平重盛

  平重盛は平清盛の嫡男で平家の棟梁でもあった。平重盛は文武両道に優秀れ武士・貴族両方から信頼され、まさに平清盛の後継者に相応しい人物だった。しかし人格者でもあった平重盛の生涯の後半はかなり悲惨だった。晩年の平重盛は、「早く死んでしまいたい」と嘆くほど精神的に追い詰められていた。優秀で人望もあった平重盛がここまで苦しむ事になったのかを紹介したいと思う。

平重盛の青年期
 平重盛は1138年に生まれ、母の名は不明である。平重盛ほどの人物の母の名がわからないというのは、母の身分が低かったということで、当時、父の平清盛はまだ高い身分ではなかったので、その母の身分が低いというのも不思議なことではない。しかしこの母の身分の低さが後に平重盛を苦しめることになる。何はともあれ平重盛は順風満帆で、文武両道で責任感の強い立派な青年へ成長してゆく。
平重盛の武勇伝、保元の乱と平治の乱
好青年の平重盛は保元の乱・平治の乱で大活躍した武勇伝が残されている。
保元の乱とは後白河天皇VS崇徳上皇の争いで、人間関係が複雑でいるが、
平治の乱の3年前に起こった保元の乱にも複雑な対立関係があった。
 平重盛は保元の乱で、当時随一の荒くれ者で強者と呼ばれていた源為朝(ためとも)と対峙する。この源為朝は巨大な弓を使いこなし、次々と敵兵を射抜いていった。その弓矢の威力は凄まじく、鎧と体を貫通し後ろの人間にまで矢が飛んでくるものであった。
 平家の兵たちは怪物級の強さを誇る源為朝を突破することができず、次々と犠牲者がでる中、平清盛は「こんな武将を相手にするのは得策ではない。源為朝を迂回して攻め立てよ」と冷静な判断を下し、多くの兵たちはこの清盛の命令に安堵した。ところが1人だけこの清盛の判断に意を唱えるものがいました。その人物こそが平重盛です。平重盛は、破格の強さを誇る源為朝に堂々と戦おうと勇み足で兵を進めようとします。しかし、この時は父の清盛に制止され、結局、平重盛が源為朝と戦うことはありませんでした。
当時、平重盛はまだ18歳程度。チート級の敵であっても果敢に立ち向かう若き平重盛の姿はまさに清盛の嫡男に相応しい将来の平家を担うべき男の姿であった。
 さらに保元の乱の三年後に起きた平治の乱では、重盛は源義平という関東きっての強者と対峙する。源義平は悪源太義平という異名を持っていたほどであった。当時、「悪」という文字は「異様に強すぎる」という意味だったので源義平は相当の手練れだった。
源義平は清盛の嫡男である平重盛を見て、一騎打ちを申し込み、両者は橘の木と桜の木の間で激戦を繰り広げた。この場面は平家物語の平治の乱では一番熱い場面になっている。形勢的には平重盛不利であり、最終的には平重盛は撤退してしまう。ただこれは敵をおびき寄せるための計画的撤退で、強者の源義平と互角にやりあった。これは平重盛は味方の士気を上げ、自ら源義平と一騎打ちをするなど獅子奮迅の大活躍を見せ、その戦局に大きな影響を与えました。平重盛の勇敢さを伝える有名な逸話となっている。
そのような功績を認められ、平重盛は着実に出世の道を歩み始めました。
平重盛と藤原成親 
青年期の平重盛は何かと血気盛んなエピソードが多いですが、同時に貴族との結びつきも強めてゆく。
平重盛が結びつきを強めた貴族が、後白河上皇の院近臣だった藤原成親(なりちか)という人物。平重盛は、藤原成親の娘の藤原経子を正室としたのです。
藤原成親という人物は非常に世渡りが巧みな男であり、おそらくは平重盛と藤原経子の婚姻には、成親の「今はまだ未熟だが、平家は今後大繁栄をするかもしれない。ここで関係を深めておくのも悪くはないだろう」的な思惑もあったのだと思います。
現に平治の乱では藤原成親は平家と敵対することとなりますが、娘が清盛の嫡男である平重盛の正室である関係から、藤原成親は処罰を免れています。この時の藤原成親は「後白河法皇側が勝てばそれでOK。逆に平家側が買っても平重盛がいるからOK。どっちが勝っても私の地位は安泰安泰www」と思っていたフシもあります。
こうして藤原成親は平重盛を通じて平家の力を利用しますが、平家側も貴族である藤原成親を利用します。平清盛は、血筋を重んじる朝廷において「武士の朝廷進出」を目指していましたが、藤原成親は朝廷のしきたりに疎い平家と貴族を結ぶ重要な人物だったのです。
平重盛は、平家が朝廷へ本格的に進出するための架け橋とも言えるかもしれません。また、藤原成親が後白河上皇の院近臣だった関係から、平重盛は後白河上皇とも良好な関係を築き上げることになります。

平重盛の憂鬱
 保元の乱・平治の乱で活躍し、貴族と平家の架け橋ともなっていた平重盛は、次期平家の棟梁としての道を順調に歩み続ける。そのような平重盛は1つ重大な問題を抱えていた。それは平清盛が平時子(ときこ)という人物と再婚し、その再婚相手との間に息子が生まれたことだった。
 平清盛には子がたくさんいて、長男は平重盛、次男は平の基盛、そして三男は平宗盛のじゅんであった。重盛、基盛は前妻の子。宗盛以降は、後妻の平時子との子どもになる。
 この息子たちが成長するにつれ、前妻の子・後妻の子の問題が浮上したのである。平家一門の中で「平重盛は長男だが、次期平家の棟梁に相応しいのは後妻の長男である平宗盛」という風潮が少しずつ醸成されてゆく。
 前妻の身分が低かったこともこの風潮を助長し、前妻とは言え身分の高い女性であったなら、平重盛もこのようなことにならなくて済んだ。当時は母の身分がとても重要だった。
 しかし清盛が平重盛を頼りにしていて次期棟梁に決めていたため、表面的には大きな確執も生まれず、平和の月日が流れていった。しかし同じく前妻の子だった次男の基盛が若くして亡くなったこともあり次第に平重盛は平家一門の中で孤立するようになってしまう。

平重盛と平清盛
 平重盛と平清盛との関係も実に難しいものだった。1168年に平清盛が隠居して以来、平家の棟梁は平重盛が受け継ぐことになったが、平重盛は平清盛のように政治の実権を握ることはなかった。
 何かをするといつも隠居している平清盛が口出ししてくるからで、平重盛自身も平清盛に頼ることが多かった。平重盛は平家の棟梁でありながら、実質的には隠居した平清盛と、後白河上皇を筆頭にした朝廷との調整役に徹するしかなかった。
 大権力者で父である平清盛と、つかみどころがなく意見を変える後白河上皇との間の意見調整は相当に難航を極め、平重盛は相当のストレスを抱え込んでいた。
 前妻・後妻問題により、平重盛は平家一門の中で肩身が狭くなりつつあったが、晩期になると政治的にも2人の権力者の間で板挟みとなり、その肩身は非常に狭いものになってしまう。平重盛は文武両道で正義感も強い優秀な人物なだけに、このような平重盛の境遇は不憫である。

平重盛の苦悩と鹿ケ谷の陰謀
 1177年、平重盛の生涯に大きな影を落とした大事件が起こる。それが鹿ケ谷の陰謀と呼ばれる事件で、これまで利害関係が対立しながらも辛うじて保たれていた後白河上皇と平清盛の関係が瓦解し、「後白河上皇が近臣と共に打倒平家の計画を企てている」との密告を受けた平清盛が、後白河上皇の近臣らをフルボッコにしました。当時の平重盛の心境は非常に複雑である。平重盛は院近臣である藤原成親との関係上、後白河上皇とは主君と忠臣の関係にあった。鹿ケ谷の陰謀によって平清盛と後白河上皇の対立が激化する中、「父のために孝行したい」でも「後白河上皇に忠義も尽くしたい」という相反する感情が平重盛の心を苦しめた。

平重盛の名言
 平清盛は牙をむけた後白河上皇に大激怒。院近臣らを処罰した後、平清盛は後白河上皇を武力を用いて幽閉してしまおうとした。平清盛と後白河上皇の調整役を担ってきた平重盛も、事ここに及びついに平清盛を抑えきれなくなる。精神的に追い詰められた平重盛は、命がけで涙ながらに次のように平清盛に訴えた。 
「忠ならんと欲すれば孝ならず、孝ならんと欲すれば忠ならず」と。これは平重盛の名言として有名で、「後白河上皇に忠義を尽くそうとすれば父清盛への孝行を果たせず、父への孝行を果たそうとすれば、後白河上皇に忠義を尽くすことができなくなる」という意味である。
 その後も平重盛は清盛に必死に訴える。「私の進退はここに極まりました。どうか後白河上皇に剣を向けるならば、私の首をここで刎ねてからにしてください。ここで首を刎ねられれば、私は後白河上皇への忠義も父への孝行も両方とも果たす事ができずに死ぬことができます」
 平清盛は普段は冷静で毅然とした息子が「私を殺してくれ」と涙に訴えながら懇願する様子に父の清盛は相当ショックを受けたのか、後白河上皇と平清盛の対決は辛うじて回避された。

平重盛の死
 後白河上皇と平清盛との直接対決は回避できたが、鹿ケ谷の陰謀事件によって平重盛の凋落は決定的になる。それは鹿ケ谷の陰謀によって後白河上皇の側近だった藤原成親が処罰されたからである。藤原成親は重盛の正室である藤原経子の父であり、平重盛の平清盛への必死の懇願により藤原成親は死刑をまぬがれるが、流罪となり流罪地で謎の死を遂げる。
 平重盛は平清盛の調整役に徹していたとはいえ、平家の棟梁である。棟梁でありながら正室の父を救うことのできなかった平重盛は面目を失い、事実上ほぼ失脚状態となる。そもそも鹿ケ谷の陰謀事件は、平清盛が「もはや後白河上皇に譲歩する必要はない」という意思表示であり、そうなると調整役だった平重盛の存在意義はなくなり、平重盛は政治的地位を失ってしまったのである。
 さらに平重盛自身も鹿ケ谷の陰謀事件により、長年気張っていた心が折れてしまう。気力を失った平重盛は隠居生活を始め、政治の世界からは姿を消すことになった。

治承三年の政変
 1179年、平重盛は病に倒れ42歳で死去した。平清盛と後白河上皇という2大権力者の調整役という超ストレスフルな仕事が寿命を縮めたとも言われている。
平重盛は後白河上皇と平清盛の協力体制を望んでいたが、皮肉にも平重盛の死により両者の関係は完璧に崩壊してしまう。
 鹿ケ谷の陰謀以降、平清盛と後白河上皇の対立が決定的になり、後白河上皇は平重盛が死去すると平重盛の所領を全て没収した。これは、平家の力を抑えるための露骨な嫌がらせだった。
 これに平清盛はまたまた大激怒し「鹿ケ谷の陰謀の際は、息子の重盛の必死のお願いで大目に見てやった。それが亡き重盛の所領を奪うとは息子を愚弄するの許せんと、後白河上皇を幽閉したのである。
 平重盛はすでに亡くなっており、もはや平清盛の暴走を抑えることのできる人間はいない。清盛にはたくさんの息子がいたが、清盛に直に物申せる人物は平重盛だけだった。
 暴走した平清盛は遂に後白河上皇に対してクーデターを起こし、後白河上皇を幽閉し、政治の実権を奪ってしまう。これが「治承三年の政変」と呼ばれる事件である。

平重盛まとめ
 平重盛は貴族からも武士からも慕われる非常に優秀な人物だったが、晩年は不遇で、その最期なものであった。
 1197年の平重盛の死は、平家のその後にも大きな影響を与えた。暴走気味の平清盛を止める人物が世の中からいなくなったのである。平重盛死後の清盛は、治承三年の政変や福原遷都など暴挙を繰り返すし、重税で苦しむ人々は平家への反感を強めこれが源平合戦へと繋がるが、平重盛が棟梁として活躍していればこのようなことは起きなかっただろう。
 また平重盛死後、平家の棟梁となるべき器の人間は平家には存在しなかった。平重盛失脚後、平時子の子である平宗盛が棟梁となるが、リーダーシップや責任感は平重盛とは比べものにならず、1181年の清盛死後、頼れる存在を失った平家は凋落の道を歩み始めることになる。
 平重盛の生涯は平清盛と後白河上皇の2大権力者に振り回され、精神をすり減らし続けた大変不遇な生涯であった。これだけならまだしも、平重盛自身、頭も良く、武勇にも長け、貴族・武士両方からの信頼も厚い、正義感が強く責任感もある平家の棟梁として完璧すぎる人物だったことが、平重盛の生涯をより一層悲劇的なものとしてしている。平家物語は平家の盛者必衰を説いた
が、その平家が衰え始めた重要なことが平重盛の死だったとう。