農業/商工業

農業/商工業

 南北朝の60年余にも及ぶ戦乱の中で、日本の人口はおおむね増加傾向だった。気候が温暖期になったこともその理由の一つだが、日本国内の内戦は、欧米や中国とは違い残酷な殲滅戦が発展しなかったからである。日本は自然環境に恵まれ、極端な食糧難が生じにくいため、食糧をめぐる殺し合いを行う必要が乏しいのである。しかも南北朝の戦乱は、要するに武士団相互の利害闘争に過ぎないので、庶民はそれを遠くから観望していれば良かった。もちろん、戦場付近の農地は荒らされ、略奪にあったが、社会全体としての損失はそれほど深刻なレベルではなかった。

農業

 室町時代の農業は、生産性を高めるために集約化、多角化されたことが大きな特徴である。灌漑や排水設備が整備され、畿内ではそれまでの二毛作に加えて、米・麦・そばの三毛作が行われるようになった。

 また水稲の改良により早稲・中稲・晩稲などの品種が栽培されるようになった。肥料としてはそれまでの刈敷や草木灰に加えて、ヒトの排泄物である下肥が用いられるようになり、地味(土地の質)の向上や収穫の安定化をもたらした。

手工業

 手工業が盛んになったことで原料となる苧(からむし)や桑、楮(こうぞ)、藍(あい)、茶などの栽培が広まり農村での加工業が発達し商品として流通するようになり、農民の生産性は向上して暮らしは豊かになった。暮らしが豊かになったことから生活に余裕が生まれ、物資の需要が高まり農村でも次第に商品経済が発達していった。商品経済の発達は地方の産業の繁栄につながり、その結果として加賀や丹後の絹織物や美濃の美濃紙、尾張や近江の陶器や河内の鍋など、各地の特色を生かした様々な特産品が製造されるようになった。

 製塩は瀬戸内海の沿岸で盛んに行われ、塩田に海水をくみ上げ自然に蒸発濃縮して煮つめる揚浜法(あげはまほう)、伊勢地方などで潮の満ち引きを利用して海水を導入する入浜法が行われた。

 鍛冶では刀剣や農具の製作が盛んとなり、武士の必需品の刀剣は日明貿易の主要な輸出品として備前や山城、大和などで多数つくられた。

 手工業の同業者組合である座もその種類や数を増やして各地域に広まり、中には朝廷や大寺社の権威のもとで、通行税(関銭)の免除や独占的販売権を認められて、全国的な商売を展開した座もあった。その一方で座に加わらない新興商人もあらわれ、座と対立するようになった。

商品経済

 農業や手工業の発達にともない、商品経済の発達によって、各地における取引が盛んとなった。地方でもそれまでの月に三度開かれた三斎市から、応仁の乱後には月六回の六斎市が一般的になった。また、連雀商人や振売と呼ばれた行商人が各地で活動し、薪や炭などを頭に乗せて売り歩く大原女などの女性の活躍が目立った。

 この他、京都や奈良・鎌倉などの大都市では見世棚と呼ばれた常設の小売店舗が一般化した。さらには商品の取引量の増加によって、京都の米場や淀の魚市のように、特定の商品だけを扱う市場も現れた。

貨幣の流通

 商品経済の発達は必然的に貨幣の流通をもたらしたが、国内で貨幣が発行されなかったため、宋銭や永楽通宝などの明銭が大量に輸入された。現金を直接送付する場合のリスクを避けるために為替の利用も盛んとなった。需要の増大とともに粗悪な私鋳銭も流通し、取引に当たって悪銭を選んで捨て、良質の貨幣のみを求める撰銭が行われた。これを受けて幕府や大名などは良銭の基準や悪銭と良銭の混入比率を定めた撰銭令(えりぜにれい)を出して銭の円滑な流通を目指した。

 こうした貨幣経済の発達は金融機関の活動をうながしました。酒屋などの富裕な商工業者は、高利貸を兼ねるようになり、幕府は彼らを保護する代わりに土倉役や酒屋役などの営業税を課した。

交通手段

 商業流通の活発化によって、物資を輸送するための海や川、陸における交通手段も発達した。水上の輸送では廻船業者が活躍したほか、交通の要地に鎌倉時代の問丸から発達した問屋が置かれ地方都市の繁栄をもたらした。この他にも多数の物資を運ぶため、京都の輸送路を中心に各地で馬借や車借などの運送業者が活躍した。