文治政治

武断政治から文治政治へ
 江戸時代の初期、幕府は各大名に厳しい態度で臨み、大名に少しでも落ち度があれば外様や譜代、あるいは親藩の区別なしに容赦なく取り潰した。
 改易の中で最も多かったのは、跡継ぎが決まらないうちに大名が死亡してしまう場合である(無嗣断絶)。関ヶ原の戦いで西軍を裏切った小早川秀秋や、徳川家康の四男の松平忠吉らが無嗣断絶で改易となっている。無嗣断絶は大名にとって深刻な問題で、大名が元気なうちに後継者を決めておくべきであるが、子がいない大名が弟を養子に決めた後に実子が生まれた場合には、お家騒動の原因となり改易の口実を幕府に与えた。また人間はいつ死ぬかわからないので、万が一の場合に急いで跡継ぎを決める末期養子を幕府は認めなかった。そのため多くの大名が改易され、様々な影響を社会にもたらした。武力に優れた侍が必要な戦国時代と違い、平和な社会で新たな召し抱えが滅多にない江戸時代は、大名の改易によって職を失った家臣の再就職は非常に困難であった。
 武士が農民や町人として再出発することは至難の業で、何よりもプライドが許さなかった。そのため大名の改易によって誕生した数十万人の浪人は職にあぶれ失意の日々を送っていた。
 活路を見出そうと多くの浪人が江戸にやってきたが、厳しい現状が変わるわけではない。食いつめた浪人の中には、自分たちをこんな境遇に追い込んだのは政治のせいであると幕府を深く恨んだり、苦しい生活から盗賊などに身を落とす者もいて社会不安が増大した。
 1651年、3代将軍の徳川家光が48歳で死去して子の徳川家綱(いえつな)が4代将軍になったが、新将軍はまだ11歳と幼く、老中の松平信綱や、家綱の叔父である保科正之らが政治を行っていた。新将軍は少年で、これを絶好の機会として、幕府を倒して浪人を救済しようとした男がいた。その名を由井正雪(由比正雪)という。
 正雪は江戸を焼き討ちして、幕府が動揺している間に江戸城を乗っ取り、同時に大坂や京都でも一揆をおこして天下を混乱に陥れようとしたが、計画が事前に幕府に漏れて未遂に終わり、1651年7月、正雪は自害した(由井正雪の乱)。由井正雪の計画は失敗したが、あわや幕府転覆という事態が起きそうだったことに、幕府に大きな衝撃を受けた。そしてこの事件をきっかけに、幕府は武力で世の中を支配するとした武断政治を大きく変更することになった。
 由井正雪の乱が起きたのは大名の改易で多くの浪人が発生したと考えた幕府は、それまで認めなかった末期養子の禁を緩和して、17歳以上50歳以下の大名に認めることにした。やがて成人した家綱は、1663年に代替わりの武家諸法度を発布し、大名が死亡した後の家臣の殉死を禁止した。これは、大名と家臣との関係は一代限りでなく、跡を継いだ主人に対してもこれまでどおり奉公しなければならないという、主君に忠誠を誓う朱子学の概念に由来たものである。このような幕府の政治姿勢は、それまでの武断政治から平和的な秩序の確立を目指す文治政治へと大きく転換させることになり、家綱の次の将軍の治世で大きく花開くことになる。
 なお家綱は全国の大名に対して領地宛行状を発給して将軍の権威を確認し、幕府の直轄領において大規模な検地を行い収入の安定を図った。また、末期養子の禁の緩和によって上杉謙信ゆかりの米沢藩が改易を免れた。この際に末期養子となった上杉綱憲(つなのり)は、忠臣蔵で有名な吉良上野介の息子である。
 末期養子の禁止の緩和や殉死の禁止などの政策は、家綱の後見役であった保科正之が深くかかわっていた。2代将軍徳川秀忠の子として、家臣に預けられて育った正之であったが、実直な人柄や優秀さによって異母兄の3代将軍徳川家光に可愛がられ会津23万石の藩主となった。
 家綱の治世において保科正之は様々な政策を実行した。幕府が大名の重臣の子弟を人質にとって江戸に住まわせる大名証人制度を廃止し、江戸の水源不足を補うために引かれた玉川上水は、21世紀の現代でも使用され続けるほど完成度の高いものとして有名である。また、1657年に江戸の町を焼き尽くした明暦の大火によって、壮大な江戸城の天守閣が焼け落ちたが、天下泰平の世に天守閣は不要として再建しないことを決め、代わりに江戸の道路を広げるなど都市機能の復興に全力を挙げました。保科正之の子孫は松平氏を名乗り、会津藩主として幕府を支えた。幕末には京都守護職の重責を担い、新選組を率ひきいて滅びゆく幕府を懸命に守った松平容保(まつだいらかたもり)も会津藩主である。

正徳の治
 徳川綱吉には跡継ぎの男子がおらず、兄で先に亡くなった徳川綱重(つなしげ)の子である綱豊(つなとよ)を養子にしていた。綱吉の死後に6代将軍となった綱豊改め徳川家宣(いえのぶ)は、柳沢吉保を退けて朱子学者の新井白石や側用人の間部詮房(まなべあきふさ)を登用し、天災続きで停滞した政治の刷新を図った。白石や間部は家宣亡き後に4歳で跡を継いだ7代将軍の徳川家継にもそのまま仕えた。彼らによる政治を当時の代表的な元号から正徳の治という。
 家宣が跡を継いで真っ先に行ったことは生類憐みの令の廃止であった。歴史教科書には「廃止によって家宣が庶民の喝采を呼んだ」と書かれていることが多いが、確かに食生活などにおける不満は高かったが、20年以上に及んだ法令で世の中の価値観が一変したことで、その役目を終えたというべきである。
朱子学者であった新井白石は、文治政治をさらに推し進め、儒教の精神に基づく道徳論や権威に従って様々な政策を行ったが、その結果は明暗がはっきりと分かれるものでした。
 正徳の治の頃の皇室は、綱吉の治世の間に禁裏御料こそ3万石に増額されたが経済的に厳しい状態に変わりはなく、皇子や皇女の多くが出家していた。このままでは皇室の血が途絶えてしまうと思った新井白石は、それまで三家あった宮家(皇室のうち代々皇族の身分の保持を許された家系)を一つ増やしました。新たな宮家は当時の第113代東山天皇の子である直仁親王(なおひと)によって立てられ、閑院宮家(かんいんのみやけ)と呼ばれましたが、実は設置から約半世紀後に皇室の直系の血が絶え、閑院宮家から第119代の光格天皇が誕生した。
 この光格天皇の血統は現代の天皇陛下から秋篠宮文仁親王殿下(あきしののみやふみひと)を通じて悠仁親王殿下(ひさひと)までつながっている。つまり新井白石が閑院宮家の創設に助力したことによって、現代にも皇室の血統が脈々と受け継がれているのである。その意味において新井白石の功績は大きいものがあった。