飛鳥・白鵬文化

飛鳥文化

 日本の最初の文化で、奈良県明日香村(飛鳥の地)に都があったことから、推古朝から大化の改新までを飛鳥時代というが、飛鳥文化とは推古天皇聖徳太子の頃の文化である。その特徴は聖徳太子の時代のので、当然のごとく仏教奨励による仏教中心の文化」である。

 第二の特徴である「国際色が豊かな文化」は、中国や朝鮮はもとより、ギリシャ、インド、ペルシャ文化ともつながっている。当時の中国の王朝は隋であるが、飛鳥文化は隋以前の南北朝文化の影響を受け、そのため北魏の厳しい面と、南梁の柔和な面の2つの表現をもつ。これらが高句麗や新羅などの朝鮮半島を経て伝わった結果、朝鮮半島の影響が見られる。遣隋使の以前から朝鮮半島の人たちが渡来人として日本にやってきて、寺院などの建築物や仏像を制作したのである。

 仏教は豪族を中心に受け入れられ、大王家や各地の豪族は古墳に代わり権威を示す氏寺を競って建立した。素朴な神祇信仰しか知らなかった人びとにとって、黄金色に輝く異国の仏は異国情緒をかもし出し、仏教の表面的な華やかさに飛びついたのである。有名な建造物では、聖徳太子が建立した世界最古の木造建築物・法隆寺(斑鳩寺)や四天王寺、蘇我氏が建立した飛鳥寺、秦河勝が建立した広隆寺などである。

 法隆寺の金堂の柱の中央部分はやや膨れていてギリシャの影響を受けている。また法隆寺に納められた釈迦三尊像百済観音像、玉虫の羽がはってある玉虫厨子も有名である。また法華経・勝鬘経・維摩経の3経の注釈書である三経義疏は日本最古の書物で、聖徳太子が師の高句麗の僧恵慈の助けをかりて書かれた。

 

飛鳥寺

588年に蘇我馬子が建立を始め、8年後にほぼ完成した。飛鳥寺は当時の朝鮮半島の先端技術によって建立された本格的な伽藍をもつ我が国最初の仏教寺院である。

 飛鳥寺の建立目的は馬子の強大な権力を皇族、豪族、民衆に誇示し畏服させるためで、人が驚き馬子の力に畏怖するほどの巨大で斬新な建造物を示すために造立された。

法隆寺

    法隆寺に納められている国宝、左から百済観音像、玉虫厨子、釈迦三尊像。

 

 下 昭和24年、法隆寺は火災にて焼損した。金堂壁画と当時の新聞記事。

法隆寺金堂壁画
 金堂壁画とは金堂の柱間に12面あった仏教絵画で、釈迦・阿弥陀・弥勒・薬師の各如来の4浄土を描いた大壁4面が有名だったた。なかでも阿弥陀浄土図が優品で、日本史の教科書・図説資料集でよく紹介され法隆寺金堂壁画といえば、これを想起するほどであった。鉄線描という弾力性のある線描や、繧繝彩色という段層的なぼかしなど、特徴な技法が使われ、また、インドのアジャンターや中国の敦煌の石窟寺院の壁画との類似性が指摘され、世界史的にも貴重な絵画作品であった。 

 しかし1949(昭和24)年、火災にて焼損した。壁画の模写作業で使用した暖房器具の電源の切り忘れか漏電が原因とされている。

白鳳文化
 白鳳文化は大化の改新から平城京遷都までに花開いたおおらかな文化である。法隆寺の建築・仏像などの飛鳥文化と、東大寺の仏像、唐招提寺などの天平文化との中間に位置する。天武天皇・持統天皇の時代の律令国家の気運の中で生まれた若々しい文化である。また20年毎に新殿を造営する伊勢神宮の式年遷宮や、天皇が即位された年の新嘗祭などの儀式が整えられた。
 ちょうど仏教の力で国家を鎮護する傾向が強まり、大官大寺(大安寺)や薬師寺などの大寺院が造営された。さらに遣唐使がもたらした唐文化の影響を受けた興福寺の仏頭などの彫刻が見られ、絵画ではインドの影響を受けた法隆寺金堂壁画や、鮮やかな彩色が特徴の高松塚古墳壁画などがある。
 文芸では中国的教養を吸収して漢詩が盛んになり、日本古来の歌謡から生まれた和歌も五七調の長歌や短歌の形式が整えられた。天智・天武・持統天皇や額田王、柿本人麻呂ら額田王らが活躍し奈良時代の「万葉集」に収録されている。

 

高松塚古墳壁画 

左上、高松塚古墳。左、高松塚古墳の玄室。上、玄室の彩色壁画
左上、高松塚古墳。左、高松塚古墳の玄室。上、玄室の彩色壁画

上がキトラ古墳で、下が青龍像。

 高松塚古墳は奈良県明日香村にある古墳時代終末期の円墳である。

 1972年(昭和47)3月、高松塚古墳の玄室の壁に、彩色壁画があることがわかった。発掘調査のきっかけは村人がショウガを貯蔵しようと穴を掘ったところ、穴の奥に古い切石が見つかったことである。地元の人が明日香村に働きかけ、明日香村が資金を捻出して調査することになった。

 彩色壁画は九州や関東にも見られるが、高松塚古墳のようにリアルに描かれた彩色壁画が見つかったのは初めてのことだった。
石室内は東壁・西壁・北壁・天井の4面があり壁全体の切石の上に数ミリの漆喰を塗った上に8色の顔料で描かれていた。天井部に天文図の星、東壁には青龍と日蓮、西壁には白虎と月輪、奥の北壁に玄武が、さらに東西両壁の手前に男性像、奥には女性像が描かれていた。

 特に女性像が描かれていることが発表されると一躍古代史ブームとなった。女子像は色彩鮮やかで「飛鳥美人」とよばれ親しまれた。壁画は中国や朝鮮半島の影響が見られ、高句麗の画師が描いたとされている。 

 古墳は特別史跡に、また極彩色壁画は国宝に指定されたが、墓誌銘がないので誰の墓かは不明である。

 当初からこの貴重な壁画古墳をいかに完全に保存して行くかが大きな課題であった。壁面が公開されるとカビやダニによって痛みが目立ち始め、色彩も劣化してきた。そのため古墳を解体して修復・保存が行われ、石室内を見る事は出来ない。復元模型が壁画館にあるが、大量のカビによる壁画の劣化は、文化庁による21世紀の壁画保存の失敗例として厳然としている。

 

キトラ古墳(亀虎古墳)

  キトラ古墳は高松塚古墳に続き日本で2番目に発見された大陸風の壁画古墳で高松塚古墳の南方約1kmにある。高松塚古墳と「同じ時期の円墳で玄室内の四面に四神が揃って描かれている。複数描かれている獣頭人身像は十二支と思われる。

 消えかかっているが、四面に3体ずつ計12体描かれている。
太陽・月とともに天井には金箔で約350の星が表現され、赤い線によって北斗七星などの星座が描かれている。壁画の痛みが激しく、壁画のはぎ取りが行われ、石室の外で修復作業が進められている。

 キトラ古墳の名前の由来は、中を覗くと亀と虎の壁画が見えたため「亀虎古墳」と呼ばれたという説が有力である。また天武天皇の皇子である高市皇子の墓の説が強いが、金や銀を使った副葬品や豪華な装飾や木棺などから、身分の高い人のお墓であったと想像されている。



月光菩薩の首切り事件
 薬師寺金堂薬師三尊像の月光菩薩像の首の部分に亀裂が走っていた。この亀裂は時を経るにしたがい次第に大きくなり、1952(昭和27)の吉野地震によって亀裂は悪化した。調査した文化財保護委員会(文化庁の前身)の技官は「このままでは首があぶない、頭部をおろした方がよい」と判断、なかごの鉄心を切って頭部をおろしたのだった。しかしこれを知った人たちは「月光菩薩の首が切られた」と大騒ぎになった。

 頭部が落下しないように応急処置を施し、修理方法を慎重に検討しての処置であったならば、これほど騒ぎになることはなかった。文化財保護委員会には専門 家をはじめ、人びとの批判が相継いだ。国は専門家を集め協議し、内枠固定法と金属接着剤とを併用する方針をたて月光菩薩の修理を行うことを決めた。月光菩 薩像はこのような経過で現在の姿に蘇ったのである。(、月光菩薩の修正前の首の部分)。

       左、薬師寺。上、月光菩薩像。