奈良大仏

聖武天皇

 奈良の大仏は、当時世界一の大きさであった。超大国であった中国・唐にもない世界最大の金銅仏を途上国の日本が作ったのである。莫大な費用と、高度な技術を要する世界最先端のハイテク建造物であった。

 聖武天皇は、743年に金銅仏鋳造の詔を出した。この詔は仏教の力を借りて天下を安泰にし、国民を幸福にするために大仏を建立することであった。ところが2年前の741年には、朝廷は厄災のために全国各地方ごとに国分寺・国分尼寺を建立する詔を出し、全国的にエ事に取りかかっていた最中だった。国分寺・国分尼寺の建立だけでも大変な大事業なのに、さらに大仏をつくろうとしたのである。

 ちょうどこの時代は、凶作・飢饉・地震・疫病とさまざまな災害が頻発て、国家財政は極めて苦しかった。それにもかかわらず聖武天皇はこの難事業を強行したのである。強行にはそれなりの理由があった。

 藤原不比等は娘を聖武天皇の皇后にしたかったが、藤原氏は皇族ではないので娘は皇后にはなれなかった。これを主張したのが長屋王であった。そんな時、聖武天皇様と娘の間に子供ができ、聖武天皇様も藤原不比等も大喜びであった。しかし子供は1歳にもならないうちに亡くなってしまった。すると藤原不比等は「長屋王が呪い殺した」無い事、無い事、言いふらし、ついに長屋王は自殺してしまう。729年に謀反の罪で自殺をしいらた左大臣長屋王は安積親王に次ぐ皇位継承者であったが、藤原氏は藤原系以外の天皇を認めなかった。当時の政権を牛耳っていたのは藤原4兄弟である。藤原4兄弟はこの「邪魔者・長屋王に無実の罪」をきせてこの世から葬り去ったのである。これ長屋王の変である
 長屋王いなくなり反対するものがいなくなった藤原不比等は、 聖武天皇の皇后に娘の藤原光明子光明皇后)とした。藤原光明子(光明皇后)は皇族以外から皇后になつた初の女性であった。

 ちょうど同じ頃、聖武天皇の別夫人・県犬養広刀自が安積親王を産んだが、安積親王が藤原氏の血を引いていないため、藤原氏にとって聖武天皇の後継者に安積親王はふさわしくなかった。朝廷を牛耳っていた藤原不比等は、藤原一族の繁栄から持統天皇系の男子と藤原系の女子の間に産まれた子どものみが皇位を継承するものとしていた。

 肝心の光明皇后は男子を授からず、しびれをきらした聖武天皇は、光明が産んだ長女阿倍内親王を皇太子に指名したのである。これまで女性の天皇は何人かいたが、女性の皇太子は前代未聞のことであった。この女性皇太子は、後に道鏡とのスキヤンダルで脚光を浴びることになる称徳天皇(孝謙女帝)であった。

 ところがこの時期、都に異変が起こり始めた。災害が起こり、天然痘が流行った。藤原不比等の兄弟4人も次々に天然痘で死んしまった。これは「長屋王の呪い」と朝廷は大慌てで遷都もしたが、それでも災いは全然治まらない。もう朝廷もどうして良いのか分からないので宗教に頼り、国分寺や国分尼寺を建て、さらに長屋王の呪いから「奈良の大仏」がつくられたのである。 宝物を納めておく有名な『正倉院』もこの時に出来た。

 藤原氏が恐れたのは阿倍内親王であった。聖武天皇の仏教への傾倒を恐れた阿倍内親王は、熱心な仏教信者である光明皇后とその背後に君臨する藤原氏を警戒した。阿倍内親王は聖武天皇に働きかけて雖波遷都を実現し、聖武天皇を藤原氏から切り離し、安積親王の擁立を考えていた。

 元正太上天皇に脅威を感じた藤原氏は、皇位継承問題に断を下すことになる。それが安稂親王の死であった。安積親王の死は「脚病」とされているが暗殺されたと考えられた。

 

怨霊封じのための大仏

 続日本書紀では、光明皇后が国分寺分と東大寺の造営の発案者で、東大寺・大仏の造営は聖武天皇と光明皇后の合作としている。光明皇后が国分寺・国分尼寺の建立を聖武天皇に勧め、工事が未完成のうちに大仏の造立を聖武天皇に強く求めたのである。

 光明皇后が大仏の建立にこだわったのは、跡継ぎの子が生まれず、皇后の兄(藤原4兄弟)が天然痘で死去したことがあった。さらに皇位継承のために長屋王が滅ぼされ、さらに大津皇子、高市皇子らを抹殺した祟りが災いを引き起こしたと考えたからである。

 天災や疫痫への恐怖、怨霊の恐怖、つまりその怨霊封じのために奈良の大仏が造営されたのである。

 743年、聖武天皇は大仏造立の詔を出し、行基をはじめとした多くの人びとをこの大事業に参加させた。

それまで行基は小僧行基と朝廷から
罵られ弾圧されてきた。国家統制の枠組みに入らず、自ら民衆に禍福を説いたことからである。しかし橋をかけたり、池を掘ったり、運脚らを救うために布施屋を作ったり、社会事業に盛んに取り組んだことから民衆から行基菩薩と呼ばれ絶大な信頼を集めていた。この行基の民衆結集力を、朝廷は大仏造立に利用したのである。行基は大僧正に任命され、大仏造立に協力した。

 

大仏は華厳経の本尊で、正式には盧舎那仏(るしゃなぶつ)という。この盧舎那仏は光明遍照を意味していた。つまり盧舎那仏は太陽神崇拝から考え出された仏であり、大乗仏教では仏法そのものとされている。

 

大仏を安 置する東大寺の正式名は「金光明四天王護国之寺」で、これは全国に造られた国分寺と同じ名称である。つまり東大寺は全国に置かれた国分寺の総本山 「総国分寺」で、奈良の大仏は各国の国分寺に安置されている丈六仏(釈迦如来像)を総じる役割を担っていた。聖武天皇は社会不安に動揺する我が国を、盧舎那仏と諸国に配置された丈六仏を結ぶ仏法のネットワークによって押さえ込み、攘災招福をはかろうとしたのである。

 749年、陸奥国で黄金が発見されると、聖武天皇はこれを瑞祥として年号を「天平感宝」に改号して、娘の阿倍内親王に天皇を譲位し孝謙天皇が誕生した。さらに聖武太上天皇は出家して法名を勝満とした。

 

752年4月9日、孝謙天皇によって、大仏の開眼供養が盛大におこなわれ た。聖武太上天皇、光明皇太后、孝謙天皇はじめ、インド僧・中国僧ら1万人以上が参加した。バラモン僧の菩提僊那が筆で大仏に目を入 れ、仏哲がベトナムの音楽(林邑楽)を奏でた。