後醍醐天皇

 後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒し、南北朝時代を作り上げたことから、日本史上重要な位置づけがなされているが、なぜ後醍醐天皇は鎌倉幕府を倒そうとしたのか、なぜ隠岐に流されたのか、なぜ味方だった足利尊氏が寝返り南北朝時代となったのか。鎌倉時代末期から南北朝にかけてのわずかの期間に様々な事件が起きて複雑である。その中心人物である後醍醐天皇について分かりやすく説明したい。


両統迭立(てつりつ)

 鎌倉末期の朝廷では、皇位継承権を巡る大きな問題が起きた。その原因を作ったのは第88代・後嵯峨天皇で、後嵯峨天皇は次の第89代・後深草天皇に譲位して院政を行った。このまま後深草天皇の系譜に皇位が継承されていれば、内部対立は起きなかった。しかし嵯峨上皇は後深草天皇に、弟の亀山天皇への譲位を強く迫ったまま死去し、しかも次の天皇を幕府の推戴に任せたのである。

 朝廷内では皇位後継者をめぐる内紛が起こり、朝廷は持明院統と大覚寺統に分裂し140年もの間争うことになる。

 後深草天皇と亀山天皇は兄弟である。こうなると天皇の位や私有地をめぐって、後深草天皇のと「持明院統」亀山天皇の「大覚寺統」という二つの系統にわかれ(両統迭立)、亀山天皇以降に皇位継承権を巡る対立が深まり、大覚寺統と持明院統との不満や軋轢は強まりこれが南北朝の遠因となった。

 朝廷は鎌倉幕府の強い影響下にあり。鎌倉幕府の仲裁によって天皇を10年ごとに両家系から交代で出すことになった。この両統迭立によって朝廷の皇位継承は一時的に安定したが、天皇を決めるのは幕府の権限で、天皇に即位しても10年後には天皇の座を譲渡しなければならず、自分の嫡男を次の天皇にしたいと思ってもできなかった。

 後醍醐天皇の兄である大覚寺統の後二条天皇が第94代天皇となったが、1308年に24歳で急死したため、次の天皇は持明院統へ移り、花園天皇(95代)が12歳で即位した。花園天皇は若年だったので、当然、持明院統の父の伏見上皇や兄の後伏見上皇が「院政」を行った。

後醍醐天皇の誕生

 元寇から40年後、鎌倉幕府の統治権力は北条家に集中しているなかで、1318年2月、京で後醍醐天皇の即位の式が行われた。現在でも天皇を今上天皇と呼ぶように、天皇の名は死後に「おくり名」としてつけられるのが普通であった。しかし後醍醐天皇は現役時代から醍醐天皇の後の天皇という意味で後醍醐天皇を名乗った。

 醍醐天皇とは平安時代はじめの頃の天皇で、藤原時平・菅原道真を左右の大臣にして、その上にたって天皇自らが政治をおこなった。そのため醍醐天皇の政治は「延喜の治」とよばれ、その後、藤原氏による摂政政治になり、次に退位した天皇が上皇となって院政がおこなわれ、鎌倉幕府になると北条家が朝廷を左右する力をもつようになり、次期天皇さえも鎌倉幕府に決定権があった。

 後醍醐天皇は、かつての醍醐天皇の政治にあこがれ、自らを後醍醐と名のったのである。後醍醐天皇は幼少期から宮廷文化の中で生活していたが、現実の政治に意欲を燃やし、朱子学(儒教)に傾倒して、国の実権を握る鎌倉政権を深く憎んでいた。

 そのため後醍醐天皇は幕府を滅ぼし、かつての天皇中心の国家に戻そうとしていたのである。すなわち日本を藤原氏以前の天皇中心の政治を理想としたのである。

 

院政
 院政とは天皇が生きているうちに皇位を後継者に譲って上皇になり、上皇が新たな天皇に代わって政務を行うもので、即位した天皇は名ばかりで、権威権力は上皇が握ることになる。また天皇の在位期間は10年と決まっていたので、次の皇太子は鎌倉幕府によってすでに決められていた。

 後二条天皇が亡くなると、第95代に花園天皇となり、10年交代の約束により、次は後宇多天皇の第2皇子であった尊治親王(後醍醐天皇)が中継ぎとして皇位継承権が巡ってきた。中継ぎとされたのは後二条天皇の皇太子が幼かったからである。このようにして1318年に大覚寺統の後醍醐天皇(31歳)が第96代天皇になった。

 しかし父の後宇多上皇が再び院政を開始し、結局、後醍醐天皇は名ばかりの天皇になり、さらに後醍醐天皇は「中継ぎ」であり、自分の子である護良親王に皇位継承権がないことが不満であった。次期の大覚寺統の天皇は、後二条天皇の皇子がなる予定であった。
 このように次期の天皇を継承し、決定するのは鎌倉幕府の執権・北条氏だった。そのため後醍醐天皇は鎌倉幕府の倒幕を考えるようになった。

 1321年、後醍醐天皇は父・後宇多天皇の院政を停止させ、自身による天皇親政を復活させた。後醍醐天皇は「鎌倉幕府も摂政も関白も置かずに、後醍醐天皇は天皇みずからが政治の中心となる政治」を目指していた。


討幕計画(正中の変

「なぜ朝廷が鎌倉幕府の指図を受けなければならないのか。このまま幕府の言いなりになれば、自分も天皇の地位からひきずりおろされことになる。このように「天皇中心の政治」をめざした後醍醐天皇の怒りやあせりが強くなっていた。

 鎌倉幕府の指名で、次の天皇は持明院統の量仁親王に決まっており、大覚寺統の後醍醐天皇は窮地に追い込まれていた。後醍醐天皇は吉田定房、北畠親房らを登用して政治の中心機関・記録所をつくり政治改革を行うが、後醍醐天皇の政治は思うようにいかなかった。

 いっぽう蒙古襲来以来、鎌倉幕府の政治は乱れ、恩賞などの不満から御家人から恨みの声が強くなっていた。幕府の執権北条氏だけが繁栄し、ほかの御家人は貧しくなり、各地に幕府に逆らう「悪党」がふえ、社会不安が高まっていたが幕府はこれらを取り締まらなかった。

 元寇以降、鎌倉幕府の支配力は急速に衰えていった。鎌倉幕府の役割は武士の利益を保護し、土地問題を調停することであったがそれが出来にくくなっていた。元寇の役でとりあえずは元軍は退けたが、全国の武士達は疲弊の極地にあった。武士達は幕府の命令とはいえすべて自前で戦い、幕府側も武士達に恩賞を与えたくも与える土地はなかった。執権北条時宗は山積する問題を前に34歳の若さで死去した。 恩賞はもらえず、訴訟を起こせば幕府の要人に賄賂を贈る方が勝つ。これでは何のための幕府なのか。 御家人たちの不満の矛先は北条氏に向かった。時宗の後を継いだのは貞時は14歳で、その後を継いだのが最後の執権が北条高時であった。

 鎌倉幕府は源頼朝が開いた幕府なので、北条氏に不満を持つ武士は多くいた。後醍醐天皇はこの機会を狙って倒幕の計画を立てた。

 1324年西国から反幕府運動が起き、後醍醐天皇にとってこの西国の反幕府運動は渡りに船であった。貴族たちは後醍醐天皇が朝廷の権力を取りもどしてくれることを期待した。後醍醐天皇はさっそく倒幕計画を立てるが、その計画が鎌倉幕府に密告されてしまう。後醍醐天皇は鎌倉幕府の追求をのがれたが、計画に参加した貴族たちは罰せられた

 元弘の乱

 正中の変から7年後の1331年、後醍醐天皇は再び討幕を企てるが、天皇側近の吉田定房が幕府に密告し、倒幕計画が暴露して六波羅探題(幕府)の軍勢が御所に乗り込んできた。後醍醐天皇は三種の神器を持ってひそかに「女装」して京都を脱出して比叡山に向かった。しかし延暦寺は六波羅探題に降伏しており、奈良の東大寺と興福寺は幕府側か朝廷側か決断できないでいた。

笠置山での霊夢
 後醍醐天皇は笠置山の笠置寺に潜伏したが、自身の周りに名のある武将が全くいないことを不安に感じていた。思い悩んで寝ていると夢を見た。それは「庭に南向きに枝が伸びた大きな木があり、その下には官人が座っていた。南に設けられていた上座にはまだ誰も座っておらず、その席は誰のために設けられたものなのかと疑問に思った。すると童子が来て、その席はあなたのために設けられたものと言って空に上って消えてしまった。後醍醐天皇は夢から覚めると夢の意味を考えていた。「木」に「南」と書くと「楠」という字になることに気付き、寺の衆徒にこの近辺に楠という武士はいるかと尋ねると、河内国金剛山(大阪府南河内郡千早赤阪村)に楠正成という者がいるということだった。急遽正成を笠置山に呼び寄せた。

 後醍醐天皇は笠置寺に入るが、すぐに笠置山は北条軍(六波羅軍)7万5000騎に包囲された。戦力の面では圧倒的に不利な状況ではあったが笠置山は天然の要害で、幕府側相手に天皇軍の兵3000人は善戦し笠置は落ちなかった。笠置山は標高300メートル足らずの低山であるが傾斜の強い天然の要害であった。

後醍醐天皇の流罪
 執権北条高時は20万7600騎の大軍を笠置へ向けて出発させるが、到着前の9月29日、風雨の激しい夜半に笠置山裏手から幕府軍精鋭兵が笠置城内へ忍びこみ放火し、これが契機となって笠置山は火の海となり陥落した。

 後醍醐天皇は楠木正成の籠もる赤坂城を目差したが敗走軍からはぐれ、さ迷う中で幕府軍に捕えられた。

 後醍醐天皇の度重なる討幕計画に対し、1332年に鎌倉幕府は、かつての後鳥羽上皇と同様に隠岐へ流罪にして持明院統の光厳天皇を新たな天皇にした。しかし今回はかつての承久の乱のときとは時勢が変わっていた。

後醍醐天皇の脱出
 後醍醐天皇は天皇の座を奪われ島流しになったが、隠岐島にも天皇方につく役人が現れた。また潜伏していた楠木正成が再び挙兵すると六波羅探題勢を撃破した。さらに護良親王が吉野で挙兵した。

 千早城の楠木正成が鎌倉幕府相手に勝利したとの知らせは日本各地に伝わり、後醍醐天皇も名和長年らの力を借りて隠岐島から脱出すると、伯耆・船上山にて倒幕の綸旨を天下へ発した。
 後醍醐天皇の挙兵によって、西国の反幕府勢力は「大義名分」を得て立ち上がった。各地では執拗な戦いが繰り広げられ、特に河内の豪族・楠木正成の勢力は強力で、正成が篭る千早城は鎌倉幕府の大軍の猛攻を頑として撥ね付け幕府軍を苦しめた。

 これを鎮圧するため、鎌倉幕府は足利尊氏軍を送るが足利尊氏は後醍醐天皇を倒さず、逆に幕府の六波羅探題を攻め、新田義貞は鎌倉を攻め鎌倉幕府を攻撃した。足利尊氏と新田義貞が鎌倉幕府に反旗を翻したのは、すでに世の情勢が変わっていたからである。

 天下の情勢は天皇方に傾き、1333年、幕府を見限った御家人が続々と朝廷に忠誠を誓った。さらに幕府側の足利尊氏と新田義貞が、それぞれが京都の六波羅探題と鎌倉を攻略し、執権・北条高時ら総計800人余りが自刃して鎌倉幕府の命運は尽き滅びた。北条一門は最期まで鎌倉で戦い壮絶な最期を遂げた。日本は再び後醍醐天皇中心の中央集権国家として生まれ変わることになる。

 

 建武の新政

 後醍醐天皇は京都に帰ると「朕の新儀は、未来の先例なり」と声明し、光厳天皇は廃位され後醍醐天皇によって天皇親政が開始されることになる。元号が建武に代わったことから、1334年のこの親政は「建武の新政」と呼ばれている。しかしこの新政府は構成する者たちは同床異夢で、天皇を中心とする朝廷勢力と足利尊氏を中心にする武士勢力では「建武の新政」に寄せる期待が根本的に異なっていた。

 武士団の多くが鎌倉政権を見限ったのは、鎌倉政権が武士の権益の保護や利害の調整を満たさなかったからである。武士たちは鎌倉政権に代わる「新しい幕府」を期待していた。すなわち利害調整能力を持つ新たな政府であった。

 そのため後醍醐天皇が、武士たちの気持ちを満たす政策を行えば問題はなかった。しかし朝廷は失政を繰り返した。天皇中心の政治を目指した後醍醐天皇は、貴族たちを優遇し、鎌倉幕府を倒すために頑張った武士たちには恩賞を与えなかった。このため多くの武士たちは不満を持つことになる。最悪だったのは「公地公民制」を復活させ、武士の所領をいったん国有化しようとしたことだった。

 武士たちは所領の権益を確保するためには、京都の新政府から改めて所領を下賜してもらう手続きが必要だった。その結果、土地所有を巡っての係争が相次ぎ、その量は新政府の裁判調停能力をはるかに上回っていた。

 日本を支える重要な基盤である武士団は、後醍醐の新政によって鎌倉政権よりも大きな不利益を被ったのである。

 日本の政治機能を「朝廷に一元化」する後醍醐天皇の政策は、考えとしては間違いではないにしても、後醍醐天皇は短期的でも武士団の権益を保護する政策を進めるべきだった。後醍醐天皇の政策は世の現状を無視した強引なものであった。

 朝廷の失政を見て北条一族の残党が反乱を起こした。その中でも最強の勢力を誇る北条時行の軍勢は鎌倉を占領するほどの勢いであった。そのため朝廷軍の総司令官・足利尊氏の出陣して反乱軍は崩壊した。

 諸国の武士団は古い北条幕府の再興よりも、足利尊氏による新たな幕府を希望するようになった。このことに気づいた尊氏は、鎌倉に腰を据えると軍功のあった武士団に勝手に恩賞をばら撒いた。朝廷の許可を得ないこの行為は、事実上の朝廷への独立宣言であった。

 ちなみに後醍醐天皇の第1皇子・護良親王(もりよし)は足利尊氏が反乱を起こすのではないかと怪しみ後醍醐天皇に忠告するが、後醍醐天皇は逆に足利尊氏が「あなたの息子の護良親王が反乱をたくらんている」という言葉を信じ、1335年に護良親王を拿捕し、鎌倉の東光寺に幽閉さた。1336年の中先代の乱の際に、敵に護良親王を擁立されるのを警戒され、鎌倉にいた足利尊氏の弟・足利直義の命により殺害されている。

 山梨県の石船神社に祀られている頭蓋骨は、護良親王のものだと伝わっているが、護良親王の子を身籠った雛鶴姫が同じく山梨方面に逃れた伝承もあり興味深い。護良親王が命を落とした東光寺跡には、現在、明治天皇の命にて「鎌倉宮」が造営されている。

尊氏追討軍

 足利尊氏に激怒した後醍醐天皇は、新田義貞を尊氏追討軍として鎌倉に送った。いわゆる1335年の建武の内戦である。後醍醐天皇は足利尊氏の追討を命じたが、足利尊氏は箱根で新田義貞を打ち破ると、新田義貞を追撃する形で京都へ上った。足利尊氏のこの戦いは後醍醐政権を倒して、再び新たな幕府をつくるためで、その軍勢は10万を数えていた。

 1336年、新田義貞と楠木正成の軍勢が足利勢を迎え撃つが、朝廷軍に畠山氏の軍勢が加わると、尊氏は京の戦いに敗れ九州へ落ちる。しかし足利勢は九州で勢力を盛り返すと京に攻めこみ、湊川の戦いで楠木正成が討死して敗北した。後醍醐天皇は比叡山に逃れて抵抗するが、三種の神器を差し出して、奈良県の吉野に逃れ、別の朝廷(南朝)を設立し自分が本当の天皇だと主張した。

南北朝時代の始まり
 足利尊氏は建武式目を制定し、持明院統の光明天皇を擁立すると(北朝)、光明天皇を後継者として、1338年に征夷大将軍に任じられ室町幕府を開いた。
 後醍醐天皇は吉野朝廷を開き、足利尊氏の「北朝」と対立し、南北朝時代の56年間が始まった。持明院統と大覚寺統の対立は完全に分裂状態となり、後醍醐天皇は各地に自らの皇子を派遣して協力を要請した。しかし多くの武士は足利尊氏につき、後醍醐天皇についていた名和長年、結城親光、千種忠顕、北畠顕家、新田義貞らが討死にすると、吉野に移って3年目の1339年に後醍醐天皇は失意のうちに崩御した。
 南朝は勢力を弱めたが、北畠親房は篭城した常陸・小田城にて南朝の正統性を示す「神皇正統記」を書き、関東の武士を味方につけた。しかし懐良親王、北畠顕能、宗良親王らはすでに亡くなっており、次第に勢力が衰え、1392年に南朝は降伏する。
 なお明治44年に、明治政府は南朝の天皇を正統と定めたため、足利尊氏が擁立した光明天皇などの北朝時代の天皇は歴代天皇には数えられていない。