ゼノビア

ゼノビア
~ローマ帝国と争ったパルミラの女王~


 砂漠の国シリアの中央にパルミラという都市国家があった。今では廃虚(下図、右図)で見る影もないが、今から1700年ほど前の紀元3世紀、この地は繁栄し、小アジアからエジプト、シリア、バビロニア、ペルシアにいたる広大な一帯を支配していた。

パルミラは強大なローマ帝国を向こうに回し、地   

中海の覇権をかけて雌雄を争った壮大な歴史を持っている。シリアを代表する都市パルミラは莫大な富を築き、栄光と尊敬に満ち溢れていた。この地に君臨していたのがゼノビアという気高く気丈な女王であった。

 現在、過激派組織IS(イスラム国)によってシリアは何百万人の命が奪われているが、ISによるパルミラの歴史ある神殿の破壊がシリア人の壊滅を世界に知らせるきっかけになっていた。

砂漠の女王      

 紀元3世紀、ゼノビアはシリア東部の砂漠で誕生した。ジプシーの首領だったアラブ人を父とし、母は美しいギリシアの女性だった。彼女は父に似て褐色の肌をもち、瞳は母親譲りの黒い真珠のような輝きであった。

 ゼノビアは子供の頃から才色にすぐれ「こんな美しい子は見たことがない」と評判になっていた。さらに美貌だけではなく、強健な身体と運動神経持ち、12才の頃にはラクダを自由に乗りこなし、大人顔負けの技量を発揮した。そしてまもなく、父に代わってジプシー全体を指導する女王になった。

 当時のパルミラはシリア砂漠の中央にあり、東西貿易中継の要として繁栄していた。パルミラのオアシスは、タクラマカン砂漠を経て延々と続くシルク・ロードの終着点に位置するため、ラクダに荷物を積み長旅を続けている隊商にとっては、疲れた肉体と心をいやす休息の場でもあった。    
 毎日、多くのバザールが開かれ、金、銀、宝石、絹、塩などの商品や装飾品が取り引きされ、パルミラは各国からの商人で賑わっていた。オアシスの周囲には穀物、絹織物、なつめやしなどの大倉庫がたくさん並び、市の中心には壮麗な神殿や宮殿が建てられ、彫刻がほどこされた巨大な石造りの円柱が林立していた。

 立派な家々が立ち並び、町全体は周囲十数キロの頑丈な城壁で守られていた。市の中心に続く門には、屋根つきの巨大な円柱のアーケードが造られ、そこにも彫刻が贅沢にほどこされていた。荒涼としたシリア砂漠にあって、パルミラは当時の世界で最も繁栄を約束されたオアシス都市であった。

巨大な石のアーケード            
 しかしこの巨大な富が集まるオアシス都市を、虎視眈々と狙う二つの強力な帝国があった。

 一つは東のササン朝ペルシアで、もう一つはローマ帝国であった。この頃、ローマ帝国はピークから衰退への道をたどろうとしていたが、数百年間不敗を誇る軍隊を持ち、その力は永遠に続くものと思われていた。ローマ帝国は長年の侵略によって領土を拡大してきたので、絶えず反乱が起き、それを鎮圧するための軍隊が常に必要であった。ローマ帝国の周辺では蛮族が国境を脅かしていた。
 ローマ帝国は蛮族を討伐するために軍団を派遣するが、ゲルマニアの森の中で大敗北を期し、3つの軍団が全滅することもあった。 3世紀に入ると伝染病の蔓延で人口が激減し、農業労働力の不足も目立ってきた。そのうえササン朝ペルシアの攻撃が活発となってきた。このような危機的状態を乗り切るために、ローマ帝国は豊かな属州を必要とした。    

 そこでローマ帝国はパルミラに軍隊を送り、支配下におくことを計画し、その計画に成功した。パルミラはローマ帝国の支配下に置かれ、重税が課せられ、パルミラの人々はいつか反乱を起こし、ローマ帝国の束縛から逃れるべく機会をうかがっていた。        
 パルミラを統治していた若い貴族オーデナサスが18才のゼノビアを見初め、二人は結婚するとゼノビアはパルミラの王妃として宮殿に移り住んだ。オーデナサスもゼノビア王妃もローマ帝国の横暴を極度に憎んでいた。そのため二人はローマの支配を脱するために、密かに砂漠に野営しては兵の訓練に大半の時間をさくようになった。 ゼノビア王妃は野営に参加しても、士官たちと同じ条件で行動し、弱音を吐くことはなかった。行軍中は、何日も馬上で過ごし、兵とともに談話を交わし食事をした。

 ゼノビアは教養豊かな女性で、ギリシア語、アラビア語の他、何か国の言葉を理解し話したので、出身の違う兵士たちにはそれぞれの国の言葉で語りかけた。ゼノビアの行動力と勇気は男以上で、気高い美貌と、射るような黒い瞳のまなざしは、部下の兵士たちを魅了し、士官たちの心を完全に掌握した。

パルミラ市街を見下ろす女王ゼノビア        シュマルツ・ヘルベルト作
パルミラ市街を見下ろす女王ゼノビア        シュマルツ・ヘルベルト作

ローマとの決戦   
 ゼノビアの兵士は練度を高め、士気は旺盛で精鋭の名にふさわしい存在になっていた。   ゼノビアと夫のオーデナサスは、自ら育てあげた精兵を指揮していた。そしてその行動を実行に移す時が来た。

「ローマ帝国からの解放の時が到来」と、ゼノビアの軍は、満を持してパルミラの北にいるローマ軍に襲いかかった。        
 不意を突かれたローマ軍は大混乱を起こし敗走した。ゼノビアの軍は、敗走するローマ軍を徹底的に打ち破り、ここにパルミラ市民の悲願の独立は達成された。この勝利に喜び、今までローマ帝国に反感を持っていた周辺の国々は、次々にゼノビアの軍団に寝返った。

 ゼノビアの軍団は強大な力に膨れ上がったが、思いがけぬ悲劇が待ち受けていた。夫のオーデナサスが行軍中に暗殺されてしまったのだ。
 ゼノビアはこの悲劇に悲嘆しているほどの時間はなかった、オーデナサスの意志を受け継ぎ、自ら絶対専制君主となったゼノビアはローマの属州であるエジプトに7万の大軍を進めた。エジプトは文化の進んだ豊かな地で、ローマ帝国の財政の大黒柱になっていた。ここからの莫大な収穫物と収入によってローマのあらゆる事業は成り立っていた。

 しかしゼノビアの軍団は一度の戦いで勝利をおさめ、エジプト全土を制覇した。  シリア、バビロニアから小アジアとエジプトを征服したゼノビアは、すべての民から慕われ最高君主として受け入れられた。これまでローマの支配下に置かれた属州の人々は、それこそ地獄の思いで絞り取られていた人々は、ゼノビアの軍をローマからの解放者として歓迎した。        
 ゼノビアは白毛のラクダにまたがり、黄金に輝くかぶとをかぶり、紫色の外套を風にはためかせて凱旋した。パルミラの住民は熱狂的にゼノビアの軍に声援を送った。すべての戦いにことごとく勝利し、短期間にこれほど広い領土を支配した女王は歴史上存在しない。このことから「戦士女王(Warrior Queen)」とも呼ばれた。

ローマの反撃   
 ローマ帝国はかつて領有していた属州の半分以上を失ってしまい、事態は深刻であった。ローマ帝国はパルミラを一気にたたき潰すため最精鋭の最強の軍団を多数くり出してきた。指揮には帝国きっての名将オウレリアンをあたらせた。 戦いは地中海沿岸の都市で幾度となく繰り返され、戦いは凄惨を極めたが、勇猛で知られたゼノビアの軍団も多数の死者を出しながら後退を余儀なくされていった。

 ゼノビアは生き残った将兵とともにパルミラ城内に退き、城を死守する道を選んだ。ローマ軍の包囲攻撃は熾烈をきわめ、必死のがんばりも空しく次第に絶望の淵へと追い込まれていった。士気も衰え、糧食も欠乏し、誰もが落城の近いことを感じていた。

       
オウレリアン将軍        
 そこでゼノビアは包囲された城を密かに脱出して、かつての旧敵ペルシアに援軍を求める策をとった。暗い夜、ゼノビアは従者が数名つきローマ軍の包囲網を突破した。一行は、ラクダに乗ってローマ軍の目を逃れながら夜通し砂漠を走らせた。 五日目の朝になって、東の空が白み始める頃、前方にユーフラテス川が見え始めた。この川の向こう側にさえ渡ればペルシアである。しかしその時、後方にローマの追手が迫っていた。

 小舟が女王の一行を認め大急ぎで近寄ってきたが、ローマ軍の追手の方が早かった。 ローマ軍の追手は従者数人を殺しゼノビアを捕らえてしまった。西暦 272年の晩秋早朝のことであった。もしもゼノビアがペルシアの地に逃れることが出来ていたら、その後の歴史はどうなっていたかわからない。 一方、城に立てこもり、飢餓に苦しみながら援軍を待ち望んでいた人々は、女王が捕らえられたことを知るや、最後の賭けに破れたことを悟り、開城してローマの軍門に下るしかなかった。
        
ユーフラテス川の夜明け        
 女王を捕らえたローマ軍は、パルミラにわずかの守備兵を残して、ゼノビアを連れてローマに凱旋の帰途につくが、パルミラの住民が守備兵を皆殺しにして反乱を起こした。この知らせを聞いたローマ軍はただちに引き返し、パルミラの住民に襲いかかり一人残らず虐殺してしまった。ローマ軍の怒りは収まらず、パルミラのあらゆる建物、神殿、寺院をたたき潰した。街の主要道路に並んでいた1500本の巨大な石柱も倒されて、ゼノビアの造り上げた壮大で豪華きわまる大神殿も灰燼に帰した。パルミラは光り輝く絶頂期に、歴史上から姿を消した。
            
伝説のなかに               
 ローマに連れていかれたゼノビアの記録は途絶えたままである。彼女の運命については、いくつかの伝説が残されている。 パルミラがローマ軍によって完全に破壊されたのを知ると、ゼノビアは何日も食を絶って自殺したという説。 また彼女はローマに連れていかれ、黄金の鎖で戦車の後ろにつながれ、市内を引き回されたという説もある。 真実は永遠にわからないが、美においてはクレオパトラに勝るとも劣らず、貞潔と勇気においてはるかにクレオパトラを凌駕したとゼノビアこそ、麗しき古代オリエント世界を彩る女王と言える。
 褐色の肌、輝きを持つ大きな黒い目、力強く響きのある声、男勝りの理解力と学識、女性の中でもっとも愛らしく、英傑的なゼノビアは最も気高く最も美しい女王であった。

アウレリアヌスの前に連行されたゼノビア

イタリア人画家ジョヴァンニ・バッティスタ・ティエポロによる1717年の作