外交

国際関係の変化

   長らく中断していた遣唐使の派遣計画が、突然、持ち上がった。唐の商人がもたらした手紙の中に、長らく日本から唐朝への朝貢がない。ついては一度遣唐使を出して欲しい」との派遣要請があったからである。その要請は江南に勢力をもつ朱褒(しゅほう)によるものであった。唐帝の徳治を慕った朝貢使の来航を持ち出し、皇帝へ点数稼ぎにして自らの権力基盤を強固にしようとしたものだった。唐帝からの寵愛を受けている朱褒の要請であり、日本としては無下に断ることができなかった。このように遣唐使派遣計画は日本側の受け身の形で始まった。しかし遣唐大使に任じられていた菅原道真の派遣廃止要請は唐の国情にあった。

派遣の廃止

 菅原道真が遣唐使派遣の中止を建議したのは、唐は安禄山・史思明の乱(安史の乱)以降衰退を続け、危険をおかしてまで遣唐使を送る価値がないと判断したからで、この菅原道真の意見から遣唐使の派遣は中止となった。遣唐使が停止され、日本は朝廷の許可なく異国に渡ることを禁じ商船の来航制限も行われた。

 昌泰の変によって道真が大宰府に左遷されて遣唐大使の職を失ったが、実際には黄巣(こうそう)の乱などで衰弱した唐は907年に滅び、遣唐使が派遣されることは二度となかった。

宋との交流

 
唐が滅亡すると華北には後梁・後唐・後晋・後漢・後周の5つの王朝が興亡し、他の地方には10の国々が興亡しこれら総称して五代十国という。この五代十国時代の混乱を収拾して中国の再統一したのは、趙匡胤(ちょうきょういん)が建国した宋(北宋)であった。

 遣唐使が停止されたが、貴族や寺院を中心とした「唐物の流行」は変わらず、中国への憧れや需要は変わらなかった。日本とこの宋との間には正式な国交はなかったが、10世紀後半に入ると朝廷が様々な口実を設けて宋や高麗の商船の入港を認める特例を出した。また法の規制をかいくぐって宋や高麗に密航する日本船も登場するようになり、日宋の交流は活発におこなわれた。

 宋の商人は九州の博多に書籍・陶磁器(青磁・白磁)・薬品などをたずさえ、かわりに金・水銀・真珠などを持ち帰った。
また朝廷の許可を得て宋にわたる僧たちがいた。なかでも東大寺学僧の奝然(ちょうねん)が持ち帰った釈迦如来像は、京都嵯峨の清涼寺に安置されて人びとの篤い信仰を獲得した。その他、聖地を巡礼し「参天台五台山記」を著した天台僧の成尋(じょうじん)や寂照(じゃくしょう)は有名であるが、無事帰国したのは奝然だけである。

 日本では遣唐使が停止して以降、独自の文化である国風文化が発達することになったが、貴族の生活や文化は依然として輸入された唐物によって支えられ、公文書は漢文で作成された。また王羲之の書や白居易の詩が国風文化の作品とされる書画や文学作品に大きな影響を与えた。このような風潮は中世の武士の時代になっても同様で、一例として大鎧に代表される武士の豪奢な鎧は中国から輸入した色糸が必要であった。

刀伊の入寇

 朝鮮半島の北側には渤海国が栄えていた。渤海は交易で栄えた国で新羅の8倍、高句麗の4倍の領土を誇った海東の盛国とされていた。渤海は日本の東北地方に住む人たちと盛んに交易を行っており、渤海にはシルクロードの交易商人たちによって支那の産物だけでなくアラビアやヨーロッパからのめずらしい品が入ってきてきた。

 日本の東北地方は大量の金を産出し、その時代の東北地方はまだ大和朝廷には服しておらず、豪族たちが割拠している情況だったので、日本の東北を含む蝦夷地との交易は渤海に大量の金もたらし、その入手した金によって渤海は経済的に大発展を遂げていた。
 ところが経済重視で軍事をおろそかにした渤海は、遼によって滅ぼされてしまう。このため渤海を追われた女真族の一部が、船で朝鮮半島方面に逃げ、これが朝鮮半島の日本海側の沿岸部を荒らしながら南下し、高麗人を捕虜にして奴隷兵とし壱岐、対馬を襲撃し、さらに海を渡って日本まで攻め込んできのである。

 奈良時代からわが国と親交のあった渤海とは仲がよかったが、渤海が滅ぼされたので日本とは正式な国交はなかった。また朝鮮半島では新羅の内乱状態が続いたが、935年に建国した高麗が新羅を滅ぼし半島を統一した。
日本はこれらの諸国とも正式に国交を結ぶことはなかった。

 1019年、藤原道長が全盛を極め「この世をば吾が世とぞ思う望月の・・・」と読み、紫式部が源氏物語を書いた頃のことである。壱岐島に突然50隻ばかりの船がやってきた。

 彼らは刀伊と呼ぼれ、刀伊は朝鮮半島を支配していた高麗の北方の女真族のことで、挟まれた地域に住む半遊牧民たちのことである。その刀伊が船団を率いて攻めてきたのである。

 ひとつの船の大きさは15メートルくらいで、船には約60人ずつが分乗していた。壱岐に上陸した彼らは100人単位で一隊をつくり、戦闘隊の20−30人が斬り込み隊となり、後ろには弓や盾を持つ部隊が構えていた。彼らが用いる矢は短いが、楯も射通すほどの貫通力があった。
 刀伊は上陸と同時に民家を襲い、牛馬を盗み切り殺して食い、老人や抵抗する者を殺し女を犯し、生き残った者たちを船に拉致した。船上では病人は簀巻きにして海に投げ入れた。略奪後の民家はすべて焼き払い、穀物を奪っている。この「暴徒上陸」の知らせを受けた国司・壱岐守藤原理忠は、ただちに147人の手勢を率いて征伐に向かうが3000人の大部隊を前に玉砕してしまう。

 藤原理忠を打ち破った賊徒たちは、壱岐島の真ん中にある国分寺(嶋分寺)に攻め込んだ。寺では僧侶と島民たちで応戦し賊を三回撃退している。戦闘が膠着状態になったとき常覚和尚が島を脱出して大宰府に報告に向かった。残された僧侶たちは必死に戦ったが、ついには全滅し嶋分寺も全焼し女子は連れ去られ、壱岐島で生き残った者はわずか35人だった。

 刀伊は壱岐、対馬を襲い、さらに博多の辺りまで暴れまわった。知らせを受けた大宰権帥の藤原隆家はすぐに京都に事態を伝え応戦のために九州の豪族や武士非常招集をかけた。しかし翌8日には、刀伊は筑前・怡土郡(福岡県西部)に上陸してきた。刀伊は筑前の沿岸部を制圧し老人や子供を皆殺し、おびえる男女を捕らえて船に乗せ、米穀類を略奪した。藤原隆家は少数の精鋭を率いて個別撃破を狙い、敵の不意をつく戦法で戦いを挑んだ。この作戦は有効で賊は崩れ、この日の夕方には海に逃れて能古島に去った。
 翌9日の朝、刀伊は藤原隆家軍の本拠である大宰府警固所を襲撃してきた。しかし藤原隆家は寡兵ながらも勇敢に戦い賊を追い詰めた。賊は能古島に逃げて行った。
 10日、波風が強くなり、船が足止めとなり賊たちは身動きできなかった。一方、藤原隆家のもとには、非常呼集に応じて近隣の豪族たちの兵が集まった。

 11日午前6時頃、賊が再び大宰府に上陸してきた。藤原隆家は上陸した賊を皆殺しにした。13日、賊徒は今度は肥前国松浦郡の村里を攻めたが、知らせを受けて待ち構えていた前肥前介・源知が賊徒を殲滅した。こうして賊は恐れをなして半島に帰国した。

 この撃退を指揮したのが太宰権帥だった藤原隆家であった。あの花山法王のときの藤原隆家が九州の豪族や武士を率いて出撃し、地元武士たちの奮戦によってその来襲を撃退したのである。

 この刀伊の入寇で多くの住民が刀伊によって連れ去られたが、高麗が刀伊から日本人を奪い返し、日本に送還してくれた。高麗とは正式な国交はなかったが、高麗とわが国の友好的関係が続いた。





日本では極めて珍しい海外からの侵略であったが、朝廷は報償を出さなかった。そして年月は流れ、九州の武士団は250年後に蒙古と戦うことになる。