塗り髑髏杯として披露したり、豊臣秀吉が金の茶室を建てたりしたことと同じ意味あいだったとされている。また極楽浄土は金色の世界であると平安時代や鎌倉時代には考えられていたためその影響だったという説もある。また金閣寺の金箔には義満の公家への嫌がらせだった可能性がある。きらびやかな金閣寺の装飾ですが、金箔は一階には貼っていないが貼り忘れや資金不足ではありません。
 1階は寝殿造りという様式で公家や平安貴族たちが好んだ住居の形である。2階は武家造り、3階は仏殿造りになっていて、すなわち自分は公家や平安貴族を下に見ているという義満の意図があった。3階は明(中国)の禅宗様式であり、明と親交の深い義満の敬意を示したものでした。足利義満の見つめる先はどこにあったのか、武士から公家になり、死後は皇位にまでついた。皇位簒奪(こういさんだつ)、屈辱外交といわれ周囲から悪評が絶えなかったが、本当に義満は天皇家に代わり自らが覇権を手にしようとしていたのだろうか。

 

准三后

 義満は祖父・尊氏や父を越える内大臣、左大臣に就任し官位も上がり続けた。1383年には武家として初めて源氏長者となり淳和・奨学両院別当を兼任、准三后の宣下を受け名実ともに公武両勢力の頂点に上り詰めた。

 25歳の時には皇族でないのに皇族と同じ待遇を与える准三后を宣下され、室町幕府を最盛期に導いた。准三后とは天皇と同じ位であり、南北朝の統一や勘合貿易も、この准三后の位があってのもだった。

 義満はその才能と性格から、北朝第5代天皇の後円融天皇を自殺未遂にまで追い込んでいる。多才溢れる義満は雅楽の楽器である笙(しょう)の名手であったが、後円融天皇は自分より上手く奏でる義満に嫉妬しており、人としても好ましく思っていなかった。お妃の藤原厳子が出産を終えて宮中に戻った時に義満との密通を疑い、彼女を殴り、愛妾の関係だった按察局(あぜちのつぼね)を密通を疑い内裏から追い出してして出家させ後円融天皇は荒れ放題だった。義満は人を通じて上皇に相談しようとするが、後円融天皇はそれを知ると流罪にされるのを怖れて持仏堂で切腹未遂の騒ぎを起こしている。ちなみに厳子と按察局が義満と実際に関係があったかは定かではありません。

 

日明貿易を開始
 義満は若年の頃から明への憧憬を深く抱いていた。義満は貿易にとる莫大な利潤を重視していた。ちょうどその頃、中国を統一した明は義満に倭寇(わこう)退治を求めてきた。倭寇とは東シナ海にはびこって中国や朝鮮沿岸を荒らしまわっていた海賊だった。そこで義満は求めに応じて倭寇の取り締まりを始め、ついでに明との貿易を始めた。倭寇と貿易船を区別するために、勘合(かんごう)という合札を使っていたため勘合貿易と呼ばれている。

 足利義満は1401年に遣明使を派遣し明の皇帝に貢ぎ物をした。明の皇帝に貢ぎ物をしたということは、当時、義満の権力がいかに大きかったかがわかる。そのため翌年、明から「日本国王源道義」という返書をもらっている。道義とは出家した義満の法名である。

 明から銅銭や高級織物を輸入できるようにな理、これにより莫大な利益を獲得し、義満は政治的にも経済的にも日本の最高実力者となった。

 義満は積極的に貿易をおこない日明貿易として多額の利益を得た。中国は日常的に銅不足が悩みだったので日本の銅は重宝された。また銅には少し銀が混ざっていたので高値で取引された。日本は銅から銀を取り出す技術はなかったので銅が高値で売れるのは都合が良かった。この貿易は双方にとって有益なものでした。

 

南北朝統一

 室町幕府は足利尊氏が新たな天皇を立てて強引に開いたので、南北朝時代となり天皇は2人、国も2つに分かれてしまった。そのため幕府の命令に素直に従う大名もまだ多くはなく、大名らは北朝に味方したり、南朝に味方したりしていた。

 1392年は南朝がもっとも衰えていた時期で、一方の室町幕府(北朝側)は、3代将軍足利義満により最盛期を迎えていた。そこで、義満は南朝側に提案を持ち出します。

 「これからは南朝と北朝とで交互に天皇を立て、とりあえずは北朝からはじめたいので、天皇の位の証拠でもある三種の神器を渡してください」

 これを南朝側の後亀山天皇は受け入れる。しかし義満は始めからこの条件を守るつもりなどなかった。一度南朝側が受け取ったが最後、もう南朝に天皇の座を渡すことはなかった。足利義満は兵を一人も犠牲にすることもなく南北朝をひつとにまとめ他のである。
 この提案で足利尊氏、義詮がまとめられなかった南北朝をひとつにして、幕府の勢いは強くなった。

 1394年。足利義満は、政治の実権を持ったまま将軍職を9歳の義持(よしもち)に譲り、自らは貴族の最高位である太政大臣になる。武家として最高位の征夷大将軍と公家として最高位の太政大臣をともに務めたことになる。

 このように当時大きな権力を握っていた足利義満は、1408年4月25日には自身の息子の元服の儀を宮中で行うのですが、この時「うんげん緑」といわれるのは天皇と上皇のみしか座ることを許されない畳であった。義満は天皇、上皇と同じ作法で対面し、いよいよ息子を天皇にし自身は上皇として君臨するという筋書き通りに進んでいった。

 足利義満は太上天皇(本来は皇位を後継者に譲った天皇の尊号)につこうとしていた。義満の母方には天皇家の血が流れており可能性の高い計画だった。実際、足利義満の位牌には太上法王の戒名がついているので、天皇にかなり近いところまでいっていたと思われる。

 

義満暗殺説
 しかし息子の元服の儀から2日後の4月27日。足利義満は病に倒れ、大きな野望を抱き、政治、経済大きな勢力を与えた足利義満であったが、5月6日、51歳で急死してしまう。通説では風邪をこじらせの急性肺炎になっているが、タイミングが良すぎた。天皇家を守ろうと誰かが義満に毒を盛ったと言う方が納得がいくところである。
 足利義満が暗殺されたという証拠はないが、タイミングがあまりに良すぎ他のである。外傷などもなく、4月27日から徐々に弱っていった様子も伺えることから毒殺という説が一般的である。死後、足利義満は朝廷から太上法王の称号を送られるが、これは周りからの説得もあり息子の義持はこれを辞退している。足利義満はもう一歩で天皇の位というところまできていたが死去したのである。