楠木正成

 鎌倉時代、元寇から半世紀が経ち、幕府には与える恩賞がなく権威が失墜していた。さらに執権の北条高時は政治への興味をなくし「田楽のほか他事なし」と言われるほど遊興三昧の日々であった。武士や民衆は重税に苦しみ世の秩序は乱れていった。

 1331年、この世相をとらえた後醍醐天皇が幕府打倒を目指して京都で挙兵した。政治を幕府から天皇に取り戻そうとしたが、幕府軍の巨大な軍事力に恐れをなして倒幕勢力に加わる者は少なかった。後醍醐天皇は2度倒幕を試みるが、この時、駆けつけた数少ない武将の中に当時37歳の楠木正成の姿があった。

楠木正成

 楠木正成は南北朝時代の武将で、大阪・千早赤阪村に生まれ、金剛山一帯を本拠地としていた。楠木正成の前半生は不明であるがが、もともと楠木一族は地元特産品の水銀を売って経済力を蓄えた土豪(地方豪族)で公家でも武士でもなかった。

 当時の鎌倉幕府は全国津々浦々を支配していたわけではなく、近畿地方は天皇領が多いこともあって幕府の支配力は比較的弱かった。鎌倉幕府はその成立過程からしてほとんどが大地主(武装農民)だった。おおまかに東国がほぼ農業中心だったが、近畿地方は農業に加え商業が発達していた。そのため河内地方の商業や輸送の利権をめぐって、幕府と常に対立していた。
 当時、楠木正成のような幕府の方針に逆らう者を「悪党」と呼んだ。悪党とは悪い事をする者たちではなく、幕府の支配に逆らう者たちのことで、反体制の新興武士団といえた。「悪党」の多くは野伏やあぶれ者で、強盗、ばくち、押買いなどを常習としており幕府には手におえぬ存在だった。

鎌倉討幕
 楠木正成は天皇に討幕の意見を求められ「武芸に勝る関東武士に正攻法で挑んでも勝ち目はないが、知謀を尽くし策略をめぐらせば勝機がある」と答えた。この言葉はその後の戦いで証明されていく。
 楠木正成は地元に戻ると河内山中に山城・赤坂城を築き挙兵する。挙兵といっても正成の兵力はわずかに500人であった。これに対して幕府は数万の討伐軍を差し向けた。甲冑を着て武装した幕府軍に対し、正成軍の大半は普段は農民の地侍で、兜もなければ上半身裸の者もいた。粗末な山城を見た幕府軍の武将たちは「こんな急ごしらえの城など片手に乗せて、放り投げてしまえる。せめて1日持ちこたえてくれねば恩賞に預かれぬ」と軽くみた。
 油断した幕府兵は、各自が勝手に攻撃を始め、城の斜面を昇り始めた。ところが兵が斜面を埋めた瞬間に突然二重の塀だった城の外壁が崩れ、幕府兵の頭上に巨大な岩や大木が地響きをあげて転がってきた。城内からは熱湯を浴びせ、城外からは野山に潜伏した兵が襲撃した。1対1で戦うことを名誉とする鎌倉武士と異なり、武勲にこだわらない地侍たちは奇襲や待ち伏せなど奇想天外なゲリラ策略を得意としていた。この初戦だけで幕府側は700人もの兵を失った。藁人形であざむき、熱湯を上からかけるなど奇策に翻弄され、幕府軍は武力で城を落とす事をあきらめ、城を包囲して持久戦に持ち込んだ。

 この時、幕府軍の中には足利尊氏もいた。尊氏は「楠木正成という男は只者ではない」とその天才的戦術と勇猛な戦いぶりに感心していた。

再び楠木正成

 兵糧攻めの結果、正成軍は20日で食糧が尽き、そこへ京都で後醍醐天皇が捕らえられたと急報が入った。正成は城に火を放ち、火災の混乱に乗じて抜け道から脱出、行方をくらました。この時、幕府側の武将は「正成は武士の伝統に従って炎の中で自刃した」として、敵ながら立派だったと言い合った。このような従来の価値観を持たず、敵をあむき逃げるところが従来の型に収まらない正成の正成たる由縁であった。
 1332年(38歳)、赤坂城の攻防戦から1年が経った頃、再挙兵の準備を完璧に仕上げ、自害したはずの正成は再び姿を現す。正成は河内や和泉の守護(幕府の軍事機関)を次々攻略し、摂津の天王寺を占拠すると京を睨んだ。これに対し北条氏は幕府最強の先鋭部隊を差し向けた。

 正成側には少ないものの兵が終結しており、正成の家臣は「一気に踏み潰す」と主張したが、正成は「良将は戦わずして勝つ」として謎の撤退した。

 幕府軍はもぬけの殻になった天王寺をなんなく占領したが、夜になると天王寺は何万という「かがり火」に包囲され、兵士達は緊張で一睡も出来ないまま朝を迎えた。しかも夜が明けても正成軍に動く気配はなかった。次の夜になると、再び無数のかがり火が周囲を包囲した。「いつになれば正成の大軍は総攻撃を始めるのか」4日目、精神的かつ肉体的に疲労の極致に達した幕府兵はついに天王寺から撤退した。実はこのかがり火は「幻の大軍」で、正成が近隣の農民5000人に火を焚かせたものだった。正成軍は一人の戦死者を出すこともなく勝利した。

持久戦
 翌1333年2月(39歳)、幕府は楠木正成の息の根を止めるべく、8万の軍を追討に向かわせた。正成は千人の兵と共に山奥の千早城に篭城した。幕府軍は大軍でこれを包囲したが、正成の奇策を警戒するあまり近づくことが出来ない。結局、2年前の赤坂城と同様に兵糧攻めを選んだ。ところが、今回は勝手が違った。なまじ8万もの大兵の為に、包囲している幕府側が先に餓えたのである。正成の作戦は目の前の大軍と戦わず、その補給部隊を近隣の農民達と連携して叩き、敵の食糧を断つという「千早城そのものが囮(おとり)」にする前代未聞のものだった。

 山中で飢餓に陥った幕府兵に対し、抜け道から城内へどんどん食糧が運び込まれ、正成軍は3ヶ月が経ってもビクともしなかった。やがて幕府軍からは撤退する部隊が続出し戦線は総崩れになった。正成の戦略は幕府の大軍を引きつけて長期戦に持ち込み、全国の武士達に弱体化した幕府を知らしめることだった。
 8万の幕府軍がたった1000人の正成軍に敗北した事実はすぐに諸国へ伝わった。「幕府軍、恐れるに足らず」これまで幕府の軍事力を恐れていた各地の豪族が次々と蜂起し、ついに幕府内部からも足利尊氏、新田義貞など反旗を翻す者が出てきた。

鎌倉幕府を滅亡

 尊氏は京都の幕府軍(六波羅探題)を倒し、義貞は鎌倉に攻め入って北条高時を討ちとり、140年続いた鎌倉幕府を滅亡させた。楠正成が千早城を守り抜いたことが新しい時代を作ったのである。楠正成は後醍醐天皇を迎えにあがり、7000の兵を率いて都への凱旋の先陣を務めた。この時が正成の得意の絶頂だった。
 赤坂城と千早城の合戦の後、楠正成は敵・味方双方の戦死者を区別なく弔い、攻撃側の供養塔を味方側より大きくを建立し、高僧を招いて法要を行なった。敵という文字を使わずに寄手(よせて)とし、寄手塚の方が身方塚より大きいなど、残忍非情な戦国武将が多い中で人格者としての楠正成の存在は際立っていた。誠実な人柄が垣間見える感動的な供養塔は赤阪村営の墓地として現在も残っている。
 1334年(40歳)、後醍醐天皇は朝廷政治を復活させ、建武の新政を始めた。正成は土豪出身でありながら、河内・和泉の守護に任命される。後醍醐天皇は天皇主導の下で戦いのない世の中を築こうとしたが、理想の政治を行なう為には強権が必要と考え「建武の新政」という独裁を推し進めた。

 まずは鎌倉時代に強くなりすぎた武家勢力を削ぐために、恩賞の比重を公家に高く武士に低くした。また早急に財政基盤を強固にするため、庶民に対しては鎌倉幕府よりも重い年貢や労役を課した。朝廷の力を回復する為とはいえ、このような性急な改革は諸国の武士の反発を呼び、「建武の新政」は失敗に終わる。

足利尊氏との戦い

 1335年11月、足利尊氏が武家政権復活を目的に鎌倉で挙兵した。京へ攻め上った尊氏軍を、楠木正成、新田義貞、北畠顕家ら天皇方の武将が迎え撃った。尊氏軍は北畠顕家の参入で大敗すると九州へと敗走した。正成はこの勝利を単純に祝えなかった。西に敗走する尊氏軍に天皇方から多くの武士が加わっていく光景を見たからである。「自軍の武士までが、ここまで尊氏を慕っている」と感じ取ったのである。九州へ落ち延びた足利尊氏はその地で勢力を盛り返すと、再び京を目指して進撃して来た。

 新政権から人々の心が離反した現実を痛感した正成は、朝廷に向かい後醍醐天皇に「どうか尊氏と和睦して下さい」と涙ながらに進言した。ところが公家達は「なぜ勝利した我らが尊氏めに和睦を求めねばならぬのか。不思議なことを申すものよ」と正成を嘲笑する始末だった。

 楠木正成はこ混乱の全ては後醍醐天皇の「建武の新政」の失敗にあることを知っており、社会を静めるには今までどおりの武家政治以外に方法はない。その武家政治の中心となれるのは足利尊氏以外にいないと考えていた。正成は時勢・時流というものをよくわきまえていたのである。
 1336年4月末、九州で多くの武士、民衆の支持を得た尊氏が怒濤の如く大軍を率いて都を目指し東上してきた。後醍醐天皇は楠木正成に湊川(みなとがわ、神戸)で新田軍と合流し尊氏を討伐せよ」と命じた。しかし討伐といっても足利尊氏の数十万の軍勢に対し、朝廷側はその20分の1ほどの軍勢しかいなかった。この状況では尊氏の軍勢の追撃を阻止するのは無理であった。

 正面からぶつかっては勝てないので尊氏と和睦するか、またはいったん都を捨てて比叡山に上り、足利軍を京に誘い込んだ後に、兵糧攻めにするべきと後醍醐帝に進言したが、いずれも聞き入れられなかった。「私は河内に帰って兵を集め淀の河口を塞ぎ敵の水軍を足留めますゆえ、帝は比叡山に移って頂き、京の都に尊氏軍を誘い込んだ後に、北から新田軍、南から我が軍が敵を挟み撃ちすれば勝利できましょう」と正成は提案し、さらに正成が得意とした山中での奇策も提案したが「帝が都から離れると、朝廷の権威が落ちる」という勝利に奢る公家たちに受け入れられなかった。公家たちは錦の御旗(天皇の旗印)さえあればその威光で戦いは勝利すると考えていたのである。

 

桜井の別れ

 討ち死を覚悟した正成は尊氏との戦場となるであろう湊川に向かった。その途中の桜井の駅(主要道路に約16Kmごとに設けられた施設)にさしかかった時、正成は数え11歳の嫡子・正行を呼び寄せて「お前ははもう11歳だ。私の言うことが理解できるだろうからよく聞きなさい。私は今度の戦いで戦死するだろう。そうなれば天下は将軍(足利尊氏)のものになるに違いない、しかし武士は一時的に生き延びようとして、一旦決めた節義を変えてはならない。そなたは故郷の河内へ帰れ」と命じた。すると「最期まで父上と共に、自分も一緒に戦う」と懇願するが、正成は「お前を帰すのは、自分が討死にしたあとのことを考えてのこと、生涯後醍醐天皇のためにお前は命を惜しまず、忠義の心を失わず、一族郎党一人でも生き残るようにして、いつの日か必ず朝敵を滅せ」と諭し、形見として帝より下賜された菊水の紋が入った短刀を授け、今生の別れを告げ、正成は勇敢に湊川の戦いに向かっていった。この親子の別れの地が桜井(大阪府島本町桜井)で、地名にちなみ「桜井の別れ」と言われている。桜井村の坂口八幡宮に菊水の旗と上差しの矢一交が納められた矢納神社が残されている。

 

湊川の戦い
 負ける戦と分かりながら、正成は失意の中で湊川に向かって出陣する。尊氏軍3万5千に対し、正成軍はたったの700である。戦力差は50倍で天皇の求心力は無きに等しかった。正成は決戦前に遺書とも思える手紙を後醍醐天皇に書く。「この戦いで我が軍は間違いなく敗れる。かつて幕府軍と戦った時は多くの地侍が集まったが、それは民の心が天皇と通じていたからであるが、しかしこの度は、一族、地侍、誰もこの正成に従う話ない。正成、存命無益なり」。正成はこの書状を受け取った天皇が、目を開いて現実を直視するように心から祈った。
 5月25日、湊川で両軍は激突した。海岸に陣をひいた新田軍は海と陸から挟まれ総崩れになり、正成軍と合流できないばかりか、足利軍に加わる兵までいた。戦力の差は歴然としておりすぐに勝敗がつくと思われたが、尊氏は正成軍に対し戦力を小出しにして、なかなか総攻撃に移らなかった。

 両者は戦っているが、3年前は北条氏打倒を誓って共に奮戦した同志である。尊氏は何とかして正成の命を助けたいと思い、正成が降伏するのを待っていた。しかし正成軍は鬼気迫る突撃を繰り返し、このままでは自軍の損失も増える一方だった。尊氏はついに一斉攻撃を命じた。

 攻撃から6時間後、正成は生き残った72名の部下と民家へ入ると、死出の念仏を唱えて家屋に火を放ち全員が自刃した。正成は弟・正季(まさすえ)と短刀を持って向かい合い、互いに相手の腹を刺した。享年42。

楠木正成の死後
 正成の首は一時京都六条河原に晒されたが、正成の死を惜しんだ尊氏は特別の配慮で、彼の首を故郷の遺族へ丁重に送り届けられた。尊氏側の記録「梅松論」には、敵将・正成の死を「誠に賢才武略の勇士とはこの様な者を申すべきと、敵も味方も惜しまぬ人ぞなかりける」と記している。
 正成の没後、室町幕府が北朝の正当性を強調するため、足利軍と戦った正成を「逆賊」として扱ったため、正成は死後300年近く汚名を着せられていた。たとえ胸中で正成の人徳に共鳴しても、朝廷政治より武士による支配の優秀さを説く武家社会の中で、後醍醐天皇に殉じた正成を礼賛することは禁忌だった。
 正成の終焉の地・湊川にある墓は、もとは畑の中の小さな塚であったが、1692年に水戸黄門(徳川光圀)が自筆で「嗚呼忠臣楠子之墓」と記した墓石を建立し、荒廃していた塚を整備した。光圀は「逆賊であろうと主君に忠誠を捧げた人間の鑑であり、全ての武士は正成の精神を見習うべし」と正成の名誉回復に努めた。墓の傍らには水戸光圀像がある。
 正成の墓碑は、大きな亀の背に乗っている儒教式のものである。古来から中国では、死後の魂が霊峰・崑崙山(こんろんさん)に鎮まるとされていて、亀はこの山に魂を運んでくれる聖なる生き物とされ、このような墓の形になった。
 室町時代の軍記物語「太平記」には、正成について「智・仁・勇の三徳を備え、命をかけて善道を守るは、古より今に至るまで正成ほどの者は未だいない」と刻まれている。
 正成が子と別れた史蹟・桜井駅跡(大阪)の石碑「楠公父子訣別之所」は明治時代の乃木将軍が書いたもので、正成の故郷の大阪・河内長野の観心寺の境内には彼の首塚がある。
 正成討死の半年後、後醍醐天皇は吉野に逃れて南朝を開き、翌年、新田義貞が敗死し、1339年には後醍醐天皇も他界する。正成の死から12年後、息子の楠木正行(まさつら、22歳)は南朝方の武将として父の弔い合戦に挑んで破れ、父の最期と同様に、弟の正時と互いに刺し違えて自害している。
七生説
 楠木正成が自決するに際し、弟の正季公に「死んだら、人間は死ぬときの一念で生まれ変わるという。そなたは何を念ずる」と問うと、正季は「七たび人間に生まれ変わり、朝敵を打ち滅ぼすだけ」と答えている。正成は自分と同じなのを喜んで刺し違えて自決した。

 「七生まで只同じ人間に生れて、朝敵を滅さばやとこそ存候ヘ」、これは楠木正季の最後の言葉である。楠木正季は湊川の戦いに敗れ兄の楠木正成公と共に自害したが、死んでも後醍醐天皇の南朝の為に忠誠を尽くすというこの「七生まで只同じ人間に生れて、朝敵を滅さばや」の言葉は、後世の人に深い感銘を与えている。
 吉田松陰は「七生滅賊」を謳い、特に戦時中には「七生報国」の四字が盛んに使われた。正季が誓った「七生」は、まさに後世の人々に脈々と受け継がれ、幕末には見事に江戸幕府を滅ぼした。吉田松陰の「七生説」は漢文体で成り立っているが現代語訳は以下のようになる。
(現代語訳)
 天の広大さには理というものがあり、理は自然の中に存在している。また子孫が続く中には気があり代々連なっている。人は生まれたら理が心となり、気が体となる。心は公で体は私である。
 体(私)を犠牲にして公(心)の為に死ぬ者を君子とする。公(心)を犠牲にして体(私)の為に死ぬ者を小人とする。小人は死ねば腐敗して何も残らないが、君子は体は滅んでも心は理となって生き続ける。
 これこそ体(私)は滅びても理(心)は生き続けるということである。新田義貞の一族や肥後國の菊池一族も、南朝の忠臣という理(心)は同じである。したがって楠木公は七生と言わずとも、理(心)を通じて生き続けている。その忠義心ある者はみな楠公の生き様を見て奮い立たない者はいない。

 楠公亡き後も志を継ぐ者は数限りなく現れ、楠公が蘇るのは七回だけにとどまらない。私はかつて三度に渡り湊川に楠公の墓前を拝したが涙が止まらなかった。私と楠公とは血の繋がりはないが、なぜ涙せずにらいられないのか。楠公も私もみな理を備える心を持っているからである。だから体(私)の繋がりはなくても理(心)は通じている。これが涙の止まらぬ所以である。私には彼らと同じ心があり、忠孝の志を立てて国威を張り、外敵を滅ぼすのを自分の使命とする。
 楠公らと通じている心が、体のように腐敗していまうことはない。必ず後世の人に私の心を継がせてみせよう。それが七たびに及んだならば、それは叶ったと言える。七生の理気はいま私の中にある。

楠木正成の評価

 戦前、楠木正成の悪口を言う者は国賊扱いされ、戦後はその反動もあってほとんど無視され、楠木正成を「立派な人だ」と言おうものなら右翼と呼ばれかねない状況があった。
 楠木正成は太平記では天才戦術家として描かれているが、相当の誇張があったとしても日本史上指折りの戦術家であった。また足利尊氏と和睦すべきだという進言からも時勢をわきまえていたことは確かである。
    それでも楠木正成は節義を曲げずに足利尊氏と戦い後醍醐天皇に殉じた。楠木正成ほど「時代の評価」に翻弄され浮き沈みした人も珍しいが、浮き沈みは楠木正成自身とは何の関係のないことなのである。
    徳川光圀は「大日本史」で正成を大忠臣として絶賛しているが、福沢諭吉は正成の死は犬死と酷評している。
    楠木正成の行為を批判することは容易で、正成の盲目的忠臣ぶりは現代人の理解を越えるものがある。 我々は歴史の結果を知っていますから、あれこれ当時の人を批判することができるので、その場にいない安全な立場から無責任な中傷もできる。
    楠木正成のような無名の土豪にとって、天皇という神にも等しいような身分の人から声をかけられた時の感動はいかほどであったか。
    朱子学という学問の裏付けだけでなく、この感動こそがその後の楠木正成の行動のエネルギーとなったのではないだろうか。
    楠木正成は当時の武将としては珍しく明確な行動基準を持ち、それに殉じた立派な人だった。俗に言うなら「男の中の男」だったと思う。