鎌倉幕府の滅亡

鎌倉幕府の滅亡への道

 鎌倉幕府は元寇の3度目の攻撃に備え、北九州の防衛を強固に備えなければならず、それだけでも膨大な費用がかかった。元寇の2度の襲来に勝っても、外敵蒙古から土地を得られず、そのため蒙古との戦いで功績のあった武士たちに領地も報酬も与えられなかった。そもそも元寇の時、御家人たちは戦の準備を自費で賄い、多くの御家人が商人に土地を質入れして金を借り、その金で武具を揃えていた。しかし借りた金は返さなければならない。返せなければ土地は戻ってこないので御家人たちはまさに踏んだりけったりであった。

 御家人たちは「座して死を待つ」わけにはいかない。評定所に行って「何とかしてくれ」と連日のように訴えた。その訴えから、1297年に幕府は「永仁の徳政令」を出すことになる。これは御家人が質入れした土地を無条件で返す政令である。これで御家人たちは安堵したが、商人からすれば「貸した金はそのままで、土地を返さなくてはならない」、そうなると武士にお金をかす者がいなくなり、武士の生活はさらに困窮した。この棒引きの逆効果からさらに混乱を招き、わずかに一年で徳政令は廃止された。

 執権北条氏だけが繁栄し、ほかの御家人は貧困に苦しんだ。そのため御家人たちの北条家への恨みの声が強くなった。さらに新たな貨幣経済が広まり、貨幣経済に対応できない御家人は田畑を手放なした。「報酬と奉公」から成り立つ鎌倉幕府を支えた武士の基盤がなくなり、鎌倉幕府は滅亡へとつながってゆく

 武士たちは土地を保証しない鎌倉幕府に奉公するよりも、土地を与えてくれる守護に奉公する流れになった。守護は鎌倉幕府から半ば独立した形となり、これがやがて室町時代の守護大名になる。さらに地方の有力者である名主たちも力をたくわえ、他人の土地を奪ったり、金を強奪するようになった。鎌倉幕府の力が及ばなくなると、名主の中には守護や地頭の命令に従わない者が現れ、このような者を悪党(あくとう)とよんだ。悪党というと悪いイメージがあるが、悪党は反幕府の力のある者との意味である。この悪党の中で最も有名なのが楠木正成である。守護や悪党たちは独立し、自分の利益を守るために鎌倉幕府を亡ぼすこととなる。

 各地に「悪党」がふえ、社会不安が高まっていた、鎌倉幕府は十分に取り締まらなかった。

 

後醍醐天皇
 1221年の承久の乱の後に即位した後堀河天皇が亡くなり、次の四条天皇が12歳で崩御すると、鎌倉幕府は土御門上皇(つちみかど)の子である後嵯峨天皇を擁立した。

 1318年2月、弘安の役から40年後である。源頼朝が幕府を開いてから約150年後に、京都では後醍醐天皇の即位の式典が厳粛におこなわれた。もともと天皇の名は、天皇の死後に「おくり名」としてつけられるのが通常であった。しかし後醍醐天皇は、即位すると自ら「後醍醐天皇」(醍醐の後という意味)を名乗った。

 ちなみに天皇の追号は崩御後に決められる。たとえば平成の天皇は今上天皇であり、崩御されて初めて平成天皇になる。しかし平安時代の醍醐天皇による延喜の治を理想としていた後醍醐天皇は、生前から自らを「後醍醐」と名乗った。

 このように後醍醐天皇の名称は天皇理想主義への強い決意を表していた。後醍醐天皇が理想とした醍醐天皇は平安時代初期の天皇で、藤原時平・菅原道真を左右大臣として、その上にたって天皇みずから政治をおこなった。それだけに醍醐天皇の朝廷中心の政治は、元号にちなんで「延喜の治」とよばれていた。

 その後、藤原氏が主導する摂政政治になり、次に上皇(退位した天皇)による院政がおこなわれ、鎌倉時代からは幕府が朝廷よりも大きな力を持つようになった。後醍醐天皇は醍醐天皇のころの政治にあこがれ、みずから後醍醐と名乗ったのである。

 後宇多天皇の子である後醍醐天皇は、幼少期から宮廷で何不自由のない生活をしていた。しかし現実の政治に意欲を燃やし、朱子学(儒教)に傾倒して朝廷の実権を握る鎌倉政権を深く憎んでいた。そのため後醍醐天皇は鎌倉幕府を滅ぼし、かつての天皇中心の中央集権国家をつくろうとしていた。すなわち日本を藤原氏以前の天皇中心の政治(延喜、天暦の治)に戻そうとしたのである。

 さらに問題を複雑にしたのは、当時の皇室は大覚寺統持明院統の二つの系統にわかれ、交代に天皇を出すことになっていた。しかも天皇を選び決定するのは幕府の指図だった。そのため後醍醐天皇が自分の皇子を次の天皇にしたいと思っても、それはできなかった。

「なぜ天皇なのに幕府の指図を受けなければならないのか、このまま幕府の言いなりになれば、自分も天皇の地位から引きずり落されるかもしれない」このように「天皇中心の政治」をめざす後醍醐天皇の怒りやあせりが強まっていた。

 天皇の大覚寺統と持明院統を振り返ってみよう。後嵯峨天皇は嫡男の後深草天皇持明院統)に譲渡すると院政を始め、やがて後深草天皇の同母弟である亀山天皇大覚寺統)に譲位させた。もちろんそれは天皇の意志ではなく鎌倉幕府の指示であった。

 1272年に後嵯峨上皇が崩御されると、幕府は世仁親王を後宇多天皇として即位させ、次の皇太子を同じ後深草天皇の子である熈仁親王(ひろひと)にした。この幕府の調停によって、後深草上皇の血統である持明院統(じみょういんとう)と、亀山上皇の血統である大覚寺統(だいかくじとう)が交代に皇位につくことになった。両統は幕府に働きかけ有利な地位を得ようとお互いに激しく争うようになった。
 政治への意欲が旺盛な後醍醐天皇は、即位するとさっそく院政を廃止して、かつて朝廷にあった記録書を再興して民衆の訴えを聞きながら自ら政治を行った。1321年の飢饉の時も民衆を思い、倹約を心がけ、物価が高騰すると悪徳商人や役人を取り締まり民衆に施しを行った。
 しかし政権は幕府が握っているため、後醍醐天皇の思い通りにはならなかった。後醍醐天皇は両統の対立を解消して政治の実権を幕府から取り戻そうと北畠親房(ちかふさ)などの優秀な人材を起用した。

 後醍醐天皇が親政を始めた頃の鎌倉幕府は、第14代執権の北条高時と内管領の長崎高資による専制政治が行われていた。北条高時は政治を側近の長崎高資にまかせ、自分は毎日のように田楽や闘犬に興じ酒と女に狂っていた。長崎高資たちは権力を思うままに行使し、武士の困窮を顧みようとしなかった。乱れた専制政治により、各地で治安が悪化し、世の荒廃は誰の目にも明らかだった。貨幣経済、分割相続などで御家人の窮乏が進み、幕府への反発が大きくなった。北条高時やその側近たちは贅沢な暮らしをしており、武士たちの不満は高まる一方であった。

 

正中の変

 自分たちのことしか考えない鎌倉幕府の政治は明らかに間違っていた。後醍醐天皇は西国の反幕府運動を渡りに船に、これを好機として朝廷の力を鎌倉幕府からとりもどそうとし、貴族たちは後醍醐天皇にかつての華やかな生活と権力の復活を期待した。

 後醍醐天皇は鎌倉幕府の倒幕計画を密かに企てた。倒幕の謀議は、後醍醐天皇と側近の公家、日野資朝日野俊基らによって計画された。彼らは倒幕の密会を幕府に悟られないように、連日、美女をはべらせ、酒宴の場を設けて密会した。公家たちは計画を実行するため幕府に不満を持つ武士を誘うことになり、在京の武士や各地の武士たちを密かに謀議に加担させた。
 1324年6月、計画を実行に移す謀議が行われ、挙兵は9月23日と定められた。9月23日は北野神社の祭礼があり、その祭りの隙を狙い土岐頼員多治見国長の武士団が、六波羅探題(幕府の京都出張所)を襲撃することが決められた。
 ところがその計画が鎌倉幕府に密告されてしまう。土岐頼員が「今生の別れ」と思い、妻に謀議のことを漏らしてしまったからである。土岐頼員の妻はそれとなく土岐を問い詰め、六波羅襲撃計画の全貌を知ってしまう。この土岐頼員の妻の父親は幕府側・六波羅の奉行・斎藤利行だった。妻は土岐頼員が寝静まると父・斎藤利行のもと駆けつけ襲撃のことを報告した。

 このようにして倒幕の謀議は幕府の知ることになり、六波羅探題の軍隊は、倒幕に加担した土岐十郎や多治見国長らの屋敷に攻め込み彼らを討ちとった。もちろん天皇や公家にも詮索の手が伸びたが、幕府は穏便にすませようとして、日野資朝と日野俊基の2人の公家を捕らえるにとどめ日野資朝は佐渡に流罪となったが日野俊基は無罪であった。倒幕の処分としては異例なほどに軽い罪で、この1324年に起きたこの1回目の討幕計画は正中の変とよばれている。

 

元弘の変

 後醍醐天皇は、1324年の正中の変で倒幕に失敗したが、討幕の気持ちは変わりなかった。正中の変から7年後、後醍醐天皇は日野俊基らを使って密かに再度倒幕計画を立てた。まず宗教勢力を味方につけるため、後醍醐天皇は東大寺・興福寺・比叡山に行幸すると討幕の志を告げ僧侶を味方につけた。特に比叡山の座主となっていた後醍醐天皇の第3子・護良親王が味方についた。護良親王は座主でありながら、武芸にも秀れ天皇から厚い信頼を得ていた。さらに京都・山科小野の文観僧正などに倒幕の祈祷を依頼し、その祈祷は4年間続いた。後醍醐天皇自らも祈祷を行った。

 ところが天皇の頑な討幕の姿勢を危惧した重臣の吉田定房は、この動きを「天皇の側近が天皇をそそのかしている」と憂慮し、悩んだ吉田定房は幕府に倒幕の企みを密告するのだった。吉田定房としては、天皇に危害が及ばないようにするためだった。
 幕府は吉田定房の密告を聞くと、ただちに状況を調べ、まず倒幕の祈祷を行った文観、円観、忠円の3僧を捕らえ鎌倉に送った。文観は口を割らずにいたが、拷問にあって精神の限界から天皇に頼まれて鎌倉幕府調伏の祈祷を行ったことを自白した。円観、忠円は観念して洗いざらいしゃべってしまった。

 正中の変で無罪となって京に戻っていた日野俊基が捕らえられ、日野俊基は鎌倉に護送され惨殺された。さらに幕府は正中の変で佐渡に流罪にしていた日野資朝を斬罪処分とした。このほか源具行も天皇へ謀叛を勧めたとして斬罪処分になっている。
 後醍醐天皇は二度目の討幕に加担しており、当然幕府の手が伸びた。後醍醐天皇は、他の者の処分よりは少し遅れて、1331年8月になって流罪が宣告され、大塔宮(護良親王)は死罪となった。

 護良親王はこの処分を事前に察知し後醍醐天皇に伝えると、後醍醐天皇は比叡山から笠置山(奈良県)に逃れて立てこもり、比叡山にいた花山院師賢が天皇のおとりになった。
 幕府軍は比叡山を一斉に襲ったが、比叡山はなかなか落ちず、やがて比叡山に天皇がいないことがわかり、幕府軍は20万以上の軍勢を笠置山に移動して攻撃を開始した。笠置山は峻険な山で難攻不落を極め、攻めるのは困難んだった。峻険な山なので馬で攻めることができず、重い鎧を着た幕府軍が徒歩で山を登らざるを得なかった。しかもこの間にも後醍醐天皇の煽動による周辺諸国の武士の蜂起が伝えられ、笠置山攻めはますます難航した。

 幕府軍が攻めあぐねていると、鎌倉からさらに追討軍20万人が送くられてきた。士気旺盛な笠置の軍であったが、9月末、陶山義高と小宮山次郎の2人が、部下数人と共に、天嶮で無防備な北の絶壁を、夜中の豪雨のなか崖をよじ登り、山頂にある笠置寺に火を放った。この奇襲攻撃に後醍醐軍は混乱し、そこに数万の兵が押し寄せ笠置山は落城した。天皇は籠にも牛車にも乗らず、自らの足で逃亡した。しかし、途中で捕らえられ、ついに隠岐に流されることになった。しかし2度目の(1331年の元弘の乱)ときは世の情勢が変わっていた。後醍醐天皇の挙兵によって西国の反幕府勢力は「大義名分」を得て立ち上がった。

 この情勢を前に、隠岐島にも天皇方につく役人が現れ、後醍醐を隠岐島から山陰に脱出させた。脱出に協力した名和長年(なわながとし)は楠木正成とともに倒幕をおこし、鎮圧しようとした鎌倉幕府軍の足利尊氏や新田義貞は、鎌倉幕府をうらぎり逆に鎌倉幕府を攻撃した。

 天下の情勢は天皇方に傾き、1333年、幕府を見限った御家人が続々と朝廷に忠誠を誓った。さらに幕府側の足利尊氏と新田義貞が、それぞれ京都と鎌倉を攻略し鎌倉幕府の命運は尽きた。執権北条一門は最期まで鎌倉で戦い、壮絶な最期を遂げた。日本は再び天皇中心の中央集権国家として生まれ変わった。

  

楠木正成

 鎌倉からやってきた幕府軍は、笠置が陥落したため、近くの城に立て籠もっている楠木正成を攻めることにした。後醍醐天皇に真っ先に駆けつけたのが、河内の楠木正成であった。幕府の武士団(悪党)楠木正成わずかな兵で河内国(大阪東南部)の赤阪城や尾根づたいの千早城に立てこもって幕府の大軍と戦った。

 幕府軍が功を焦って塀をよじ登ると、塀を引き倒し、上から大石や大木を落とし、巧みな戦法で応戦しては鎌倉幕府軍を苦しませた。鎌倉幕府の大軍の猛攻を頑として撥ね付け勇ましく戦い続けた。しかし城内の食料が尽きたため、楠木正成は夜中に城を脱して姿を消した。この時、楠木正成の偽の遺骨が置かれ、老兵が泣き崩れる姿を見て、幕府軍は楠木正成が死去したと思い込んだ。

 後醍醐天皇は隠岐の島に流され、鎌倉幕府は反乱を鎮圧したが、しだいに全国の守護も鎌倉幕府に対して反乱をおこすようになる。

 後醍醐天皇が隠岐に流されると、鎌倉幕府は持明院統の光厳天皇(こうごん)を皇位につけたが、後醍醐天皇が退位を拒否したため2人の天皇が並立された。この2人の天皇の並立は後の南北朝時代のさきがけとなった。後醍醐天皇は京都から追放されたが、討幕への意志は失われなかった。後醍醐天皇の子・護良親王(もりよし)は父の意志を継ぎ、国々の武士に幕府を倒せという命令を出し、天皇に味方する武士が各地にでてきた。

 反幕府の楠木正成は一旦姿を消したが、翌年12月突然赤阪城を襲ってこれを奪回した。楠木正成は城に立てこもり幕府の大軍と戦った。わずかな兵であったが、松明を投げつけ油をポンプでふりかける奇策を用い幕府軍を翻弄し続けた。鎌倉幕府は大軍で攻め込みながら楠木の軍勢に手こずり、いつまで経っても勝てなかった。幕府軍の脆弱から、幕府の威信が傷がつき、楠木正成が戦っている間に各地で討幕の機運が高まった。楠木正成が時勢を変えたのである。

 この情勢をみていた後醍醐天皇は、1333年にこっそり隠岐を脱出すると、伯耆国(ほうきのくに、鳥取県西部)の名和長年(なわながとし)迎えられ船上山(鳥取県)に移った。

 鎌倉幕府はこの事態を重く見て、北条氏と姻戚関係にあった有力御家人・足利高氏を大将として大軍を京都に攻め上らせた。

 

足利高氏

 足利高氏は清和源氏・源義家の子孫で、北条氏の御家人の中でも名門であった。高氏も北条守時の妹を妻にしており、北条一門の扱いを受けて厚遇されてきた。

 千早城が陥落せず、各地で武士の半幕府の挙兵が相次いだことから、焦った鎌倉幕府は足利高氏を大将に大軍を京都に派遣した。

 この大軍の派遣に、窮地に立っていた京都の六波羅探題は喜び歓迎した。足利高氏は六波羅探題の命を受け、山陽道を通って後醍醐天皇のいる船上山を攻めるべく京を出発した。ところが丹波国の篠村まで来た時、足利高氏はにわかに幕府に反旗を翻した。足利高氏は楠木正成を倒せない鎌倉幕府に見切りをつけると、幕府に背いて謀叛を起こしたのである。足利高氏は反幕府となり、軍勢勢力を率いて京都に攻め込み、1333年5月7日、鎌倉幕府の六波羅探題を滅ぼした。六波羅探題にとってはまさかの反旗であった。幕府にとって大切な京都の六波羅探題を滅され、それまでどちらにつこうか様子を見ていた国々の武士たちは天皇方につくようになった。

 足利尊氏は逆賊として良くは言われていない。しかし新しい世の中をつくるために理想に燃えた人物であった。鎌倉幕府を滅ぼすまで後醍醐天皇とともに戦っていたのが何よりの証拠である。ただ後醍醐天皇がめざした理想と足利尊氏がめざした理想が違っていた。武士中心の世の中に、後醍醐天皇の理想は時代錯誤であった。足利尊氏は反逆者とよばれながらも、時代にあった生き方をしたことである。

 

新田義貞

 御家人新田義貞は足利高氏と同じ源義家の血を引いていたが、同じ源氏の足利氏が幕府に重用されたのに対し、新田義貞は30歳を過ぎても無位無官だった。1333年5月8日早朝、新田義貞は一族150騎を生品明神上野国(群馬県新田町)に集めると、反幕府の兵を挙げた。

 翌日、新田義貞は利根川を越えると、鎌倉を脱出した足利高氏の子の千寿王(足利義詮)と合流して鎌倉へ向かった。その間、続々と武士が馳せ参じ、同日夕方には20万7千騎に膨れ上がった。5月11日、入間川を渡り小手指原までたどり着いた。義貞の挙兵を知った幕府は6万騎を集め小手指原で激突し、さらに幕府は北条康家に10万騎をつけ分倍河原に向けさせ両軍は大激突となった。

 幕府軍は優勢な戦いを展開したが、その日の夜に三浦義勝が武士6000人を率いて新田義貞のもとに到着、さらに武蔵野の御家人も馳せ参じたために、勢力を取り戻した新田義貞は幕府軍を攻め、幕府軍は総崩れとなり敗退した。新田義貞の軍は総勢60万に膨れ上がった。

 鎌倉は三方を山に、一方を海に囲まれ、攻撃しにくい地形にあった。幕府軍は7個所の切り通しを完全に封鎖した。幕府軍も必死である、戦いは20日までこう着状態が続いた。新田義貞は切り通しからの攻撃は無理と判断し、海岸ぞいの稲村ケ崎から強行突破を決意した。だが、稲村ケ崎は潮が満ちていて、海には幕府の兵船が無数に浮かんでいた。

 そこで新田義貞は、稲村ヶ崎の海岸で黄金の太刀を海中に投じ龍神に祈念すると、潮はみるみる引きはじめ鎌倉へと続く砂浜が広がった。新田義貞軍は鎌倉に乱入し、背後から攻撃を受けた幕府はついに崩壊した。この戦いで新田義貞は執権の北条氏を滅ぼすことができた。新田義貞は第16代の北条守時を滅ぼし、5月22日には北条高時や内管領の長崎高資を一族ともども自害に追い込み、源頼朝以来140年続いた鎌倉幕府を滅亡させた。

 なお足利高氏も新田義貞ももともとの本姓は源氏で、北条氏の本姓は平氏であった。本拠地の足利や新田を苗字として名乗るのは、本姓は「○○の」と「の」が付くのに対して、苗字は「○○」と「の」が付かないことから区別できる。本姓は嫡男に受け継がれ、苗字は別に用いられた。例えば源氏一門の足利氏からは、斯波氏や吉良氏などの庶家が派生したように名字は無数に広まっていった。