真珠湾攻撃

真珠湾攻撃
 昭和16年12月8日、山本五十六司令長官率いる日本海軍連合艦隊は、ハワイ真珠湾に停泊していたアメリカ太平洋艦隊を攻撃した。こうして日米両国がついに戦争を始めたが、日本軍による真珠湾攻撃を「卑怯な奇襲」とフランクリン=ルーズベルト大統領が主張したことによって、アメリカの世論は一気に戦争賛美となり、日本を叩き潰すことが正義とまで考えられるようになってしまった。
 しかし我が国は真珠湾をまるで騙し討ちのように奇襲する意図は全くなかった。政府も連合艦隊も開戦の通告を行ってから真珠湾攻撃を開始するつもりで周到な準備を重ね、開戦の30分前にはアメリカのハル国務長官に対して国交断絶の通告を渡す予定であった。
 それなのにワシントンの日本大使館の大失態でアメリカへの伝達が遅れたため、アメリカ国民に「日本軍が奇襲攻撃を仕掛けた」と誤解されてしまったのである。
開戦前日の午前中に、外務省は野村吉三郎駐米大使に向けて「これから重大な外交文書を送るから準備しておくように」という予告電報を送った。当時は開戦前夜の雰囲気がいやがうえにも高まっていたので、万全の態勢を整えて電報の到達を待つのが常識のはずだった。
 ところが日本大使館の職員が同僚の送別会を行うために総出で引き上げてしまい、国交断絶の通告たる「対米覚書」の解読が遅れてしまったのである。対米覚書は現地時間の12月7日午後1時にアメリカに手渡さなければならなかったが、解読に手間取った大使館側はアメリカに対して独断で「約束の時間をもう1時間延ばしてほしい」と頼み込んでしまった。
 大使館の身勝手な都合が遥か遠くで攻撃の準備を進めていた連合艦隊に即座に伝わるはずがありません。結局、大使館側が対米覚書をハル国務長官に届けたのは同日の午後2時20分で、真珠湾攻撃が終わってから約1時間も経ってからのことであった。
 このようにして日本大使館員の常識外れの怠慢によって、真珠湾攻撃は我が国による「奇襲」とみなされ、ルーズベルト大統領が「奇襲攻撃後に断交通知を持ってきた日本ほど卑劣で悪辣な国はない」と喧伝するなど、日本側の大失態を最大限に利用する流れをつくってしまった。
 大使館員の怠慢によって我が国が奇襲で真珠湾攻撃を行ったと「誤解」されたこと自体は、戦後に開かれた極東国際軍事裁判(東京裁判)において「日本が真珠湾攻撃を事前に通告する意思があった」と認められたが、こうした「日本に有利な事実」は我が国や世界の常識となる機会に恵まれず、ルーズベルト大統領が喧伝した「リメンバー・パールハーバー」の精神は、今もなおアメリカの間で広がりを見せている。

 これだけの弁解の余地もない大失態をやらかした大使館員たちですが、彼らは自らの怠慢を「タイピングに手間取って遅れた」と言い訳してごまかしたのみならず、その後も口を堅く閉ざして一切の責任を取ることなく戦後に出世を重ね、中には昭和天皇の側近として仕えた者までいる。
 国交断絶の通告を手渡すとことは、それこそ国家の命運がかかった重要な手続きである。解読が遅れそうであれば清書せずに手渡したり、最悪の場合は要旨を口頭で伝えて文書を後回しにしたりするなど、いくらでもやり方があったはずである。
 重要な局面で信じられないような失態を重ね続けた当時の大使館員の責任問題ですが、我が国の国益や誇りを断固として守るとするならば、このまま風化させてしまうことが果たして許されてよいものだろうか。
 さて昭和16年12月8日に我が国がハワイの真珠湾を攻撃したことによって、日米はついに開戦を迎えることになった。その際、日本軍による「騙し討ち」とみなされたことでルーズベルト大統領は「リメンバー・パールハーバー」と唱えてそれまで反戦気分の強かったアメリカ国民の日本に対する敵愾心を一気に高め、国家を挙げて対日参戦のムードをつくり上げることに成功した。
 ところが我が国が真珠湾攻撃を行うことをルーズベルト大統領をはじめとするアメリカ政府首脳が事前にすべて察知しており、我が国が「先制攻撃」を仕掛けてくるのを待ち構えていたという説がある。アメリカ側は日本の秘密文書の暗号をことごとく解読しており、怠慢の日本大使館が慌てて準備していた国交断絶の通告たる「対米覚書」も解読のうえ、ルーズベルト大統領に事前に手渡されていたのである。もしルーズベルト大統領が真珠湾攻撃を事前に察知していたのであれば、かけがえのない自国民や兵隊らを守るために最大限の努力をするのが当然のはずですが、彼がとった行動は疑問符が付くようなことばかりだった。
 真珠湾攻撃の以前、真珠湾を母港とする2隻の空母が本国の命令で新鋭艦を伴って出港していた。この結果、真珠湾に残った軍艦はそのほとんどが第一次世界大戦以来の旧型艦しかなく、しかも空母が存在しないという状態となっていたす。
 またアメリカは暗号の解読によって我が国の開戦決定と真珠湾攻撃の予定日を事前に知りながら、極めて重要なはずのその情報をハワイに知らせるのを何故か遅らせたため、現地の太平洋艦隊司令官が実際に情報を受け取ったのは、真珠湾攻撃が終わってから6時間以上も経ってからだった。
 真珠湾が攻撃された昭和16年12月7日(現地時間)は日曜日だったため、何も知らされていない現地の司令官は当日にゴルフを楽しむ予定だった。この事実は何を意味しているのだろうか。
 真珠湾攻撃が行われた前後に、アメリカの最高責任者であるフランクリン=ルーズベルト大統領は何をしていたのか。暗号の解読によって事前に攻撃されるのが分かっている以上、ルーズベルト大統領をはじめ政府首脳は日本軍による攻撃の回避や、アメリカからの先制攻撃の可能性を探るなど、それこそホワイトハウスに缶詰状態となって最大限の努力を重ねるのが当然のはずである。しかし実際の彼が攻撃前夜に取った行動は、ホワイトハウスに家族を招いての食事会であった。その際、ルーズベルト大統領は「戦争は明日始まる」と家族に満足そうに言ったとされてる。なぜ嬉しそうだったのか、それは彼にとって悲願であった「日本を挑発し続けることで先制攻撃させて、その結果アメリカが第二次世界大戦に堂々と参戦できる」という目標が達成されようとしていたからである。その悲願は大西洋を越えたイギリスの首相であるチャーチルにとっても同じであった。
 当時のイギリスは、勢いに乗るドイツの攻撃によって、本土を空爆されるなど追いつめられていた。この事態を打開するには、ヨーロッパ戦線にアメリカを参戦させる以外にないとチャーチル首相は覚悟を決め、ルーズベルト大統領と連携して日本にアメリカを先制攻撃させるよう仕向けてきたのである。
そして我が国が真珠湾攻撃を行うと、チャーチルは「これで戦争に勝った」と心から喜ぶとともに「アメリカが長い間の苦しみから解放された」と後に書かれた自著の中で述べている。
 ルーズベルト大統領は、アメリカをヨーロッパ戦線に参加させるために日本をギリギリの状態にまで追い込み、先制攻撃させるよう罠を仕掛けたが、それは同時に真珠湾攻撃によって戦死した、ハワイの太平洋艦隊の兵士たち数千人を「生贄」にしたことも意味していた。ルーズベルト大統領の政敵で、当時は野党だった共和党のリーダーを務めたハミルトン=フィッシュは、後に出版した回顧録の中で「私たちはルーズベルトが欺いて戦争に導いたなどとは疑いもしなかった」と述べている。
 先制攻撃させるよう我が国を過剰に追いつめただけでなく、真珠湾攻撃の際に自国の兵士数千人を「見殺し」にしたルーズベルト大統領の当時の行動に対して、私たち日本人の多くが卑劣であると強く感じるのは無理もない。しかし大統領の行動を卑劣と感じるということは、裏を返せば我々が第二次世界大戦当時から「全く成長していない」ことを示しているとも言える。ルーズベルト大統領がアメリカの大統領である以上、彼がアメリカの国益を第一に考え、日本がその障害になるのであれば取り除こうとするのはむしろ当然だからである。アメリカ側から見れば、彼の一連の行動は当時のアメリカは少しも悪くありません。では当時の世界において「アメリカにとっての最大限の国益」とは何だったのか。
 昭和8年にアメリカ大統領に就任したルーズベルトは、世界恐慌がもたらした不況にあえぐアメリカ経済を立て直すためにニューディール政策を始めましたが次第に行きづまり、失業者が増加するなど経済的に疲弊していた。
 こうした事態を打開するためには、イギリスの要請を受けて第二次世界大戦に参戦し、戦争がもたらす様々な特需によって経済を発展させるしかないとルーズベルトは考えたが、当時のアメリカは伝統的に孤立主義で、他国の戦争に介入することを嫌っていた。
 反戦ムードに満ちた国内の雰囲気を察したルーズベルトは、自らの本音を封印して「攻撃を受けた場合を除いて絶対に戦争はしない」と公約し、昭和15年に三選を果たすと、イギリスなどと連携して日本を挑発し、先制攻撃をさせることでアメリカがヨーロッパ戦線に参戦できるように仕向けました。
 ありとあらゆる工作や謀略を行ったルーズベルトは、最終的にハル・ノートを突き付け日本に真珠湾攻撃をさせるとともに、現地の司令官だけに情報を流さなかったりしたしてわざと日本を勝たせ、空母や最新鋭の軍艦を事前に真珠湾から脱出させて実際の被害を最小限に食い止めました。
 こうしてアメリカの第二次世界大戦への参戦の大義名分をつくり出したルーズベルトは、日本大使館の怠慢で国交断絶の通告が遅れたことも最大限に活用して「リメンバー・パールハーバー」のプロパガンダを完成させ、彼の予想どおりに戦争特需が起きてアメリカ経済は劇的な回復を遂げたのである。
 これらの歴史の流れを鑑みれば、ルーズベルト大統領が手段を選ばずにアメリカの国益だけを追求したからこそ経済復興を成し遂げることができ、その意味においてルーズベルトは「アメリカの最高責任者」としての役割を果たしたと言える。
 ただし、アメリカのもう一つの悲願であった「東アジアにアメリカの権益を構築する」ことは、ルーズベルトが昭和20年に急死した後を継いだトルーマン大統領も果たすことができず、それどころかソ連や中華人民共和国といった共産主義国家を戦後に急成長させるとになった。
 これはルーズベルトの周囲にソ連のスパイが多数存在していたことが原因とされていますが、それ以外にも日本との戦争が長期間にわたり、約10万人という予想外の多数の戦死者を出したことが、戦後のルーズベルトの評価を下げることにつながったのである。
 ルーズベルト大統領に関する様々な評価を見れば、国益を追求し続けることの難しさや、謀略を仕掛けた一方で自分自身が謀略に引っかかっていたことなど、人間の生き様の複雑さや困難さを思い知らさる。
さ ここまでフランクリン=ルーズベルト大統領のアメリカに対する功績などを振り返りましたが、その一方で当時の我が国にルーズベルトの工作や謀略などに太刀打ちできるだけの人材が存在しなかったことが、当初は望んでもいなかった日米開戦を行わざるを得なかったという歴史の流れにつながったともいえる。
 私たち日本国民がルーズベルトの一連の手法を「卑劣」と断じることは無理もないが、それならそれで当時の日本政府の首脳がなぜルーズベルトに勝てなかったのかということを「反省」する必要も同時にあるのではないか。戦いに敗れた相手を罵るだけでは、私たちは永遠にその相手には勝てない。もし将来にリベンジの機会があった場合、絶対に負けないようにするには私たちに何が足りないのか。あるいはどの部分を「改良」すれば勝てるのか。
 二度と負けられない「次」のためにあらん限りの対策を考え、それを実行することこそが、我が国の輝かしい未来を信じて潔く散っていった無数の戦死者や犠牲者、すなわち「英霊」の皆様に報いる道ではないだろうか。