奈良大仏

聖武天皇

 奈良の大仏は世界一の大きさだった。超大国であった中国・唐にもない世界最大の仏を途上国の日本が作ったのである。莫大な費用と、高度な技術を要する世界最先端のハイテク建造物であった。

 聖武天皇は、743年に金銅仏鋳造の詔を出した。この詔は仏教の力を借りて天下を安泰にし、国民を幸福にするために大仏を建立することであった。この2年前の741年には、朝廷は厄災のために全国各地方ごとに国分寺・国分尼寺を建立する詔を出し、全国的にエ事に取りかかっていた最中だった。国分寺・国分尼寺の建立だけでも大変な大事業なのに、さらに大仏をつくろうとしたのである。

 ちょうどこの時代は、凶作・飢饉・地震・疫病とさまざまな災害が頻発て、国家財政は極めて苦しかった。それにもかかわらず聖武天皇はこの難事業を強行したのである。強行にはそれなりの理由があった。

 藤原不比等は娘を聖武天皇の皇后にしたかったが、藤原氏は皇族ではないので娘は皇后にはなれない。この皇室の慣例を主張して反対したのが長屋王であった。そんな時、聖武天皇様と娘の間に子供ができ、聖武天皇様も藤原不比等も大喜びであった。しかし子供は1歳にもならないうちに亡くなってしまった。すると藤原不比等は「長屋王が呪い殺した」などとあり得ない事を言いふらし、ついに長屋王は自殺してしまう。

 729年に謀反の罪で自殺を強いられた左大臣長屋王は安積親王に次ぐ皇位継承者であったが、藤原氏は藤原系以外の天皇を認めなかった。当時の政権を牛耳っていたのは藤原4兄弟で、藤原4兄弟はこの「邪魔者・長屋王に無実の罪」をきせてこの世から葬り去ったのである。これが長屋王の変である
 長屋王いなくなると、反対するものがいなくなった藤原不比等は、 聖武天皇の皇后に娘の藤原光明子光明皇后)を嫁がせた。藤原光明子(光明皇后)は皇族以外から皇后になつた初の女性であった。

 ちょうど同じ頃、聖武天皇の別夫人・県犬養広刀自が安積親王を産んだが、安積親王が藤原氏の血を引いていないため、藤原氏にとって聖武天皇の後継者に安積親王はふさわしくなかった。朝廷を牛耳っていた藤原不比等は、藤原一族の繁栄から持統天皇系の男子と藤原系の女子の間に産まれた子どものみが皇位継承すべきとしていた。

 肝心の光明皇后は男子を授からず、しびれをきらした聖武天皇は、光明が産んだ長女阿倍内親王を皇太子に指名したのである。これまで女性の天皇は何人かいたが、女性の皇太子は前代未聞のことであった。この女性皇太子は、後に道鏡とのスキヤンダルで脚光を浴びることになる称徳天皇(孝謙女帝)であった。

 ところがこの時期、都に異変が起こり始めた。災害が起こり、天然痘が流行った。藤原不比等の兄弟4人も次々に天然痘で死んしまった。これは「長屋王の呪い」と朝廷は大慌てで遷都もしたが、それでも災いは全然治まらない。もう朝廷もどうして良いのか分からないので宗教に頼り、国分寺や国分尼寺を建て、さらに長屋王の呪いから「奈良の大仏」がつくられたのである。 宝物を納めておく有名な正倉院もこの時に出来た。

 藤原氏が恐れたのは阿倍内親王であった。聖武天皇の仏教への傾倒を恐れた阿倍内親王は、熱心な仏教信者である光明皇后とその背後に君臨する藤原氏を警戒した。阿倍内親王は聖武天皇に働きかけて雖波遷都を実現し、聖武天皇を藤原氏から切り離し、安積親王の擁立を考えていた。

 元正太上天皇に脅威を感じた藤原氏は、皇位継承問題に断を下すことになる。それが安稂親王の死であった。安積親王の死は「脚病」とされているが暗殺されたと考えられた。

 怨霊封じのための大仏

 続日本書紀では、光明皇后が国分寺分と東大寺の造営の発案者で、東大寺・大仏の造営は聖武天皇と光明皇后の合作としている。光明皇后が国分寺・国分尼寺の建立を聖武天皇に勧め、工事が未完成のうちに大仏の造立を聖武天皇に強く勧めたのである。

 光明皇后が大仏の建立にこだわったのは、跡継ぎの子が生まれず、皇后の兄(藤原4兄弟)が天然痘で死去したことがあった。さらに皇位継承のために長屋王が滅ぼされ、さらに大津皇子、高市皇子らを抹殺した祟りが災いを引き起こしたと考えたからである。

 天災や疫痫への恐怖、怨霊の恐怖、つまりその怨霊封じのために奈良の大仏が造営されたのである。

 743年、聖武天皇は大仏造立の詔を出し、行基をはじめとした多くの人びとをこの大事業に参加させた。

それまで行基は小僧行基と朝廷から
罵られ弾圧されてきた。国家統制の枠組みに入らず、自ら民衆に禍福を説いたことからである。しかし橋をかけたり、池を掘ったり、運脚らを救うために布施屋を作ったり、社会事業に盛んに取り組んだことから民衆から行基菩薩と呼ばれ絶大な信頼を集めていた。この行基の民衆結集力を、朝廷は大仏造立に利用したのである。行基は大僧正に任命され、大仏造立に協力した。

聖武天皇の詔
 聖武天皇は次のような詔を出している。
「万代の福業をおさめて、動植ことごとく栄えむとす」。これは人間だけでなく、動物も植物も、みんなが栄える世にしたい。だから大仏造立を決意したとしている。さらに詔は続く。
「天の下の富を有つは朕(われ)なり。天の下の勢(いきおい)を有つ者は朕なり。この富と勢をもって、この尊き像を造らむ。事成り易く、心至り難し」。

 天下の富と権力を持つのは私なのだから、その富と権力で大仏を造ろう。しかし富と権力で造るのなら簡単だが、それでは心がこもらない。だからだめだと聖武天皇はいう。
 つまり「大仏造立に関わる人は、一人一人が自分の盧舎那仏を造るように。造っている最中から日に三度、盧舎那仏を拝みなさい。さらに「人有(あり)て、一枝の草、一把(にぎり)の土を持ちて、像を助け造らむと情(こころ)に願はば、恣(ほしいまま)に聴(ゆる)せ」。「もし誰かが一枝の草や一握りの土を持ってきて、自分も大仏造立を手伝いたいと言ったならば、これを許せ」と言っている。
 力もない、お金もない。でもみんなを幸せにする事業に自分も関わりたい。そういう人たちを聖武天皇は願っていた。そういう人たちの力を結集して造らなければ大仏を造る意味がないと考えていた。「責めは予(われ)一人にあり」。
 政治に問題があるから災厄がおきる。人々の苦しみの責任は私一人にある。人々を幸せにしたいために大仏を造っである。

開眼供養

 

752年4月9日、大仏の開眼供養が盛大に行われた。開眼供養とはできあがった仏像の眼を書き入れる儀式で、仏像の完成式典である。ちなみに大仏の正式名称は「奈良の大仏」ではなく「盧舎那仏坐像(るしゃなぶつざぞう)」という。盧舎那仏という仏様が座っている像になる。大仏は華厳経の本尊で、この盧舎那仏は光明遍照を意味している。つまり盧舎那仏は太陽神崇拝から考え出された仏であり、大乗仏教では仏法そのものとされている。

 

大仏を安置する東大寺の正式名は「金光明四天王護国之寺」で、これは全国に造られた国分寺と同じ名称である。つまり東大寺は全国に置かれた国分寺の総本山 「総国分寺」で、奈良の大仏は各国の国分寺に安置されている丈六仏(釈迦如来像)を総じる役割を担っていた。聖武天皇は社会不安に動揺する我が国を、盧舎那仏と諸国に配置された丈六仏を結ぶ仏法のネットワークによって押さえ込み、攘災招福をはかろうとしたのである。

 749年、陸奥国で黄金が発見されると、聖武天皇はこれを瑞祥として年号を「天平感宝」に改号して、娘の阿倍内親王に天皇を譲位し孝謙天皇が誕生した。さらに聖武太上天皇は出家して法名を勝満としている。

 

752年4月9日、孝謙天皇によって、大仏の開眼供養が盛大におこなわれ た。聖武太上天皇、光明皇太后、孝謙天皇はじめ、インド僧・中国僧ら1万人以上が参加した。眼を書き入れたのは菩提僊那(ぼだいせんな)というインド出身の高僧で、筆には長い長い紐が付けられていて、参列者たちはその紐を握ることによって仏との縁を結んだ。仏哲がベトナムの音楽(林邑楽)を奏でながら行われた。

 ちなみにこの時に使われた紐や筆は今も正倉院に残されている。

大仏の作り方

 大仏作りには高度な技術や260万の人々の力を集め、5年もの歳月を費やした。このことから聖武天皇の力や仏教を重んじる心を理解できる。

 どのようにして建造したのかご紹介しする。

 (1)まず山を削って平らにした土地を突き固める。その上に木の支柱に枝や縄を巻きつけて大まかな大仏の骨組みを作る。この骨組みに粘土をかぶせて大仏の原型を整え乾燥させる。これが原寸大の大仏模型(原型)内型となる。模型といえど原寸大ですから、この時点ですでに作業の規模はかなり巨大になる。

(2)この内型の大仏に雲母の粉をふりかけ、ここから型を取るために、模型の外側に再びもう一度粘土を塗る。今度は40~50センチくらいの厚さに塗ってそれが終わったらまた乾燥される。これが外型となる。
(3)外型の大仏の粘土が乾いたところで、出来た型は切り分けて外しておく。そして剥がした型を焼き上げると外型の部分ができる。ここで原寸大の大仏模型(原型)内型のみが残される。
(4)次に原型の表面を5センチくらい削る。これで外型との間に5センチの隙間ができる。
(5)この内型に外型をはめ込みまわりを土で囲む。このすき間に高温で溶かした銅を流し込み下の部分から段階的に組み立てる。この作業を繰り返して、銅を流し込んだら完全に固まるまで待つ。

 つまり前に作った外型を模型にかぶせると、表面を削った分、内型と外型の間に隙間ができ、そこに銅を流し込むのである。これで型を外すと銅製の大仏ができあがる東大寺の大仏はこの作業を8回に分け数年もかけて行った。

(6)大仏の全身を水銀アマルガムを用いて金メッキをする。現在は千年以上も経ってるから緊迫は剥がれている。
(7)次に直径1m高さ20mの柱を84本使って、巨大な東大寺(大仏殿)が作られた。 
 金属を溶かして型に流し込み物を作る技術を「鋳造」といい、中国大陸や朝鮮半島から伝えられた。

 大仏のまわりには、銅を溶かす熱を保つための「たたら」という大きな装置が並び、大勢の人が足で踏んで動かしていた。 溶けた銅の温度は1000℃以上で危険な作業である。大仏は巨大なので、鋳造は8段に分けて下から順に進められた。工事が始まっておよそ5年、銅でできた大仏の全身が完成した。

 なお実際の工事を担ったのは多くの民衆たちで、危険な工程も多々あり、死亡事故さえ頻発した。また大仏を造るのに必要な予算を捻出するために財政は悪化し、民衆の税負担は増すことになった。

 国家安定を願う大仏造立プロジェクトだったのに、結果として内政のさらなる不安定を招いたことは皮肉である。

焼損と復興
 大仏はその後、そのまま穏やかに座り続けていたわけではなく、たびたび壊れている。完成から数十年に亀裂や傾きが生じ、855年の地震で頭部が落ちたが修理され、朝廷が大法会を開催して大仏の修理落成供養が行われている。
 その後大仏および大仏殿は、平安時代末期と戦国時代に兵火で焼損焼失している。1回目は1180年の源平合戦の時代、平重衡が放った火により大仏は無惨に焼けたが、その後間もなく建て直されています。この時には興福寺が全焼し、東大寺も伽藍の主要部を焼失している。
 大仏と大仏殿の2回目の焼失は1567年の戦国時代で、松永久秀よって焼かれてしまう。松永久秀は裏切り者の代名詞的存在として悪役イメージの強い武将であるが、大仏を焼いたこともそのイメージに大きく影響している。大仏殿は仮堂で復興したが、大仏殿も1610年に大風で倒壊し、大仏の頭部は銅板で仮復旧されたままで、雨ざらしの状態で数十年放置されている。
 江戸時代中期に再興が始まり1691年に完成している。現在の大仏殿は1709年に落慶されたもので、752年当時の物と比較して約3/4の規模になっている。
 現在の大仏は奈良時代そのままの姿ではない。奈良時代のままの状態なのは台座などごく限られた箇所で、顔つきなどは奈良時代当時とは随分違っているとされている。大仏のどの部分が奈良時代のものであるかについては資料によって違いがある。まとめると下肢の部分は当初からのもので、体部の大半は室町時代末期の補修、頭部は江戸時代のものとされている。