上杉景勝

上杉景勝
 1550年、長尾景虎(上杉謙信)の家督相続に不満を持った父・長尾政景は反乱を起こしたが、1551年8月、長尾景虎(上杉謙信)は坂戸城を包囲し、長尾政景は坂戸城の戦いで降伏した。しかし父・長尾政景は長尾景虎の姉の夫であったことから助命され、以後、長尾景虎(上杉謙信)の重臣として忠義を尽くした。

 1555年11月27日に上杉景勝は後魚沼郡上田城に次男として生まれた。父は上田衆を率いた坂戸城主・長尾政景で、母は長尾景虎(上杉謙信)の実姉・仙桃院(綾御前)である。上杉景勝の名は喜平次顕景(きへいじあきかげ)で、兄の長尾義景は10歳で早世したため、また父・政景も上杉景勝が10歳の時に亡くなったので、叔父の上杉謙信のもとで育てられた。上杉景勝が後継者となった。

 長尾景虎(上杉謙信)は1556年に家督を捨てて出家しようとしたが、父・長尾政景は長尾景虎(上杉謙信)を説得し、1560年には春日山城の留守居役を任されている。しかし、1564年7月5日、坂戸城近くの野尻池で、父・長尾政景が溺死、享年38である。舟遊びの最中に酒に酔っ溺死したとされているが、謙信の命を受けた宇佐美定満による謀殺説、下平吉長による謀殺説があり真相は分かっていない。
 その為、家督は長尾顕景(上杉景勝)が継いたが、まだ9歳と幼かったので上杉謙信が引き取り養子としたため上田・長尾家は廃絶した。
 上杉謙信は仏門に入り妻も子もいなかったので姉の子・喜平次を我が子のように可愛がり養子と定め、喜平次が21才の時、名を上杉弾正少弼景勝と改めさせた。

 同じ頃、直江兼続も上杉景勝に小姓として春日山城に入って、ふたりは春日山城で上杉謙信の元で学んだ。上杉景勝の初陣は1566年の関東出兵で、それ以降、上杉景勝は上田衆を率いて重要な役割を担った。

 

上杉景虎

 1570年、上杉謙信は同盟者の小田原城主・北条氏康の七男である北条三郎(上杉景虎)を養子に迎え、上杉景勝は後継者の一人と見なされるようになる。総勢375人の軍役を負担し、上杉謙信への尊称であった「御実城様」と似た呼び名である「御中城様」として上杉一門衆での筆頭とされた。この景虎が上杉氏を継ぎたいという志を捨てずにいた。

 

上杉謙信の死
 1578年3月13日、上杉謙信が遠征の準備中に春日山城内の厠で倒れ急死した。享年49、謙信の急死によって春日山城が騒然となった。独身の上杉謙信に実子はいなかったが、景虎と景勝の二人の養子がいた。

 上杉謙信は「卒中」で倒れるまで後継者を指名していなかったが、腹痛に悶え苦しみながら、死後を託す人物を指名した。その後継者に選ばれたのが上杉景勝である。謙信の死後、景勝は「遺言」に従い春日山城の実城(本丸)に移った。卒中で倒れた謙信は遺言を残さなったとされているが、謙信は「四十九年一睡夢 一期栄華一盃酒」の辞世の句を残しており、漢詩を詠む力が残されているのだから遺言を伝える力も残されていたのであろう。

 謙信の病気を「卒中」「虫気」と記しており、現代人は卒中といえば脳卒中を連想するが、それは近年の言語感覚によるもので、元来は内臓の病気による昏倒を卒中と呼んでいた。「虫気」は腹痛を示す言葉であることから、謙信の昏倒は脳卒中とするよりも胃ガンなど腹部の病気が原因とされている。
 葬儀はしめやかに執り行われ、上杉家の記録では送葬の儀で棺の左右に景虎と景勝が並んでいたと記されている。しかもこのとき、蘆名家から派遣された弔問の使者が、会津と春日山城の間を平和に往復し、ここで騒乱に巻き込まれた様子などはないため、一般の印象と異なり謙信が死んでからしばらくの間は両者の間に深刻な抗争はなかったのであろう。
 上杉景虎(25歳)は相模北条家の出身で、上杉家は北条家と敵対していたが、1570年に和睦して謙信の姪を娶ったことで上杉三郎景虎へと名を改めていた。もう一人は24歳の上杉景勝である。上杉景勝は幼い頃から謙信の養子となっていたが、上杉姓を称したのは景虎よりあとのことだった。

 上杉謙信は後継者を指名していなかったとされ、義兄弟の上杉景虎(北條三郎)と、上杉景勝とは家督を巡る対立となり、上杉家は2つに割れ御館の乱となった。「御館の乱」は景虎と景勝の家督争であるが、実際には謙信の死後2ヶ月ほど経って争いがはじまっている。上杉謙信の死後からしばらくたち小規模ながら争いが勃発し、3月24日には春日山城の本丸と金蔵を上杉景勝は直江兼続らと占拠している。
 上杉謙信の死の直後から景虎と景勝が春日山城内で武力衝突したとすることが多いが、「御館の乱」は死から2ヶ月後から始まる。


上杉景勝の失敗
 実際には御館の乱がはじまる前から、上杉景勝の後継体制が決まっていた。だが新体制は平穏に落ち着くことを許さなかった。そのきっかけは会津の戦国大名、蘆名止々斎である。蘆名止々斎は「戦争ほど面白いものはない」という好戦的な老将で、上杉家に弔問の使者を送りながら、背後では越後侵攻の準備を進めていた。代替わりの隙をつき軍事行動を企てるのは戦国時代にはよくあることだった。

 これに気づいた上杉家の老臣・神余親綱(かなまり ちかつな)が、赴任地の三条城で厳戒態勢を布いたが、そのとき近隣の住民から人質を取り立てた。これは謙信の時代には普通の応戦準備であったが、江戸時代の儒学者は「こうした上杉家の籠城準備は、他家と比べて荒っぽいものだった」と述べている。ただ老臣・神余親綱は景勝に報告することなく独断で推し進めたのである。景勝はこれが気になったらしく、神余親綱のもとに「何のつもりだ」と使者を遣わすほどだった。
 上杉景勝の使者は神余親綱の動きを私的な悪事ではないかと問い詰めた。これより少し前、景勝は家臣への手紙で、謙信の死に「恐怖」していることを告白しており、かなり神経質な状態にあったらしい。突然の家督相続に、自身と周辺に強い不安と動揺があり、疑心暗鬼に陥っていた。
 しかし神余親綱にすればあらぬ嫌疑をかけられて不愉快極まりなかった。私利私欲でなく純粋に国防意識から奔走しているのに、それを独断専行だと咎められてはたまったものではない。されに景勝方は忠誠の証として誓詞を差し出せとまで求めてきた。これで神余親綱も堪忍袋の緒が切れ、誓詞の提出要請を拒絶したのである。
 義兄の上杉景虎、御館城の上杉憲政(謙信の義父)、栃尾城の本庄秀綱(譜代家臣)らが仲介を買って出た。だが両者とも強硬姿勢を崩すことなく交渉は難航し、その最中に最悪の事態が起こってしまう。蘆名軍が越後侵攻を実行してきたのである。


御館の乱
 蘆名軍は現地の将士の奮闘によってすぐさま撃退されたが、これが神余親綱の予想が正しかったことを証明することとなった。このため上杉景勝は一気に家中の信望を失ってしまう。戦国時代の家臣にすれば代替わりしたばかりの当主はお試し期間のようなものだった。取るに足らないと思ったら別の当主を立てるのが、家臣のやり方だった。越後衆の不満は燎原の炎のごとく燃え広がり、景虎も義弟の景勝を見限った。
 5月1日、上杉景勝と神余親綱は決裂し、5月13日、景虎が御館城の上杉憲政の御館へ拠点を移すと、越後の領主たちもまた雪崩を打つように景虎方へと転じていった。いわゆる「御館の乱」は始まりである。
 自分に家督が移ったとする景虎は、国内外の領主と大名を味方につけ、景勝から戦略的優位をもぎ取った。景勝の本拠地である春日山城と出身地である上田庄は、景虎方の領主たちにより分断された。

 上田庄へは景虎の実家・相模北条軍が侵攻を開始し、さらに春日山城には北条軍と同盟する武田軍が攻め込む段取りになっていた。このため景虎の勝利は眼前のものになっていた。

 

上杉景勝の勝利
 上杉景勝には謙信の「遺言」以外に大義がなかった。家臣の信望も失墜し、勝算も見えてこない。だがこれで屈する景勝ではなかった。戦略の劣勢を戦術で覆そうとした。

 まず春日山城と御館城の間で、正規軍同士の衝突が繰り返された。そこで景勝は勝利を重ねていく。上田庄にある景勝方は北条の大軍を一手に引き受け長期戦へと持ち込んだ。雪の季節まで持ちこたえられれば、北条軍は撤退するほかなかった。
 この状況で6月には小田原の北条家と甲相同盟を結んでいた武田勝頼の軍勢が迫ってきた。上杉景勝は窮地に陥ったが、応戦することなく和睦の使者を遣わした。武田勝頼は必ずしも景虎優位ではないとして、東上野の割譲と多額の金銀を条件に和睦した。

 9月になって北条氏照・北条氏邦が軍勢を率いて三国峠を越えて樺沢城を攻略し、上杉景勝勢の坂戸城を包囲するが、武田勝頼の撤退を見て士気阻喪した北条軍は雪を前に撤退しこれで形勢が逆転した。
 最大の脅威である武田・北条軍の侵攻から逃れた上杉景勝は、今度は反対に景虎方を追い詰めていく。上杉景勝は巧みな交渉で外敵を排除すると上杉家の家中をまとめた。一方の上杉景虎は味方の相次ぐ離反や落城が続き窮地に陥り、景勝方へ帰参する将士も多く現れた。

 1579年2月1日、上杉景勝は御館の上杉景虎に総攻撃をかけ、樺沢城を上杉景勝勢が奪還した。1579年3月17日、上杉景勝勢は御館城を制圧し、かつて謙信を支えた隠居中の上杉憲政は景勝方の侍に殺害された。景虎は鮫ヶ尾城まで逃れたが寝返った城主から攻撃され、3月24日に自害し後継者争いはここで終わった。上杉景虎の正室になっていた実姉・清円院は上杉景勝からの降伏勧告を受け入れずに自害している。なお越後の内乱は翌年夏に神余親綱が討ち果たされるまで続いた。
 かくして越後上杉家の家督は、名実ともに景勝のものとなった。勝利した景勝は景虎の御供者を一人残らず討ち果たした。

 上杉景勝は景虎の反逆を「鬱憤」とし、これを平らげたことは「大慶」だとしたが、これが景勝の本音かどうかは不明である。景虎と景勝の関係を記す史料をみると、意外にも険悪な様子は見られず、むしろ親密な交流ばかりが見出せる。
 上杉景勝は遠国からやってきた孤独な貴公子の景虎に好感を持っていたらしいく、またともに謙信と争い、和睦した一族の出身である。どことなく通じ合うところがあったのかもしれない。景勝の地元である上田庄の者たちは景虎を歓迎しなかったが、景勝ひとりは景虎と「交好し」の関係を求めた。景勝といえば、無口で寡黙な人物として知られるが、それは大名になってからのことで、少年期には意外と親しみやすい人物であった。
 また景虎の首級を見て慟哭したが、景勝はあえて「鬱憤」が散じて「大慶」であるとの言を残した。遠国に移り住んだ景虎は、景勝の姉を娶り、仲睦まじく子宝にも恵まれた。景勝の実母・仙洞院も景虎に優しかった。景勝の家族はみんな景虎に好意的だったようだ。
 かつての上杉謙信は自らの信念を高らかに語ったことがある。「私は依怙の弓箭を携えない。ただ筋目によって、どこへでも合力する」。謙信は人と人との縁ではなく、正しいことのために戦うと言っている。「依怙」よりも「筋目」を重んじるのが謙信の流儀だった。その「筋目」を決めるのはもちろん謙信だった。謙信の思考と言動そのものが戦いの正義であった。

 だが謙信が死ぬと、何が正しい戦いであるかがわからなくなった。「筋目」が見失われたのである。そこでかれらは景虎か景勝かを選ぶ判断基準は身の回りの「依怙」を頼みにするほかなかった。「筋目」すなわち大義名分なき争いで景勝を支えたのは、謙信が軽視した「依怙」だった。なにが正しいかを考えるよりも、ただ景勝の勝利だけを考えて、黙って支えてくれる者たちとの絆であった。その絆だけが景勝の拠り所となった。
 御館の乱で数々の離反を目にし、また多くを失った景勝であるが、春日山城にある馬廻衆と、地元の上田衆は善悪も損得も関係なく、自分に従い奮闘を重ね逆境に立ち向かってくれた。乱が収束すると、景勝は上田衆など縁故の深い者たちを取り立てた。特に目立った功績のない上田衆の樋口与六に、上杉家の家老である直江氏名跡を継がせ、直江兼続への改名を許したのはその代表例である。
 大義名分が見えないとき、絆のない者たちは利害でものを考える。実際、上杉謙信はそれで何度も痛い目に遭ってきた。景勝はこの争いで、絆の重さを知った。「我が鬱憤を晴らしてくれて嬉しい。とても大慶だ」。これが景勝による御館の乱の総括である。
 そこには謙信が好んだ雄弁な大義名分など影も形もない。多くの者はただその「鬱憤」を恐れ「大慶」の言葉を頂戴することに専念する覚悟を定めたのである。だが景勝と絆の深い者たちは、これが表向きの言葉であることを理解していた。

 

上杉景勝のその後

 豊臣秀吉が63才で亡くなると、五大老の徳川家康は政治を次第に独占し勢力を広めた。景勝は会津に移ったばかりなので、城を修理し領内を整備しているときに、家康は景勝の心を疑って、伏見城に来るように使いをよこした。景勝は家康のやり方をなじって、呼び出しに応じなかった。家康は上杉氏討伐の軍をおこし、自ら軍を率いて伏見城を出発した。家康の軍勢は五万九千と称し、景勝は会津若松城で軍議を開き、白河の南方革篭原に敵を誘いここで一挙に全滅させようと作戦をたてた。上杉氏の兵五万、他に奥州浪人数万を合わせて陣を布いた。謙信に従って軍功のある歴戦の部将を揃えている上杉軍の実力は強大であり、まさに川中島の合戦以来の大決戦が展開するかに見えた。

 その時、石田三成が旗揚げをした報せが徳川軍に入り、本隊が小山まで来た徳川軍は引き返してしまった。上杉軍では徳川軍を追うかどうかを軍議したが、景勝は断乎としてこれを許さず陣を払って会津に帰城した。
 徳川方に通じていた仙台城主・伊達政宗や山形城主・最上義光が上杉領を襲おうとしましたので、白石・福島・山形と各地に激戦が行われましたが、関ヶ原の役が西軍の敗北に終ったので、それぞれ停戦となりました。
 関ヶ原の役の結果、上杉氏の領地は削られ、景勝は米沢三十万石の城主とされ、領地は伊達・信夫・置賜の三郡となりました。慶長6年(1601)11月28日、景勝は米沢城に入城した。これより以後、明治維新まで、およそ270年間、米沢城は上杉氏歴代の居城となり、米沢はその城下町として栄えた。

  景勝は、自分に従って米沢に移る将士はことごとくこれを許し、食禄を3分の1に減じて与えました。越後以来の家臣は、ほとんど去ることなく、六千余の藩士が主君に従って米沢に移り住みました。この総指揮は直江兼続がとり、米沢藩政の基礎がここに固められたのでした。
 慶長19年(1614)11月、大坂の陣がおこりました。景勝は、25日、鴫野に陣を布き、翌26日、戦闘が行われました。この日、景勝は暁より夜まで大和川の堤に陣して、紺地日の丸の軍旗、毘の字の旗を押し立て、床几に座して観戦し、弾丸が雨と飛び来る中で少しも動じません。直江兼続は後備の軍を指揮して、戦況を監視し、これも陣にいて少しも動じません。先陣・ニ陣・前・右・左の各備の部将はよく指揮して敵を追いまくります。この戦況を眺めていた家康は、さすが上杉軍であると感心しました。
 この合戦で、先陣の将須田長義、右備の将水原親憲、軍奉行黒金泰忠、直江軍の将坂田義満等が家康より感状をもらいました。
 n翌元和元年の5月、再び大坂の陣がおこり、景勝も出陣しました。景勝は豪毅果断・潔白謹厳な方でした。刀剣を愛し、刀剣の鑑識眼もありました。上杉神社の宝物に伝わる名刀や遺品は、武人景勝の面影を今に偲ばせています。景勝は、元和9年(1623)3月20日、69才で逝去したので、新たに廟所を造って葬りました。景勝の霊は大正12年4月、松岬神社に合祀されました。
 上杉景勝は無用な私情を押し殺し、重々しく歩む覚悟を決めていた。その後、上杉景勝は寡黙な主君として上杉家を指導していく。その道のりは困難で、織田軍の侵攻、新発田重家の反乱、秀吉との駆け引きなど、一歩間違えれば滅亡必至の綱渡りを繰り返した。景勝が重用した家臣たちも姿を消していくが、その中でいつも景勝の傍らにあり、決して裏切らなかった直江兼続がいつしか重きを得ている。直江兼続は失われた家臣たちの仕事を一手に引き受け、主君とともに万難を乗り越えていく。これが直江兼続の誕生である。