吉田松陰

吉田松陰
 吉田松陰は長州藩士にして思想家、教育者、兵学者である。幕末の動乱期に松陰の松下村塾は2年間で多数の門下生を輩出し、明治維新の事実上の精神的理論者であった。

 吉田松陰は、文政13年(1830年)8月、長州藩の下級武士・杉百合之助の次男として萩の松本村に生まれている。松陰の生家は長州萩城下町(山口県萩市)を一望できる通称・団子岩にある一軒屋で、父の家禄は26石で貧しい生活で下級武士でありながら農業中心の生活をしていた。

 吉田松陰の幼名は杉虎之助で、松陰には兄と弟、四人の妹がいて、父は農作業に幼い兄と次男の松陰を連れていき、農作業をしながら武士としての心得や尊王の精神を教えた。
 吉田松陰には、他家に養子に行った吉田大助と玉木文之進という二人の叔父がいた。家から数百歩離れた所に父の弟、玉木文之進が居を構えていた。虎之助に対する基礎的な教育は、父以上に封建武士に特有な精神主義者のこの叔父に負うところが多かった。玉木文之進の教育は甘えや妥協を許さない極めて厳格なものだった。松陰は父と同時に、この叔父の大きな影響を受けて成長した。 また山鹿流免許皆伝の叔父の玉木文之進は自宅で松下村塾を開いていた。松下村塾は吉田松陰が初めに開いたものではなく、松陰の幼児期の教育はこの玉木文之進という叔父によってなされていた。

 もう一方の叔父の吉田大助は長州藩の兵学師範(山鹿流兵学)で兵学教育にあたった。山鹿流軍学師範は世襲制で、それを家職としていたが跡継ぎがなかったため、松陰は幼くして吉田家へ養子に出ることになる。

 ふらりの叔父から年齢を無視した厳格で求道者的な教育を受けたが、吉田大助が急死したため、吉田松陰は6歳にして吉田家の家督を継ぎ、9歳のときに明倫館の兵学師範に就任し藩校・明倫館で講義を行い、11歳のときに藩主毛利敬親の前で講義(親試)することになった、松陰は藩主を前の山鹿流「武教全書」戦法篇を朗々と講じ、その講義は藩主や重臣たちが目を見張るほどのものであった。その日から「松本村に天才あり」と松陰の名は萩城下に知れ渡った。
 松陰は19歳で、玉木文之進らの後見人を離れ、藩校・明倫館の独立師範(兵学教授)に就任。21歳の時、見聞を広めるために藩に九州遊学を申し出て10ヶ月の遊学が許可された。
 九州遊学で、平戸、長崎、熊本と旅を続け、山鹿万助、葉山佐内、宮部鼎蔵などの人物に会い見識を深めていった。中でも熊本藩の名士・宮部鼎蔵(みやべていぞう)とは国の防衛などについて意気投合した。宮部鼎蔵は松陰より10歳以上年上であったが、生涯の親友となった。宮部鼎蔵とは後の江戸遊学時に再会、東北旅行にも同行した。宮部鼎蔵は松陰死後、勤皇の大物志士として京都で活躍したが、池田屋事件で新撰組に急襲され自刃している。
 嘉永4年(1851年)3月、参勤交代に同行して江戸に遊学。そこで佐久間象山に出会う。同年12月には、宮部鼎蔵らと「水戸学」や「海防」などの勉強を目的とした東北の旅を計画するが、長州藩からの関所通過書(通行手形)が届かない。しかたないので「友との約束は破れない」として松陰は当時重罪覚悟の脱藩を実行する。脱藩した松陰は宮部鼎蔵らと水戸(茨城)、会津(福島)、弘前(青森)などを訪れ視察。江戸に戻った後、脱藩の罪で萩に送還される。

 松陰は藩に正式な手続きを取らないで、日本各地を歩き回ったため、その罪に問われて牢に入れられた。牢から出た後も、一切他国を出歩いてはならないと禁足処分となった。脱藩の罪により藩士の身分を失い、父・百合之助の保護下におかれたが、そのような制約を加えられても、門人に教えることを許された。

 松下塾は8畳10畳の二間しかない狭い塾であったが、ここから高杉晋作、久坂玄瑞、入江九一、吉田稔麿、寺島忠三郎、井上馨、山県有朋、伊藤博文、野村靖、品川弥二郎、前原一誠、山田顕義、山尾庸三、赤根武人など、錚々たる人材が育っていった。また驚くのは松陰がこの塾で若者たちを教えた期間がわずか2年にも満たないことだ。こんな短い期間に、あれだけ多くの英才が輩出したのだ。まさに奇跡といっていい。

 松陰は死学ではなく、生きた学問を教え、「人を育てつつ、自分を育てる」ということを実行。そして、彼には私利私欲というものが全くなく、「人間は生まれた以上必ず死ぬ。だからこそ生きている間、国のため、人のためになるような生き方をしなければならない」と考えていた。弟子たちは松陰のそういうところに心を打たれ、敬慕の念を募らせたのだろう。

 松陰の才を惜しんだ藩主から10年間の国内遊学の許可が出る。そして2度目の江戸遊学で佐久間象山に師事する。

密航計画
 江戸での遊学中の1853年6月、ペリー提督率いるアメリカ合衆国東インド艦隊が浦賀に来航(黒船来航)した。浦賀に出かけ黒船を観察した吉田松陰は大きな衝撃を受け、幕府の国防に対する不備を強く認識し、多くの志士たちが感じたように危機感を覚える。西洋列強各国から日本を守るためには黒船を作った西洋先進国を知ることと考え海外渡航を決意する。
 ペリーが去ってから1ヶ月に、プチャーチン率いるロシア艦隊4隻が長崎に入港した。吉田松陰はロシア船に乗り込む密航計画を立て長崎に向かったが、着いたときには艦隊は出航した後だった。松陰は再び江戸にもどったが、密航をあきらめなかった。
 1854年1月のペリー度目の来航の際、松陰は攘夷を唱えるより西洋の先進文化を知るため密航を再度計画した。松陰は弟子の長州藩足軽・金子重之助とともに密航を企てた。松陰と師弟関係を結んだのは、この金子重之助が一番最初になる。
 吉田松陰と金子重輔はペリーの船に乗り込もうと手を尽くしたがことごとく失敗。最後には、下田に移動したペリーの船に、夜間、小舟をこぎ寄せた。旗艦ポーハタン号上で、主席通訳官ウィリアムスと漢文で筆談し、アメリカ渡航の希望を伝えるが、アメリカと日本は条約を結んだばかりで、お互いの法律を守る義務があり、ペリー側は松陰たちの必死の頼みにも渡航を許可しなかった。松陰の密航計画はまたしても失敗した。その際、松陰たちがペリーに手渡した「日本国江戸府書生・瓜中萬二(松陰の偽名)、市木公太(金子重輔の偽名)、呈書貴大臣各将官執事」との書き出しから始まり、「外国に行くことは禁じられているが、私たちは世界を見たい。密航が知られれば殺される。慈愛の心で乗船させて欲しい」と訴えてる意の手紙が米国で発見されている。
 松陰と金子は自首し、江戸伝馬町の牢屋に入れられ、その後、萩に送還され、松陰は野山獄、金子は岩倉獄へと投獄される。松陰が下田から江戸に護送される途中、高輪の泉岳寺の前で「かくすれば かくなるものと 知りながら やむにやまれぬ 大和魂」と詠んだ。泉岳寺は忠臣蔵の四十七士の墓の前である。松陰は四十七士の気持ちと重ね合わせて詠んだのだろう。

 その後、金子重輔は劣悪な環境の岩倉獄で25歳で病死、松陰は金子の死を深く嘆き悲しんだ。野山獄に投獄された松陰は読書に没頭し、囚人達を相手に「孟子」の講義を始めた。野山獄の投獄された囚人は死刑あるいは無期懲役で出獄できるものはごくわずかであった。出獄できない囚人たちは何を今更学問の必要があるかと思い込んでいた。しかし松陰は勉学に励み囚人たちに講義を始めたのである。講義は松陰自らが世界の情勢を教え、日本の国力の充実や国防問題にまで及んだ。その講義は素晴らしく囚人たちは正座して学ぶようになった。囚人は次第に増え、牢の外から番人までも講義を聴くようになった。松陰の明確な講義は有名になり、自己の立場を明確にした主体性のある孟子解釈は松陰の主著となる「講孟余話」としてまとめられた。また、後に松下村塾の助教授となる富永有隣とも野山獄で出会った。吉田松陰の教えの原点は、牢獄の中にあったと言える。


松下村塾主宰
 松陰教育の原点となった野山獄に投獄されてから1年2か月が経ち、恩赦で野山獄から出獄すると実家の杉家で「幽囚」の自宅謹慎の身となった。
 松陰は自宅に設けられた幽囚室で、親族・近隣の者を相手に「孟子」の講義を再開した。幽囚室での「孟子」講義は、単なる解説ではなく、松陰独自の解釈で高い評判となり、次第に萩城下から青年が集まるようになった。
 吉田松陰の叔父・玉木文之進が開いた松下村塾は、近所で塾を営む久保五郎左衛門が名前を引き継いでいたが、松陰の幽囚室での講義を久保五郎左衛門が聴くようになると自然に松陰が塾の主となった。
 当初は3畳という僅かな幽囚室で講義を行なっていたが、受講者が増えると杉家の納屋を塾舎に改修し、ここに世に有名な松下村塾が誕生した。その後、松下村塾の存在は萩城下だけでなく長州藩からも才能ある若者達が集るようになった。松下村塾は、武士や町民など身分の隔てなく塾生を受け入れた。
 松陰が松下村塾で塾生たちの指導した期間はわずか2年余りに過ぎなかった。しかしその短い期間に、松陰は自分の信念を塾生たちにぶつけ、また教えるのではなく、塾生たちと一緒になって問題を考えていった。講義は室内だけでなく、農作業を共にしながら行なわれ心身両面の鍛錬に重点が置かれた。
 松陰は学問を「人間とは何かを学ぶことである」「人としていかに生きるか」であった。また「学問だけの学者になってはいけない。 学問は実行しなければならない」とも言い、学んだことを活かして実行に移す大切さを強く説いた。松陰は脱藩や密航を試みたが、自ら実行に実行を重ねたからこそ、若者の心は強く揺さぶられ惹き付けられのである。
 松陰の教育を受けた門下生達は、後に京都で志士として活動した者や、明治維新で新政府に関わる者など幕末・明治において大きな活躍を果たすことになる。門下生には初代総理大臣伊藤博文、山県有朋、高杉晋作、久坂玄瑞、吉田稔麿、入江九一、前原一誠、品川弥二郎、山田顕義、野村靖など枚挙に暇がない。
 松陰は門下生たちに行動を説く一方で自ら行動した。幕府の老中・間部詮勝が朝廷を厳しく取り締まるのを聞をきくと松陰は激怒し、間部詮勝の暗殺計画を実行しようとした。塾生に声をかけ要撃隊をつくり、藩には武器・弾薬の提供を願い出て藩を驚かせた。

 この行動は藩にとって危険人物として松下村塾の閉鎖が命じられ、松下村塾は閉鎖に追い込まれ、松陰は再度、野山獄に投獄された。その後、ついに幕府から松陰を江戸に送るようにとの命令が届いた。

吉田松陰の最期
 安政6年(1859年)5月25日早朝、吉田松陰は野山獄から護送用の籠に入れられ江戸に向かった。松陰が江戸に送られたのは、安政の大獄で獄死した梅田雲浜(小浜藩士で尊皇攘夷の志士。安政の大獄で逮捕)が、萩で松陰に会った事を話したためだった。
 江戸の評定所が松陰に問いただしたのは、梅田雲浜と話した内容と、京の御所に文書を置いたかという2点のみであった。しかし吉田松陰は幕府に自分の意見を言う絶好の機会と捉え、幕府が勅許なく日米修好通商条約を行ったことを激しく非難し、老中・間部詮勝の暗殺を企てたことを告白してしまう。
 人間を絶対的に信用し、必ず自分の思いは届くはずと考えた松陰ゆえの告白であったが、幕府評定所の役人は予想もしなかった老中暗殺計画に驚愕し、この時に松陰の命運が決まった。
 評定所の役人の態度から死を覚悟した松陰は、家族への「永訣の書」と門下生達に向けた「留魂録」を伝馬町牢獄で記した。留魂録は門下生達によって複写され、志士たちのバイブルとなった。
 安政6年(1859年)10月27日、評定所から「死罪」が言い渡され、即日処刑が行なわれた。吉田松陰、30歳であった。
 死に際しても平静でかつ潔い松陰の姿に、首切り役の山田浅右衛門は胸を打たれ、その様子を後々まで回顧している。「いよいよ首を斬る刹那の松陰の態度は、実にあっぱれなものであった。悠々として歩き役人どもに一揖(いちゆう)し、「御苦労様」と言って端座したのである。その一糸乱れぬ堂々たる態度は幕吏も深く感嘆した。
 江戸伝馬町の獄において斬首刑に処された吉田松陰は、わずか30年の生涯を閉じた。松下村塾が輩出した門人たちが明治維新の立役者となり、吉田松陰の死を持って門下生へ引き継がれた松陰の想いや志は後の世で大きく花開いた。現在、教育現場の荒廃が叫ばれているが、魂のきれいな教育者としての松蔭の生き方を知るべきだろう。

 松蔭の言葉

 吾れ今 国の為に死す 死して君臣に背かず 悠々たり 天地の事、 鑑照 明神に在り。
(私は今、国の為に死ぬ。死すとも、藩主への忠義、父母への孝行を尽くして、道に反することはない。天地は永遠で果てしなく広い。神様よ、私の行いの正しいことをご覧下さい)

 

志士は溝壑に在るを忘れず

万巻の書を読むに非(あら)ざるよりは、寧(いずく)んぞ

一己(いっこ)の労を軽んずるに

非ざるよりは、寧んぞ兆民の安きを致すを得ん。

 

仁とは人なり。人に非ざれば仁なし、禽獣これなり。
仁なければ人に非ず。禽獣に近き是なり。
必ずや仁と人と相合するを待ちて道と云うべし。

 

仮令獄中にありとも敵愾(てきがい)の心一日として忘るべからず。
苟(いやしく)も敵愾の心忘れざれば、一日も学問の切磋怠るべきに非ず。

 

己に真の志あれば、無志はおのずから引き去る恐るるにたらず
凡そ生まれて人たらば宜しく人の禽獣に異なる所以を知るべし

 

体は私なり、心は公なり
公を役にして私に殉う者を小人と為す

 

人賢愚ありと雖も各々一二の才能なきはなし
湊合して大成する時は必ず全備する所あらん

 

死して不朽の見込みあらば いつでも死ぬべし

生きて大業の見込みあらば いつでも生くべし

 

辞世の句

「身はたとい武蔵の野辺に朽ちるとも 留めおかまし大和魂」

これは江戸・伝馬町の牢内で斬首された吉田松陰の「最期の言葉」辞世の句だ。さらに「かくすればかくなるものと知りながら やむにやまれぬ大和魂」。これは安政元年(1854)正月、米艦六隻を率いたペリー再度浦賀港に現れた時、米艦に乗り込み密航を企て交渉しようとして失敗。自首して江戸の獄に下る時に詠んだもである。両句とも「大和魂」で結ばれているように、日本という国の行く末を見つめた憂国の心情があふれている。