遣唐使

遣唐使

  618年、隋にかわって唐が中国を統一した。唐は律令制度を基盤とする大帝国で、周辺諸地域に多大な影響を及ぼしていた。またインドやペルシアなどの国々とも交流して、都の長安は国際都市の様相を呈していた。

 飛鳥時代、唐の制度や文物を輸入するため、日本は外交使節団が派遣した。630年、舒明天皇が第1回の遣唐使として犬上御田鍬(いぬがみのみたすき)らを派遣したのが始まりである。その後、白村江の戦いや新羅との国交回復の影響で一時期中断されていたが、702年に遣唐使は復活し、894年に菅原道真の建議で遣唐使停止されるまで、10数回にわたって派遣されることになる。

 

遣唐使の派遣

 遣唐使には留学生・学問僧なども加わり、200名から500名にも及ぶび、4隻の船に乗って海を渡った。4隻の船に分船したので、遣唐使船は「四つの船」の別称がある。複数の船で渡海したのは、当時の造船・航海の技術が未熟だったこともあり、海上での遭難が多かったからである。4隻で行けば1隻くらいは無事に到達できるという考えで、まさに遣唐使の航海は命がけであった。

 8世紀に新羅との関係が悪化すると、朝鮮半島の西岸沿いを北上して山東半島から入唐する安全な北路を通れず、五島列島から直接東シナ海を突っ切る南路にコース変更され遭難が増加した。東シナ海は夏から秋にかけては台風、晩秋から春先にかけては季節風と、1年中海の難所であった。東シナ海の横断は危険で、日本に行くには荒れた海を渡らねばならず、百に一度も辿りつかぬ」と井上靖の「天平の甍」にかかれている。

 

阿倍仲麻呂

 このようなこともあり、帰国がかなわず、異国の土となった人もいた。717年に吉備真備らと入唐した阿倍仲麻呂は、唐の超難関の試験である科挙に合格し、後に唐の高い役職を歴任した。詩人の李白と親交を持ち、また唐の皇帝の玄宗の厚い信任を得たが、才能が高かったゆえに、玄宗が仲麻呂の帰国を許可しなかった。阿倍仲麻呂は玄宗皇帝に仕えて政府高官にのぼつめた。

 753年、阿倍仲麻呂(56歳)は遣唐大使の藤原清河の要請によって帰国が許されるが、船は無情にも暴風雨で難破してベトナムに漂着した。命からがら長安まで戻った仲麻呂は、その後を断念しく、770年に唐で73歳の生涯を閉じた。なお、鑑真は別の船に乗っていて無事に我が国にたどり着いた。

「古今和歌集」巻9に収められている

 天の原ふりさけ見れば春日なる三笠の山にいでし月かも

 の和歌は、帰国の途につく送別の宴の席上で、30年前の日本での送別の情景を思い出して仲麻呂が詠んだものである。

 このように、東シナ海を横断するのはたいへん危険だったため、中には遣唐使の任命を拒否する人びともいた。たとえば、小野篁(たかむら)は病気と称して渡航しなかったため、流罪に処せられている。しかし多くの人びとは先進の制度や技術・国際文化などを学ぶため、航海の危険を冒して東シナ海を往来した。このようにして、遣唐使たちが唐からもちかえった先進的な制度・技術・文化等は、わが国に大きな影響をあたえた。

 帰国した人びとの中には吉備真備(きびのまきび)や玄昉(げんぼう)のように、聖武天皇に重用されて政界で活躍する者もいた。

 

日本人留学生の墓誌

  2004年10月、中国西安市で、日本人留学の墓誌が発見された。西安はかつて唐の都長安があった場所である。

 墓誌は一辺が39cmの正方の石で、その表面に171文字が刻まれていた。この墓誌は「井真成」という留学生のもので、「井」は日本の姓を中国風に一文字にしたもので、「真成」は本名であろうが史料がないため推測に過ぎない。墓誌の内容は、井真成が日本の留学生で優秀な人物だったこと、734年に36歳で死去したこと、玄宗皇帝がその死を悼んで、皇帝に衣服を捧げる役職の長「尚衣奉御」の官職を贈ったことなどが書かれていた。

 皇帝が死後に官職を贈るというのはきわめて異例のことで、よほど優秀な人だったのだろう。

 

新羅との交渉

 唐と同盟を結んだ新羅は、660年に百済を、668年には高句麗を滅亡させた。さらに、国境を接していた唐を追い出し、676年に朝鮮半島を統一した。

 この境界争いが、新羅と唐間に緊張関係を生み出し、新羅は唐を牽制するために日本と同盟を結ぼうとした。新羅は日本に臣従の態度をとり貢調使を派遣してきた。

 しかし、733年に唐と新羅の関係が改善したため、日本に臣従する必要がなくなったため、新羅は日本に対し対等な国交を要求してきた。しかし日本はこの要求を認めず、新羅に対し非礼な態度をとり続けました。たとえば新羅が贈り物を貢物(調)から土産物(土毛)と名称を変え、さらに受け取りを拒否することもあった。また753年には、唐の元旦の儀式で、遣唐使副使の大伴古麻呂が新羅より我が国の席次が下になっていることに猛烈に抗議して、新羅の席次を下位におろすという事件が起きている。あくまで日本は、新羅の上位に立とうとしていた。そのため、新羅との関係は悪化し、藤原仲麻呂(706~764)が新羅攻撃の計画を立てるほど、仲が悪くなった。

 日本と新羅の関係に緊張が走り、遣新羅使の派遣はまれになるが、貿易の利を求めて民間商人たちによる交易はさかんであった。正倉院には「買新羅物解(ばいしらぎもののげ)」が残されている。買新羅物解とは新羅の物品に対する貴族たちの購入希望書である。これには東南アジアやインド等で産出される物品も含まれており、新羅商人の交易活動が広域にわたっていたことがわかる。

 

渤海(ぼっかい)との交渉

 698年、旧高句麗領を含む中国東北部に渤海が誕生した。渤海はツングース系靺鞨族(まつかつぞく)と高句麗遺民によって建てられた国である。建国者の大祚栄(だいそえい)が、713年に唐の玄宗皇帝から渤海郡王に冊封されてから、渤海を国号とした。

 渤海は唐・新羅との対抗関係から、 727年にわが国に渤海使を派遣して通交を求めてきた。日本も新羅と対抗関係にあったので、渤海とは友好的に通交した。渤海使の来日は、727年から 919年の間に34回にも及んだ。渤海使を迎える客院は、加賀国(能登客院)と越前国(松原客院)に置かれた。いわゆる「敵の敵は味方」で、9世紀に渤海は「海東の盛国」と称されるほど繁栄した。

 最初の通交は政治的意味合いが大きかったが、のちには貿易が主となった。渤海からは貂(てん)や大虫(おおむし。虎のこと)の毛皮、薬用人参、蜂蜜、宣明 暦、仏典などがわが国にもたらされた。日本からは絹、金、水銀、漆などが輸出された。渤海の宮都跡から和同開珎が出土しており、このことは両国の交渉の歴 史を裏付けている。

 この渤海は、926年に契丹(きったん)に滅ぼされた。