鎌倉時代の生活

農民の暮らし
 農民といっても豊かな農民もいれば貧しい農民もいた。また平安時代の中頃になると力のある農民が武装化して武士になるので,農民の暮らしをひとまとめで言えない。鎌倉時代の民衆といえば、農民が人口の約80%だったとされ、農民・漁民・商人などが庶民に相当する。

 地頭や武士は荘園の中で多くの農民を支配し、年貢を取立てたて雑用をやらせていた。農民のほとんどが荘園の中で生活していた。荘園の農民の中で自分の土地を持つ者を名主と呼び、名主は農民ではあるが戦いのときは武器をとって武士に従った。名主たちは自分の田を自分で耕していたが、やがて他の農民たちに作地を貸し地代を取り立てるようになった。土地を持たない小作人や下人はいつの時代も貧しかった。

 農民たちは採れた米の三割から四割を、荘園の支配者である武士に年貢として差し出した。農民たちは年貢の他に武士の屋敷を作ったり、橋をかけたり、荷物を運んだりただ働きの仕事をしなければならなかった。武士と言っても戦いの折、馬に乗れる武士はそれなりの領地を持っていて領内の農民たちを支配していたが、馬に乗れない武士は、普段は農業をしており上流農民と同じであった。

 税として米の他にも、畑からは麦・粟・大豆などを、産物としては漆・カキ・炭・薪・織物などが納められ、重い年貢や数々の労働は小作人たちの負担になっていて、農民の暮らしは苦しかった。米を年貢として取るようになったのは江戸時代からで、鎌倉時代には米以外に海産物、絹、鉄、漆塗りなどなどの諸国の特産物が領主に収められた。
  農民の住まいの多くが一間きりの土間で、そこにむしろを敷いて暮らしていた。下人の生活はさらに過酷で、住まいは掘っ立て小屋で、苧という麻の着物を着て麦や雑穀を食べていた。

 

農業技術の進歩

 平安時代の終わり頃から農業技術は進歩し、畿内や西日本では米のほかに麦を裏作とした二毛作が行われるようになった。耕地の面積も、地頭などによって積極的に新田開発が進められたことで増加した。関東平野もその多くが開墾され田畑が増え、農機具の進歩、水利土木技術の発達などにより、また稲作は集団を組んで行い生産性は飛躍的によくなった。

 農民にとって田に水を絶やさないことが必要で、水車の使用が盛んになった。水車をつくる技術はかなり高いものであった。またそれまでは種もみを耕した田に直接まく直播きが行われていたが、鎌倉時代には、ほとんど苗代がつくられた。田に種もみもまく前に、ある時間水に漬けておいて発芽させる苗代になった。苗代は広く行われるようになった。
 肥料にも山野の草や木の灰を利用した草木灰や、青いままの草を刈って田畑にしき込む刈敷(かりしき)が利用されるなど、次第に工夫された。また牛馬を利用した農耕も進み、鎌や鍬(くわ)などの丈夫で鋭利な鉄製の農具が一般農民にまで普及し、さらには悪条件でも育つ多収米である大唐米(だいとうまい)が輸入されたことで生産性も向上した。
 この頃には、米や麦以外にも染料の原料である藍や、紙の原料である楮(こうぞ)、灯油の原料となる荏胡麻(えごま)などの栽培が行われ、絹布や麻布(まふ)なども織られるようになった。特に荏胡麻による灯油が広く普及したことで、夜の世界でも長時間の生活が可能になり、人々の生活は劇的に変化していった。

 

惣村

 鎌倉後期に発生した「惣村」と言う集団生産システム(村落共同体) は、集団性の高さを誇る「日本文化」を現代に伝える分岐点である。この惣村と言う「日本稲作システム」は、水利や田植や稲刈り等などのたくさんある集団課題を、惣村の皆で対処することで、高い生産性を確保出来るシステムである。ここでは「私有」意識は極端に低くなる。
 農民は納税の為の戸籍や支配者層から文化の影響で「一対婚」や「家父長」「家」制度を受け入れられたが、支配者層のように継承したり守ったりする「私権」が殆どなかった。農業継承するのに守るべきは、集団で対処するシステム、つまり惣村と言う共同体の文化そのものである。農地を持っているだけでは機能しないので私有権はなく共有農業となってゆく。乱世には自力で防衛し、支配者からの過大な納税には一揆で対抗するまでになった。
 

商業
 商業の発達につれて職人の種類も多くなった。手工業としては農具の需要が増えたことで賃仕事のみで生計を立てる職人も現れるようになり、番匠(大工)や鍛冶(かじ)、鋳物師(いもじ)、染め物業である紺屋(こうや)などの新しい職業が形成されていった。材木を切り出す人を山人、薪をとることを職業とする人をきこりといった。また草かりもいて、牛馬の餌や草肥の材料に草を刈った。そのほか炭焼きやいかだ師、船を造る船大工もいました。

 山人に対して漁業をしている人を浦人といい。海で働く者には、そのほか海女や塩をつくる塩くみ男・塩かき男がいた。金や銀を掘り出すもの、薄打ちといって金などな叩いて薄くする者もいた。日用品としてはおけ屋・傘屋・扇屋などがいた。武士の世の中に相応しく、刀鍛冶・弓つくり・矢細工・鎧つくり・革屋などの職人はかなり忙しかった。

 革屋の家の天井や壁には、いろいろな革製品や材料の毛皮などが吊るしてあり、鍛冶屋は主に農具や日用の道具をつくっていた。仏教関係でもいろいろな職人がいて、仏像をつくる人を仏師、数珠をこしらえる人を念珠挽とい、経師はお経を折本や巻物などに貼る仕事をしていた。仏教関係の職人はみな僧に似た姿で仕事をしていた。
 大工、左官などの職人もあり大工のことを番匠といい、左官を壁塗りといった。番匠たちは手斧・さしがね・すみなわなどを使って仕事をし、番匠のほかに家具をつくる職人もいた。彼らは畳をつくり、すだれを編んだりしていた。そのほか陶器をつくる人、まき絵をつくる人、刀を研ぐ研ぎ屋、獲った魚を料理する料理人などの職人がそれぞれの業に励んでいた。

 鎌倉時代には物資や人が集中する荘園・公領の中心地・交通の要地、あるいは寺社の門前地で定期市が開かれるようになった。商人と言っても店を持っていた人はごくわずかで、多くは露天業で荷物を背負って売り歩いていた。

 問丸は現代で言う運送業者である。諸国から集められた物産は大きな港や大きな街道が交わる所などに集中し、問丸はそれらの物産を保管したり、次の問丸に運んだり、町の商人に届けたりしていた。

 平安時代には問とか問所と呼ばれ、鎌倉時代から室町時代にかけては問丸と呼ばれ、江戸時代になると問屋(といや)といった。

 

 多くは月に三度か五度くらい、日を決めて市のたつことがあり、三日市とか五日市とか呼ばれた。三度の市では、仏教行事の斎日(さいにち)にちなんで三斎市(さんさいいち)などと呼ばれた。

 領主や地頭は市の商人たちに税をかけ、その代わりに市の商売を保護した。市には行商人もたくさんいて、彼らは各地で市の開かれる日を知っていて、市に集まりまたはその付近を歩いて商売をした。
 名主たちは農作物を市に出すようになり、余ったものばかりでなく、農作物・衣類・農具などを作り金を儲けた。このように市では米や地方の特産物などが売買され、中央から商品を運んでくる行商人(ぎょうしょうにん)も現れるようになり、やがては常設の小売店である見世棚も見られるようになった。また手工業者は製品を売りさばく商人も兼ねるようになり、同業種の商人が集まり、それまで寺社や公家に属しての製造や販売に関する特権が、この頃までには座(ざ)と呼ばれる団体に発展した。
 遠隔地を結ぶ商業取引も盛んとなり、大量輸送を果たすために水運が利用された海上交通が発達した。兵庫や淀といった各地の港や大河川沿いの交通の要地には、年貢の輸送や保管にあたる問丸(といまる)が発達し、陸運につても輸送業者としての馬借が現れた。
 売買としては、従来からの物々交換にかわり輸入された宋銭(そうせん)が使用され、遠隔地間の取引には為替(かわせ)が利用された。貨幣経済の発達によって、荘園の一部では年貢の支払いも銭納で行われるようになった。また一方で、銭を貸して高い利息を取る金融業者の借上(かしあげ)や、質屋の土倉(どそう)といった商売も現れた。
 借上や土倉は、分割相続による所領の細分化によって生活に苦しむようになった御家人に融資して、支払いが滞ると御家人の権利を取得して荘園の管理権を得る者まで現れるなど、経済の発達、鎌倉幕府の根本のひとつである御家人の生活にまで大きな影響を及ぼすようになった。

庶民の生活

 (1)調理・料理
 この鎌倉時代には、現代の焼く・煮る・蒸す・揚げるが全てあった。煮物としてはうどん・汁・そうめん・きしめんなどがあり。焼き物としては、焼餅・焼き魚・焼き鹿肉などである。蒸し物としてはまんじゅうなど。油での揚げ物としては小麦粉を練って油で揚げていた。
 調理器具としては包丁・まないた・まな箸・ざる・ひしゃく・甑(こしき=米を蒸す土器)・鉄瓶・五徳(ごとく=鍋を火にかける時の台)などがすでに使われていた。
 大きな屋敷には厨(くりや)という調理専門の建物があり、そこで煮炊きをしていた。しかしおかず類は台所で座って調理をしたようです。庶民はかまどで煮炊きをし、狭い板敷きの場所で調理するか、晴れた日には外で調理をした。味付けには、ひしお(=現代の醤油に近いもの)や魚醤(ぎょしょう=魚から作った醤油=やや匂いがきつい)・じんた味噌(大豆や麹に米ぬかを混ぜて作った)・塩・甘葛(あまづら=蔦から採取した甘味料)・山椒。ゆずなどが使われた。
(2)灯り
「ひょうそく」と言われた素焼きの皿に油を注いで灯心に火をつけたもので、4ワット位の明るさしかありませんので、文字を読むような時には幾つかを点ける必要があった。従ってこの時代の人は、陽が沈んだら寝る。陽が昇ったら起きるが基本であった。
(3)お風呂
 この時代の人はお風呂が好きではなかった。現代の温泉巡りなどは全くなく、たまに風呂に入るのは「蒸し風呂」が主流であった。浴衣(ゆかた)は、この時代頃から蒸し風呂に入る時に着たもので、蒸気で汗を出して垢や汚れを流した。従って朝廷や公家、武士の家の上級女性など、十二単などで飾っている女性などでは皮膚病が多かった。また大きな桶に湯を入れて入ることもあったが、そういう時には、上流階級では「黒もじ」という木の葉っぱを入れて入った。「黒もじ」とは、主に現代ではつま楊枝(つまようじ)に加工された木の皮が付いた「高級つま楊枝」です。「黒もじ」には殺菌効果があり良い香りがした。黒もじを入れたお風呂を「薬湯(やくとう)」と呼び、貴族は1週間に1度入りましたが、庶民はただの湯に入るだけであった。貧しい人々のためにお寺が「薬湯」をたてて開放したりしましたので庶民も「薬湯」に入ることができた。
(4)お墓がない
 江戸時代になるまでは、庶民には「お墓」がなかった。死んだ人は穴に埋められて「石ころ」などを置かれる程度で、土地に余裕のない都市部では河原に捨てたり集団で穴に埋められた。鎌倉時代も後期になると「道に捨てられている死体は、穴を掘って埋めるべし」との「令」まで発布された。死人が道端や草むら、河原にゴロゴロしているのが「当たり前」だった。墓を造ると言うことは、穴を掘ったり、墓石を置いたりしますが、大変な「お金」がかかったので、ある一定以上の人でないと「お墓」は造れ中った。「葬儀」の仕来りができたのは、戦国時代にキリスト教が入って来て、キリスト教徒が「結婚式」や「葬儀」をするのを「真似た」のが始まりとされている。

 

武士の生活(鎌倉)

 鎌倉は頼朝が住むようになってから次第に賑わってきた。町の中心は鶴岡八幡宮に通ずる若宮大路で幕府の建物はその近くにあった。幕府の屋敷の周りには、畠山氏・和田氏・三浦氏・北条氏などの幕府の主だった家来の館が立ち並んでいた。
 武士の家は、たいてい東御門・西御門・雪の下・小町・大町・二階堂・浄明寺などの山の手にあり、これに対して材木座・由比ガ浜・坂ノ下などが下町であった。当時の鎌倉の様子は、京都から鎌倉へ来た人が書いた「海道記」に詳しく載っている。
  商業が盛んになり、ほうぼうに商店が立ち並んでいた。幕府は1251年に、大町・小町・米町・和加江・大倉辻・気和飛坂・亀が谷辻の七か所に店を開かせ、他では店を開かさなように決めた。由比が浜には数百そうの船が、いつも入っていて、たいへん賑わっていた。武士の館や商人の家など、多くの家が軒を並べていたので鎌倉には火事が多かった。
 鎌倉には鶴岡八幡宮のほか、多くの神社や寺が建てられ、また幕府は鎌倉の町を治めてくために「保」(町な四つ区わけ) に奉行人をおいた。奉行人は泥棒を捉えたり、相手から無理に安く値切って買いとる押買いを取り締まった。また酒の売買を禁じたり、博打や人身売買を取り締まったりした。その他、保の人々には橋や・道路を直し掃除する義務があった。
 鎌倉時代の代表的な都市は、鎌倉と京都であったが、この間の行き来が盛んになり街道すじは賑やかになった。市も次第に盛んになり、付近の農民や行商人らが、たくさん市に集まってきた。

 

武士の生活

 武士と言っても馬に乗れる武士は領地を持ち、農民たちを支配していたが、馬に乗れない武士はかき集めの集団で普段は農業をしていた。この時代に武士と言われる人たちの大部分は農村の地主(豪族)であった。もちろん彼らは幕府の御家人なので、鎌倉の幕府へ出かけたり幕府の指図するところへ出かけたりしますが、彼らの根拠地は農村だった。
 鎌倉武士たちが、武芸の道に励むことが出来たのは都から遠く離れて田舎に住んでいたからだとも言えますね。
 武士たちは農村で生活し、農村を治めまさかのときに役立つ武芸を練習していました。馬に乗ったり、狩りをしたり、刀や弓矢の使い方を練習して武芸の道に励んでいた。武士たちが持つ、農村の領地は大切な暮らしの土台で、彼らは治めている土地の名前を自分たちの名字にするようになった。
 守護や地頭の武士たちと領地内の農民とは、たいへん深く結ばれていた。武士の屋敷は農村の中で村全体を見渡せる高台、あるいは交通の便利な平地などにあった。広い屋敷の周りには、深い掘りや垣根が巡らしてあり、これを堀の内とか垣の内と呼びました。武士の家は、普通の農民の家とは違っていて、その造りは武家造りと言った。家来のいる部屋・倉庫・馬小屋などに取り巻かれた屋敷のほぼ中央に主人の住む母屋がある。屋根は板ぶきか茅ぶきで、床は板じきが多く、畳のあるところはわずかな部分だった。夜になると、庭では家来たちが夜通し警戒にあたり、当番でない者も枕元に武器を置いて、いざというときには飛び出せるようにしていた。広い屋敷の周りには、田畑があり、屋敷内に住む家来たちが、耕作していました。武士たちは、自分の領地を守り、それを広げていかなければなりません。そのために、常日頃から武芸を磨き、周りの敵と戦う用意を怠たらなかった。
 武芸の道は武士にとって欠くことのできないもので、農村の人々が暮らしを立てていくために獣を獲ったり田を耕した。武士は狩で武芸を磨き、農業はこれを生活の足しにしていた。
 吉見二郎という武士がいましたが、彼は詩歌を作ったり、音楽を好んだりして武勇を軽く考えたばかりに上京の途中遠江国(静岡県の一部)で山賊に殺されてしまった。弟の男衾三郎(おぶすまさぶろう)は「武勇の家に生まれたからには、武芸の道に励むべきだ。歌を作り、琴を弾き、笛を吹いたところで、なんの役にも立たない。自分の家の者は女や子どもに至るまで、荒馬を乗りこなし弓矢を弾く練習を怠るな」と、日頃から武芸に励んだので、山賊は男衾三郎を避けて通したと言われている。
 このように武芸は非常に重んじられやぶさめ・かさがけ・犬追物や、狩りなどが行われた。かさがけは走る馬上から、かきの形をした的を射るもの、やぶさめもまた走る馬上から板の的を射るものであった。犬追物は馬に乗って、走る犬を射るもので、狩りはの武士の間にしばしば行われた。頼朝が那須野(栃木県)や富士の裾野で行った巻狩りは有名ですが、これも武士たちの武芸を磨くために幕府が中心として行われた。

武器

 鎌倉時代の武器はいたって簡単で太刀(たち)・鎧通(よろいどおし)・長刀(なぎなた)・弓などである。太刀は馬に乗って戦う身分の高い武士が持つ刀、鎧通は相手を組み伏せてから、鎧の弱い部分や鎧でおおわれていない部分をさして相手を殺す。小刀、長刀は長い棒の先に付けた幅広の刀で、おもに一般の兵が使っていた。弓はこの時代最も威力を発揮した武器で、「弓馬の道」と言われるほど弓と馬の訓練は武士にとって最も大切なものであった。

戦いの規則

 武士の規則として「戦い」の規則がある。まず「名乗る」、次に互いに弓矢を打ち合う。そして敵陣につっこむが戦いはあくまでも「一対一」主人が戦っているとき,家来は周りで見ている。(応援する)
 勝ったら相手の首を切り落として、大将にそれを見せて恩賞をもらう。(敵の身分が高ければ高いほど良い恩賞がもらえた)