上杉謙信

 上杉謙信は戦国時代の越後(新潟)の武将で、仏道に帰依し信義に厚い家風をつくった。上杉謙信は義を重んじる武将として有名で、自分を七福神の一人「毘沙門天の化身」と信じ、戦の前には必ず毘沙門天に祈ってから出陣した。また「越後の龍」などの異名を持ち、軍旗には「毘」のほかに「龍」の印を入れている。大義名分と権威を重視した数々の逸話を残し、戦国時代の最強の武将として名高い。

 戦国時代は強い者が弱者の領地を奪うことは当然のことであるが、上杉謙信は領地を奪われた豪族たちを助けろことを義とした。上杉謙信は奪った者への戦いを「正義」として、不正義や裏切りがはびこる戦国の世に怒りを覚えていた。

 上杉謙信は越後国から西進して、越中国・能登国・加賀国へ勢力を拡大して、甲斐の武田信玄とともに同時代の武名を二分した。また上杉謙信は内乱続きであった越後国を統一すると、戦いや政治だけではなく産業を振興して国を繁栄させた。

 上杉謙信は二度上洛しているが、謙信には天下を統一をしようとする気はなかった。また関白・豊臣秀吉を越後に招いているが、これは将軍家や朝廷を重視したからである。上杉謙信は「義」を重んじ、戦乱の世にあっても侵略のための戦いは行わず、他国から救援の要請があれば出兵した。つまり合戦の目的は私利私欲ではなく、道理をもって誰にでも力を貸すことだった。

 村上義清や上杉憲政の求めに応じて武田信玄と戦った事から、「義」を重視していたことが分かる。上杉謙信には領土拡大や天下を狙う気などなく、また生涯妻を持たず、敵から賞賛され、自らを仏法の守護神 「毘沙門天」 と称し武士と言うより僧侶に近かった。

 

幼年時代

 元々上杉家は室町時代の名家であったが、上杉家はかなり複雑で紛らわしい家柄である。上杉謙信は元々は 「長尾家」 という家柄で、この長尾家は上杉家を補佐する家柄であったが、本流の上杉家が戦国時代に没落したため、上杉謙信の長尾家 がその上杉家を継ぐ事になる。さらに複雑なのはこの時代の越後(新潟)には「上杉家」「長尾家」という勢力が多数あるためである。

 正確ではないが、上杉謙信を上杉家の元祖と捉えた方が分かりやすい。上杉謙信は元は「長尾景虎」という名前であった。つまり上杉謙信=長尾景虎である。

 1530年1月21日、長尾景虎は越後の守護代・長尾為景の四男として、越後の春日山城(上越市)で生まれた。母は栖吉城主・長尾房景の娘・虎御前(青岩院)で、謙信の幼名は虎千代である。

 1536年、虎千代は父に疎んじられ、虎千代は7歳で春日山城下の林泉寺に預けらた。そこで名僧・天室光育禅師から厳しい禅の修業と教養・兵学を学び、深い知識や厚い信仰心を得ている。しかし虎千代は武勇の遊戯を嗜み一間四方の城郭模型で遊んでいた。14歳まで林泉寺で過ごすが、虎千代は嫡男ではなかったので長尾家を継ぐ立場にはなく、そのまま僧侶になるはずだった。

 当時の越後国は内乱が激しく、下剋上の時代の中で父・為景は戦いを繰り返していた。父・為景は越後守護・上杉房能を自害に追い込み、次いで関東管領・上杉顕定を長森原の戦いで討ち取ルト、次の守護・上杉定実を傀儡化して勢威を振るったが越後を平定するには至らなかった。虎千代の誕生直後には上条城主・上杉定憲が旧上杉家勢力を糾合して長尾為景に反旗を翻した。この兵乱に阿賀野川以北に割拠する揚北衆らだけでなく、同族の長尾一族である上田長尾家当主・長尾房長までもが呼応した。虎千代が林泉寺に預けられた同年に父・為景が病没したため、兄・晴景が長尾家を継いだ。

 越後の長尾家は、府内に居住した三条(府内)長尾家、古志郡を根拠地とする古志長尾家、魚沼郡上田庄を地盤とする上田長尾家の三家に分かれて守護代の地位を争っていた。しかしやがて三条・長尾家が守護代職を独占するようになる。

 上田・長尾房長はそれに不満を抱いて上杉定憲に味方した。父の長尾為景は三分一原の戦いで勝利するが、上田・長尾家との抗争は以後も続き、次代の上田長尾家の当主・長尾政景の謀反や御館の乱へと発展する。

 このように当時の越後では内乱が頻発し、越後の内乱を兄・長尾晴景は鎮圧することが出来ず、配下に謀反(反乱)を起こされたため、1543年、景虎(謙信)は寺から俗世に戻され城へ引っ張り出された。

 敵対勢力が春日山城に迫ったため、虎千代は甲冑を着け、剣を持って亡父の柩を護送した。謙信は14歳のとき初陣を踏み、15歳で元服して長尾景虎と名乗った。兄・晴景には越後国をまとめる才覚はなく、その後も長尾景虎は反乱を鎮圧する戦いで大きな活躍を見せたため、兄は隠居して19歳の景虎が代わりに当主になり「長尾家」の家督を相続する事になる。

 


越後統一

 越後の政権は不安定で、15歳の長尾景虎は若輩と侮られ、近辺の豪族が栃尾城に攻め寄せると敵の背後を突いて初陣を飾った。1545年10月、黒滝城主の黒田秀忠が謀反を起こし、黒田秀忠は春日山城まで攻め入るが、長尾景虎は総大将として軍を指揮し、黒田秀忠を降伏させるが、翌年再び謀反を起こしたため滅ぼしている。

 景虎は初陣で大活躍、その後も反乱を鎮圧する戦いで大きな活躍を見せたため、兄は隠居して景虎が代わりに当主になり、守護代「長尾家」の家督を相続し、春日山城主となった。1551年には長尾景虎が家督を継いだことに不満を持つ長尾政景が反乱を起こしたが、兄に代わって総大将として指揮しこれを降伏させている。翌年、再び謀反を起こした際には滅ぼしている。

 同年、関東管領の上杉憲政が北条氏康に敗れ長尾景虎を頼って越後に逃れてきたため上杉憲政を匿った。また同じ頃、信濃まで進出した武田信玄に追われた村上義清などの要請で、第1回の川中島の合戦を行なっている。この後、武田信玄と上杉謙信は何度も川中島で戦をするが、結局両者の間で決着が着く事はなかった。

 翌年、武田氏・今川氏・北条氏の間で三国同盟が成立し、武田・北条と敵対する謙信にとって面倒な展開となった。

 1553年9月には初めて京に上洛し後奈良天皇や将軍・足利義輝に拝謁し堺と高野山にも赴いている。しかし1554年には北条城(柏崎)の北条高広が謀反を起こしたため降伏させ家臣として迎えいれている。この北条氏は関東の北条氏とは別者である。1555年に第2次川中島の戦いを経た長尾景虎は、相次ぐ家臣同士の領土争いに心身が疲れ果て、1556年3月、27歳の時、相次ぐ反乱と家臣の対立、さらに武田家など近隣諸国との戦いに嫌気が差し 「もう大将やめる」 と言い出して出家しようとして仏教の総本山 「高野山」 に1人で行ってしまった。この騒ぎは長尾政景らが後を追い家臣たちも協力して「もう反乱をしません」との約束状を書き景虎を押し止めた。ここに長年お寺で仏の修行をしていた景虎の、心の葛藤が見え隠れするが、この一件以降、長尾家内での反乱はなりを潜めた。越後に戻り反旗を翻していた大熊朝秀を討伐すると越後を統一した。

 

上杉謙信
  1557年、第3回川中島の戦いを行うと、1558年には関東出兵を経て、1559年4月には出兵要請に応じて精鋭5000を率いて上洛した。上洛により正親町天皇、足利義輝と拝謁し、謙信と将軍・義輝は良好な関係を築いた。

 1559 年、長尾景虎は 「上杉家」 から 「関東管領」 という関東を統治する役職を譲り受ける事になった。「関東管領」 は関東地方一帯を統治する役職であったが、当時の関東は 「北条家」 に制圧されており、関東管領であった 「山内上杉家」 も何とか関東を奪還しようと北条家と戦ったが全くかなわなかった。 そこでその(山内)上杉家は 長尾景虎の勇名を聞いて、長尾景虎に関東管領を譲る事を決意する。
    これを拝領した長尾景虎は同時に 「上杉家」 の家名も譲られ、こうして 「長尾家」 は 「上杉家」 となり、景虎も後に名前を 「上杉輝虎」、さらに 「上杉謙信」 に改めた。
 1560年3月に、織田信長による桶狭間の戦いで今川義元が討たれると、謙信を脅かす三国同盟の今川氏が崩れたことを機に、上杉謙信は上野・武蔵へと侵攻し、北条氏康と敵対していた関東諸将の要請に応じて、8月には三国峠を越え関東に侵攻し、小川城・名胡桃城・明間城・沼田城・岩下城・白井城・那波城・厩橋城など北条側の諸城を次々に攻略した。

 厩橋城で年を越し1561年になると、深谷城・忍城・羽生城・古河御所も降伏させ鎌倉も占拠し3月にには小田原城を包囲した。長尾勢には、宇都宮広綱、佐竹義昭、小山秀綱、里見義弘、などの関東の諸将も加わった為、その数は10万を超える大軍となり小田原城を約1ヶ月間包囲した。しかし武田信玄が信濃で動き出し、佐竹義昭が無断で帰陣したこともあり、鎌倉に撤退すると上杉憲政の要請もあって鶴岡八幡宮において、1561年閏3月16日、山内上杉家の家督と関東管領職を相続し名を正式に上杉政虎と改めた。

 

第4次川中島の戦い
 その後、松山城主・上田朝直を攻め落として越後に戻ったが、以後、14回にわたり関東に出兵している。越後に戻ったのも束の間の1561年8月、上杉政虎(33歳)は18000を率いて川中島へ出陣し、第4次川中島の戦いとして武田信玄と最大規模の合戦を行う。荷駄隊と兵5000を善光寺に残し、13000にて妻女山に布陣し、海津城に入った武田勢20000を脅かした。
  武田勢は総大将は武田信玄で山本菅助(勘助)、真田幸隆などがいた。上杉勢はの総大将は上杉政虎である。
 武田勢は山本勘助と馬場信春の2手に分かれて、夜陰に乗じて妻女山へ接近させたが、上杉謙信はこれを察知して武田勢に悟られない様に、山を下り濃霧がたち込める八幡原に降りてきた。やがて霧が晴れると武田信玄と上杉謙信の両軍は既に接近しており、上杉勢は猛将・柿崎景家を先鋒に猛攻を仕掛けた。
  この第4次川中島の戦いは、有史に残る大合戦となり、武田勢は、武田謙信の弟・武田信繁、山本勘助、両角虎定、初鹿野源五郎、三枝守直ら多くの武将が討死し、武田信玄も負傷した。上杉謙信と武田信玄の一騎打ちも行われた戦国時代でも最も有名な合戦であった。妻女山から急ぎ降りてきた武田別働隊が到着すると、上杉勢は挟撃にされ不利になり越後へ引き上げた。この戦による死者は、上杉軍が3000余、武田軍が4000余と伝わる激戦であった。

関東での戦い
  1563年2月には埼玉の騎西城、4月には小山城(栃木)を攻略し、1564年1月、小田城(茨城)の小田氏治を攻略した。さらに第5回川中島の合戦では睨み合いで終わっている。

 1568年に将軍・足利義昭から関東管領に任命されると、僧侶と農民が結託した越中の一向一揆と椎名康胤が武田信玄に通じたため攻撃した。時を同じくして謀反した本庄城主・本庄繁長を攻撃するが、蘆名盛氏・伊達輝宗の仲介を受け本庄繁長の帰参を許し、翌年、椎名康胤を制圧した。

 1570年3月、相模の北条氏康と和睦し、1571年に北条氏康の7男・北条三郎を養子に迎え景虎の名を与えて優遇した。41歳のとき上杉謙信と称した。1571年に北条氏康が死去すると、北条氏政は同盟を破棄して武田信玄と和睦した。
  1572年には利根川を挟んで、武田・北条軍と対陣したが、武田信玄の調略で越中一向一揆が激しくなり、富山城を攻略するなど対応に追われた。その間、武田信玄は総力を挙げて西上を開始したため、織田信長の要請により信長と同盟を結んでいる。
  1573年、富山城が一向一揆に奪われると再び攻略し、3月に武田信玄が死去すると一揆も影をひそめた為、一気に越中を制圧した。1574年には関東に入り、膳城・女淵城・深沢城・山上城・御覧田城を陥落させてた。上野金山城主・由良成繁を攻撃するが堅固な城であったため撤退し、秋に救援要請を受けて関東に入ったが、既に上杉家の関東勢力は大きく低下しており能登攻略に目を向けた。
 本願寺顕如と和睦すると、足利義昭の要請を受けて、武田勝頼・北条氏政とも和睦し反信長体制を築いた。1576年11月には能登に侵攻し、長続連の七尾城を落城させたが、長続連から救援要請を受け織田信長は派兵を決意した。

 上杉謙信は文武両道に優れた名将で、武田信玄、北条氏康、織田信長といった戦国時代の大名と戦を重ねたが、その戦いは欲によるものではなく、義を重んじての出兵だった。しかし謙信が突然死去してしまう。

 上杉謙信の死が突然であったため、謙信の養子 「上杉景勝」 と 「上杉景虎」 の間で家督争いが起ってしまう(御館の乱)。上杉家は家臣が2手に別れて内乱となり、織田勢により滅亡寸前まで追い込まれた。しかしこの乱は最終的には 「上杉景勝」 の勝利となった。

 上杉家では城ごとに物資を分けて保管しており、武具などを優先して獲得し、多くの武将や他の大名家の支持も受けた上杉景虎側が優勢だったが、資金などを優先して押さえた 上杉景勝側が後に外交政策や政略などで優位に立ち逆転した。

 そのまま素早く上杉景虎 を追い詰め、上杉景勝が上杉家の後を継ぐ事になる。その後上杉景勝によって立ち直った上杉家は、本能寺の変後に豊臣秀吉と会見してその臣下となり、秀吉の死後は徳川家と対立しつつも存続し、「関ヶ原の戦い」 の後に本拠地を米沢(今の山形県)に移されるが上杉家は江戸時代の終わりまで続くことになる。この甕は上杉家が米沢城に移った後も米沢城本丸一角に安置され、明治維新の後には歴代藩主が眠る御廟(上杉神社)へと移されている。

 

43勝2敗25分2敗
  上杉謙信は元服してから約35年の生涯で70戦の合戦を行い、43勝2敗25分である。確実に負けたのは次の2戦のみである。

 まず1561年11月27日の北条氏康との生野山の戦いである。これは武田信玄と大激戦となった第4次川中島の戦いのあとに、北条氏康が武蔵松山城・秩父高松城の奪還を狙い攻撃してきた。上杉謙信はそれを阻止する為に出陣したが、川中島で甚大な損害を受けたことが響いたか、松山城へ援軍にきた後詰めの上杉勢は、北条氏康は松山城に近い生野山にて迎え撃ち、上杉謙信を敗退させたのである。生野山の戦いには敗れたものの、松山城を攻撃する北条軍を撤退させた。
  1566年1月に上杉謙信は常陸へ出兵し、小田城を奪還していた小田氏治を攻めて開城させた。また安房国の里見氏が北条氏に追い詰められていたため、これを救援すべく下総国にまで侵出した。3月20日に北条氏に従う千葉氏の拠点・臼井城に攻め寄せた。当初優勢に戦っていたが、城に接近したところを原胤貞の軍師・白井入道浄三の知謀により、城壁を一気に破壊されて上杉勢数100人が下敷きになった。また北条氏康の援軍が到着し松田康郷などの反撃を受けて、上杉勢は約300名が討死した。この敗戦により常陸・上野・下野の諸将は北条家になびく事となり、以降、関東での影響力を弱めることになった。

 

手取川の戦い

 1573 年、3月、武田信玄の画策により再起した越中一向一揆が富山城を奪った。このため越中国から越後国への帰路についていた謙信はすぐに兵を返し、抵抗を続ける椎名康胤の守る富山城を再度攻め落とす。4月に宿敵・武田信玄 が病没すると謙信は西へ向かって進軍し始めた。これは武田家の脅威が無くなったと同時に、織田信長 と対立を始めた室町幕府の将軍足利義昭 から、京都へ進軍(上洛)するようにとの要請があったためである。

 途中、越中(富山県周辺)の 「神保家」 や織田家に従属していた能登半島の 「畠山家」 などを撃破すると、さらに西に向かって進み織田信長 が支配していた 「加賀」 に迫った。上洛を急ぐ謙信は能登へ侵攻すし、重要拠点になる能登の七尾城を攻めるが、難攻不落だった為に落とせ1577年に調略により、敵側の遊佐氏を上杉の味方につけて反乱を起こさせ七尾城を落城させ、能登を傘元に置くことに成功した。
    七尾城を救援するため柴田勝家を総大将とする羽柴秀吉、滝川一益、丹羽長秀、前田利家、佐々成政ら40000の大軍に、20000で対抗し、手取川の戦いにて織田勢を撃破した。「手取川の戦い」 は上杉軍と織田軍が 「手取川」 という川の近くで戦ったものだが、織田軍がその場所にさしかかった頃、上杉軍はまだかなり東の方を進んでいました。両者の距離は、両軍がそのまま進んでも遭遇するのに数日かかるぐらいの距離です。
    しかしその日の夜、 謙信は陣を張っている場所に、いつもより多めに「かがり火」を炊かせて、そこに部隊が駐留しているように見せかけると、騎馬だけの精鋭部隊を率いて織田の陣へ向かって夜通しかけて向かっていった。
    一方の織田軍は上杉軍まで距離があるため、まさか攻撃を受けるとは思っておらず備えをしていなかった。そのうえ作戦を巡って織田家の重臣 柴田勝家と羽柴秀吉が大ゲンカをして秀吉は軍勢と共に勝手に帰ってしまい戦闘態勢がまるで整っていなかった。そこに長距離を駆け抜けてきた上杉謙信の騎馬精鋭部隊が夜襲をかた。突然の事に織田軍は大混乱、先陣にいた織田軍の部隊はあっという間に壊滅した。
    しかも当時、雨が降り続いていて手取川が増水していたため、負けた織田軍は撤退できず追撃も受けまくって大被害を被ってしまう。
    勇将で知られる 「柴田勝家」 の部隊が何とか軍をまとめて反撃しようとするが、すでに気勢を制されており壊滅そた。 織田信長も残存の兵をまとめて対抗しようとしますが、その頃には騎馬以外の上杉軍の兵士達も到着しており、そのまま圧倒されて軍は崩壊した。信長は近衛兵数十騎と共に戦場からの脱出を計るが、上杉軍に追撃され、何とか美濃まで逃げ帰った時には近衛兵は数人だけになっており、自身も傷を負っていた。

 手取川の戦いの様子は、残されている記録が少ないため詳細には分かっていない。これはあまりにも大負けしてしまった織田信長が、この戦いの記録を残す事を禁止したためである。
    こうして織田家を窮地に立たせた上杉謙信 でしたが、これが 謙信の最後の戦いになった。1577年12月に春日山城に帰還すると、翌年3月の遠征準備に入ったが、1578年3月9日、春日山城内の厠で倒れ、意識不明とになると3月13日午後2時頃に急死した。享年49。

 上杉謙信の死因は脳卒中とみられ、遺骸には鎧を着せて太刀と共に甕の中へ納め漆で密封された。この甕は上杉家が米沢城に移った後も米沢城本丸一角に安置され、明治維新の後には歴代藩主が眠る御廟(上杉神社)へと移されている。

 上杉謙信は本能寺の変後に豊臣秀吉と会見してその臣下となり、謙信の死後、養子の上杉景勝が継承するが、秀吉の死後は 徳川家 と対立し「関ヶ原の戦い」 のきっかけを作るが、「関ヶ原の戦い」で負け本拠地を会津から米沢(今の山形県)に移されるが、上杉家は江戸時代の終わりまで続くこととなる。


上杉謙信の人物像
 上杉謙信の旗印は「毘」の文字で、自らを戦の神様である毘沙門天の生まれ変わりと厚く信仰していた。また総攻撃の際に掲げられた「懸り乱れ龍の旗」から「越後の龍」とも呼ばれた。幼少時に寺に入れられた際には、城郭模型で遊ぶのが好きで、砂上で兵の駒を動かしたり大砲や道具を用いたりと熱中にし、寺の修業を疎かにしてまで遊んでいた。
 軒猿という忍者の集団を情報収集に当たらせ、戦略家・戦術家として秀でていただけではなく、和歌にも通じ達筆でもあった。源氏物語なども好んで読み、上洛すると歌会では見事な雅歌(恋歌)を読み参加者を驚かせた。演奏も好きで、琵琶をよく奏で、上杉神社には謙信愛用の琵琶「朝風」が現存している。
 内政では衣類の原料となる植物・青苧の栽培を奨励し、日本海からの海路で全国へ広めるなど、流通を統制して財源として金山運営でも莫大な利益を上げた。
  妻を持たず生涯未婚(生涯不犯、妻帯禁制)を貫いたため、子供は全て養子で、特に美男子を好んで近くに置くなどしている。また毎月決まった日に腹痛を起こしたとあり、実は女性だったという説もある。
  敵対していた武田信玄が今川氏真によって塩を断たれた際、「それで一番困るのは甲斐の国の民である。そんな事は出来ない」 と言い、甲斐への塩の輸出を推奨した。 敵を援助する事を 「敵に塩を送る」 と言うのはこれが元になっている。筑波の小田城を攻略した際、捕虜を上杉謙信の指図で人身売買したとあるが、武田信玄なども同様の人身売買や、鉱山での強制労働などを行っていた。謀反を起こした北条高広を2度許し、佐野昌綱や本庄繁長も、降伏すれば帰参を許している。33歳前後からは、歩く時に左足を引きずる様子が見られ、戦場では杖をついて軍兵を指揮した。
  近年の研究で遺品の甲冑の大きさなどから身長は156cm程度で、誓文の血判から血液型はAB型であることがわかっている。脳卒中で亡くなったが、愛用の馬上盃などは長年の飲酒を物語っており、つまみは味噌・梅干・塩であった事から、塩分の過剰摂取が死因に繋がったとされている。
  米沢城の稽照殿にある腹巻を見ても、さほど大柄なサイズではないし、小柄であったとの史料も複数あることから、身長156cm程度の武将であったと考えられている。
  総合すると目つきは鋭く、義理堅く名誉を重んじ、勇猛な反面短気で尊大である。生涯独身を通したため性的不能、男色家、はては女性説まであるが、毎日、毘沙門堂に籠り勤行することが日課であり、自らを毘沙門天の化身と強く信じていたため、その強い信仰を妨げないようにするため女性を遠ざけたとされている。
  後年は左足のつけねに腫れ物があったとされ、足を引きずるようにして歩いていたが、陣では物の具や采配などは用いず、黒い木綿の胴服、鉄製の車笠を着し、足が悪かったため三尺ほどの青竹を指揮杖として用いたていた。剃髪したのは45歳の時で、以後、法体の姿となった。
 武田信玄は死の床で武田勝頼に「あんな勇猛な男と戦ってはだめだ。 謙信は頼むと言えば嫌とは言わぬから、謙信を頼って甲斐を存続させよ」と遺言した。北条氏康も「謙信は請け負えば、骨になっても義理を通す。若い大将の手本にさせたい」と、北条氏政や北条氏照に語ったとされている。
  上杉謙信は実力がありながら領土を広げるための侵略的な戦争はせず、信義や大義名分を重んじただからこそ神格化され戦国最強と呼ばれたのだろう。上杉謙信は「義」に生きた武将として後世に知られている。