大塩平八郎の乱

 大塩平八郎の乱とは江戸時代に起きた反幕の乱で、この乱は江戸時代の三大飢饉のひとつである天保の大飢饉がきっかけになった。天保8年(1837年)に、大坂東町奉行所の元・与力で陽明学者の大塩平八郎とその門人らが起こした反乱である。旗本が出兵した戦いとしては島原の乱(1637年)以来、200年ぶりのことであった。 
 大塩平八郎は1793年、大阪・天満で大塩家の8代目として生まれた。14歳で与力見習いとなり、25歳で大坂東町奉行所の正式な与力になった。与力になって驚いたのは奉行所が腐敗しきっていたことであった。大塩が事件を担当すると当事者から菓子折りが送られてきて、開けると小判がはいっていた。このようなことは日常茶飯事で、同僚の中には自ら賄賂を要求する者が多数いて、捜査に手心を加えることも公然と行なわれていた。
 大塩平八郎は同じ与力に弓削(ゆげ)という悪党がいることを知った。弓削は裏社会のボスで、部下に恐喝、強盗、殺人をやらせ、自分は遊郭で遊んでいた。正義漢から大塩は弓削と戦うこと決意し、弓削の手下を片っ端から摘発して不正を次々に暴いた。そのため弓削の集団は壊滅し弓削は自害した。大塩は没収した3千両の金銭を貧民へ施した。
 この捜査の過程で、幕府高官が不正に加わっていた証拠を掴んだが、幕府中枢部から圧力を受け、府高官の悪事は揉み消され大塩は深い失望を味わった。この揉み消しから1ヵ月後、上司に連座する形で大塩(40歳)も奉行所を去り、25年にわたる奉行所生活を終えた。
 大塩は奉行所を辞める前の、32歳の時から私塾「洗心洞」を大阪天満の自宅で開いていた。教えていたのは独学で学んだ陽明学で、大塩は学者として広く知られており、与力や同心、医師や富農などにその思想を説いていた。塾の規律は厳しく、朝2時に講義が始まり、真冬でも戸を開けぱなしにしていた。講義は厳格そのもので門人たちは緊張のあまり大塩の目を直視できなかったほどである。
 奉行所を辞め隠居した大塩は陽明学者として学問の道を究めようとした。陽明学は朱子学と同じ儒教であるが「思想を持つだけでなく、実践を伴わなければ学問とは言えない」、つまり知行合一の思想であった。大塩は洗心洞剳記(さつき)を刊行し、最後を「口先だけで善を説くことなく、善を実践しなければならない」と締めくくっている。洗心洞剳記は門弟と共に富士山に登り山頂に納められた。
 当時は、比較的天候に恵まれ、不作らしい不作は起きなかった。しかし東北地方の暖冬、冷夏、長雨に祟られ、この異常気象を皮切りに台風による大被害が3年連続し、餓死者が20~30万人に達した。これが世に言う「天保の大飢饉」である。
 飢饉によって農村や都市部では貧窮者があふれ、追いつめられた農民や庶民らによって一揆や商家の打ちこわしが続発した。このような全国的な大飢饉に対し、幕府や各藩は救民対策を行わなかった。逆に商家にコメを買い占めさせ、暴利をむさぼっていた。
 大阪は「天下の台所」と呼ばれ、全国から多くの物資が集まっていた。この経済の中心地である大阪においても、買い占めでコメ不足となり、多くの人々が飢えに苦み、1日170人余りの餓死者が出る事態となった。
 これを見かねた大塩平八郎は、何度も奉行所へ窮状を訴えた。凶作とはいえ、大阪には全国から米が集まるのだから、庶民は飢えても米問屋や商家に米はあるはず、「豪商たちは売り惜しみで値をつり上げている。人々に米を分け与えるように奉行所から命令を出してはどうか」と訴えたが、大坂町奉行の跡部良弼(老中水野忠邦の実弟)は耳を貸すどころか「意見するとは無礼者」というだけであった。
 奉行所は大阪に搬入されるはずの米を兵庫で止め、それを船で江戸へ送っていた。奉行所は購入した米を将軍・徳川家慶就任の儀式のため江戸へ廻していたのである。豪商らの米の買占めにより大阪の米の値段は6倍に急騰し、さらに奉行所は大阪から米を持ち出すことを禁止し、京都や地方から飢えて買い付けに来る者を牢屋に入れた。
 こうした飢饉に拍車をかけたのが、1837年に幕府が行った天保通宝の発行であった。1枚が百文に相当するこの貨幣の発行により、貨幣の相場を下落させ、物価の下落を招いたのである。大阪町奉行は餓死者が出ているのに救済の手を打たなかった。大塩は三井、鴻池ら豪商に「人命がかかっている」と6万両の義援金を要請したが、これも無視された。大塩は学者にとって宝ともいえる5万冊の蔵書を売り、手に入れた600万両を1万人の貧民に配った。
 大塩平八郎は役人や豪商たちに激しい怒りを覚え、飢饉は天災ではなく人災であるとして武装蜂起を決意した。
 この決断は陽明学における知行合一の精神、すなわち「知っていて行わないのは、知らないのと同じ」を実践したのである。事態は一刻を争った。窮民への救済策が1日遅れれば、それだけ人命が失われる。大塩はついに力ずくで豪商の米蔵を開けることを決意した。
 大塩平八郎は綿密な計画を立て、大量の米を備蓄していた大阪城の米蔵を襲うことを最終目標にした。家財を売却し、家族を離縁し、大砲などの火器や爆薬を整え、さらに私塾の師弟に軍事訓練を施した。近郷の農民に檄文「豪商らに天誅を加えるべし」を回し、決起への参加を呼びかけた。檄文は下記のごとくである。
 「田畑を持たない者、持っていても父母妻子の養えない者には市中の金持ちの商人が隠した金銀や米を分け与えよう。飢饉の惨状に対し、大阪町奉行は何の対策を講じぬばかりか、4月の新将軍就任の儀式に備えて江戸への廻米を優先させ自分の利益だけを考えている。市中の豪商たちは餓死者が出ているのに豪奢な遊楽に日を送り、米を買い占め米価を吊り上げている。今こそ無能な役人と悪徳商人への天誅をなす時で、この蜂起は貧民に金・米を配分するための義挙である」。この連判状には約30名の門下生が名を連ね、その内訳は与力や同心が11名、豪農が12名、医師と神官が2名ずつ、その他3名である。
 決起の日を、新任の西町奉行・堀利堅が初めて市内を巡回して東町奉行・跡部良弼に挨拶に来る2月19日の夕刻と決め、同日に両者を爆薬で襲撃し爆死させる計画を立てた。さらに決行前日、江戸幕府の6人の老中宛に「大坂町奉行所の不正、役人の汚職などを訴える」手紙を書き送った。「公然と賄賂をとる政治が横行しているのは、世間の誰もが知っているのに、老中たちはそれを知りながら意見すらおっしゃらない。その結果 、天下に害が及ぶことになった」。
 蜂起が失敗しても、心ある老中が一人でもいれば改革を行なってくれると願って書いたのである。
 しかし決起直前になって、密告者が出て、計画が奉行所に察知されてしまう。門弟の与力2人が裏切り、計画を奉行所へ密告しのだった。当直で奉行所に泊まっていた別の門弟が、この密告を大塩に急報し、事態の急変を知った大塩は、午前8時に「救民」の旗を掲げて蜂起した。朝の大阪に大砲の音が轟いた。計画が早まったことから、仲間が集まらず最初は25人で与力・朝岡宅を砲撃し、続いて洗心洞(大塩邸)に火を放った。
 大塩は「天満に上がった火の手が決起の合図」と伝えていたので、近隣の農民が次々と駆けつけた。難波橋を南下し船場に着いた昼頃には町衆も加わり総勢300人になった。彼らは「救民」の旗を掲げ、船場の豪商家に大砲や火矢を放った。鴻池善右衛門、三井呉服店、米屋平右衛門、亀屋市十郎、天王寺屋五兵衛といった豪商の邸宅を次々に襲撃し、奪った米や金銀をその場で貧民たちに渡していった。しかし火災が広がり、天満を中心に大坂市中の5分の1が焼失し、大坂の人口約36万人の5分の1に当たる7万人(約2万軒)が焼け出された。火災は翌日の夜まで続いた。
 島原の乱から200年目の武装蜂起は大坂の街の真ン中で起きたが、奉行所の出兵に加え、大阪城から2000人の幕府軍が出兵し、大塩一党は総攻撃を受け「大塩平八郎の乱」は半日で鎮圧された。
 事件後の執拗な捜査で門下生たちは捕縛されたが、大塩平八郎と養子の格之助だけは行方が掴めなかった。大塩平八郎は戦場から離れた後、跡部の暗殺を狙い淀川に船を浮かべ、夕暮れまで大阪東町奉行所の様子を伺っていた。
 数日後、大和から再び大坂に舞い戻って、下船場の靱油掛町の商家美吉屋五郎兵衛の裏庭の隠居宅に潜伏した。大塩親子はおよそ40日余り潜伏していたのである。
 大塩は江戸に送った建議書に期待していたが、建議書は江戸に届いたが、大坂町奉行所から差し戻し命令があり幕府に届けられずに、返還途中の箱根の関で、字の読めない飛脚が中身を見て、金目のない膨大な訴状だけを見て、その重要性を知らずに捨ててしまった。
 大塩平八郎は失意のまま、美吉屋の店(西区靱油掛町)に匿われたが、出入りする奉公人によって大坂城代・土井利位に通報され、その家老・鷹見泉石らに包囲され、大塩親子は火薬を使って爆死した。遺体は判別不可能な状態であった。大塩平八郎、享年44。
 幕府側の元役人が大坂で挙兵したことは、幕府にとって大きな衝撃となった。薩摩や長州といった大名でさえ幕府に従順だった時代に、個人の力で数門の大砲を用意して白昼堂々と大阪の中心地で豪商の米蔵を打ち壊し奉行所や大阪城襲撃を目論んだのである。このような事態は誰も想像もしていなかった。この事件は徳川政権を揺さぶった。
 大塩平八郎は蜂起前に資産を処分して貧民に配り、自分を犠牲にして幕府に庶民の救済を求めた。それは25名の門下生も同じで、そのため大火で焼け出された人々は、大塩に怒りをぶつけず、「大塩さま」と呼んでその徳を称えた。
 幕府はこの騒動が各地に及ぶことを恐れ、反乱の実態を隠し「不届き者の放火騒ぎ」とした。しかし大塩が1ヶ月以上も逃亡したため広範囲な手配が必要となり、平八郎の人相書が全国に配られ、乱の事実が短期間で全国へ知れ渡った。しかも爆死したことから「大塩死せず」との噂が流れた。
 奉行所は大阪周辺の村に対して、大塩の「檄文」を差し出すよう命じたが農民たちはこれに従わず、厳しい監視の目をかいくぐって写筆し全国各地に伝えた。大塩平八郎の乱から2ヵ月後の4月に、広島の三原で800人が「大塩門弟」を旗印に一揆を起こし、6月には越後の柏崎で国学者の生田万が「天命を奉じて国賊を誅す」と代官所を襲撃(生田万の乱)し、さらに全国で同様の乱が続発し、その首謀者たちは「大塩門弟」「大塩残党」などと称した。
 また「大塩平八郎は生きている」「海外に逃亡した」との風説が流れ、身の危険を案じた大坂町奉行が市中巡察を中止したり、同年アメリカのモリソン号が日本沿岸に現れたことから「大塩平八郎と黒船が江戸を襲撃する」との噂まで流れた。
 幕府は事件を収めるため1年後に磔を行うが、それは塩漬けにされた人相も不明な十数体の遺体を磔にするという異様な処刑であった。大塩の遺体など判別できるわけはなく、さらに生存説に拍車がかかった。
 また大坂が京都に近いことから、2月25日に京都所司代から光格上皇および仁孝天皇に事件の報告が行われ、朝廷からは諸社に豊作祈願の祈祷が命じられ、朝廷は幕府にその費用を捻出するように命じた。江戸幕府が朝廷の命を受けたことは、幕府の権威が下がり、朝廷の権威が上昇していく幕末への兆しと見ることができる。
 大塩平八郎の乱は決して倒幕の戦いではなかった。明治維新のような倒幕ではなく、また四民平等の社会を目指したものでもなかった。大塩平八郎は徳川幕府の支配体制の中で多くの人々の幸福な生活を願ったものであった。
 大塩平八郎は徳川幕府への反逆者ではなく、忠臣としての使命を果たそうとしたのである。「士農工商」の身分制度の中で、武士は社会の指導者であり、農民たちの生活を良くするように導かなければならない。農民たちの苦しみを救わなければ、武士としての職責を果たしたことにならない。それは徳川幕府の武士として恥ずべきことである。つまり農民たちが苦しんでいるのは、武士が悪いのであって徳川幕府を良くするための乱だったのである。