下克上

下克上

 室町時代の後半は応仁の乱がきっかけで室町幕府の権勢が衰え、守護大名が京都に出向いて兵を指揮しているうちに、国もとに残っていた家臣らが実権を握ることが起き、各地で領土獲得のための争いが広がり、下が上を克する下克上の時代になった。

 下克上とは身分の下のものが上のものを実力で凌ぐことで、公家は武家に、将軍は管領に、守護は守護代や家老に、上位の者が下位の者に実権を奪われ、実力のある者が上に立つ時代となった。

 例えば都では将軍や管領の勢いが衰えると、その家来の三好長慶や松永久秀などが実際の政治を行うようになった。また関東でも関東公方の足利氏よりも家来の上杉氏の力の方が強くなった。

 それまでの武家社会では主君は血筋が重んじられたが、家臣にとっては主君は絶対的存在ではなかった。主君の血筋より自分たちの一族の存在・生命の継続の方が重要であった。主君と家臣は相互に依存・協力しあう運命共同体であったが、無能な主君に従えば自分たち一族の運命も尽きることになる。そのため家臣の意向を無視する主君は家臣団の衆議によって廃され、家臣の有力者が新たな主君となった。

 下克上の世の中では、どんな武将でも油断をすると、自分より下の者に滅ぼされ、家柄が低くても実力があれば地位の高いものを追い越すという激しい生き方になった。例えば応仁の乱の西軍の大将だった山名宗全は、ある貴族に「昔はこうだったなどと、昔のことばかり言っていて、時代が変わっていくのに気付かなかったから貴族は貧乏になり、武士に辱めれて天下を取られてしまった」と述べているこの言葉には、その頃の戦国武士たちの気持ちをよくあらわしている。

 家臣一族が主君の地位を奪って戦国大名となった例としては島津忠良・南部晴政・里見義堯らがいる。その他、管領の細川氏は守護代による主君廃立をたびたび行ない、陶晴賢は大内義隆を追放して討滅している。

 三好長慶は管領・細川晴元の家来だったが、やがて主人より勢いが強くなりついには将軍さえも自分の思う通りに動かせるようになった。三好長慶は下克上の見本のような武将であるが、この三好長慶でさえも、自分の家来の松永久秀の勢いに押されて死んでいった。

 室町幕府においては赤松氏が将軍・足利義教を殺害し(嘉吉の乱)、細川政元が将軍・足利義材を廃立させ(明応の政変)、松永久秀が将軍・足利義輝を殺害した。このように将軍であっても絶対的権威はなく実力者の都合によって命の危険にさらされるようになった。つまり将軍の勢力が衰えたことが下克上を引き起こした。

 このように家臣が主君を倒すことを下克上とよぶが、主君を廃しても家臣が主君にならず、主君の一族を新たな主君として擁立することがあった。赤松・細川・松永氏による下克上は、足利将軍を廃しても同じ足利氏の者を将軍にしている。つまりは足利将軍は飾り物に過ぎなかった。

 下克上は一族内でも起きた。武田信玄(晴信)による父・武田信虎の追放は家臣団による後押しがあったからで、家臣団による後押しを主君押込め」といった。戦国大名には織田信長のような専制的な大名もいたが、家臣団の衆議・意向を汲み取りながら領地を支配する大名が多くいた。

 室町時代の守護大名のうち、戦国時代を経て安土桃山時代まで存続したのは上杉家、結城家、京極家、和泉細川家、小笠原家、島津家、佐竹家、宗家の8家にすぎない。戦国時代には守護以外の者が守護に代わって支配することが頻発し、応仁の乱の有力者の中で戦国時代を生き抜いたのは細川氏のみである。

 下克上の典型例としては斎藤道三の美濃の国盗りがあげられる。この斎藤道三の下克上は、旧土岐氏の家臣たちの反感を招き、後に嫡男・義龍と敵対した際には、ほとんどの家臣が義龍側についた。

 斎藤義龍は道三の実子ではなく、旧守護・土岐頼芸の子であるという噂があった。そのような噂が立つ事自体が下克上に対しての混沌とした抵抗が大きかった事を示している。言葉を換えれば、斎藤道三と義龍との親子対立は、家臣らによる道三を押し込めることで、主導したのは家臣らであった。

 この下克上による戦国時代は徳川家康の全国制覇によって終止符が打たれた。家康自体も下克上の本人であったが、徳川政権以降は国内は安定し下克上の風潮は廃れた。しかしながら「主君押込め」の風潮は幕末に至るまで見られている。名君として名高い上杉鷹山の改革の成功も、改革に反対する家老たちによる主君押込めを乗り切ったからある。

 なお下克上と言っても、倒すのは直接の上位者で、さらなる上位者の権威は否定せずにその権威を借りる場合がある。織田信長は途中までは斯波義銀や足利義昭の権威を借り、最終的には足利義昭を追放するが、朝廷の権威は終生に至るまで利用している。

 安芸守護を討滅した毛利元就も室町幕府と朝廷には忠実であった。極悪人とされる宇喜多直家も勤王家としての側面を持っている。幕府官僚であった北条早雲(斎藤氏)による堀越公方家の討滅(伊豆国侵入)も、幕府の足利義澄の将軍擁立と連動していた。

 

朝倉孝景

 応仁の乱の初戦より西軍に属していた朝倉孝景の戦績は実にめざましいものであった。朝倉孝景は畠山義就が仕掛けた御霊社の合戦から、わずか3日後には東軍の斯波持種の宿所を急襲し、6月8日には京極持清を破り、11日には細川成之と戦い、さらに14日には武田信賢の兵を二条に破って劣勢にあった西軍の意地を見せた。

 朝倉孝景は越前の坂井郡黒丸を本拠とした国人で、守護・斯波氏に被官していた。それが斯波氏の息子の義廉と義敏による相続争いがからみ、朝倉孝景が義廉についたため、義廉と同じ西軍に属し、朝倉孝景の活躍は京都でたちまち評判になった。

 ところが朝倉孝景が京にいる間に、敵対する東軍の義敏が越前に攻め入り、地元の国人衆は東軍になびく者が多く出た。朝倉孝景は腹背から敵の攻撃を受け、そのため自国を心配する斯波義廉の命令で急遽帰国した。 しかし越前の国情は以前とは違っており、義敏の勢力が予想以上に拡大していた。

 危機に立った朝倉孝景は守護家の威力を痛感したが、この矢先に東軍の総帥・細川勝元が越前一国の守護を与えることを条件に東軍への寝返りを勧めてきた。守護代になった朝倉孝景はもともと一介の国人に過ぎなかった。その朝倉孝景にとって守護の地位は願っても叶えられない高嶺の花だった。そのため細川勝元の求めに応じ、1471年2月、将軍に奉公するという名分で朝倉孝景は東軍に寝返ったのである。

 1471年5月21日、将軍・義政の名で朝倉孝景の守護委任条が出された。これは細川勝元の力に拠るが、守護に成り上がった朝倉孝景は威厳を繕うため居城を一乗ヶ谷に移し、立烏帽子・狩衣のいでたちで城主になった。

 朝倉孝景は実力で主家の斯波氏から守護職を奪い取ったが、都の貴人たちからは「天下の悪事」と陰口を言った。これが実力による下克上の始まりであった。

 

斉藤道三

 商人守護が追い出して政権を乗っ取った代表例が美濃の守護大名・斉藤道三である。斉藤道三は行商の油売りから美濃一国の「国盗り」を成し遂げたのである。

 斉藤道三は京都の油商人で、一文銭の穴を通して油をツボに移すという奇抜な芸で人気を集め、行商をしながら美濃の情報を収集し、城内外の動きに通じるようになった。

 器用で頭が切れる道三は、美濃の守護・土岐氏の家臣・長井弥二郎に仕えると、主人である長井影弘を倒し、長井家の家督と所領を奪い、さらに長井の姓まで名乗るようになった。次に守護代だった斉藤家を乗っ取り斉藤の姓を名乗った。

 斉藤道三は土岐頼芸に気に入られて家臣になると軍事クーデターを起こして土岐頼芸を尾張に追放した。このように斉藤道三は家臣でありながら、長井家、斉藤家、土岐家の3家の主人を謀略で倒した。

 しかしながら斉藤道三は、土岐家や斉藤一族が隣国の朝倉・織田氏に逃げ込んだため、周囲を敵に囲まれ侵攻を受けることになる。そこで道三は娘の濃姫を織田信長に嫁がせ、斉藤家と織田家の和睦を成立させると道三は美濃を平定した。

 その後、斉藤道三は剃髪して隠居し、嫡男の斉藤義龍に家督を譲った。 義龍はかつて土岐頼芸の側室だった女性が産んだ子であり、出産が早かったため義龍は土岐頼芸の子で土岐家の正統な跡継ぎとの噂があった。斉藤道三は土岐家の血筋とされる義龍に家督を譲れば、土岐家の家臣たちが自分に従うとする読みがあった。

 義龍への家督譲渡は道三が実権を握るための計略であったが、義龍よりもその弟たちを偏愛するようになり、斎藤道三の非道を知る義龍は、次に自分が殺されると考え、その前に道三を倒すことを決意した。

 義龍は実父・土岐頼芸のかたきとばかりに挙兵すると、道三に不満を持つ旧土岐家の家臣たちが馳せ参じその数は1万7千となった。対する道三は2千700人ばかりであったが、道三は逃げずに立ち向かいその生涯を閉じた。策士が策に溺れる結果となった。

惣村

 鎌倉時代までは農民は荘園の中で地頭の支配下で働いていた。しかし鎌倉時代後期に「惣村」という村落共同体が誕生し、農民の集団的自立性をもたらした。

 この惣村という「日本稲作システム」は、水利や田植や稲刈り等などの多くの集団での課題を、惣村の皆で対処することで、高い生産性を確保することができた。また惣村は農村の自治組織で「私有」意識は極端に低く、次第に守護や地頭から自立した存在となった。
 それまでの農民は納税の為の戸籍や支配層からの影響で「一対婚」や「家父長」「家」制度を受け入れていたが、支配者層のように私権は殆どなかった。

 しかし農業を継承するために、農民は平等な成員の自治によって運営され,その意志決定は多数決によって決められた。つまり惣村は平等な共同体の文化そのものであった。

 農民は農地を持っているだけでは機能しないので、農民は寺院に集合して独自に話し合いで決め、これが発展して自治的な政治組織となった。この惣村の自治は農民の集団性の高さを誇り「日本文化」として農民の独自の自治を現代に伝えている。

 地頭や武士が荘園の中で多くの農民を支配したと思われがちであるが、乱世の世の中では農民も自力で防衛し、支配者からの過大な納税には一揆で対抗するようになった。

 

 一揆の世界
  室町時代、民衆はしばしば「一揆」と呼ばれる騒動を起こした。民衆は徳政令を求めて高利貸しの土蔵を打ち壊すだけでなく、大名同士の戦いに割って入って無理やり停戦させることがあった(山城国一揆)。
 倭寇といい一揆といい、南北朝から室町時代の日本人は、非常にバイタリティに富んだ政治意識の高い民族に成長していた。もちろん為政者の立場から見れば、これらは全て「悪しき下克上」である。
  ただこの民衆のパワーを「民度の向上」と手放しに喜ぶことは出来ない。彼らは権威を失った政府(朝廷と幕府)が無能であることを知るからこそ「俺たちが立たなければ」「自分の身は自分で守らなければ」という使命感に駆られたのである。
 またこの時代は、真宗(親鸞開祖)の一派である一向宗など、鎌倉新仏教系の新興宗教が大ブームとなった。これこそまさに政府の無能無策ぶりに不安になった民衆が、せめてもの心の慰めを宗教に求めたことの証である。朝廷の権威が凋落し、室町幕府の機能が衰え、各地で大名同士が私闘を繰り返し、商業資本が「座」と呼ばれる組合を傘に着て搾取を行う時代においては、民衆は政治的にも精神的にも強くならなければならなかった。しかしこのような過酷な環境だからこそ、豊かな日本文化が鍛えられ育まれたのである。

 

土一揆

 鎌倉時代の終わり頃から室町時代に、土一揆が主に近畿地方・中国地方などの西国で起きた。土一揆とは農民や地侍、馬借など比較的身分の低い一般人が起こした一揆(暴動)のことである。その目的は農民や馬借(運送業者)の借金のぼうびきで、幕府をおどし借金をなくす徳政令を出させた。室町時代には庶民の自治・連帯意識が強まり、何かあレバ団結して抗議活動が行われるようになった。

 当時は庶民の間にも貨幣経済が広くいきわたり徳政令を要求するようになった。この要求が西国に多く発生したのは、東国より西国で貨幣経済が発達していたからである。弱い立場のはずの農民が要求したことは、庶民に力が付いてきたことをあらわしていた。庶民といっても刀や槍を持っており、幕府や大名に対抗しうる存在になっていた。

 

山城国一揆

 応仁の乱に乗じて、地方の武士や農民たちが、自分たちの権益を守るべ く団結して守護大名に反抗した。特に、1485年に発生した山城国一揆は有名である。

 応仁の乱が終わった後も、応仁の乱の引き金となった畠山持国の子である政長と義就の小競り合いが続けられた。そのなかで畠山義就に付いていた山城代官の斎藤彦次郎が政長に寝返えり、それを知った畠山義就は河内や大和の国人(半農の武士)に集合をかけた。本来なら対立するはずの義就派の国人や政長派の国人たちが畠山義就に従うはずであった。しかし国人や農民は南山城に集結すると、独自の勢力として立ち上がったのである。

 国人はもともと半農で普段は村の農民と同じ生活をしていた。地元の国人と農民たちは、義就派でも政長派でもない第3の地元派としての勢力を持つことになる。1485年12月11日、集会を開いた国人たちは3つの掟を取り決めて両畠山氏に突きつけた。

 1、今後畠山両方の者は国中に入るべからず。2、畠山氏が横取りした荘園はすべてもとの荘園領主に返すこと。3、畠山氏が新たな関所を設けて税を取ってはならない。これを聞き入れられなければ、国人衆が攻撃すると決意の固さを見せた。

 地元の武士や農民たちが内紛が続く畠山氏を追い出し、自分たちの地を「惣国」と呼び国人・農民が一致団結して新たな自治国家をつくりあげたのである。8年間にわたり民衆が自治を行ったが、結局は鎮圧されてしまう。

 

加賀の一向一揆

 加賀の守護大名・富樫家で応仁の乱に呼応した内紛が起きた。当主・政親(まさちか)は石山本願寺に助けを求め、本願寺の蓮如は要望通りに当主・正親の下へ信徒を援軍として送った。信徒たちは他の豪族と協力して一度追い出された政親を再び家督につけた。蓮如としてはこれで富樫家が一向宗(浄土真宗)を大事にしてくれると思ったが、一向宗徒の力を恐れた政親は信徒と豪族を追い出してしまう。
 当然ながらこれに不満を抱いた信徒たちは豪族と結びつき、1488年6月9日、浄土真宗の本願寺派の組織を中心に僧侶、土豪(武士)、農民が団結した。南無阿弥陀仏と書かれたむしろを先頭に20万人の軍勢が守護・富樫政親がこもる高尾城を攻めた。高尾城を守る城兵はわずかに1万で富樫政親は自害した。
 浄土真宗(一向宗)による一向一揆は守護たちの頭痛の種となった。宗教を信じて集まった民衆は死を恐れなかった。死ねば浄土に行けるので死を恐れる者はなかった。

 ここに約100年間に渡る浄土真宗の農民による自治区が誕生した。しかし一揆勢の中でも内紛が勃発、続いて上杉謙信や織田信長と対立してゆく。1576年、柴田勝家が加賀方面の司令官に任じられ、幕下に前田利家や佐々成政などがつきいた。一向宗門徒の本願寺に支配が続いたが、1580年、柴田勝は約4年係で一向一揆を平定した。