紅茶キノコ

紅茶キノコ  昭和50年(1975年)
 健康に関する本が次々に出版され、健康そのものが人々の関心を集めていた。昭和50年、紅茶と砂糖だけで簡単につくれる「紅茶キノコ」が日本中で爆発的なブームとなった。紅茶キノコは、ロシア・シベリア地方のバイカル湖畔の長寿村で古くから愛用され、安価でしかも手軽につくることができた。紅茶キノコは雑誌やテレビで何度も取り上げられ、その話題は加速度をつけて日本中を飛び回った。
 紅茶キノコと呼ばれたが、その正体はキノコではなく酢酸菌という酵母の1種だった。この紅茶キノコの作り方は簡単で、砂糖を入れた紅茶のビンの中に酢酸菌を入れ、ふたをして冷暗所に保存するだけである。酢酸菌はビンの中で繁殖し、数日もすると紅茶の上に乳白色の菌の塊がぽっかり浮かび上がってきた。この上積みとなった紅茶を飲むのが紅茶キノコ健康法である。乳白色に盛り上がった表面がキノコのカサに似ていることから、「紅茶キノコ」と名づけられた。飲んだ後は紅茶を補充するだけである。酸味を帯びた紅茶の成分は主に酢酸であるが、万病に効くと宣伝され、近所ぐるみ、職場ぐるみでつくられた。
 この仕掛け人は中満須磨子であった。昭和49年12月に「紅茶キノコ健康法」(地産出版)を出版、この本は昭和50年の半年間で30万部のベストセラーになった。東京・紀伊国屋書店ではこの本を求める人たちで大騒ぎになった。本を買うために列をつくり、何冊も買い占める者がいると、「そんなに買うな」とヤジが飛んだ。本の巻末に菌体申込書が添付されていて、1日最高2万通が出版社に殺到し、愛飲家は300万人と推測された。
 紅茶キノコ健康法によると、「紅茶キノコはバイカル湖畔の長寿村に昔からあった健康法で、常用している村人にがん、高血圧、心臓病で死んだ人はいない。万病に効くが、特に高血庄、肝障害、胃腸障害、慢性腎炎、水虫などに効果がある」と書かれていた。
 紅茶キノコは雑誌やテレビでも話題になり、芸能人や有名人が出演しては、紅茶キノコ健康法の効果を礼賛した。作家の丹羽文雄は「便通がよくなり、精気があふれるようだ」、評論家の丸山秀子は「コレステロールが正常になった」、防衛庁長官・坂田道太は「便通がよくなり、胃腸が強くなった」、女優の山田五十鈴は「下痢や肩こりが取れ、皮膚が柔らかくなった」、上智大学教授・渡部昇一は「便秘がよくなり、コレステロールも下がり、悪い影響は何もない」、このような有名人の体験談がブームをあおった。
 朝日新聞は、昭和50年6月10日の紙面で、紅茶キノコが爆発的ブームになっていると記載し、民放は先を争うように特集を組んた。NHKでさえコーカサスの長寿村を訪問する番組を企画、村民に「紅茶キノコを知っていますか」とインタビューしたほどである。
 この異常なブームによってリプトン紅茶の売り上げが急増し、株価まで上昇したが、これだけのブームになると、その効果に疑問を持つ意見も増えてきた。国会でも取り上げられ、愛好者の厚生省の幹部がやり玉にあげられ、厚生省は「効果の実態は明確でない」と国会で答弁するに至った。
 紅茶キノコ健康法には、副作用の記載はなかったが、専門家は雑菌による有害説を指摘、やがてブームは急速に衰えて消失した。結局、紅茶キノコは半年だけの異常なブームであった。熱しやすく冷めやすい日本人の気質を表していた。
 ところでこの「紅茶キノコ健康法」の著者は中満須磨子となっているが、実は埼玉新聞論説委員・小川清が上司の未亡人である中満須磨子の名前を借りて書いたものである。小川清が書き、小川清が相談役をしていた地産出版から出版したもので、つまり紅茶キノコは仕掛けられた健康本だった。健康によいという噂だけで、これだけのブームになったのである。
 昭和40年代後半はそれまでの高度経済成長が一段落し、金儲け一辺倒だった国民の関心が次第に自分の健康へ向かうようになった。雑誌の内容は、うわさ話や金儲けのハウツーものから、健康を扱う内容が増え、「壮快」をはじめとした健康雑誌が次々に創刊され売れ行きを伸ばした時期であった。
 この健康ブームは高度経済成長がもたらした公害の影響もあった。公害による有害物質の影響を少しでも減らしたい、物質的な豊かさが成人病を増加させた、医療への不信などが健康不安を引き起こし、人々は健康食品や健康法などに向かったのである。ちょうど有吉佐和子が書いた「複合汚染」がベストセラーになった年で、豊かな生活に潜む健康不安がブームを呼んだ。何となく健康に不安を持つ人たちが、この健康ブームに踊ったのである。
 健康ブームが紅茶キノコを作り上げたが、その他、にんにく健康法、梅干し健康法、酢酸健康法、さるのこしかけ、青竹踏み、海藻健康法など、怪しげな健康法が次々に登場した。さらに、アロエ健康法、酢大豆、アルカリブーム、これらは世の中が平和になった証拠といえる。紅茶キノコは健康ブームのはしりで、紅茶キノコは人々の健康願望のあだ花といえるが、それ以降も次々と健康食品は出ては消え、健康ブームは手を変え、品を変え次々と生まれている。