蝦夷征伐

蝦夷征討
 ヤマト政権が4世紀に日本列島を統一したとされているが、それは正確ではない。九州の一部や東北地方は、まだヤマト政権の支配下になかったからである。とくに東北地方の蝦夷(えみし)と呼ばれた住人は、天皇に帰城することに激しく抵抗した。

 5世紀の中国の歴史書「宋書」の倭国伝には、既に蝦夷の存在と、その統治が進んでいた様子を窺い知ることが出来る。

 蝦夷は宮城県中部から山形県以北の東北地方と、北海道の大部分に広く住んでいたとされており、ヤマト政権による蝦夷攻略は日本統一が目的であり、飛鳥時代、奈良時代も同じである。中央集権の日本国を関東以北(東北地方)に広げることで、中心の日本国の内地拡大の正統性を示すために蝦夷征討(未開の異民族の征伐)という言い方がなされている。

 このことから蝦夷はアイヌ人と誤解されがちであるが、蝦夷は東北を中心とした単なる住民のことで、必ずしも野蛮・凶暴だったわけではない。政治的・文化的にヤマト政権とは独立していた。蝦夷の人たちににすれば、ヤマト政権こそ侵略者であり、嫌うのも当然のことだった。

 ヤマト政権の軍事力による東北の蝦夷攻略は、飛鳥時代や奈良時代から続く「東国支配」の延長上にあった。聖徳太子の登場以降、中央集権的な日本国の領土を関東以北(奥羽地方)に広げようとした。

 日本海側では660年には蝦夷および粛慎を討った阿倍比羅夫の遠征があり、708年には越後国に出羽郡が設置され、712年には出羽国に昇格し陸奥国から置賜郡と最上郡を譲られた。この間、衝突はあったものの蝦夷と朝廷との間には全面的な戦闘状態はなかった。道嶋嶋足のように朝廷において出世する蝦夷もおり平和であったと推定されている。蝦夷に対する最前線基地として、日本海側に二つの柵を設けた。渟足柵(ぬたりのさく、新潟市中央区沼垂(ぬったり))・磐舟柵(村上市)である。柵は現代人のイメージからすると砦の小さいもので砦の大きいものであろう。

 飛鳥時代、658年に斉明天皇は阿倍比羅夫を秋田地域へ派遣し領域を広げ、さらに出羽国(712)を設置し、秋田城(733)を築いた。724年太平洋側にも多賀城(多賀城市)をつくり、多賀城は陸奥国府と鎮守府を兼ね、東北地方の政治・軍事の拠点となった。

 770年には蝦夷の首長が賊地に逃げ帰り、翌年、渤海使が秋田県能代市に来着し、奥羽北部の蝦夷が蜂起していたとうかがえる。光仁天皇以降、蝦夷に対する敵視政策が始まる。また仏教や天皇の権威強化を目的に、鷹の飼育や鷹狩の規制が行われ奥羽の蝦夷に対しこれを及ぼそうとし、またそれを名目に国府の介入が行われた。

 このことが蝦夷の反乱を誘発し、774年には按察使大伴駿河麻呂が蝦狄征討を命じられ蝦夷征討の時代となる。飛鳥朝廷は次第に北へ勢力を浸透させていった。朝廷は奥羽地方を統治する地方行政の監督官として按察使(あぜち)を制定し、780年に紀広純(きのひろずみ)が按察使を務めた

 

伊治呰麻呂の乱
 しかし780年、服属していた蝦夷の族長である伊治呰麻呂(いじのあざまろ)が反乱を起こす。多賀城を襲撃して焼き打ちにすると、食糧・財物を略奪し陸奥按察使・紀広純を伊治城で殺害したのである。この反乱に対して平城京の朝廷は、征東大使・藤原継縄(つぐただ)を陸奥の多賀城に派遣したが、蝦夷征伐軍は蝦夷軍(俘囚軍)に圧倒され出羽国雄勝平鹿2郡郡家が焼亡し、由理柵の孤立、大室塞の奪取、及び秋田城の一時放棄敗戦した。光仁天皇は征東大使を藤原小黒麻呂(おぐろまろ)に替えて再度戦いを挑み、乱は一旦終結に向かったが反乱を鎮圧できなかった。

 781年、光仁天皇は桓武天皇に譲位すると、桓武天皇は長岡京遷都を間近に控えた784年(延暦3年)から本格的に反乱の制圧に取り掛かる。

 桓武天皇即位すると、朝廷は大伴家持を大将軍とする新たな征東計画を立てたが、長岡京造営などにより中止された。このように30年以上にわたって東北では争乱が続くことになる。794年、再度の征討軍として征夷大使大伴弟麻呂征夷副使坂上田村麻呂による蝦夷征伐が行われた。田村麻呂は四人の副使(副将軍)の一人にすぎなかったが、中心的な役割を果たし活躍した。桓武天皇は都を平安京(京都)に移すと紀古佐美を大将に胆沢地域(北上川中流)へ大軍を派遣し たが、蝦夷の首長アテルイに逆襲され大敗する。
 桓武天皇の二大業績は長岡京・平安京の造都(中枢の強化)と陸奥地方の征討・経略(周縁の拡大)であったが、この二つは長岡京遷都のある784年以降ほぼ同時に進められた。

坂上田村麻呂

 797年11月5日、桓武天皇は38歳の坂上田村麻呂征夷大将軍に任命すると蝦夷平定にあたらせた。征夷大将軍というと源頼朝を思い起こすが、坂上田村麻呂が日本初の征夷大将軍となった。征夷大将軍は幕府を印象づけるが、征夷大将軍は中国の官職名で、天命を拝受した皇帝が夷狄(いてき)を征伐するという意味がある。23歳で初任官し38歳で征夷大将軍任されることは、ありえないほどのスピード出世ぶりであった。それほど優秀だったのであろう。

 坂上田村麻呂は貴族階級の出身で、名前から公家のような華奢な姿を想像するが、身長は180センチを超え、体重120キロ、胸板が36センチで、禽類のような瞳と黄金の顎髭を持っていた。見ただけでも圧倒され、怒ると猛獣をたちまち倒し、笑うと赤ん坊もよくなついたとされている。
 801年、坂上田村麻呂は征夷大将軍として10万の朝廷軍を率いて東北へ向かった。このときの蝦夷との戦いで、坂上田村麻呂はすさまじい活躍をして、457の首をとり村落75ヶ所を焼き払った。以後、田村麻呂は、胆沢地方に進出して胆沢城を築き、さらに北上して志波城を築き、ついに阿弓流為(アテルイ)は五百余人を率いて服属させた。

 日本海側も米代川流域まで制圧した。東北の住民を朝廷の政治になれさせるため、関東や北陸の民衆5000人を伊治城(宮城県)に移らせた。
 田村麻呂がこのように蝦夷を征服することができたのは、敵を武力で圧倒するだけでなく、服属した者を厚遇し、同時に彼らに農業技術の指導をして、生活の糧を与えたからである。坂上田村麻呂は蝦夷を征討した将軍として有名であるが、武力だけの人物ではなかった。実際、桓武天皇に「武力で一時的に治めても、それではまた反乱が起こる。蝦夷の民衆が我々と同じような文化や生活習慣になるようにしていくのが大切である」と進言している。実際、坂上田村麻呂は蝦夷の民衆に優しく接した。
 田村麻呂が和議を結ばせようと阿弓流為(アテルイ)を都に連行してきた。田村麻呂は「降参してきたのだから、命だけは助けてやりましょう」というが、貴族たちは「アテルイのために何人死んだと思ってんだ、処刑しろ」と聞く耳を持たなかった。田村麻呂は最後まで処刑に反対したが、朝廷はアテルイたちを河内国で処刑してしまう。田村麻呂は残された蝦夷たちを支配するためアテルイを生かして利用しようとしたのであるが、貴族はこれを認めることなく処刑されてしまう。朝廷はこれまで何ども朝廷軍を破滅させてきた蝦夷軍を恐れていたのである。

 しかしアテルイの処刑が蝦夷に伝わると、暇夷は再び反抗をはじめる。桓武天皇は度重なる蝦夷征討で財政難となり、民が重税や兵役に苦しむことを理由に蝦夷征伐は中止された。しかしこのころから、奥州藤原氏の時代までに東北北端までが日本の国制下に入った。北海道が完全に日本の内に入るのは明治時代からである。

 蝦夷遠征は中止されたが、田村麻呂は武力だけでなく頭脳明晰で、その後参議、中納言、大納言と出世してゆく。

 田村麻呂は「私が死んだときは、体に鎧と甲をつけ、手には太刀をにぎらせ、立ったまま埋葬してほしい。そして御所の見えるところに埋めてほしい。いつでも御所を守っていたいから」と遺言し、811年、田村麻呂は粟田(あわた)の別宅で病死、享年54であった。田村麻呂の遺体は遺言通りに埋葬された。嵯峨天皇は悲しみのあまり丸一日政務を取ることができず、田村麻呂を称える漢詩を作りその死を惜しんだ。

 後に国家に大事が起きたときには、この墓が雷鳴のようにゆれ動いたと伝えられている。また朝廷から将軍の号をうけた者が出征するときには、この墓に行き戦勝を祈願した。

 なお京都の清水寺、富士山本宮浅間大社を田村麻呂が創建したとされている。田村麻呂というと猪武者を思い起こすが、文武両道の優秀な人物だった。

熊襲・隼人征伐

 熊襲は大和朝廷に従わず征服された部族で、熊のような荒々しい印象があり「熊が襲う」という表記が当てはめられた。また南九州には隼人とよばれた人びとがいた。隼人は隼(はやぶさ)の印象からすぐれて速く、猛勇な人々されている。

 720年、隼人は反乱をおこし、その後1年半にわたる戦いの末、朝廷軍は55歳の大伴旅人(おおとものたびと。665~731)を大将に隼人を屈服させ都に引き返した。隼人の斬首者・捕虜者あわせて1400名にのぼったとされている。その後、大伴旅人は九州での功績を買われ、大宰帥長官に任じられた。

 蘇我氏の全盛期は大伴氏はふるわなかったが、645年大化の改新で蘇我氏が滅ぶと、大伴長徳(ながとこ)が右大臣に任じられ、672年壬申の乱では長徳の弟吹負(ふけい)や子の安麻呂が功績を立てた。その安麻呂の子が大伴旅人である。この大伴旅人は後に「万葉集」の編者として知られることになる。


 鹿児島には薩摩国、大隅国がおかれ、朝廷は種子島・屋久島をはじめとする島々とも交渉をもつようになった。沖縄との交渉はまだなかった。

 8世紀初めまでは、中央政界における諸氏間の勢力バランスが安定していたが、やがて藤原氏が政界に進出してくると、皇族・他氏との間でせめぎ合いがおこってくるようになる。