磐井の乱

磐井の乱までの流れ

 527年8月1日、26代継体天皇がヤマト政権に従わない九州の筑紫国造・磐井に対して討伐命令を出した。物部麁鹿火(もののべのあらかい)が率いるヤマト政権軍と磐井軍が激しく戦いヤマト政権が勝つが、この戦いは古代日本で最大規模の地方の反乱で、これをきっかけに磐井の乱を制圧したヤマト政権が日本としての統一国家を整備してゆく。
 大和朝廷の歴史について簡単に述べる。大和朝廷「三輪王朝」の実質的創始者は10代崇神天皇とされ、日本武(やまとたける)・神功皇后の二代によって大きく勢力範囲を広げてゆく。神功皇后の子孫が「河内王朝」と呼ばれているが、21代雄略天皇はカリスマ性が高い天皇で物部・大伴などの諸豪族も仕えていた。しかし25代武烈天皇は乱暴なだけで人々の心は天皇から離れ恐らく暗殺されている。
 武烈天皇の後継者として丹波の国の倭彦王を擁立しようとするが、倭彦王は大和朝廷の軍が迎えに行くと自分を討ちに来たのかと思い逃げてしまう。次の候補として北陸から東海に掛けて広い範囲に勢力を握っていた越前の男大迹(おとど)王の所へ行く。
 大和豪族の長・大伴金村が「あなたを次の天皇として擁立したい」というが、男大迹王はなかなか返事をしない。大伴金村としては男大迹を天皇にしたいと本気で思っていたので、誠意を尽くして説得してようやく男大迹王が26代継体天皇となる。
 しかし皇位継承には当然異論のある豪族たちがいたため、継体天皇は20年目にしてようやく大和に移ってきた。継体天皇が即位した時には57歳で妻と大きな子供たちがいたが、既存勢力との融合のため手白髪姫を皇后に迎えいれている。結果的にはこの手白髪姫が生んだ欽明天皇がその後の皇統の祖となる。

 当時のヤマト政権は日本を直接まとめていたのではなく、地方はそれぞれの豪族が各々の土地を支配し、その豪族が大王に服従し、はじめて誼を結ぶというかたちで統治されていた。つまりヤマト政権は日本を統一するほどの力はなかったのである。

 しかし継体天皇がやっと大和に入ってきた時、新羅征伐の必要に迫られ、ヤマト政権の軍が朝鮮に渡るとき、九州の筑紫国造の磐井に妨害される事件が起きた。

磐井の乱

 磐井の乱とは、九州筑紫の国造・磐井がヤマト政権に対して起こした大規模な反乱で、日本古代史におけつ最大の乱とされている。筑紫とは北九州一帯をさし、国造とはヤマト政権の地方官の意味で、ヤマト政権から任命されて地方の政治支配を任されていた地方豪族のことである。ヤマト政権から任命されたとはいえ、磐井は九州を支配する最大の豪族で形だけの任命であった。その勢力は磐井が生前に造った岩戸山古墳を見れば想像がつくだろう。岩戸山古墳は古墳後期における最大規模の古墳であった。

 五世紀後半から、朝鮮半島では高句麗、百済、新羅の争いが激しくなり、朝鮮半島南部には日本が実効支配している任那(みまな)があった。この任那が新羅からしばしば侵略を受けていたため、大和にやっと落ち着いた継体天皇は、527年に任那を助けるべく新羅征討出兵を決意することになる。大和朝廷が任那にこだわったのは、朝鮮半島の南部が鉄の最大産地だったからである。

 日本では鉄が産出せず、鉄はすべて朝鮮半島から輸入されていた。鉄で作られた農具や武器はすべて朝鮮からの鉄を用いていたので、大和協定にとっては朝鮮半島、とくに任那(加羅)は生命線であった。この出兵が「磐井の乱」を引き起こすきかっけとなるが、この古代史最大の経過は「日本書紀」に詳しく書かれている。

 527年6月、新羅への出兵の命を受けた将軍・近江毛野が6万人の兵を率いて新羅に奪われた南加羅を回復するため任那へ向かって出発した。ところがこの情報を知った新羅は「もし日本が攻めてきたら新羅は滅亡する」と危機感を持った。そのため新羅は以前から大和朝廷の支配に不満をもっていた筑紫国造・磐井へ賄賂を贈り、磐井にヤマト政権軍の渡海を妨害するように要請したのである。百済とヤマト政権自体が通じており、そのこともあって、磐井は新羅と手を結ぼうとしたのである。

 国造磐井はこれまでヤマト政権が朝鮮へ出兵するたびに兵の動員を命じられ、その負担に不満をいだいていた。国造磐井は九州の北半分くらいを勢力範囲に納めていて、ヤマト政権がまだ一枚岩でないの見計らって、ヤマト政権とは別の独自の国を作ろうとしたのである。ヤマト政権より自分たちのほうがもっと力があるという反発の意思を強く持っていたのである。

 磐井は新羅からの提案に合意すると、九州の他の豪族たちと挙兵した。火国(肥前・肥後)、豊国(豊前・豊後)に勢力を拡張し、大伴金村の部下の将軍・近江毛野の軍勢の前に立ちはだかった。朝鮮半島への海路を絶ち、朝鮮からヤマトへ向かう朝貢船を略奪し、ヤマト朝廷軍に妨害行為を起こしたのである。

 このとき磐井はヤマト政権の大将・近江毛野に対し「お前とは同じ釜の飯を食った仲。それが朝廷の使者となって私を従わせようとするのはどうゆうわけだ、お前の指示は受けない」と伝えた。磐井は代々筑紫の名門に生まれで、首長を継続する立場にあった。若いころ故郷を出て朝廷に仕えた経験があり、近江毛野はその時の仲間であった。その仲間に向かい地方豪族といえども、中央の朝廷にはなびかないと啖呵を切ったのである。磐井の抵抗によりヤマト朝廷軍の朝鮮出兵は九州で足止めをくらった。

 ヤマト政権は日本列島を完全に掌握するためにも、磐井を絶対に潰さなければならなかった。磐井を許せば全国各地で同様の乱が起きることが予想されたからである。ヤマト朝廷では磐井討伐軍を協議し、継体天皇が大伴金村・物部麁鹿火・巨勢男人らと相談して将軍の人選を行い、将軍に物部麁鹿火が推挙され、同年8月1日、麁鹿火が将軍に任命されると天皇の名で磐井討伐命令が出され大軍が動員された。しかし磐井の力も非常に強く苦戦が続いた。

 ヤマト朝廷は日本を統一したが、まだ一枚岩ではなかった。武烈天皇の後継者は越前(福井県)にいた継体天皇に決まりながらも、即位後20年間も反勢力が強く都に入れなかったことからも理解できる

 ヤマト朝廷が朝鮮半島にこだわったのは、朝鮮半島南部が鉄の一大産地だったためである。鉄の利用によって地方豪族を服従させてきたヤマト朝廷にとって、鉄はまさに生命線であった。この反乱の背景には、朝鮮半島南部における鉄の利権争いがあった。さらに九州豪族の磐井が新羅と組めば、日本の主導権を奪われる可能性があった。

 九州の一豪族に過ぎない磐井が1年半近くもヤマト政権に反抗し続けたのは、この戦いは磐井だけでなく九州の豪族の多くが参戦していたからである。九州の豪族たちは大和朝廷の朝鮮出兵のたびに大きな負担を強いられ、ヤマト政権に対する不満が高まっていた。その不満が爆発して磐井のもとに集まり反乱となった。

 528年11月11日、物部麁鹿火が率いるヤマト政権軍が、筑紫三井郡(福岡県小郡市)で磐井軍と筑後川をはさんで対峙し激しく激突した。戦いの結果、磐井軍は敗北し、磐井は物部麁鹿火に斬られたとされている。これを御井郡(みいのこおり)の戦いという。

 磐井の子・筑紫君葛子(つくしのきみくずこ)は連座を逃れるため、糟屋(福岡県糟屋郡)の屯倉をヤマト政権へ献上し死罪を免れている。

 福岡県久留米市に岩戸山古墳があるが、この古墳は磐井が生前に造ったもので、長さが125メートルの前方後円墳である。筑後国風土記では磐井は豊前国まで逃げて行方が分かっていないとされているが、ヤマト朝廷の軍勢は腹いせに、磐井が作っていた岩戸山古墳の回りに立っている石像の手や頭を叩き割った。なお岩戸山古墳は築造時期から筑紫国造磐井が造ったことは確かで、被葬者と築造時期を推定できる日本では数少ない古墳の1つである。

 当時、九州の海上交通をおさえていた磐井の力は強大で、大和政権としても侮れなかった。そのような独立勢力だった磐井が、生き残るための外交手段として負担を押しつける朝廷と手を切り、新羅と手を組んでもおかしくはなかった。九州への支配力を強める大和政権に対して、自らの存続をかけて挑んだ戦いであった。いずれにしても磐井には「九州独立、日本制覇」の野望があった。磐井の乱は地方豪族による中央政権への反乱と考えられていたが、古代国家形成の視点で見ると、乱当時はまだ統一的な中央政権は完全ではなかったことから、磐井が独自の地域国家を確立し、国土統一を企図するヤマト朝廷と衝突したのが磐井の乱とされている。

 この戦いで磐井が負け、磐井の息子は大和朝廷に完全に従ったため九州におけるヤマト朝廷の勢力は強まり、国家統一に向け大きな1歩を踏み出すことになった。この磐井乱後の529年3月、ヤマト政権(倭国)は再び近江毛野を任那へ派遣し、新羅との領土交渉を行っている。

 しかし大伴金村の部下の近江毛野は領土交渉にも失敗し、この外交政策失敗をきっかけに大伴金村は信頼性を失い、ヤマト政権での勢力を落とすことになった。また磐井の乱が起きたのは地方に対しる締め付けがゆるすぎたせいとして、締め上げる動きがヤマト政権内で起こり監視を強めるために屯倉(直轄地)を増やすことになった。

     岩戸山古墳は福岡県八女市にある前方後円墳で磐井が生前に造った