豊臣滅亡

 関ヶ原の戦いは石田三成(西軍)対徳川家康(東軍)の戦いであって、豊臣対家康の戦いではない。西軍東軍ともに豊臣のために戦ったのである。そのため徳川家康が天下を取るためには豊臣を倒す必要があった。

 関ヶ原の戦い後、徳川家康は征夷大将軍まで3年かかっているが、新しい武士の棟梁になるには征夷大将軍になる必要があり、征夷大将軍になるには様々な手順が必要だったからである。まず征夷大将軍になるには源氏の流れが必要だった。豊臣秀吉のように関白として天下人になるのか、源頼朝のように征夷大将軍として幕府を開くのか、いずれにしても源氏長者の立場であることが必須だった。その準備に3年かかったのである。

 

征夷大将軍
 1600年12月19日、豊臣秀次が解任されて以来空位となっていた関白の座に、家康の推薦で九条兼孝が任じられ、豊臣氏による関白の世襲制を止めさせ、旧来の五摂家に関白職を戻どし、豊臣家は摂家のひとつにすぎないとした。しかしこれで豊臣秀頼の関白への道が完全に否定されたわけではない。

 関ヶ原の戦いの戦後処理を終えた家康は、1601年3月23日に大坂城・西の丸を出て伏見城で政務を執った。そこで征夷大将軍として幕府を開くため、徳川氏の系図を改め、家康は徳川氏の系図を足利氏と同じ源義家に通じるようにした。
 1602年、関ヶ原の戦いの戦後処理で処分が決まってなかった常陸国・水戸の佐竹義宣を出羽国の久保田に減転封し、代わりに武田氏を継承した五男・武田信吉を水戸藩に入れた。1603年2月12日、ついに後陽成天皇が宣旨が下し、家康を征夷大将軍淳和奨学両院別当右大臣に任命した。武家の棟梁が征夷大将軍への任官に伴いほかの官職を与えられことは足利義満からの慣例であった。
 同年3月12日、家康は伏見城から二条城に移り、3月21日御所に参内し、将軍拝賀の礼を行い年頭の祝賀を述べた。3月27日、二条城に勅使を迎え、重臣や公家衆を招いて将軍就任の祝賀の儀を行った。また4月4日から3日間、二条城で能楽が行われ諸大名や公家衆を招き饗応した。これにより征夷大将軍・徳川家康は武家の棟梁となる地位を確立した。


大御所政治
 1605年4月16日、徳川家康は将軍の座をわずか2年で退くと、嫡男・秀忠へ将軍を譲った。このことで将軍職は以後「徳川氏が世襲し、豊臣には渡さない」ことを天下に示したのである。また同時に、豊臣秀頼に新将軍・徳川秀忠と対面するように要請したが、豊臣秀頼はこれを拒絶した。

  1607年に家康は駿府城に移り、「江戸の将軍・徳川秀忠」に対して「駿府の大御所」として実権を握ったまま江戸幕府の制度作りを行った(大御所政治)。江戸には将軍徳川秀忠を置いたが、家康は駿河に移ってからも軍事、外交、文化、経済など実質的な判断を下した。

  朝鮮通信使と謁見して文禄・慶長の役以来断絶していた李氏朝鮮との国交を回復させた。また1609年にはオランダ使節と会見しオランダ総督からの親書を受け取り、朱印状による交易と平戸の商館の開設を許可した。

  1611年3月20日に義利(義直)・頼将(頼宣)・鶴松(頼房)を叙任させ「御三家」体制への布石をしいた。3月22日には、自らの祖先と称する新田義重に鎮守府将軍を贈官し、実父松平広忠には権大納言を贈官した。
 同年3月28日、二条城にて豊臣秀頼と会見、当初、秀頼はこれを徳川秀忠の征夷大将軍任官の際と同じように面会を拒絶するが、家康は織田有楽斎を仲介として上洛を要請し、淀殿の説得もあって、ついには秀頼は上洛することになる。この会見により、徳川公儀が豊臣氏よりも優位であることを示し、同4月12日に西国大名らに対し三か条の法令を示し、誓紙を取ったことで徳川公儀による天下支配が完成した。
 同年、スペイン国王フェリペ3世の親書を受け取り、両国の友好について合意したが、通商を望む日本に対しスペインの前提条件はキリスト教の布教であった。この前提条件は家康の経教分離を無視したことになり、家康を禁教に踏み切らせる真因となる。家康の対外交政策に貿易制限の意図がないことから、この禁教令が鎖国に直結するものではない。

 1613年、イングランド国王ジェームズ1世からの親書と献上品を受け取ると、朱印状による交易を許可し、平戸にイギリス商館の開設を許可した。

大坂の陣
  晩年を迎えた家康にとって豊臣氏は最大の脅威であった。豊臣氏は大名の位置に転落したとはいえ、なお特別の地位を保っていて、実質的に徳川氏の支配は及ばず、西国の大名の殆どが豊臣派の大名であった。また家康は将軍となったが、豊臣秀頼が同時に関白に任官するとの風説があった。家康が死ねば後の政権は豊臣秀頼が継ぐだろうと噂されていた。
 さらに家康は問題を抱えていた。それは将軍徳川秀忠とその弟・松平忠輝の仲が悪く、忠輝の義父である伊達政宗がまだ天下取りの野望を捨てていなかった。そのため伊達政宗松平忠輝を擁立して反旗を翻すことが懸念されたのである。また将軍家のなかでも徳川秀忠の子である徳川家光と徳川忠長のいずれが次の将軍になるかで対立していた。さらに禁教としたキリシタンの動向も無視できなかった。もしこれらが豊臣氏と結託して打倒家康で立ち上がれば、江戸幕府にとっては大きな脅威となった。

 家康は当初、徳川氏と豊臣氏の共存を模索する動きがあった。諸寺仏閣の統制を豊臣氏に任せようとしていた兆候もある。また秀吉の遺言を受け、孫娘・千姫を秀頼に嫁がせてもいる。しかし豊臣氏の人々は政権を奪われたことにより次第に家康に反発するようになった。豊臣氏は徳川氏との決戦に備えて多くの浪人を雇い入れていたが、それが天下に乱をもたらす準備であるとして幕府の警戒を強めた。
 このような中で結城秀康、加藤清正、堀尾吉晴、浅野長政、浅野幸長、池田輝政など豊臣恩顧の有力大名が次々と死去したため、次第に豊臣氏は孤立を深めていった。家康は70歳という年齢になり、成長した豊臣秀吉の息子・秀頼にも焦りが見えてきた。そのため、1614年の方広寺鐘銘事件をきっかけに豊臣氏の処遇を決するように動き始めたのである。

 

方広寺鐘銘事件
 関ヶ原の戦いから14年後である。現在も残る方広寺の梵鐘の銘文「国家安康」「君臣豊楽」の文字が刻まれ、これが問題となった。豊臣氏は家康の勧めで1614年4月に方広寺を再建し、8月3日に大仏殿の開眼供養を行うことになっていた。ところが幕府は方広寺の梵鐘の銘文中に不適切な語があるとして供養を差し止めた。問題にしたのは、方広寺の鐘に「国家安康、君臣豊楽」と銘が刻まれていたからである。「国家安康」は家康の名を切り離し呪いをかけているとし「君臣豊楽・子孫殷昌」を豊臣家の子孫の繁栄を願うとした。さらに「右僕射源朝臣」については「家康を射る」という言葉だと非難した「右僕射源朝臣」は右大臣の唐名で源家康を意味していたからである。
 さらに8月18日、京都五山の長老たちに鐘銘の解釈を行わせると、五山の僧侶たちは「この銘中に国家安康の一句、御名を犯す事はなはだ不敬」と返答した。これに対して豊臣氏は家老・片桐且元と鐘銘を作成した文英清韓を駿府に派遣し弁明したが、家康は会見を拒否し、逆に片桐且元を拘束した。豊臣家は片桐且元がいつまで経っても帰ってこないことを不審に思い別の使者を送ると、家康はすぐに面会して「豊臣家と対立する意思はない」と伝えた。しかしその後、家康は片桐且元に自身の怒りを伝へ「豊臣家が徳川家に逆らう意思がないのであれば誠意を示せ」と脅迫した。この結果、豊臣家は先に帰ってきた使者と片桐且元とで全く違う家康の考えを聞くことになり、片桐且元は秀頼の大坂城退去を提案し妥協を図ったが、疑心暗鬼となった豊臣家は片桐且元を追放するなど混乱した。さらに家康は「淀殿を人質によこせ」と無理難題をつきつけた。この嫌がらせに秀頼母子は堪忍袋の緒が切れ、浪人たちを大阪城に集め軍備を整えた。

 これを好機と見た73歳の家康は「豊臣方が挙兵した」とただちに諸大名に出動命令をだし、豊臣家に宣戦布告をした。この事件は豊臣氏を攻撃するために家康が以心崇伝らと画策した作とされている。言いがかりともいえるが、方広寺鐘銘事件は豊臣側の軽率が招いたもので挑発や呪詛と受け取られてもしかたないことである。この鐘は太平洋戦争中の金属供出を免れ現在も方広寺境内に残されている(重要文化財)。

大坂冬の陣
 1614年11月15日、家康は二条城から大坂城の攻めについた。20万人からなる大軍で大坂城を包囲したが、真田幸村らの活躍により大阪城の豊臣方は善戦する。そのため力づくで攻めずに、大坂城の外にある砦などを攻める局地戦に作戦を変更した。
 徳川軍は木津川口・今福・鴫野・博労淵などの局地戦で勝利を重ねたが、真田丸の戦いでは大敗を喫した。大敗を喫したが戦局を揺るがすほどの敗戦ではなく、徳川軍は新たな作戦を始めた。

 午後8時、午前0時、午前4時に一斉に勝ち鬨をあげ、午後10時、午前2時、午前6時に大砲を放ち、戦いに慣れていない淀殿を脅そうとしたのである。この砲撃作戦は成功し、落城の恐怖に怯えた淀殿は和睦を申し出てきた。家康は強固な大阪城を武力で落とすことにこだわらず、淀殿や女官の心理をよみ精神的に疲弊させる策略を用いて有利な条件で和睦にもち込んだのである。
 家康は和睦の翌日より一斉に外堀を埋め始め、和議の条件に反して外堀だけでなく内堀までも埋めてしまった。さらには豊臣側が行うと約束した作業も家康側が勝手に始めた。そのことを豊臣側が抗議するが、したたかな家康は初めから騙すつもりの和議であったため黙殺した。
 和議の条件は、本丸を残して二の丸、三の丸を破壊し外堀を埋めること。淀殿を人質としないで秀頼の身の安全と本領を安堵することであった。城中諸士についても不問を約束していた。内堀を埋めることは条件に入っていないが、もともと家康は騙すことを目的としていたので、1ヶ月も経たないうちに難攻不落の大阪城は本丸だけを残す無防備な裸城となった。

 

大坂夏の陣
 大坂夏の陣の頃、豊臣氏は主戦派と穏健派で対立していた。主戦派は和議の条件であった総堀の埋め立てを不服とし内堀を掘り返し、大量の兵糧を城へ運び、浪人を雇った。そのため幕府は「豊臣氏が戦いの準備を進めている」と詰問し、大坂城内の浪人の追放と豊臣氏の地方への国替えを要求した。さらに徳川義直の婚儀を理由に上洛に合わせて近畿方面に大軍を送り込んだ。そして豊臣氏が要求を拒否すると再度侵攻を開始した。
 籠城であれば勝利の可能性があったが、裸にされた大阪城では野戦に出るしかなかった。しかも大阪城に集められた兵は寄せ集めの軍兵である。豊臣氏は大坂城からの出撃策をとったが、兵力で圧倒的に不利であり、塙直之、後藤基次、木村重成、薄田兼相ら勇将を相次いで失った。

 ここで豊臣方の真田幸村が冬に陣に続き、夏の陣でも活躍を見せる。真田隊は3000の兵にて家康の孫である松平忠直隊(13000兵)を死に物狂いで撃破すると家康の本陣へと突入した。真田幸村隊は家康本陣を2度に渡って攻撃し、家康本陣を12キロも後退させた。一時は本陣の馬印が倒れ、家康自身も自決の覚悟をするほどの危機に見舞われた。家康は真田隊によって討ち取られたとされたが、それは家康の影武者だった。

 3度目の突入で真田隊は力尽き、真田幸村も無名兵士の槍に倒れ討ち死にした。大坂城は雪崩のように攻め寄せる15万人もの幕府軍を支えきれず、5月7日深夜に大坂城は陥落した。

  大坂城の燃え上がる炎は夜空を照らし、京からも真っ赤にそまる大坂の空の様子が見えた。5月8日、脱出した千姫による助命嘆願も無視され、秀頼と淀殿、その側近らは勝永の介錯により自害、勝永自身も自害した。ここに豊臣宗家は滅亡した。
「家康は秀頼の自害直前に保護しようとしたが間に合わず泣き伏したという」という説もあり、山岡荘八の小説「徳川家康」ではこの説をとっている。その後、大坂城は完全に埋め立てられ、その上に徳川氏によって新たな大坂城が再建された。秀吉の死後に授けられた豊国大明神の神号が廃され、豊國神社と秀吉の廟所であった豊国廟は閉鎖・放置されている。明治維新の後に豊国大明神号は復活し、東照宮に信長や秀吉が祀られている。

淀君

 淀君は1567年生まれ、本名はお茶々。母は信長の妹お市である。父は小谷城主の浅井長政。7歳の時に母の兄、織田信長に攻められ小谷城は落城し父・浅井長政は自害する。落城に際し、母のお市や妹たちとともに、織田の陣営に引き取られる。ところが「本能寺の変で、頼みの信長が明智光秀に殺害されたことから、彼女の人生も波乱に満ちたものとなる。
 まず母のお市は、織田家の有力武将、越前北ノ庄(福井県)の城主、柴田勝家のもとへ嫁ぎ、羽柴秀吉に攻められ、母は夫とともに自害し、お茶々たち3人の娘だけが秀吉の手に渡される。この後、お茶々は秀吉の側室となる。秀吉にはほかにもたくさん側室がいたし、長年連れ添ったねねが、正室・北政所としてえていた。それだけに心穏やかではなかったかもしれない。
 やがて、お茶々は身ごもり出産。不幸にしてこの子は早死にするが、まもなく2人目の子(秀頼)が生まれる頃から、秀吉は親ばかになり、お茶々は淀殿と呼ばれるようになる。秀吉の死後、秀頼が大坂城のあるじになると、秀頼に寄り添って離れない。そして北政所を大坂城から追い出してしまう。
 淀君は秀頼の教育において決定的な間違いを犯している。「カエルの子はカエルになれるが、太閤の子は太閤になれるとは限らない」ということに気付かなかったのだ。秀頼は秀吉とは違う。溺愛するあまり、秀頼は普通の子、秀吉と比べれば“ボンクラ”であることを見抜く冷静さに欠けていた。
 やがて彼女は挫折する。徳川方と戦ってはことごとく敗れる。実はこの戦いの前に、家康は秀頼が大和一国で我慢するなら命を助けてやろうと言っている。たぬきオヤジといわれた家康の真意のほどは分からないが、もしそれがホンネだとしたら、案外そのあたりが秀頼の能力にふさわしかったのではないか。そして、彼女にそれを受け入れる度量の広さや冷静さがあったら、母子して猛火の中でその生涯を終えることはなかったろう。
 関ケ原の戦い、大坂冬の陣、大坂夏の陣で、もう少し徳川家康の心理を読み、冷静に自陣の将兵に接すれば情勢は変わったのではないか。とくに名目上の総大将、息子の豊臣秀頼に対する教育ママぶりを抑える器量があれば少なくともあれほどあっけなく歴史上、豊臣氏が消えることはなかったろう。淀君の度を超えた虚栄心、権勢欲が豊臣氏を早期滅亡させたといっても過言ではない。

 

家康の最晩年
 1615年に家康は隠居の城として駿河沼津の柿田川の湧水にある泉頭城の再整備を命じたが、翌年、病に倒れ死去により泉頭城は立ち消えになった。
 1616年1月、鷹狩に出た先で倒れ、3月21日に朝廷から太政大臣に任ぜられた。武家出身の太政大臣としては平清盛、源義満、足利義満、豊臣秀吉に次いで5人目であったが、4月17日巳の刻に駿府城において死亡した。享年75。家康は当時としては長寿であり、徳川歴代将軍の中でも2番目に長命であった。
 2首を辞世の句として詠んでいる。
嬉やと 再び覚めて 一眠り 浮世の夢は 暁の空
先にゆき 跡に残るも 同じ事 つれて行ぬを 別とぞ思ふ
 死因としては鯛の天ぷらによる食中毒説が長くいわれてきたが、家康が鯛の天ぷらを食べたのは、1月21日の夕食で、死去したのは4月17日で日数がかかり過ぎている。ことから食中毒を死因とするには無理があり、現在、主流となっているのは胃癌説で、徳川実紀では家康の病状を「痩せていき、吐血と黒い便、腹にできた大きなシコリは、手で触って確認できるくらいだった」と書かれていることが胃癌説の論拠となっている。
いずれであれ、江戸城内では天ぷら料理は禁止されている。

日光東照宮
 1616年、徳川家康が駿府(静岡)で死去すると、葬儀は増上寺で行われ「安国院殿徳蓮社崇誉道和大居士」という浄土宗の戒名がつけれた。遺言によって遺骸は駿河の久能山に葬られ、久能山東照宮の納められたが、一周忌に下野国日光に改葬されることとなった。家康の遺言では「小き堂(小さなお堂)をたて」としていたが、江戸幕府は威信をかけ藤堂高虎を作事奉行とし1617年に社殿を完成させ、家康21年忌の1636年に大造替が行なわれ、今日見られる荘厳な社殿に改築された。宮大工は江戸はもとより京・大阪からも集められた。

 徳川家康は八州の鎮守を目指していた。八州の鎮守とは日本全土の平和の守り神で、家康は不動の北辰(北極星)の位置から徳川幕府の安泰と日本の恒久平和を目指していたのである。
 神号は秀吉が「豊国大明神」だったために明神は不吉とされ、山王一実神道に則って薬師如来を本地とする権現とされ、1617年2月21日に東照大権現の神号となった。東照社は東照宮となり、家康は江戸幕府の始祖として東照神君、権現様とも呼ばれ崇拝された。

 日光東照宮の建物には多様な動物の木彫像がみられる。これらの動物のほとんどは平和を象徴し、眠り猫は踏ん張っていることから、家康を護るために寝ていると見せ掛け、いつでも飛びかかれる姿勢ともいわれている。裏麺で雀が舞ってるが「猫も寝るほどの平和」を表している。猿の彫刻を施した8枚の浮彫画面があり、猿が馬を守る動物であるという伝承から用いられている。8枚の浮彫は猿の一生が描かれており、これは人間の平和な一生の過ごし方を説いたものとなっている。また日光の木彫像の中でよく知られている「見ざる、言わざる、聞かざる」で有名な三猿は神厩舎に造られた1枚に過ぎない。「見ざる、言わざる、聞かざる」は「幼少期には悪事を見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えで「自分に不都合なことは見ない、言わない、聞かない方がいい」という教えになる。

 日光東照宮の奥社は墓所となっている。他の霊廟としては松平氏の菩提寺である愛知県岡崎市の大樹寺や高野山の安国院殿霊廟など各地の東照宮に祀られている。また臨済宗の寺院としては東福寺の南明院が徳川家の牌所である。
 なお「谷中墓地」に徳川慶喜の墓地があるが、谷中墓地は都立谷中霊園の他に天王寺墓地と寛永寺墓地も含まれ、徳川慶喜の墓地は寛永寺墓地に属する。