西行法師

西行法師(1118-1190)

 西行法師は宮廷の歌人ではなく、生死を深く見つめ、花や月をこよなく愛した漂泊の歌人とされ、山里の庵で歌を詠み生涯の多くを旅の中で送った。自然と宗教との融合の中で、過去にとらわれない自由な歌を詠み「新古今和歌集」には最多の94首が入選している。

 西行法師生きたのは、平安から鎌倉へ移る動乱の時代で、まさに平家の台頭から源平の争いの時期に重なっている。西行法師は世の無常を感じ、自然と仏法に心を寄せ、自由な心で研ぎ澄まされた歌風をつくった。西行法師の名は佐藤義清(のりきよ)である。

出家するまで

 西行法師は関東で活躍した武将・藤原秀郷の子孫として生まれ、幼い頃、父・佐藤康清を亡くしたが代々勇士の武門であったため、17歳で鳥羽法皇の警護兵となり、御所の北側を警護する「北面の武士」に選ばれている。同時期の同僚に平清盛がいた。

 この「北面の武士」は白河院が作った制度で、下級官人の子弟から厳選され、弓・馬術に優れ、しかも容姿端麗で詩文・和歌・管弦・歌舞の心得が必須であった。官位は五、六位と低かったが宮廷の花形として注目されていた。「北面の武士」の日常は、歌会が頻繁に催され、そこで佐藤義清の歌は高く評価されていた。

 佐藤義清は武士としての実力も優秀で、疾走する馬上から的を射る流鏑馬(やぶさめ)の達人で、さらに蹴鞠(けまり)の名手でもあった。また藤原実能の家人として仕え、鳥羽院にも愛され、待賢門院璋子に心を寄せていた。

 文武両道で美形の佐藤義清の名は、政界の中央まで聞こえ、華やかな未来を約束されていた。文武を極め前途洋々であったが、22歳の若さで突然、世の栄達を捨てて出家した。出家そのものは珍しくはないが、官位があり20歳過ぎての出家である。内大臣・藤原頼長は「佐藤義清は家が富み、年も若いのに、なぜ不自由のない生活を捨て仏道に入り遁世したのか、わたしたちはこの志を嘆美しあった」と日記に記している。

 西行法師(佐藤義清)は延暦寺などの大寺院に出家したのではなく、どの宗派にも属さず、地位や名声を求めず、ただ山里の庵で自己と向き合い和歌を通して悟りを得ようとした。

出家の理由

 佐藤義清の出家の理由については誰も分らないが、以下の説がある。

(1) 仏に救済を求める心の高まり。

 浄土思想・西方浄土、浄土といえば一般に阿弥陀仏の「西方極楽浄土」をさす。浄土思想は平安時代末期に災害・戦乱が頻発したため、この世を末法として捉えられていた。「末法は世界の滅亡」とされ貴族も庶民もその「末法」の到来に怯えていた。末法では現世における救済が否定されるので、死後の極楽浄土への往生を求める風潮が高まり、浄土教が急速に広まっていた。
 浄土宗の開祖とされる法然は比叡山に上り「専修念仏」に励み、比叡山を下りて東山で教団を立ち上げたのである。法然は西行が16歳の時に誕生し、西行が58歳の時に浄土宗を立ちあげた。西行が時代の思潮として浄土宗になじんでいた。

 そもそも「西行」という名前は「西方浄土を目指して西へ行く人」という意味である。西行は俗時より心を仏道に入れ、これは時代的な流れが西行を仏道に導いたのだろう。出家とは俗世を捨てて仏道に入るということである。「人生の無常や厭世観」が仏法への道に導いたのであろう。
(2) 急死した友人から人生の無常を悟った。

 同じ北面に仕える武士で佐藤憲康との帰りがけに、西行は明朝必ず落ち合う約束をしたが、翌朝、憲康を誘いにいくと佐藤憲康は突然死んでしまったことを知る。西行は人生の無常を覚えて出家遁世の決意を固めた。この話は実話であるが、合戦での生死、主家の死、肉親の死などはすべて日常的に訪れることで、友人の急死により出家したのではなく、そのきっかけになったのであろう。出家の主因とは考えにくいが、友人の死が浄土思想が彼の心を包んだのであろう。平安末期から鎌倉時代にかけては合戦と内乱の連続で、それが遁世や浄土の思想を流行らせた。このことは「西行物語」に書かれているが、作者は西行にほれ込んだ仏法者である。浄土理念の西行法師物語を創りたかったのかもしれない。これは説話的で西行の実話かどうかはわからない。

(3) 皇位継承をめぐる政争への失望

 摂関政治や院政は私利私欲がからんでいるが、さすがの西行にも当時の院政や貴族たちの政治の生々しさに嫌気をさしたのではないか。藤原家は天皇の外戚となり、天皇が幼少の時は摂政となり、成人してからは関白となって政治を支配した。これが摂関家を外戚としない後三条天皇が即位したことから、荘園の管理を強めて摂関家の力を削ぎ、続く白河天皇は1086年に当時8歳の堀川天皇に位を譲り、白河上皇として天皇の後見をしながら政治の実権を握った。これが院政の始まりである。
 白河上皇は、堀川天皇の死後はその息子で4歳の鳥羽天皇を上皇として院政をしいた。白河上皇は院御所の警護のために「北面の武士」を設けが、白河法皇が崩御すると鳥羽院は崇徳天皇に位を譲り、自らは上皇になって院政を始めた。西行12歳の時だった。西行は20歳の時に鳥羽院の「北面の武士」として仕えるが、この時の天皇は崇徳院で西行より2歳年下だった。
 西行が北面の武士として鳥羽上皇に仕えていた時、皇位継承をめぐって複雑な問題が起きた。鳥羽上皇の中宮は待賢門院璋子だったが、璋子は幼女の頃から白河上皇に寵愛され、その子顕仁(崇徳天皇)の父は鳥羽上皇ではなく白河上皇であった。白河上皇と璋子との関係は白河上皇が崩御するまで続いた。このことが後の崇徳天皇と鳥羽上皇との確執となり保元の乱の遠因になっていく。
白河(72)--堀川(73)--鳥羽(74)--崇徳(75)
                ├後白河(77)---二条(78)--六条(79)
                └近衛(76)  └高倉(80)-----安徳(81)
                                 └後鳥羽(82)

 1139年、藤原得子が鳥羽上皇の皇子・体仁(近衛天皇)を生み、鳥羽上皇は体仁を次期天皇にしようとした。このことは待賢門院璋子の皇子・雅仁(後白河天皇)の存在を無視するものだった。ここで崇徳天皇・待賢門院璋子と、鳥羽上皇・得子との決裂となった。
 鳥羽上皇の北面の武士の西行は、鳥羽上皇のやり方に驚くとともに、将来の武力紛争を予感し、翌年の1140年、西行は23歳で出家することになる。
 鳥羽上皇は父祖の白河上皇の愛人である璋子を中宮にしたが、璋子が生んだ子顕仁(崇徳天皇)は鳥羽上皇の子ではなく白河上皇の子であることは公然の秘密となっていた。鳥羽上皇はこの怨恨をはらすことになる。鳥羽上皇は2つ年上で美しい待賢門院璋子を中宮として敬いながらも、白河院と璋子、顕仁に対して決して心穏やかでは居られなかった。
(4) 鳥羽院の妃・待賢門院璋子(崇徳天皇の母)に恋をして、その苦悩に女院が情けをかけ、一度だけ逢い契りを交わしたが「逢い続ければ人の噂にのぼります」といわれたと噂されている。しかし鳥羽院中宮の待賢門院璋子は、西行より17歳年上である。20歳の西行に対して37歳の璋子がそれほどまぶしかったのか。西行独りよがりであったかも知れないが、本当のところはわからない。ただ、西行には恋の歌が多いことも事実である。

 このような感情が絡み合った結果、阿弥陀仏の極楽浄土が西方にあることから「西行」と法号し、妻子と別れて仏道の世界に入ったのである。

 西行が25歳で出家する際、4歳になる愛娘が袖にすがりついてきた。煩悩のきずなを絶たねばと、娘を縁の下に蹴落とすと娘は泣き悲しんだ。妻は夫が出家する気配を感じていたので、娘の泣き悲しむのを見ても驚く様子は見せなかった。西行は心を強くして髪を切って持仏堂に投げ込んで、暁に知りあいの嵯峨の奥の聖のもとに駆け付けて剃髪して出家を遂げた。

 西行法師は末世戦乱の世の中で、同時代の人々に感銘を与え、憧憬の的となり、歌道における名声と相俟って後世に伝説が広まり、虚実取り混ぜた様々な逸話が残されている。西行法師は嵯峨に草庵を結び、仏法修業と和歌に励みながら、陸奥、四国、中国、九州へと漂泊の旅を繰り返した。西行法師は平清盛の全盛期、その主催の法会にも参加し、平家一門とも親しく付き合っている。

待賢門院璋子  京都・法金剛院蔵         MOA美術館蔵の西行像

 

出家後

 出家後、西行は吉野山の麓に庵を結んだ。吉野山は西行にとって俗時から慣れ親しんでいた和歌の歌枕の地であり、清浄きわまりない桜の名所であった。また西行は吉野山の桜をこよなく愛して和歌に心情を託している。そしてなによりも、吉野山が古来からの霊地であることが、修行したいという西行の本意に叶っていた。それゆえ、

 「花に染む心のいかで残りけん捨てはててきと思ふわが身に
(出家したばかりなのに、どうしてこんなにも桜の花に魅了されるのだろう。)

 西行は吉野山以外にも様々な地で庵を結んでいる。嵯峨の小倉山の麓の庵、鞍馬山の奥にも庵を結んだ。そこで詠んだ和歌に「わりなしや氷る筧の水ゆゑに思いすててし春の待たるる」とあり、冬景色に心を奪われながらも、寒冷に身を置く自分に春が早くこないかとは何事だと弱い己の心を嘆じている。

 1146年、29歳の西行は陸奥へ旅立った。平泉についた西行はかつての戦場の舞台となった衣川を見て、「とりわきて心も凍みて冴えぞわたる衣川見に来たる今日しも」の様に、奥州藤原氏の本来の面目を目にして、武人の心情に還り感動している歌を残している。西行は一冬を陸奥で過ごし、年の暮れに詠んだとして「常よりも心ぼそくぞおもほゆる旅の空にて年の暮れぬる」があるが、この句には旅立ちのころの気負いが失せ、ひっそりと過ぎていく年の味わいが感じられる。
 陸奥の旅から帰り着いた西行は、拠るべき仏法を見定めたのか、心に期したものを高野山に見い出している。1149年以後、たび重なる出入りを繰り返したが、西行の30年にわたる高野山居住時代が始まる。その当時、高野山は落雷で大塔や金堂などが炎上し復興のため高野聖が結集していた。西行も聖として住み着いた。
 高野山から京へ上る道の途中に天野を経る道がある。この地、天野(和歌山県伊都郡かつらぎ町)は田畑がなめらかで、人家がひっそり佇む端正で、桃源郷を彷彿させる場所である。京へは天野から笠松峠を越え6キロの山坂を下らねばならない。西行は高野山からたびたび天野訪れ、田を耕し西行田という地名も残っている。この天野は西行とのかかわりをもった唯一の場所である。現在、西行ゆかりの地として天野の小高い丘の上に、西行堂が建っていて、近くに西行の妻と娘のものとさわれる二基の宝篋印塔がある。

 西行法師は讃岐に流された崇徳上皇の元を訪ねている。

 1180年には居を伊勢に移し、平家滅亡後に平重衡が焼失させた東大寺復興にも関わり、晩年には奥州・平泉に藤原秀衡を訪ね、その途中の鎌倉で源頼朝とも語り明かしている。後世に大きな影響を与え、松尾芭蕉や幕末に活躍した高杉晋作も西行を尊敬していた。

 家族を捨て、故郷を捨てた西行が辿りついたのは、そのような自分を快く受け止め、花を咲かせてくれる桜の木の下であった。

 

 「願はくは 花の下にて 春死なむ、そのきさらぎの 望月のころ」

 現代約:満開の桜の下で釈迦の命日に死にたい

解釈:西行法師は若くして世を捨て、本当の自分をつかむ生涯だった。西行の情熱の断片は多くの歌に残されている。なかでも桜の歌人といわれるほど、西行は桜の歌を多く残している。この歌は西行の作の中で特に有名な歌である。如月の望月のころとは2月15日の満月の頃で、太陽暦では3月中旬以降の満月の日にあたる。ちょうど桜が花盛りを迎える時期になり、西行の熱愛した桜の花盛りの時期であり、また釈迦入滅の日でもある。

 出家した者して、とりわけその日に死にたいという願いがこめられている。西行はこの願い通り1190年2月16日、南河内の弘川寺で2月16日に往生を遂げた。この歌は西行が63歳のころに詠んだもであるが、後世、西行の辞世の歌とされた。それから10年後、自ら望んだ日のわずか1日遅れで死んでいった。

 

  西行は出家前に次の歌を詠んでいる。

「世を捨つる人は まことに捨つるかは 捨てぬ人をぞ捨つるとはいふ」

 出家して身を捨てた人は、本当に人生を捨てたのだろうか。悟りや救いを求めており、本当に世を捨てたとは言えない。俗世のしがらみに囚われた己を捨てられない出家しない人こそが、己の人生を捨てているという意味である。佐藤義清の出家への並々ならぬ決意が伝わってくる。世を捨てて初めて名を残す西行の功績は、この歌をなぞるかのようである。ちなみにこの歌は、勅撰集である「詩花和歌集」に収録されているが、作者は「よみ人しらず」になっている。勅撰集の作者は身分の高い人だけが記録され、北面の武士に過ぎなかった佐藤義清は対象外だった。

 

「なにごとの おはしますかは知らねども かたじけなさに涙こぼるる」
現代意訳:目には見えないけれど、誰かがいつもそばで見守ってくれている。そう感じられるだけでも、涙がこぼれるほどありがたい。 

解釈:西行法師の遺した秀歌は数多いが、これは伊勢参宮の際の歌である。この歌は日本人の自然観、宗教観を歌った名歌である。五十鈴川の清冽な流れを見て、聳え立つ杉並木の参道を歩む時に、恐らく万人が感じるであろう敬虔な気持ちをそのまま表している。

 

嘆けとて 月やは物を 思はする かこち顔なる わが涙かな
現代意訳:嘆き悲しめと言って月が私を物思いをさせるのだろうか。いや本当はそうではないだろう。月のせいだとして、こぼれる私の涙よ、という意味である。

解釈:まだ西行が武士として上皇の御所を守っていた頃、中宮のことを好きになり、この和歌は出家した後も、中宮の夢を見たことからつくったと言われている。流れる涙を月の所為にせずにはいられないという、定まらぬ気持ちを巧みに表している。月前の恋を詠んだ恋歌なので、涙は愛しい人を思う心だった。この恋歌の根底にあるのは、出家してなお人の世を愛し続けた西行の孤独感ではないかとされている。

 

芭蕉の師 西行
 芭蕉は日本橋で多くの弟子に囲まれ、俳諧の宗匠として恵まれた生活をしていた。それが1680年、芭蕉37歳の時、日本橋での生活をうち捨て、隅田川向こうの深川村に移り住んだ。この深川への転居の理由は不明であるが、深川の寂れた生活と孤独な俳諧活動の中から、俳聖芭蕉が生まれる。芭蕉が芭蕉になるために、芭蕉は能因や西行などの先人の跡を追い、その歌枕を奥州に訪ねたのが奥の細道の旅である。
 芭蕉が師と仰ぐ西行の出家と芭蕉の深川転居はともに人生の大きな転機になり、その後の生き方が後世でいう芭蕉と西行をつくり上げた。
 西行は代々武勇の武門の出でありながら、鳥羽法皇に仕え在俗中から心を仏道に入り、思い切って遁世してしまった。これが出家による僧形の歌人・歌聖西行の誕生である。
 芭蕉の深川隠棲と西行の出家には共通する何かを感じさせる。