薬子の変

 806年に桓武天皇が崩御すると、嫡男の平城天皇(安殿親王)が即位した。しかし平城天皇と藤原薬子との関係は想像を絶するものであった。平城天皇は皇太子(安殿親王)のときに藤原の娘を妃にしたが、その娘はまだ幼かったため、付き添いとして母親(藤原薬子)が一緒についてきた。ここでなんと親王(安殿親王)と妃の母親(藤原薬子)が男女の関係になったのである。嫁いできた娘よりも、連れてきた母親と恋仲になったのである。薬子は長岡京遷都を指揮して暗殺された藤原種継の娘である。

 母親といえども、薬子はまだ30歳である。安殿親王が娘と恋仲で結婚したわけではないのだから、妃の母親に惚れ込んでも不思議ではない。薬子は中納言・藤原縄主との間に3男2女の5人の子を産んでいた。それだけ薬子には女性的魅力があったのだろう。

 しかし桓武天皇は「安殿親王(平城天皇)と薬子の不倫関係」に激怒して、薬子を朝廷から追放した。ところが桓武天皇が崩御すると、平城天皇は薬子を再び宮廷に呼び戻し、二人の関係はさらに深まった。さすがに妃には出来ないので、薬子は平城天皇の女官として迎えられた。薬子の夫は中納言の藤原縄主であったが、大宰帥として九州へ遠ざけられた。

 薬子は天皇の寵愛を受け、傍若無人の振る舞いをおこなった。薬子の兄・藤原仲成(藤原式家)出世を重ね、朝廷では藤原仲成・薬子の兄妹による専横政治が続いた。二人の勝手な振る舞いは周囲のひんしゅくを買った。

 当時は、都の造営や蝦夷征討で国家財政は逼迫していた。平城天皇は生来病弱であったが、財政の緊縮と公民の負担減に取り組み、役所の統廃合などの行政改革を実行した。しかし藤原氏の内部の抗争に翻弄され、体調を崩し何度か転地療養を試みたが、その効なく在位3年という短い期間で天皇を退位し、病気のために皇位を賀美能親王(嵯峨天皇)に譲り奈良に隠棲した。

 しかし嵯峨朝がスタートすると、平城上皇の健康はにわかに回復へ向かい、再び政治に意欲を持ちはじめた。平城上皇は30代という若さも手伝って国政への意欲を示し、上皇の命令と称して政令を乱発した。平城上皇3年の在位で天皇を辞めてしまったので、薬子にすれば平城上皇を再び天皇にしたいと願った。

 当然のことながら、薬子や藤原仲成も政治の表舞台への未練を捨てきれず、平城上皇に再び天皇になること(重祚)促した。平城上皇が再び天皇になるには、それなりの理由が必要であった。そのため「もう一度、都を平城京に戻すために上皇を天皇にする」という理由がつけられた。つまり都を平城京に戻したい人たちの賛同を求めたのである。しかし平城京から平安京に都を移したてから既に26年もたっており「いまさら平城京に都を戻すなんて、面倒なこと」という意見がほとんどで賛同は得られなかった。
 平城上皇と嵯峨天皇は対立し、この兄弟喧嘩により「二所の朝廷」と呼ばれる分裂状態になった。嵯峨天皇は、810年3月に天皇の命令を伝える蔵人所を設置した。蔵人所は上皇へ情報が漏れないために設立され藤原冬嗣が長官になった。

 810年9月、薬子と藤原仲成が平城上皇の天皇復位を目的に平城京への遷都を図り、宮殿などを奈良に建て始め、ひそかに兵をあげる準備を始めた。これを事前に察知した嵯峨天皇坂上田村麻呂を派遣してこれを武力で阻止した。この事変で平城上皇は失意のうちに剃髪して出家したが、背後にいた藤原仲成は射殺され、薬子は毒をあおって自害した。
 藤原仲成と薬子は、長岡京の造営責任者で暗殺された藤原種継の子だった。この事件の背景には、藤原種継が命がけで造営した長岡京を捨てた桓武天皇に対する恨みがあった。

 薬子の変で藤原四家の一つ式家は没落し、かわりに藤原房前(ふささき)の子孫である藤原冬嗣の北家が勢力をつけることになった。また薬子の変で嵯峨天皇について勝利の祈祷をしたのが空海であった。

 はたして藤原薬子が悪女だったのか、平城天皇を心から愛し続けた一途な女性だったのか、藤原薬子が書き残したものがないので本当のことは分からないが、兄の藤原仲成と共謀したのだから権力志向の強い女性だったのだろう。