平将門の乱

 平安時代の中期の貴族たちは農民に重税をかけ贅沢な暮らしをしていた。その貴族たちを驚かせ恐れさせたのは、平将門の乱藤原純友の乱であった。この二つの乱が日本の東西でほぼ同時に起きたことから、お互いに東方西から都を挟み撃ちにする共謀が噂されたからである。歴史小説では、比叡山で平将門と藤原純友が将来の日本について相談を交わす場面が有名で「平将門が新皇になり、藤原純友が関白となって日本を治めよう」とする場面があるが、もちろんそれは作り話である。

 

平将門の乱の背景
 平安中期の朝廷で絶対的権力を握っていたのは藤原氏で、藤原氏は菅原道真をは大宰府に左遷し、伴善男を応天門の変で、源高明は安和の変で失脚しているが、これらはすべて藤原氏の陰謀であった。 当時の朝廷では藤原氏が国政を担っていたが、藤原氏は権力闘争ばかりで国政への自覚はなかった。藤原氏は一族の繁栄だけを目的に朝廷を牛耳っていた。

 他の貴族たちは国司になりたかった。それは藤原氏一族が朝廷の権力を独占していたため、藤原氏一族でなければ絶対出世できなかったからである。貴族たちは天皇の血縁であっても下級貴族として終えるしかなかったのである。

 ところが国司に任命されれば、住民から一定の税を朝廷に収めれば、農民を私的に使用しても、豪族から賄賂や接待を受けるのも自由だった。豪族が賄賂や接待を行うのは年貢取り立てに手心を加えてもらうことであった。国内の土地は国有地と荘園と未開拓地に別けることが出来るが、国司が税を徴収するのは国有地だけで、荘園は都の貴族のものだったので税の対象外だった。国司にとっては国有地が多いほど税収は高まるが、それでは豊かになることはできないなかった。国司にとっては、むしろ未開拓地が多いほど、未開拓地を開拓して自分の荘園にすれば自分が支配することができた。

 国司になれば賄賂は入るし、未開拓地が多ければ荘園の主になれ、任期がすぎても都に帰らずに、新しく開拓した土地を荘園として自分のものにした。名目上は都の藤原氏などの有力貴族に寄進しても、実際には自分の自由になった。
 国司は朝廷をかさに威張り、税を搾り取っては私用に使い、賄賂を要求するなどやりたい放題だった。当然ながら国司と農民とは反目が絶えず、地元の豪族たちは生き残るために国司と懇意をはかろうとした。

 当時の坂東(関東)は盗賊に満ち、武蔵国、上総国、下総国などは郡ごとに検非違使(警察署)を置くほど治安は悪化していた。武士たちは数十から数百の兵で一族同士で領地を争っていた。数千数万の兵が動員されたのは戦国時代からのことで、当時の武士たちには「恩義と報酬」などとは関係なく自分の好都合だけで行動していた。

 桓武天皇の子孫である平将門は武力に優れ、939年に常陸の国府を攻め落とすと朝廷に反旗を翻した。さらに関東を支配下に収めると、自らを「新皇」と名乗った。将門の乱は軍事クーデターで、歴史上初めて「武士が表舞台に登場し、史上

初めて天皇を否定して自らを新皇」と名乗った。この事件は天皇制をひっくり返す反乱であったが、そのきっかけは坂東における叔父たちとの領土や女性をめぐる争いであった。中世における武士の特徴とあわせて概要を述べる。

 

高望王

 高望王は平安京へ遷都したあの桓武天皇の曾孫にあたるが、皇族から離れ「平」という姓を賜って坂東へ下った。将門はその高望王の孫で、桓武天皇から数えて六代目になり、将門は皇族の血を引いたいわば貴人であった。

 その当時、国の役人である郡司や国司は任期が切れると、京に戻らなければならなかった。しかし任期が切れても郡司や国司たちは、自分たちの権益や勢力を保つため任地に居座り続けた。そのため中央の中流貴族たちが地方の豪族になり、彼らは新たな国司の命令に従わず、さらには武力蜂起に至る事件が頻発していた。

 平高望(高望王)が派遣された坂東(関東)は、そのような反朝廷の豪族による事件が特に多い地域で、平高望は反朝廷の豪族による武装闘争を鎮圧するために送り込まれた。平高望にとっては皇族の地位を放棄したことになるが、しかし実績を上げれば都の貴族社会で失地を回復することも期待された。
 当時は、地方で有事が起きれば国司が指揮をとって兵士を動員して鎮圧していた。国司は他国の兵士を集めることができたが、それでも国司に逆らう反朝廷の豪族がいた。平高望(高望王)の役割は現地の国司と協力して反朝廷の豪族を支配下に置き、従わない豪族を鎮圧して治安を図ることだった。
 朝廷は地方の政治は国司にまかせていた。国司は税さえ国に納めれば、あとはやりたい放題で、国司は勝手に税率をかえ、自分の財産を増やし、任期が切れても居座り続け、財力と武力を蓄えていた。一番迷惑を受けたのは重税や加労働を課せられた農民であった。

 このような状態だったため、地方の治安は悪化し、様々な人たちは自分を守るため武装して小武士となった。国司となった中・下級貴族がそのまま居座り、小武士をまとめて武士団の棟梁となった。その代表が桓武天皇の血を引く桓武平氏、清和天皇から出た清和源氏である。

 平将門は桓武天皇の子孫であり、平将門の祖父である平高望(高望王)は上総の国司で、常陸国の前の国司である源護の一族と姻戚関係にあった。国司として国家権力の一端を担いながら、現地の豪族とも婚姻により協調関係を維持していた。将門と争うことになる叔父の平国香や平良兼らも、源護の一族と姻戚関係を維持していた。
 このように祖父・平高望(高望王)は上総国の国司として赴任するが、任期後もその地に居座り、勢力を拡大して武士団を形成していた。

 この時代より約150年後、源頼義は奥州制覇をめざして前九年の役を引き起こしたが、源頼義がなぜ奥州なのかといえば坂東はすでに平氏一門に押さえられていたからである。
 平将門の父・良将(よしまさ)は下総国の佐倉に所領を持ち、強大な勢力を手に入れ、その子の将門は朝廷の官人であり太政大臣・藤原忠平に使えていた。地方での勢力を円滑に保つには、近隣の国司との関係を良好にすること、さらに国司や有力豪族と姻戚関係を持つことであった。また国司を決める中央の有力な貴族との提携も必須であった。つまり平将門の父親は地元の坂東を経営し、息子の平将門は京での活動を行っていたのである。

 このようにして坂東の平親子は、当初から地域の豪族と協調し、朝廷の権威・権力に依存していた。これは地方の武士の特徴であるが、父・良将の死をきっかけに相続をめぐり、4人の父の叔父たちと争いが起きたのである。

 

京での生活

 将門の父は平良将で下総国佐倉(千葉県佐倉市)が領地としていた。母は下総の豪族・犬養春枝の娘で将門は下総国石井(茨城県岩井市)で生まれた。将門は15歳で京に上っているが、目的は朝廷内での役職を得ることであった。
    この時代の地方武士の中には京の公家の私臣となって雑務をする者が多く、将門も藤原北家の氏長者である右大臣・藤原忠平(時平の弟)の家人になっていた。将門の父良将が荘園を藤原忠平に寄進したからである。
 仕事は藤原忠平の家屋敷や都の警備であったが、将門は人柄を認められ主君の藤原忠平に気に入られていた。もちろん任官が目的なので、それなりの貢物をしていた。将門の家は坂東一の氏族で、父・良持は鎮守府将軍として陸奥に赴任していた。しかし当時の武士は低い身分だったので藤原忠平を私君として主従関係を結んでいたのである。 
 武士にすれば身分が低いとはいえ、官位があれば豪族の間でも大きい顔ができた。また国司や豪族間にトラブルが起きた場合、京の公家とつながりがあれば有利だった。将門は武骨な田舎武者にすぎず、故郷にいれば大勢の郎党や下人にかしずかれてても、宮仕えは戸惑うことばかりで居心地は悪かった。
    結局、将門は都にいたが、なんの官位ももらえなかった。将門は戦のこと以外、特に官位などにはそれほど執着してはいなかったが、不幸なことに陸奥国に単身赴任していた父が急死し、将門は家を継ぐため京都から戻ることになる。そしてそれは他の平氏一門との戦いのはじまりでもあった。相続制度の確立していない当時、良将の領土は伯父の国香や良兼が独自に分割されていたのであった。

将門

 将門は、父・良将の死去を京で知ると、京での生活をやめ、坂東に所領する土地を維持するために帰郷した。すると父の所領地のほとんどが、伯父の平国香(くにか)や良兼、良正らによって横領されており、将門が父の遺領相続を求めても国香らは応じなかった。さらに将門が愛した常陸の前国氏の娘を叔父・良兼が強奪していた。

 所領土強奪と愛妾強奪が将門とその親族との長い抗争のはじまりになるが、このような一族内部の争いは当時の地方武士としては珍しいものではなかった。いわゆる血族同士による生死をかけた争いであった。

 帰郷しても土地は叔父たちのものになっており、途方にくれた将門は鬼怒川流域の荒れ地(鎌輪)に目をつけた。その地には村落はあったが、洪水が多発するため捨て置かれていたのだった。将門は自ら農民たちの先頭に立ち、5年間で領土を拡大していった。

 平将門は叔父たちのなかでも、平良兼や前常陸大掾・源護(まもる)の一族と激しく抗争を繰り広げた。この付近の土地は平国香や源護らの領地が将門の領地と複雑に入り組んでいて、しかも源護の長女は平良兼(国香の弟)に、次女は平良正(同)に、三女は平貞盛(国香の長男)にそれぞれ嫁いでいて、源護とは姻戚関係から勢力を拡大していた。そのため源護と血縁関係にない将門は常に周囲と小競り合いとなっていた。

 事の発端は、常陸国の土豪・平真樹が前常陸大掾の源護との紛争の調停を将門に依頼したことであった。将門は同盟者の平真樹に応じて常陸に向かうが、ここで将門を討ち取ろうと伯父の平国香と源護の3人の息子が筑波山西麓の野本付近で将門を待ち伏せしていた。彼らは将門を亡き者にしようと、旗をなびかせ突然将門に襲い掛かった。

 935年2月の戦いは、不意打ちであったため将門は一時は劣勢だったが、次第に体制を立て直すと将門は追い風を利用して逆に彼らを蹴散らし、ついには攻撃に転じ、一気に大串にある源氏館に、次に石田にある平国香の館に攻め込んだ。源扶、源隆、源繁の3人兄弟は揃って戦死し、平国香は炎に包まれて屋敷で自害した。将門軍の勢いは凄まじく、筑波、真壁、新治の3郡500余戸を焼き打ちにした。この戦いは互いに親族が殺し合い凄惨を極めた。

 翌935年、平将門は叔父の平国香を殺害したことにより、罪人として取り調べのため上京を命じられた。しかしもともと仕掛けられた戦いであったため、罪は許され将門はその軍事力を見せ付けることになった。

 平将門は帰郷するが、帰郷後も良兼を初め一族の大半と対立した。父・平国香を将門に殺された平貞盛も叔父側につき、将門派と激しい私闘が広げられた。坂東における平氏一門の内部抗争であるが、平貞盛は平国香の長男で、将門とほぼ同じ時期に京へ行っており高い官位を貰っていた。

 父の死を知って故郷に帰った平貞盛は将門と和解するが、貞盛にとって将門は父の仇であった。将門は貞盛の和解の言葉を信じず、貞盛も叔父の平良兼や良正と共に将門と戦うことになる。

 平国香亡き後、平氏の長者となった平良兼は、良正、貞盛と共に翌年6月、将門の追討に立ち上がる。兵数約1000人に対して将門勢はわずかに200人であった。平良兼が1000人もの兵を集められたのは良兼の実力を意味したが、戦いは必ずしも兵力では決まらない。
 5倍の兵数の差がありとても勝目がないため、将門は良兼軍を待ち伏せにして奇襲攻撃で敵を混乱させ、それに乗じて一気に突撃した。すると良兼軍は後退し良兼・良正兄弟は近くの豪族の館に逃げ込んだ。将門は館を包囲するが、しばらくすると囲みの一部を開けて良兼らを逃がした。将門は下野国府に赴いて騒動を起こしたことを侘び、国府の役人に一部始終を報告した。将門が良兼・良正を逃がしたのは、将門が時折みせる人の良さである。
 この年の10月、将門は源護に訴えられ、再び朝廷に呼び出されて上京した。しかし結果として将門の罪は軽微とされ、かえって将門の武名は都に知れわたることになった。翌年4月、朱雀天皇の元服による恩赦があり、罪は不問となり5月には帰郷した。

 帰郷した将門には再び良兼・良正との戦いが待っていた。この時将門は一時的ながら戦いに敗れている。将門は脚気を病んでおり、さらに良兼・良正は卑劣にも祖父高望王の木像を掲げて突撃してきたので、将門は祖父高望王の木像に弓が弾けず敗退したのである。良兼・良正にとっては普通の手段では将門には勝てないと考えた窮余の策であったが、それでも将門を倒すことはできず、9月になると脚気が治った将門が常陸国真壁郡にある良兼の領地を奪うと良兼は筑波山中に逃げ込んだ。

 このような一族の抗争はたとえ大規模であっても私戦であり、抗争自体は朝廷の追討となるような公戦にはならず、この時点では誰もが国家への反逆者ではなかった。

    将門の下人に丈部子春丸という小姓がいた。この子春丸が良兼の誘いに乗って将門を裏切り、将門の館内の様子や家屋の配置を良兼に教えたのである。ある日の未明、良兼は80人の精兵で将門の館を襲撃しようと進んできたが、途中でこれを将門の兵に見られてしまう。その兵の急報で良兼の襲撃を知った将門はわずか10人であった。
 不意打ちをかけようとした良兼は、逆に不意を突かれ、数十人の死傷者を出して逃げ帰り、またしても将門が勝利した。その後、良兼は失意のうちに病死し、貞盛は将門の追求を逃れるために翌938年2月、東山道から京都へ向けて出発した。
 これを知った将門は百余騎の騎馬兵を率いて追撃し、信濃の国分寺で追いつき、千曲川で合戦となった。貞盛は敗れ逃走し、将門はまたも追撃したが貞盛を捕捉することはできず地団太踏んで悔しがった。
 貞盛を取り逃がしたが、数回の合戦に勝利したことから、将門は坂東一の武者と称えられるようになり、同族との戦いはこれで終わり、以後、将門の行動は強力な軍事力を背景に同族との戦いの枠を越えていった。

 

武芝騒動

 伯父や源護一族との抗争も将門優位のまま終息に向かったが、武蔵国では別の争乱が勃発した。当時の国司は私腹肥やすために赴任してきてきた。新たに任してきた武蔵権守(県知事)の興世王と源経基も私腹を肥やすことを目的にしており、郡司・武蔵武芝と諍いを起こした。

 興世王と源経基は、武蔵国に到着するなり郡司・武蔵武芝に対して領内を検分すると通知してきたのである。検分といえは聞こえが良いが、検分する土地の有力者から受け取る莫大な貢物が目当てだった。守(副知事)として百済貞連が来ることになっており、百済貞連の到着を待たずに検分しようとした。百済貞連が到着したら取り分が少なくなるためで、その前に検分をしなければ赴任した意味がないと考えていた。
 武蔵武芝は二人の要求を「守の到着前の領内検分は慣例に反する」として拒絶した。すると怒った興世王と源経基は兵を引き連れて、
武蔵武芝の領内を荒らしまわり略奪をほしいままにした。興世王と源経基に逆らうことは、朝廷に逆らうことになるので、衝突を恐れた武芝一族は付近の山に避難した。これを知った興世王と源経基は山を取り囲み武蔵武芝と対峙した。興世王と源経基は非難の声が高まるにつれて不安を覚えるが、さりとて武蔵武芝に詫びを入れるわけにもゆかず動きがとれなくなった。ここで将門が両者の調停に入ることになる。
    坂東一の武者と言われる将門のとりなしは、興世王と源経基にとっては渡りに船であった。また
武蔵武芝にとっても天の助けだった。なぜ将門が自分の領地を離れて他国の紛争解決に乗り出したのかは分からないが、武勇だけでなく人の良さがあったのだろう。

 将門は「武蔵武芝、興世王・経基は自分の近親者ではないが、両者の紛争を鎮める」と称して武蔵国に出向き、興世王と武蔵武芝を会見させ、両者による紛争を調停したのである。

 和解も済み、興世王と武蔵武芝は将門と共に酒宴を開いていた。しかし源経基は自分を酒宴に迎えにきた武蔵武芝の兵を自分を攻撃にきたと思い込み、一目散に逃げ出してしまった。
 都に着いた源経基は、将門、興世王、
武蔵武芝らが朝廷の命令に反したと訴えたのである。これを受けてかつて将門が家人として仕えていた太政大臣・藤原忠平が調査に乗り出した。将門は自らの上申書に坂東五カ国の国司の証明書を添えて提出し、謀反の疑いを晴らすことに成功した。訴え出た経基は誣告(ぶこく)したとして罰せられた。

 朝廷は坂東における将門の名声を承認し、その功績の評価が高まった。ここまでの経緯が将門に都合良く運んだのは、将門が太政大臣・藤原忠平との政治的提携を保持していたからである。
 しかしその後、武蔵国では権守・興世王と武蔵守・百済貞連が再び対立し、興世王が将門のもとを頼ってきた。同じ頃、常陸の豪族・藤原玄明が常陸の国司・藤原維幾と対立し、
藤原玄明もまた将門のもとを頼ってきた。将門は坂東の諸勢力から頼りとされる存在になっていた。

 

平将門の乱

 常陸国司の藤原維幾は農民に厳しい税を取り立て、それに反抗した藤原玄明は国司の蔵を襲い備蓄した穀物を農民に分け与えた。国司は玄明の引き渡しを要求したが、将門はこれを承知せずに両者は対立した。

 さらに将門と藤原玄明は、国府の周辺を襲撃し藤原維幾を追い詰め、国司が使用する印と国倉の鍵を奪ったのだった。このように常陸国司である藤原維幾と対立する藤原玄明との「私戦」に、将門が介入したことが結果的に朝敵に繋がったのである。
 将門はそれまでの一族同士の戦いでは国府への攻撃を慎重に避け、戦いを「私戦」の枠内に収めていた。しかしこの
常陸国司への攻撃は朝廷への敵対行為であり「謀反」と見なされた。近隣諸国の国司からただちに都へ報告され、将門に対する調査は行われず、「公戦」とみなされ将門は朝廷が鎮圧に乗り出すした。
 興世王は常陸国府を襲撃した将門に「一国の占領だけでも罪は軽くない。同じことならば坂東諸国を占領すべきである」と進言し、将門は軍を進め下野国・上野国の国府をただちに占領した。「毒を食らわば皿まで」といったところである。
 このとき、本来ならば朝廷が行う
国司の人事を将門が行い、坂東諸国の国司を将門が任命した。さらに八幡大菩薩の使者と称する巫女がやってきて、将門が「新皇」であることを示した。将門は自らを「新皇」として、将門の居所を「都」とした。このような見解は明確な反朝廷行為であった。

 平将門はもともと自尊心が強く、桓武天皇の血筋を引く自分こそが正当な王権を持つとして「天皇に代わり日本の頂点に立つ」と宣言したのである。平将門は関東八カ国の国府を次々に攻撃して国司を追放すると、自らを「新皇」と名乗った。関東地方を治め、独立地方政権を作り上げた。  

 地方の軍事豪族に過ぎなかった将門の立場は、支配領域が拡大しても変化はなかった。将門は朝廷に対抗して「新皇」を宣言したが、これはよく知られていることであるがその実態は不明な点が多い。

 「新皇」を自称したことも、突発的な義憤であったとされている。実際に巫女の宣託が行われたとしても、将門の支持勢力には大きな変化はなかったので、宣託を受けての「新皇即位」という一連の流れを真実とすることはできない。

 将門は「新皇」を自称したとされているが、一族間の「私戦」に至った経緯と、常陸国司に襲撃においても、弁明して坂東諸国を占領したことに関する開き直りとも取れる文言が残されている。

 また将門は国を危うくする陰謀の片鱗を担いだが、その一方で主君である太政大臣藤原忠平への弁明の文言も残されている。勢いに任せて常陸・下野・上野の国府を占領したが、この段階に至ってもなお中央との連繋を維持しようとしていたのである。この奏上から「将門が坂東を独立国にしようとした」との意図を読み取るには疑問が残る。
 「将門記」に描かれる将門の「新皇」も、将門の
坂東での指導的立場を朝廷が承認したと理解することもできる。坂東諸国の豪族はそれぞれが各地で「私戦」を繰り返していたため、朝廷との連繋が良い勢いのある将門に味方することで、自らと競合する勢力の駆逐を目論んだ者が多かったのではないだろうか。

 将門を滅ぼしたのが、同じ坂東の藤原秀郷であったように、この段階におて将門とその支持勢力は坂東全域を支配していたわけではなかった。
 しかし将門の勢いを恐れた坂東の国司らは、任国を捨てて逃亡し、将門は武蔵国・相模国などを次々に従え実効支配の地域を拡大していった。このことから
将門は朝廷の敵とみなされ将門討伐令が発布されたのである。

 朝廷は比叡山延暦寺で将門の調伏を祈らせ、平定のため伊勢神宮に奉幣している。このように平将門討伐を朝廷が必死に祈ったことは、将門がいかに非凡で強かったかを示している。

 朝廷は藤原忠文を征東大将軍に任命し、将門鎮圧に派遣した。結局は朝廷軍が到着する前に平将門は地元の武士藤原秀郷平貞盛によって打たれた。

 940年2月14日。将門は甲冑を身につけ出陣する。通常ならば8000人前後の軍勢を保持していたが、この日は400人ほどの兵士しか集まらなかった。それは藤原秀郷、平貞盛の決起が突然だったため、里に帰っていた将門の軍勢が間に合わなかったためである。

 将門は覚悟を決め猿島郡の北山を背に陣を張り貞盛と秀郷を待った。そして戦いは午後3時頃始まった。この日は大風が吹き砂埃が舞い、将門軍は追い風を得て貞盛・秀郷軍は風下に立った。

 当時の合戦は弓矢が主だったので風上にたつことが絶対的に有利となった。将門軍の楯は前向きに倒れ、貞盛・秀郷軍の盾は後向きに倒れた。貞盛・秀郷軍は劣勢になり将門軍は馬上から敵を討った。その数80人ほどの兵で追撃して将門軍は圧倒した。将門軍が攻めると貞盛・秀郷・為憲の兵2900人は逃げ出し、残った兵は300人ほどであった。彼らは逃げ回りながら追い風が吹くのを待っていた。しかし将門が本陣に引き揚げると、突然風向きがかわった。

 今度は風下になり、将門軍が不利な戦況になった。 将門は「どころからでも射抜いてみよ」と云ったが、どこからともなく飛んできた矢が将門の眉間を射抜き、将門の独立国家、新皇への夢は終わった。前年、坂東諸国を制圧し新皇を称した将門の乱はわずか2ヵ月であっけなく幕を閉じたのである。

 

平将門への評価

 将門の乱に対し、朝廷は諸社諸寺に将門調伏の祈祷を命じた。これは祈祷するほど将門を恐れていたことを示している。将門の行状を密告した源経基は従五位下に叙され、藤原忠文を征東大将軍とした追討軍が京を出た。
 将門は追討軍が到着するまで、平貞盛や藤原維幾の子・為憲、さらに下野国押領使・藤原秀郷との戦いを続け、京を発った追討軍が到着する前に将門は戦死していた。将門の弟たちや興世王、藤原玄明らも誅殺されたが、これは朝敵となって追討軍が出てきたため、将門に味方する兵力が少なかったからである。

 将門との戦いに勝った藤原秀郷は、当初、将門に同調していたが、将門が新皇として坂東諸国に自ら国司を任じ、さらには大軍を率いて京都へ攻め上り、日本国の主になると期待しその構想に感心していた。しかしその後、秀郷は将門の立居振舞を見てその粗雑さに落胆して将門を裏切ったのである。

 将門は勢いに乗じて坂東諸国の国府を占領したが、そもそも国司は平穏に国を運営して税を滞りなく朝廷に納めるのが任務であった。それを将門は武力で追い出し強引に支配しようとした。手段が強引であればあるほど反発を招き、また朝廷の前では支持を集めることはできなかったのである。
 この戦いで藤原秀郷を味方にした貞盛と為憲は、以前から将門と敵対する勢力であった。つまり将門の乱は「私戦」の延長線上であったが「公戦」と認定され朝廷の敵にされたのである。
 この乱は坂東における私戦であり、それ自体は朝廷の支配を揺るがすようなものではなかった。また「新皇」を称した将門も、その基盤は中央の貴族や国司であり、朝廷の権威を背景に活動する勢力の一つであった。国府襲撃という事件さえ起こさなければ、将門は国家的軍事・警察権の担い手として朝廷から重用されていたかもしれない。将門は「新皇」を称し、朝敵となったが、それほど大それた考えはなかったと思われる。
 将門の独立は近隣の支持を失い潰されてしまった。将門を支持した富豪層も程度の差はあれ将門のように朝廷に依存しており、朝廷を転覆するようなことは考えはなかった。豪族たちは体制を承認しつつ、そのなかで自らの利益の拡大を図っていた過ぎなかった。自らの利益にかなえば、将門に味方をするし、利益に反するならば離脱するような者だった。
 中世には武士がめざましく社会進出を果たしたが、平将門の頃はまだ武士の存在は番犬のように弱かった。武士の活躍は院政期の皇統の対立や、寺社強訴の頻発などにより、武力によって守護する必要に迫られてからである。事実、将門の乱に関わった人の子孫の武士たちが武家社会を作ったのである。将門を討った秀郷や貞盛の子孫はやがて武士の家として発展を遂げることとなる。
 平貞盛は伊勢平氏となり、平家政権を立てた清盛などを輩出し北条などの祖となった。藤原秀郷は小山・結城・長沼、波多野、山内首藤、平泉藤原氏、佐藤(西行法師)、後藤などの祖となっている。平良文は千葉・上総、秩父平氏(畠山・小山田など)、三浦、大庭・梶原などの祖であり、藤原為憲は伊東・工藤、二階堂などの祖となる。

 荘園や諸国の国衙(こくが)に武士が起用されたのは防衛のためであり、院や貴族、寺社らと独自に関係を展開してゆくことになる。このように武士の社会進出は彼らが得意とする武芸を活かした奉仕を中心としたものであった。
 また将門の乱からもわかるように、中世社会における武士は朝廷の権威を背景に「私戦」を繰り返し、朝廷の権威に依存する側面と背反を併せ持っていた。

 武士が天皇や貴族、寺社勢力などと対立することは、平安時代中期における武士の形態ではなかった。将門の乱の舞台となった坂東の自立性を過度に重視したものと思われる。将門の乱をもって坂東の「独立」を過度に重視する風潮にあるが当時はまだその発想はなかったであろう。

 

平将門の呪

 平将門は数に勝る藤原軍に勝てず、歴史に残る最初の晒し首になる。非業の死をとげた英雄には伝説がつきものであるが、それはその死を惜しんだからである。国司のあくなき搾取に苦しむ民衆が、将門を怨霊として国司等を懲らしめることを民衆が願ったのであろう。

 京都・三条河原に晒し首になった将門は、毎夜青白い光を放ち「わが胴体はどこにある。ここに来て首とつながり、もう一戦交えよう」と叫び、さらにいつまでたっても腐ることなく、まるで生きているようであったとされている。さらに晒し首になっている首だけが都の空を舞い、自分を裏切ったものの首や腕を食いちぎりながら、首は坂東を目指して飛んでゆき、今の東京都千代田区神田まで飛んできて落ち、その地に立てられたのが神田明神のはじまりとされている。神田という地名も将門の首が体(からだ)を求めて飛んできたためとの説がある。

 また首が落ちたところが現在の東京都大手町にある平将門の首塚で、胴体が埋まっていたところが皇居近くの神田明神ともされている。さらには将門の愛馬の死骸が埋めているところ、将門が戦勝を祈願した刀を埋めているところ、さらには将門に従って討ち死にした者たちが眠る所など、様々な場所が「平将門の怨霊の地」として残っている。 

 東京の大手町1丁目1番地のビジネス街に平将門の首塚がある。将門の首が飛んできて首を洗ったのが「首洗いの井戸」で、その首を埋葬したのがこの「首塚」とされている。これらは伝説であり、平将門の首が埋葬されているかは分からないが、この首塚をめぐって平将門の祟りと思える出来事が起きている。
 徳川の重臣の大久保家は藤原秀郷の子孫にあたるが、江戸城拡張工事で神田明神の移転を企画した大久保忠世はすぐに病死し、嫡男・忠隣は事件に巻き込まれ死亡した。

 首塚はこの地に建てられた大名邸内に祀られていたが、明治後、屋敷跡に大蔵省が建った。大正12年、関東大震災により大手町一帯が瓦礫の山となったため、国は首塚を取り壊し、区画整備をして大蔵省仮庁舎を建設しようとした。平将門の首塚の上に大蔵省の仮庁舎を建てる計画であったが、その直後から大蔵大臣をはじめ、大蔵幹部や工事関係者たち14人が亡くなったのである。いずれも平将門など落ち武者などに殺される夢でうなされての変死、あるいは事故死だった。さすがにこれは不吉ということで工事は中止となった。
 さらに太平洋戦争直後、平将門の首塚を取り壊す計画が持ち上がり、GHQが一帯を整地して駐車場にしようとすると、なぜか工事中にブルドーザーが横転し、運転手の男性が死亡するという事故が起きてしまった。アメリカ軍も平将門の祟りを聞かされ首塚の取り壊しを中止し、これらの出来事から現代においても将門の祟りが怖れられ、現在の地で手厚く祀られている。
 現在でも、隣接するビルは、平将門の首塚を見下ろすようなことのないように、窓は設けていない。またビルは管理職が首塚に尻を向けないように、特別な机の配置がなされている。 

 この首塚などを含めて、平将門ゆかりの神社として「鳥越神社」「兜神社」「神田明神」「将門首塚」「筑土八幡神社」「水稲荷神社」「鎧神社」があり、これらをすべてつなぐと北斗七星の形になるとして有名である。それらの神社で平将門の名誉を傷つけると死を賜るということになる。

 人が怨霊や神になるには「現世で英雄的な功績を立」て、かつ「非業の死」を遂げる必要がある。非業の死を遂げた人の霊魂は、生を全うできなかった苦しみを死後に自らの力に変換して強い力を持つと考えられ、それを慰撫するために人々は昔から様々な供養方法を考えてきた。

庶民の味方
 平将門は関東八州を制圧し、天皇に対して自分は「新皇」を名乗って関東に新しい朝廷を築こうとするなど、非常に個性の強い人物であった。
 当時の東国は畿内の人々からは「みちのくの国」として蔑まれていた。将門は東国の人々の期待を背負った人物で東国の英雄とされ、また将門の悲劇は合戦で矢に当たって討死したうえで斬首された。首は京に運ばれて晒し首にされ、更に将門への討伐軍には将門自身の親戚(伯父の国香など)が加わっており、骨肉の争いが行われていた。ことから平安朝の人々に将門の方がより血なまぐさい印象を受けた。

 しかし叛乱者とされた将門は、実は人情に厚い人柄で、将門を慕う人々も大勢いた。争乱の中でも農繁期には兵を気遣って田畑に帰し、また乱暴を受けた敵の婦女にも手厚く労わる優しさを見せている。
 それだけに叛乱者として不本意な死を遂げた将門の霊魂が、怨霊となって祟りをなすということが都の人々に怖れられた。将門の乱の10年前には清涼殿の落雷事件が起こり、菅原道真の怨霊によるものと怖れられていた。将門も道真と同じように御霊信仰の対象となったのである。特に東国では民衆からの信仰が篤く、畏敬されている。

 それを伝えるのが首塚などの伝説である。
 将門を祀る神田明神はもともと芝崎という村で、そこに塚を築いて将門の首を祀り、築土明神と称されていた。しかし村が荒廃したため、将門の墓に花を供する者がいなくなり、亡霊が祟りをなして人々に病災をもたらした。その時、この地に立ち寄った時宗の二祖である真教上人が回向し将門の怨霊を鎮めたのである。人々は上人に賛仰して念仏道場を建て、その境内に産土神(うぶすながみ)として将門を祀った。これが神田明神の縁起といわれ、徳川家康が江戸入封で現在の地に移すまで、神田明神はこの地に鎮座していた。ちなみに家康は将門の神威によって江戸の町を守ることを企図して、神田明神を江戸城の鬼門の方角に据えた。

 日本三大怨霊とされるのが平将門の他、菅原道真崇徳上皇である。後の平家一門は多くの人々が非業の死を遂げたが怨霊を輩出していない。これは平家物語を語り、建礼門院徳子に菩提を弔わせることによって、一門の人々が成仏したということを示している。平家については怨霊伝説よりも落ち武者伝説の方が多いのは、鎌倉政権に対して、平家の落ち武者がどこかで生き延びていてほしいと願う人々が多かったからである。

藤原純友
 平将門が関東地方で新皇と名乗り、朝廷に謀反を起こしたのと同時期に、瀬戸内海では藤原純友が海賊を率いて反乱を起した。この二つの朝廷に対する反逆を「承平・天慶の乱と呼ぶ。朝廷の権威に抵抗する武装勢力が同時に発生したことは、公家政権の統治力の衰えを象徴する出来事であった。

 平将門の乱はその動機が非常に曖昧で、受領と富豪層の人々の仲介をしていたところに私的な闘争も加わり、規模が大きくなりすぎて朝廷から討伐されそうになりました。そこで「朝廷と有利な条件で交渉できるよう関東一体を支配して朝廷を脅してやろう」と思い立ち平将門は関東を支配した。いっぽうの藤原純友の乱の動機はとても単純である。それは「朝廷のために働いたんだから、働きに見合った勲功をよこせ、そうしないと暴れる」という朝廷への不満である。この2つ乱が起こるまでの武士たちは、朝廷から相当に見下されていたということです。
 かつての日本は現代よりはるかに湿地帯や湖沼が多く、水上輸送は最も効率のよい物流手段だった。そのため積荷を狙う小規模な海賊行為は各地であったが、ほとんどは地域の有力者によって武力制圧されたため、海賊たちが記録としてあらわれるのは平安時代になってからのことである。
平安時代になると地方から都へ水上輸送される官物を狙った海賊が現れるようになり各地域では対応に苦慮している。特に大動脈であった瀬戸内海では朝廷が海賊討伐令がくだすことが少なくなかった。

 藤原純友はかつては摂政家として栄えた藤原北家(藤原冬嗣・長良)の血統を継ぐ貴族だったが、大宰府(九州の博多)を支配する役所の次官であった父を早くに亡くしたため中央での出世を諦めざるを得なかった。当時の朝廷は世襲制でしたので、強大な父の後ろ盾がなければ出世コースに上がることはできない。つまり父親の後ろ盾で自分の出世が決まってしまうと言っても過言ではなかったのである。

 没落貴族となった藤原純友に声をかけたのは叔父で伊予国(愛媛)の守である藤原元名(ふじわらのげんな)であった。藤原純友の父は大宰府の次官で、大宰府は朝鮮半島との通商の要所だった。そのため博多には商船などを狙う海賊たちが頻繁に出没していた。そのため藤原純友は父が生きていた頃、海賊らを退治するため日々奮闘していたのだった。父のおかげで海賊退治を得意としたことから、当初は藤原元名の命令で瀬戸内海の海賊を鎮圧するの役目を忠実に果たしていた。

 藤原純友は、藤原元名の下で伊予国で、4年ぐらい海賊討伐に励む。ここで藤原純友は圧倒的に強かったので、瀬戸内海の人々に強烈な印象を残した。海賊たちも藤原純友を知らない人はいなかったが、935年になると藤原元名の伊予国の任期が終了し、元名の部下として働いていた藤原純友も任期に合わせて官職を失った。藤原純友は大きな成果を上げたものの海賊の壊滅にまでは至らず、その後も伊予国では新しい受領の下で激しい戦いが行われていた。しかしもはや藤原純友がいなければ海賊に勝つことはできなくなっていた。朝廷もそれを知り藤原純友に「伊予国警固使」という役職を与えた。伊予国の県警本部長の役割で936年、伊予国へ軍を引き連れて再び赴くことになりました。
紀淑人(きのよしひと)
 936年3月、平安京へ戻っていた藤原純友は、伊予国警固使として伊予国へ向かう。その2か月後、936年5月、藤原元名に代わって新しい受領がやってくる。それが紀淑人であった。ここで摩訶不思議なことが起こる。海賊たちは紀淑人の寛大な人柄を信用して突然降伏するのである。それまで約5年間も抵抗を続けていた海賊たちが突然降伏してきた。後世に残る記録では、海賊たちは紀淑人の寛大な人柄を見て降伏したとされているが、紀淑人は高齢かつ文人である海賊を本当に説得できたのか。
 紀淑人は海賊とは全く違う価値観を持つ人物で、そのような人物に海賊たちが、なんの経過もないままにいきなり全面降伏するだろうか。実は海賊たちの全面降伏は、紀淑人ではなく藤原純友による海賊への説得によるものだという説がある。この説はかなり有力で、まず第一に海賊は紀淑人よりも、長年戦いその人柄も十分把握していた藤原純友のことを信頼しているはずであった。この後、藤原純友が乱を起こしたとき、海賊たちは藤原純友の味方になっているので、敵といえども海賊が藤原純友のことを一定程度評価していたとしても不思議ではない。
 また939年に藤原純友が乱を起こした際に、朝廷は大慌てで、この936年の海賊降伏に関する勲功を藤原純友に与えている。つまり936年の海賊全面降伏の際に藤原純友に勲功を与えるべきであったのに与えていなかった。つまり海賊降伏は藤原純友の功績だったと考えることができます。紀淑人は藤原純友の手柄を横取りして出世した可能性が高い。つまり海賊を説得したのは紀淑人よりも2か月前に伊予国入りした藤原純友であり、受領である紀淑人がその手柄を横取りしたものと考えられる。藤原純友の勲功は黙殺されてしまったのです。
 だからこそ939年、藤原純友が乱を起こしたとき、朝廷は真っ先に、936年の時に黙殺した勲功を藤原純友に与えた。この時に黙殺された勲功に対する藤原純友の不満が、939年の藤原純友の乱の間接的な動機になっていきます。乱を起こした明確な理由はわかっていませんが、この時の勲功黙殺に対する不満が関与していたのは間違いないと思う。
 瀬戸内海沿岸の海賊や地方官をまとめた藤原純友は任期を終え1時都に戻るも、すぐに引き返しそのまま海賊になってしまう。

海賊になる舎人たち

 ところで海賊のほとんどが元公務員の舎人(とねり)であった。舎人は朝廷内の雑用係で、いろんなことをしてたが、894年の遣唐使廃止前までの日本、中国に次ぐ大帝国という自負を持ち、その帝国たるゆえんを他国に見せるため新羅などの朝鮮の人々を招いて壮大な儀式を頻繁に行っていた。この壮大な儀式のため大量の雑務を伴う舎人たちに仕事があった。しかし日本は「中国に敵わないのに、威張り続けるのも疲れてきた。国内の統治も安定してきてたし、朝鮮とか中国が攻めてくる様子もないし、もう日本が強いことを示す必要はないし、朝鮮や中国と貿易は続けるけど政治的な外交はもうやめる」こうし、外交を縮小したことで大規模な儀式は激減し、これに伴い舎人たちの仕事も無くなっていきます。職を失った舎人たちは地元で免税特権から税金を納めずに暮らしていた。当時、舎人は税が免除されていた。この税金を払わない舎人たちは受領たちにとって邪魔な存在であった。受領にすれば「お前ら舎人だけどもう仕事してないんだから免税特権はない」と言いたいが、受領には免税と解く権限がなかった。この受領たちを見かねた朝廷は、受領に舎人の解任権と逮捕する権利を与えた。朝廷は税金がちゃんと納められないと困るので、基本的に受領の味方になったのである。
 こうして解された舎人たちは海賊となる。実は伊予国は舎人に支給するためのお米の産地だった。リストラされた舎人たちは海賊となって次のように自分の行為を正当化した。
「伊予国で収穫された米は、舎人へ支給する米なんだから俺らの米だ。なぜ俺らにちゃんと納与えてくれないのか、支給してくれないなら無理やり奪うしかない」こうして、伊予国では元舎人による海賊被害に苦しむことになる。そこで白羽の矢が立ったのが藤原純友だった。

 海賊たち(元舎人たち)は藤原純友に非常に友好的だった。藤原純友は海賊たちからも信頼される人柄だった。元舎人たちは裕福な人が多く藤原純友にとって強力な後ろ盾となりました。こうして、藤原純友は瀬戸内海を中心に強大な力を手に入れていきました。そして、その力は受領でも抑えられないほどになった。

 海賊の方が性に合っていたのか、海賊鎮圧のための藤原純友が朝廷の命令を無視して海賊行為を指揮したのである。自が海賊の首領となって海賊行為を指揮するようになった。純友は伊予の国内にある日振島を根城に抜群の統率力を発揮し当時の公家社会に不満を持つ瀬戸内海沿岸の民衆を集め、1,000隻を超える大海賊団を組織し周辺海域をあらし、やがて瀬戸内海全域にその勢力を伸ばした。

 朝廷は追捕使長官・小野好古、征西大将軍・藤原忠文らに純友の征伐を命じた。しかし藤原純友の反乱勢力は強く、約2年間にわたって日振島(愛媛県宇和島市)を拠点に抵抗し、瀬戸内海の安全を脅かした。瀬戸内海沿岸を勢力圏とした藤原純友の乱は、九州地方にも到達するほどの勢いで、大宰府追捕使の軍勢も純友に敗れている。しかし伊予国警固使に橘遠保が任命されると本格的な追討が始まり、藤原純友の軍勢が弱まり、940年に橘遠保によって純友・重太丸の父子は捕縛されて処刑されその首が朝廷に届けられた。指導者を失った海賊勢力はその力を弱め、翌年には瀬戸内海の安全が確保された。

 平将門の乱を鎮圧した朝廷が、軍勢を瀬戸内海に集中させ純友の反乱を鎮静化したのである。藤原純友は、平将門と違い「独立国の建設」との意図はなかったが、瀬戸内海の大勢の海賊を味方につけたことから反乱は長期化した。

 国を脅かした海賊の末路なので獄死は当然とする向きが強い。純友は将門のように神や英雄として崇められることもなく、純友に関する伝説や資料も少ない。敗者ではあるが将門を語る上で無視できない西国の武将である。

大宰府を襲撃
 
藤原純友は讃岐が朝廷に制圧されてから4か月後、突如大宰府に姿を現し大宰府を襲撃する。大宰府は朝廷にとって、九州における最重要拠点であった。純友はこの重要拠点を制圧することで、朝廷と和平交渉を有利に進めようと考えたのであるが、勢いに乗った朝廷には既に純友と交渉する気はなかった。朝廷を和平交渉のテーブルに引き出せない純友は、遂に大宰府にて朝廷との最終決戦をむかえる。
 藤原純友は大宰府において受領の独裁に苦しむ反受領勢力を味方につけ、朝廷軍に対抗した。しかし、平将門の乱が終わり、伊予・讃岐らの四国・中国地方を抑えた朝廷は戦力を集中して大宰府へ投入してきた。全力の朝廷軍に、朝廷に骨抜きにされた純友軍が勝てるわけもなく純友は敗北。一旦は逃亡したものの、その後、藤原純友は討たれました。こうして939年から2年にわたって行われた藤原純友の乱は朝廷軍に鎮圧された。 

武士団の背景

 公地公民制が崩壊し、民生を掌るのは荘園領主と武士団だった。平安末期になると武士団は源氏と平氏の二大勢力になった。清和天皇の後裔を自認する源氏は東国でその勢力を伸ばした。その契機となったのが、いわゆる「前九年後三年の役」(1051年)である。陸奥(岩手県)の大豪族、阿部頼時の反乱を鎮圧するために出陣した源氏勢力が、9年の歳月をかけてこれを滅ぼし、その後、阿部氏に代わって権勢を誇った清原氏の内部抗争を3年かけて鎮定した。この功績を立てた源義家(八幡太郎)は源氏の守護神となる。

 藤原純友の乱を鎮圧した功労者の中で、出世と遂げた人物のひとりに源経基(みなもとのつねもと)という人物がいた。源経基は平将門の乱の時にも登場している。源経基は清和源氏の祖であり、あの有名な源頼朝のご先祖様になる。その源経基は、藤原純友の乱によってその頭角を現すことができたのです。 

 いっぽう桓武天皇の後裔を自認する平氏は西国で勢力を伸ばした。その契機となったのが、大海賊・藤原純友の反乱であった。また平将門の乱では平清盛のご先祖である平貞盛が頭角を現した。

 武力を持たない朝廷は、地方の戦乱を有力な武士団に委ねざるを得なかった。この平将門の乱と藤原純友の乱はどちらも武士によって鎮圧され、武士のもつ力が注目されることなる。そのため反乱が頻発すれば、朝廷の権力が次第に武士に蚕食されていった。やがて朝廷の皇族や貴族たちは、自分たちの権力争いに源氏と平氏の武力を利用するようになる。こうして起きたのが「保元の乱」と「平治の乱」 である。その結果、朝廷の実権を握ったのは平清盛であった(1167年)。朝廷内の権力争いは武士に国の実権を奪われる形で終結した。

 このような意味でも藤原純友と平将門が起こした乱というのは日本史的には地味だが、源頼朝・平清盛と言った有名武士のご先祖を始めとした武士たちが本格的に歴史の表舞台に登場したという点では重要な出来事と言うことができる。