日本文化防衛論

日本文化防衛論
「近くに起こしの節はお寄り下さい」,知人からの引っ越しの葉書である.彼の新居は通勤の途中にあるが,まだ寄らずにいる.この言葉を真に受けたら相手が困惑するからである.このように日本語は難しい.それは相手の気持ちを推測しなければいけないからで,もし文面どおりに立ち寄れば常識なしとされるであろう.
 「つまらない物ですが」,この言葉を添えた贈り物は,へりくだりの気持ちが含まれている.「善処します」は何もしないことを意味する行政用語である.「結構です」は,話の前後を推測しなければ正反対の意味に解釈可能である.このように日本語が難しいのは,言葉の裏に隠れた相手の真意を読まなければいけないからで,言葉と意味とがストレートである小学生や外国人には理解できない日本の文化である.
 曖昧な日本語,和を尊ぶ日本,あうんの呼吸の日本の社会は,契約で成り立つ欧米社会とは根本的に違っている.欧米人が日本人の言葉尻を捕らえ嘘つきと非難しても,日本人には嘘をついている意識はない.外国人が日本の文化を理解していないだけである.
 日本語の特長は相手を気づかう気持ちが言葉の根底にあることで,これが日本人の美的な心情を表している.日本人の奥深い心づかいなのである.しかし最近,欧米流のストレートな言い方が大手を振るうようになってきた.相手の気持ちを考えない自分勝手な言い方である.
 医療現場において問題になるのは「癌の告知」である.欧米人がストレートに癌を告知するのは,欧米が契約で成り立つ社会だからで,生命に関しては神との契約,医療に対しては医師との契約が基本にあるからである.一方,日本において癌の告知が進まないのは,日本の医師が患者を気づかう優しい心を持つからで,世間が邪推するような医師の傲慢さによるものではない.患者の心情を理解せずに,癌の告知をつっけんどんに言う医師がいるが,これは間違いである.癌の告知を無神経にやられたら,不幸な患者を増やすだけになる.
 癌の告知には医師と患者との心のコミニュケーションが必要で,コミニュケーションを通しながら,医師は患者にどのように告知するかを判断するのである.初対面の医師に癌ですと言われたら,患者の心はどれほど傷つくか分からない.医師は正直でなければいけないが,正直以上に大切なのは相手を気づかう心である.何でも欧米の真似ではいけない.
 聖徳太子が仏教を日本に取り入れて以来,日本の文化は外国の良い点のみを選択し,日本古来からの文化に融合させる方法をとってきた.日本独自の文化を守りながら外国文化を吸収してきたのである.この外国の利点を利用してきた日本人の体質が,時として大きな失敗を生むことがある.それは欧米の欠点を利点と思い導入した場合である.医療においては調剤薬局がこれに相当する.
 これまで調剤薬局の是非善悪についての論争が新聞紙上を賑わしてきた.しかしこの議論には議論の価値など何もない.それは院内薬局が良いに決まっているからである.
 院外薬局を良しとするのは,「欧米先進国のほとんどが院外薬局だから日本もそうあるべき」との欧米コンプレックスを利用した理屈である.しかし,これまで何十人もの外国人に聞いてみたが,外国人の全員が全員とも病院でクスリをもらえる日本の医療システムを絶賛しているのである.
 このように日本の優れた医療システムである院内薬局を病院が放棄したのは大きな失策であった.院外薬局は患者にとって不便なだけで,しかも国民医療費を1割押し上げる医薬分業に利点などあるはずがない.クスリの二重チェックなどは,顔見知りの院内薬剤師の方が良いに決まっている.
 病院が院内薬局を手放したのは,薬価差益が消失し院内薬局が不採算部門になったからである.また薬価差益で病院が儲けるのはけしからんとする誹謗に嫌気がさしたからである.院外薬局が流行っているのは,院外薬局が様々な金銭的恩恵を受け儲かる仕組みになっているからで,鼻歌混じりでクスリを数える院外薬局の技術料が医師の診察料よりも高く設定されているからである.
 金銭をぶら下げられた政策誘導による院外薬局をいくら宣伝しても,根底にあるのは金儲けの卑しい屁理屈だから患者にとっての利点など何もない.患者のことを何も考えない損得勘定が院外処方の動機なのに,それをもっともらしく患者の利便性でものを言うから,言えば言うほど針を千本飲ましたくなる.
 厚生官僚の気まぐれな妄想に乗り,欧米先進国という言葉に惑わされ,日本の医療文化を捨てた罪は大きい.院外処方はすでに日本の4割を占め,もう後戻りはできない.院外薬局は患者のことなど何も考えなかった負の遺産である.
 敬語が廃れ,女性が男言葉で喋り,茶髪が闊歩する日本.サラ金と門前薬局の看板ばかりが目立つ街の風景.
 日本チャチャチャ,悲しいかなこれが日本の文化である.